コロナ禍での飲食店ユニオンへの相談を解説

TBSラジオ 蓮見孝之 まとめて!土曜日(2020/1/30) 崎山敏也 コロナ禍での飲食店ユニオンへの相談を解説

 永岡です、TBSラジオの、蓮見孝之 まとめて!土曜日の人権TODAYのコーナー、TBSラジオ記者の崎山敏也さんが緊急事態宣言の元で飲食店にて働く人の組合、飲食店ユニオン(https://www.restaurants-union.org/ )について報告されました。これは首都圏のユニオンですが、他の地域の方にも参考になると思います。

 崎山さん、コロナの緊急事態で、飲食店にて非正規が解雇、シフトを減らされて減収の場合に労働相談のできる、昨年3月の発足の飲食店ユニオン、電話相談できて、担当の栗原さん、深夜勤務の方が切られる相談があり、収入がゼロ、激減、しかし給与は補償されるべきで、相談は多く、シフトを一方的に減らされて、しかし大手飲食店は自分の会社の責任でないとしているが、昨年来30件団体交渉をした。

 雇用調整助成金を企業があまり知らず、これを使用して解雇を避けられる=制度が知られていない、国には中小企業の支援の制度もあり、田村大臣は制度が知られず期限延長と国会で語り、雇用保険の相談もあるが、飲食店ユニオンは非正規雇用対策の首都圏青年ユニオンの仲間で、しかし年齢制限なし、相談者は50~60代もいて、女性の相談者が多く、相談は発足から400件、今年に入り50件。

 栗原さん、学生さんも実家の支援があるから大丈夫ではなく、重要な収入源であり、パートアルバイトは雇用の形が不安定で、企業が解雇しても法的な責任がない、シフト制労働者は大変だと語られて、飲食店ユニオンはメールでも相談できて、電話相談OK、03-5395-5359で相談受けています。

 こういう話こそ、テレビで率先して報じるべきです、以上、崎山さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close