コロナ入院拒否罰則は菅失政から国民の目をそらす愚策、阪神淡路大震災26年、再開発失敗した新長田の教訓から災害復興対策を考えよ

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2021/1/18) 大谷昭宏 コロナの入院拒否に罰則は菅政権の失政から国民の目をそらすもので愚策、菅政権はちゃんとコロナ対策しろ、阪神淡路大震災26年、再開発に失敗した新長田の教訓から災害復興、災害対策を考えるべきことを説く!

 永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。大谷さん、大阪から電話出演です。野村邦丸さんの司会、西川文野さんがパートナーでした。ちなみにテレビ朝日モーニングショーでは東京オリンピック中止がテーマになっています(スシローに言い分けさせているものの、どうやら限界になっています)

 深読みジャパン、ネタはコロナ感染拡大、入院に応じない人に罰則というもの、行動歴調査拒否も罰則、感染症法改悪によるもの、知事が入院を指示して応じないは罰則、厚労省は1年以下の懲役か100万以下の罰金を言うと、日本医学会連合は緊急声明でこれに反対、しかし読売では罰則に6割支持、これについて大谷さん、刑事罰は問題という観点、将来的には必要かも知れないが今は疑問、読売の世論調査では菅氏の支持率は3割台、鳩山、麻生内閣以来の急落、原因はコロナ対策を評価していないため、罰則、調査拒否、営業している飲食店名前公表などどうしてこういうものが出るのか?こういう法律がないから感染拡大ではなく、完全に政策失敗だと仮想的を作り、協力しないもののせいにする、内政に失敗すると外国を悪ものにして目をそらせる典型例、マスメディアはそれを注意すべき。

 ここ数日、医療従事者に感謝から、医師への攻撃を(優雅な医師がいる)と論点ずらし+それの知り馬に乗りテレビのワイドショーが医師、病院攻撃、飲食店バッシング、いつの間にか菅政権の失策を敵を作り目をそらせるもので、逮捕したから感染が収まるわけはない、今日から国会だが、逮捕者を増やして感染防止にならず、大谷さんは事件に関わったもので、感染者の取り調べ、収容はどうするか不明、法律として成り立たない!

 邦丸さん、入院拒否の理由、シングルマザーなど預け先なし、濃厚接触もあるが、どういう理由ならいいとなると際限なくなり、医療体制の維持が最初と説かれて、大谷さん、テレビで女性の若い弁護士さんと一緒になり、中小企業が困っていて、そんなところで入院だと会社は潰れて、預け先のないシングルマザーはPCR検査を拒否、風邪ひいた人に検査強制は人権侵害、検査拒否で刑事罰などとんでもないことで、何の建付けも考えず、敵を作り国民の目をつるし上げでやるもので、こういう形での利用はおかしい。

 邦丸さん、読売だと罰則OKが7割というものの、やむなき事情ではダメで、国民のヒステリーを悪用していると説かれて、大谷さん、論点ずらし、東京都ではどうしていいか分からない人が6000人、放ったらかし、行政が6000人面倒見れず、収容先を用意していない行政に責任があり、体に不安な人が無数いて、そんな人に刑事罰はおかしい、様々な議論をすべきだが、困っているひとを助けるべき。邦丸さんも自公で反対しないのかと問われて、大谷さん、休業補償をしてならともかく、営業しないと行き詰るものを助けず、入院できない人を助けずにこんなことはおかしい。邦丸さんは国会で無数のテーマがあるのにこんなことをかと説かれて、大谷さん、国会は吉川大臣や安倍氏の桜スキャンダルが論点になり、菅政権はそれをそらすために刑事罰の検討はおかしい。邦丸さん、田村大臣は正気化と説かれました。

 阪神淡路大震災、昨日で26年、コロナの感染拡大でイベントは縮小、東遊園地では1・17の灯篭も縮小、参加者は22000人、99年以来最小。阪神淡路大震災から26年、そして東日本大震災から3月で10年、邦丸さん、減災、防災について、阪神淡路大震災と東日本大震災の違いを問われて、大谷さん、昨年は25年で東遊園地に行き、しかし今年は家で黙とうされて、昨年取材された亡くなられたお子さんの親御さんが遺族代表でも追悼文の読み上げはせず、神戸市のHPに5時46分に掲載して、大谷さんはテレビの特集番組もチェックされて、阪神淡路大震災を時間が経ったからと忘れるのはダメ、竹灯籠は困難で、A4の紙に灯篭は8000も集まりラミネート加工して、昨年は刻が示されて、今年はコロナ禍もあり、95年のもののがんばろうであり、灯篭は前日の夕方5時46分にともすなどアイデアを出してイベントをした意味はあった。

 邦丸さん、95年は7時のラジオを担当されて、番組プロデューサーから神戸に行くように指示されて、新長田の大火の黒焦げは生々しく、2010年にラジオ関西の番組とコラボでツイッターを初めて使用されて、しかし新長田の商店街はたくさんのビルが建ったものの、おっちゃん。おばちゃんのにおいがないのはダメと言われたのを思いだされて、大谷さん、それは大正筋商店街、神戸市は東洋一の商店街にすると3000億でビルを乱立させたものの、6割空き家で人間のにおいなし、そこにお茶屋さんがいて(永岡注:ここは味萬さんというお店で私もいつもここでお茶買って毎日飲んでいます、通信販売もやっているので皆さん買って下さい、https://www.ochanoajiman.com 夏は抹茶アイス絶品です)、大谷さんはそこに必ず立ち寄る関所、しかし、行政はどうやって人間のにおいを取り戻すか考えるべき。邦丸さんもそのお茶屋さんのことをご存知で、その方は女川の商店街再建にアドバイスされたもの、海に開かれた商店街、津波にやられたらまた作るというもの、そして駅の前に銀行と郵便局がどうしてあるのかというもの、それについて、新長田の大正筋商店街の反省があると説かれて、大谷さん、大正筋商店街は東日本大震災の被災地に自分の轍を踏むなとアドバイスして、減災、防災のことを考えてほしい。邦丸さん、借上げ復興住宅の追い出しはしんどい、大谷さん、今後の災害、神戸で仮設住宅の孤独死が最初に顕在化されて、その教訓が東日本大震災で生かされた教訓になっていて、これから阪神淡路大震災からも学ぶべきと締めくくられました、以上、大谷さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close