トランプに扇動された支持者の暴走で、共和党議員の予言が現実に

トランプに扇動された支持者の暴走で、共和党議員の予言が現実に

「トランプを選んだら共和党は破滅」、そして「トリプルブルー」の成就

田村明子 ノンフィクションライター、翻訳家

 「もし我々がトランプを代表に選んだら、我々(共和党)は破滅させられる。そしてそれは自業自得なのだ」(リンゼイ・グラハム、2016年5月3日付のツイッターより)

 2016年の大統領予備選を前に、サウスカロライナ州共和党上院議員のリンゼイ・グラハムがツイッターでつぶやいたことが、4年半の年月を経て現実のものになった。

 1月6日の午後、信じがたいニュース映像が配信されてきた。

 首都ワシントンD.C.の連邦議会議事堂で、11月の大統領選挙で勝利したジョー・バイデン氏の当選を公式に確定させる上下両院合同会議中に、トランプ支持者たちのデモ隊が議事堂に乱入したのだ。

アメリカの首都ワシントンの連邦議会議事堂前に集まったトランプ大統領の支持者たち=2020年1月6日、ランハム裕子撮影拡大アメリカの首都ワシントンの連邦議会議事堂前に集まったトランプ大統領の支持者たち=2020年1月6日 ランハム裕子撮影

 トランプ大統領の選挙スローガン、MAGA(メイク・アメリカ・グレイト・アゲイン)の帽子を被り、Trumpと書いたTシャツを着た支持者たちが議事堂に押し寄せ、窓を割って中に侵入する様子がニュースに流れた。

 会議は中断されて議員たちが避難した間に、侵入者たちは内部で略奪、破壊行為を行い、セルフィ―を自慢げにSNSに配信。だがこの暴動で、警官に撃たれた元空軍所属の女性1人と、持病などで体調不良に陥った3人、暴徒との乱闘で負傷した警官1人の合計5人が死亡。当日出た逮捕者は52人だった。

 乱入したトランプ支持者の中には銃を所持していた者も多く、建物内にいた上下両院議員たちに危害が及んだ可能性を考えると、警備も対応も驚くほど手ぬるかった。その翌日の7日夕方に、議会警察長官の辞任が発表された。

BLM抗議デモとあまりにも違う対応

連邦議会議事堂に集まったトランプ大統領の支持者たち=ランハム裕子撮影拡大連邦議会議事堂が占拠されるという異常事態に=2020年1月6日 ランハム裕子撮影

 それにしても2020年の春にD.C.でも行われたBLM(ブラック・ライブズ・マター)デモ抗議の対応と比べてみると、「法と秩序」を掲げたトランプ政権の偽善ぶりがよくわかる。

 BLMのデモ行進では6月1日だけでも、289人の逮捕者が出た。その大多数は武器も所持せず、きちんとマスクも着用して平和に行進する人々だった。それにもかかわらず、州兵たちは近距離から催涙弾、ゴム弾を発射し、無抵抗の人々に殴りかかり、大勢の負傷者が病院に運ばれた。

 さらにまた、報道パスを下げて撮影していたテレビのロケ隊も、州兵らのターゲットにされて襲撃され、失明した被害者も出ている。これは平和的集会、報道の自由を保障する、アメリカ合衆国憲法修正第1条に明らかに違反する行為だった。

 対して今回のトランプ支持者たちは、大多数がノーマスクの状態で密集。そしてほとんど阻止されることなく、簡単に議事堂に乱入している。中には能天気に、議事堂内部の写真をSNSにあげて自慢する支持者もいた。だがその後、口から血を流して助けを求める警官、暴徒に襲われて機材を破壊されるニューヨーク・タイムズのカメラマンなどの映像が流され、次々と酸鼻極まる暴挙の実態が明らかになっていった。敷地内では2つのパイプ爆弾と、多数の武器が積み込まれた車も発見された。

 ここまで来れば、もはや抗議活動ではなく、明らかな国家に対するテロ犯罪行為である。それを考慮すると、これだけの騒ぎで当日の逮捕者がたった52人というのは、驚くほど低い数字ではあった。現在FBI(連邦捜査局)介入の下、映像に映っていた暴徒たちの身元が明らかにされていくにしたがって、逮捕者は増えつつある。

 集まったトランプ支持者の大多数は白人男性だったが、同じ人数の黒人が武装して、会議中の議事堂前に集結していたら、警察、州兵らはどう対応したのだろう。これまでに数知れない黒人たちが、いったん容疑をかけられたら警察の指示に従わなかったという理由だけでいとも簡単に射殺されてきた。彼らが窓ガラスを破って議事堂に侵入していたら、おそらく現場は血の海になったに違いない。

国家元首が扇動した暴動

 6日の暴動は、11月の大統領選で敗れてから一貫して選挙結果を否定し、権力を利用して悪あがきを続けてきたトランプ大統領の言動の帰結である。

 自分が多数票を取れなかった州でのみ「不正投票があった」と繰り返し、法的手段に訴えては、連邦最高裁も含む各地の裁判所に証拠不十分で却下されてきた。さらに各州の共和党議員らに、あの手この手で投票結果を覆すようプレッシャーを与えては、拒否されてきた。最後の手段として、トランプ大統領は自分の支持者たちにクーデター行為を扇動したのだ。

 ツイッターを通してトランプ大統領は「1月6日午前11時、D.C.で大規模な抗議デモが開催される。詳細は追って知らせる。盗まれた選挙を取り返せ」「ワイルドな集会になる」「もっと強くならなくてはダメだ」などと繰り返し、支持者たちを煽り続けた。顧問弁護士のルドルフ・ジュリアーニ氏は、支持者たちを前に「戦いで裁きを行おう」と発言。それを真に受けた支持者たちが、議事堂に乱入して会議を中断させる騒ぎを繰り広げたのである。

トランプ大統領の支持者たちの乱入事件により割られた、ワシントンの連邦議会議事堂入り口の窓=8日、拡大乱入事件により割られた連邦議会議事堂入り口の窓=2020年1月8日 ランハム裕子撮影

 だが暴動を目の当たりに見て誰よりも震えあがったのは、過去4年間トランプ大統領を支持し続けてきた共和党の議員たちだった。実際、暴徒たちは「(バイデン氏の当選宣言を行う前に)マイク・ペンスを絞首刑に!」と叫んでいたという。その結果、しばらくして再開されたバイデン大統領の当選認定プロセスは、予定よりも長引くことなくサクサクと進んだのである。

 一方トランプ大統領とホワイトハウスは、暴動が勃発してもしばらく沈黙していたが、議事堂内にいたペンス副大統領の要請を受けて、トランプはようやく「暴力行為はやめよう」と発信。その後に「この選挙結果は不正なものだけれど」と繰り返しながらも「平和が必要だ。みんな家に帰ってくれ。きみたちを愛している。特別な人たちだ」「きみたちの気持ちはわかる」などとビデオでツイートした。BLMのデモ隊は「テロリスト」と呼んだが、自分の支持者は暴動を起こしても「特別な人たち」なのである。

激変したトーンの翌日のビデオ発言

 ところが翌日、12時間締め出されていたツイッターが解禁された後、トランプ大統領は再びビデオメッセージを流した。そこでは前日から一転して、暴徒たちに対する厳しい言葉が述べられていた。

 「破壊行為、暴力行為に及んだ連中は、我々を代表する者ではない」

 「法を犯した人間は、その代償を払うだろう」

 トランプ大統領を信じて暴走した支持者たちは、この言葉を聞いてどう感じたのだろうか。

 もっとも言葉は厳しいながら、普段のトランプ節のトーンではなく、うつろな視線を一点に定め、プロンプター(カメラ脇に設置された原稿)を無表情のまま読み続けた。そして「頭を冷やして冷静になろう。アメリカのために、次に行かなくてはならない」「新たな政権が1月20日に就任する。今の私は秩序あるスムーズな権力の移行に集中している。現在の状況は、癒しと和解を必要としている」と続けた。トランプ大統領の口からかつて聞いた記憶がない、驚くほど常識的な内容の社会人らしい知的な英語だった。

 もっとも、冒頭で「暴動勃発後、私はただちに侵入者たちを排除すべく州兵と連邦警察を手配した」と発言したのは、事実と異なる。実際にはホワイトハウスから指示がなかったため、議事堂内にいたペンス副大統領が指示を出したとされている。

 一夜にして発言のトーンが激変したのは、支持者たちの暴徒化によって民主党議員はもちろん、共和党議員の間からもトランプ大統領に対する非難が高まったためだ。民主党のペロシ下院議長とシューマー上院院内総務はペンス副大統領に、トランプ大統領の即時罷免を可能にする合衆国憲法修正25条を発動するべきだと要請した。

 同時に、暴動勃発後、ホワイトハウスの高位高官たち、チャオ運輸長官、デヴォス教育長官らが次々と辞任を発表。トランプ大統領が国内テロ行為を勃発させた責任を問われる可能性を見越して、早急に絶縁状を突き付けたのだ(また同時に、合衆国憲法修正25条の発動となった場合に課せられる投票任務を避ける意味合いもあったと言われる)。

 トランプ大統領は暴徒を扇動した責任逃れのため、残ったホワイトハウスの側近たちにこのスピーチを読むよう説得させられたのだろう。

トランプ大統領のツイッターアカウントを永久に停止した。同社は、トランプ氏がツイッターを通じて「暴力をさらに誘発する恐れがある」と指摘している。8日午後(日本時間9日午前)に凍結されたトランプ米大統領のツイッターアカウント=ツイッターの画面から拡大ツイッター社は、「暴力をさらに誘発する恐れがある」という理由で、トランプ大統領のツイッターアカウントを永久に停止した=ツイッターの画面から

 残る就任期間わずか2週間にして、この醜態は世界にさらされ、共和党の権威を地に貶めた。代表に選任される前はトランプ氏を手厳しく非難しながらも、いったん大統領に当選するや見苦しいまでにへつらってきたグラハム上院議員の予見は、結局正しかったことになる。「Make America Great Again(アメリカを再び偉大な国に)」と叫んできたトランプ政権の、最後の姿だった。

 1月9日、トランプ大統領は「問い合わせてきた人のために答えるが、私は就任式には出席しない」とツイッターに出し、「安心して首都を襲撃しろ」という意味合いが含まれているとの懸念などから、ツイッター社は彼のアカウントを永久停止した。

実現した「トリプルブルー」

トランプ大統領に対する抗議集会で、罷免(ひめん)手続きや弾劾を求めるボードを掲げる参加者=2021年1月7日午後6時52分、米ニューヨーク拡大トランプ大統領に対して罷免手続きや弾劾を求める抗議集会=2020年1月7日、ニューヨーク ランハム裕子撮影

 一方首都ワシントンで暴動が起きたのと同じ1月6日、ジョージア州で前日行われた連邦上院議員選挙の決選投票で民主党のラファエル・ウォーノック氏とジョン・オソフ氏の当選が確定された。いずれも現職議員である共和党ケリー・レフラー氏と、デービッド・パーデュー氏を激戦の末に退けての勝利。長い間、保守派の牙城であった南部のジョージア州が、11月の大統領選に続いてブルーステート(民主党多数)になったのは、40年以上この国に住んでいる筆者にとっても大きな驚きだった。

 この選挙の結果によって、100席ある米国の連邦上院議会は共和党と民主党がそれぞれ50席ずつとなった。タイブレーカーは副大統領の1票で、今後4年間はカマラ・ハリス(次期)副大統領が事実上、上院の決定権を握ることになる。これでホワイトハウス、上院、下院のトリプルブルーが成立した。

 バイデン政権になっても、ここまで分断されたアメリカが癒やされることは当分ないだろう。また民主党の政権が決定することが、全て正しい方向に行くとはもちろん思っていない。だが少なくても政治の捩(よじ)れが避けられたことにより、これからバイデン政権は両党の足の引っ張り合いの政治ゲームを最小限に抑え、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の対応など現実的な国家の立て直しに向かっていくことができる、と期待したい。

全ジャンルパックなら16387本の記事が読み放題。

筆者

田村明子

田村明子(たむら・あきこ) ノンフィクションライター、翻訳家

盛岡市生まれ。中学卒業後、単身でアメリカ留学。ニューヨークの美大を卒業後、出版社勤務などを経て、ニューヨークを拠点に執筆活動を始める。1993年からフィギュアスケートを取材し、98年の長野冬季五輪では運営委員を務める。著書『挑戦者たち――男子フィギュアスケート平昌五輪を超えて』(新潮社)で、2018年度ミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。ほかに『パーフェクトプログラム――日本フィギュアスケート史上最大の挑戦』、『銀盤の軌跡――フィギュアスケート日本 ソチ五輪への道』(ともに新潮社)などスケート関係のほか、『聞き上手の英会話――英語がニガテでもうまくいく!』(KADOKAWA)、『ニューヨーカーに学ぶ軽く見られない英語』(朝日新書)など英会話の著書、訳書多数。

田村明子の記事

 
 
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close