解明すべき闇はまだある 安倍前首相のうそを封じる証人喚問が必要だ

解明すべき闇はまだある 安倍前首相のうそを封じる証人喚問が必要だ

黒岩宇洋・衆院議員

黒岩宇洋氏=岡本同世撮影

黒岩宇洋氏=岡本同世撮影

 「桜を見る会」前夜祭について、安倍晋三前首相側が費用を補塡(ほてん)していたことが明らかになった。安倍前首相が国会などで「安倍晋三後援会の収入、支出は一切ない」などと強弁していた。少なくとも事実と異なる説明を繰り返しており、虚偽答弁の疑いも強い。前夜祭を巡る問題は前首相の「うそ」でこじれにこじれ、貴重な国会審議の時間を浪費させていたことになる。しかも、900万円とも言われる補塡額のカネはどこから来たかなど、調べなければならない闇は深い。安倍前首相の説明は当然として、これ以上、うそをつかれないようにする担保も必須だ。安倍前首相は偽証罪に問える証人喚問の場で説明すべきだ。

 補塡の事実が明らかになったニュースを聞いたとき、驚きはなかった。むしろ「やっぱり、我々が指摘していた通りだった」という思いだ。私は、予算委員会を通じて前夜祭の問題を追及してきた。後援会主催で有権者を招いた一流ホテルでの宴会にもかかわらず、安倍前首相の政治資金収支報告書に前夜祭を巡る収支が全く記載されていない上、会費が1人5000円という会費は「安すぎではないか」という疑念があったためだ。不記載は政治資金収支法に違反し、不足分を補塡していれば公職選挙法違反で禁止されている寄付行為に当たり、国会の行政監視機能を果たすためにも現職首相(当時)の犯罪行為の疑いを見過ごすわけにはいかない。

ありえない説明を強弁、他者への「攻撃」も

 安倍前首相は、参加者約800人について「一人一人がホテル側と契約し、集金したお金はその場でホテル側に渡したため、後援会の収支・支出は一切ない」と繰り返し、会費についても「ホテル側が決めた」との説明を続けた。だが、契約対象が参加者一人一人だという解釈は、法律家100人に聞いたら100人ともおかしいと言う常識的に考えてありえないものだ。また、ホテルのホームページでは立食パーティーのプランは1人1万1000円からと紹介されていた。疑惑解明のため、明細書の提出を求めても「ホテル側から明細書等の発行はなかった」と不自然な主張を強弁してきた。

 我々は、信じがたい「事実」が説明されるからこそ、おかしいと思い、追及してきた。しかし、安倍前首相は「私が正しい」という姿勢を崩さず、反対に私をうそつき呼ばわりしたこともあった。

 高級すし「久兵衛」を巡っては謝罪も求められた。すしが写っている前夜祭の写真があり、ホテル側が「すしは全て久兵衛」と説明したことから、可能性を指摘したことに対し「流言の流布」と攻められた。これらのことが影響してか、地元で後ろから「安倍首相に『うそ』って言われた人だ」と言われた経験もした。

 しかし、その議論の前提が崩壊し、安倍前首相の全てが信用できなくなった。きちんとした議論をするためにも責任を取ってもらうためにも、安倍前首相の証人喚問での説明が不可欠だろう。

 うそにうそを重ね、国会の信用だけでなく、首相の発言の信用性もおとしめた罪は重い。しかも、それだけではない。行政監視の役目を果たそうとする野党の信用をおとしめ、一流ホテルをも巻き込んだ。安倍前首相からのうそ偽りのない説明がない限り、国会を開ける状況にはならない。安倍前首相が議員辞職をして責任を取るのならまだしも、現在も立法府の構成員だ。野党だけでなく、与党としても安倍前首相の説明は求めざるを得ないだろう。

黒川東京高検検事長の定年延長問題の発端か

 補塡が明るみに出て、黒川弘務・東京高検検事長(当時)の定年延長問題も、前夜祭が動機だったのではないかとの疑念が強まった。

 契約の主体が安倍事務所と認めた瞬間に政治活動として収支を記載する必要が生じ、前夜祭に関する政治資金収支法違反が確定してしまう。それを防ぐためには「参加者一人一人との契約」という解釈をしなければならない。だが、この解釈は司法ではもたない。司法の場に持ち込まれるのを防がなければならない。そして出た答えが黒川氏の定年延長だったのではないか。裁判所に事件を送ることができるのは検察だけであり、その検察のトップに「官邸の番人」と呼ばれた黒川氏を据えれば、そのような事態は避けられる。検事総長に就任できるよう、法解釈を変更してまで黒川氏の定年を延長させた――浮かび上がる疑惑についても説明責任があるはずだ。

 公職選挙法違反についての調査も進めなければならない。前夜祭の招待者は、安倍前首相の選挙区の有権者がほとんどだ。有権者への寄付行為となる可能性についは先ほど述べたとおりだが、前夜祭で「安倍さんを当選させましょう」という発言があったり、その目的が認められたりすれば買収の疑いも出てくる。また、そもそも補塡された900万円はどこから来たのか不明のままだ。この出所を解明しなければ不正なカネの可能性を指摘されても仕方がないだろう。

関連記事

<共産・山添氏>#検察庁法改正案に抗議します が政治を動かす

<この問題を発掘・田村智子議員の寄稿>安倍首相の「徹頭徹尾」私物化

<桜を見る会「病巣」の正体 「私物化」に慣れきった有権者とメディア>

<山崎拓氏>安倍政権に「レガシー」なし 

<森永卓郎氏>菅首相はなぜ暴走したのか

「秘書のせい」との責任逃れはできない

 安倍前首相は「秘書の説明をもとに答弁しただけであり、補塡については知らなかった」と秘書のせいにしようとしているようだが、全く責任逃れにならない。新型コロナウイルス対策など重要案件がある中、事実と違う答弁を繰り返して審議時間を浪費させたのは、他ならぬ安倍前首相本人だ。そもそも当選したての議員ならまだしも、首相を2度経験した有力ベテラン議員の事務所で、議員本人に報告しないまま秘書がここまでのことをするとは思えない。しかも、安倍前首相にとっては自分の法的責任も問われる問題だ。危機感を持つ自分自身を1年間もだまし続ける秘書を雇い続けているとすれば、見識を疑ってしまう。

 当時、官房長官だった菅義偉首相も説明責任を免れないだろう。官房長官は危機管理を担当しており、当然、政権への疑惑である前夜祭についても対応したはずだ。菅首相も安倍前首相の答弁に沿った間違った説明を国会でしてきており、そうするに至った説明をする義務は避けられない。仮に「秘書にだまされた安倍前首相の言っていたことを答弁しただけだ」となれば、官邸の危機管理能力に大きな疑問符がつき、むしろ、その方が問題は大きくなるのではないだろうか。

 安倍前首相の繰り返されたうその答弁の影響は、計り知れない。うそ偽りのない証人喚問での説明がなければ、国民は納得しない。

 <政治プレミアトップページはこちら

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close