コロナ特措法改悪、東京、大阪は医療崩壊で昨年春の時に対策しなかったツケ、自宅療養させるより病床を増やして対策すべき、ステージ3になり解除では第4波の来る&スー・チー氏拘束、遠山公明党議員辞職解説

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(20.21/2/1) 大谷昭宏 コロナ特措法改悪、東京、大阪は医療崩壊で昨年春の時に対策しなかったツケ、自宅療養させるより一刻も早く病床を増やして対策すべき、ステージ3になり解除では第4波の来るのを警告する&スー・チー氏拘束、遠山公明党議員辞職解説

 永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。大阪から電話出演でした。野村邦丸さんの司会、西川文野さんがパートナーでした。

 ミャンマーのスー・チー氏がミャンマー軍に拘束されたとニュース速報があり、また公明党の遠山氏、銀座クラブ問題で議員辞職ともニュース速報、ミャンマー軍はクーデターを否定せず、これについて大谷さん、軍と政治勢力は衝突して、またぞろ、スー・チー氏はノーベル平和賞を得てもロヒンギャ虐殺もあり、ミャンマーは経済発展して、スー・チー氏が大変な努力をして民主化を勝ち取ったのに残念。公明党遠山氏、深夜のクラブ通いで議員辞職、大谷さん、離党でなく議員辞職は公明党がこの問題を大きくとらえて、エリート、将来党を背負う人材のはずが、政治資金でキャバクラ代を出して、とてもじゃないが小選挙区では勝てず、自民党の深夜クラブに行った方も同様に議員辞職すべきと、大谷さんは公明党の厳しい姿勢に自民党も衝撃だと説かれました。

 邦丸さん、バイデン大統領就任で置かれた聖書はバイデン家に伝わるものだと説かれて、トランプ氏は新品を持ってきていたと説かれました。また、大谷さん、ワイドショーなどリモート出演だとスタイリストの方が失業状態(コメンテイターがスタジオに来ないので仕事できない)とも説かれました。

 深読みジャパン、ネタはコロナ緊急事態宣言延長と見てビンゴ!特措法改悪がテーマ、特措法改悪は衆院を通り参院、刑事罰を科すことから行政罰で与野党妥協、科料も50万→30万、大谷さんはあえて通せないものを時間稼ぎのためにやったと先週説かれて、最初の法案は厳しいという与党の姿勢から、立憲民主党の案になり、共産党は反対、感染は大変で、大谷さんはこれで良かったと思い、法律は先回りできず、先回りして縛るのは法律ではダメ、こうして、丸のみだと言われても急いで、効果がないとまた変えたらいい、入院拒否、時間を超えて営業は反則切符なみ。しかし刑事罰なら警察は防護服がいると辻元清美さんも指摘されて、大谷さん、建前で罰があり、お店が営業だから過料というはのうちだけかというものになり、アナウンス効果はある。

 そして、緊急事態宣言は2/7までのものが延長の模様ではあり、邦丸さんは延長なら早く決めろと問われて、大谷さん、専門家の意見を聞くというが、タイムリミットは1週間、日経の世論調査では緊急事態延長は9割、2月いっぱいか、3月までやるのかが議論される。邦丸さん、専門家は2/7ではダメと言って菅氏の判断はおかしい、大谷さん、政治は経済を配慮するというものの、ステージ3にならないとダメ、特に病床は東京も大阪も逼迫、他方栃木県はOK、大谷さんは東京と大阪は延長しないとダメ、どちらも8割病棟埋まり、自宅療養3万でそこで亡くなる人も多く、感染した人がちゃんと治療を受けられないと解除したらダメ。

 公明党幹部が遠山氏の議員辞職であり、しかし自民党にも同じカスがいると邦丸さん説かれて、支持率を気にする菅政権は辞任させないのかと説かれて、大谷さん、菅氏は頑固で意固地、しかし党内で菅氏が怒ったら大変だと、議員辞職させたら菅氏は支持率は少し上がる最大のチャンスなのに、先に公明党がやり、先手を打てず、菅氏は逆転のチャンスを失い、この松本氏の問題は菅氏の致命傷になる可能性がある。

 コロナで自宅療養中の大阪府枚方市の60代の女性と同居する90代の母親が、容体急変で死亡、大阪府はコロナが関係していないというものの(基礎疾患のためと大阪府はいう)、病床逼迫で自宅療養、しかし自宅で急変して亡くなる人が増えている+変異種をどうするか、自宅療養をどうするか、家族に移さないため大変、大谷さん、大阪だとコロナは軽傷でも、90代の女性が自宅療養はとんでもない、即入院させていたら助かっていたのに、行政の大失策!なるべく部屋を空けてetcというものの、ウサギ小屋で家族に感染させないのは無理、大阪の郊外で感染、3世代同居が多く、死者数は大阪ワースト、自宅療養を解消しないとコロナは解決せず、スデージ3に行くのは無理。

 コロナと闘うのは大変、ワクチンも具体化されないが、病床を増やすことはできて、この悪賢いウイルスに今の政府のやり方では勝てないと大谷さん説かれて、邦丸さん、大病院で重傷者をやり、長野県松本市ではちゃんとして、しかし菅政権は何もやらずに邦丸さん唖然!ホテル療養も、住民から風評被害であり、大谷さん、病院をプレハブでも増やすべき、大阪に重症者の病棟はできて、看護師が足りず自衛隊に手伝ってもらっているが、廃校になった学校を即病院にして、看護師でケア、問題があると意思を呼ぶというようなことは1,2カ月でできるのに安倍、菅政権は何もしていない。邦丸さん、東京は晴海で用意して、無駄になっても増やすべきと説かれて、大谷さん、医療の重要なのは安心を与えること、高齢者を一人で自宅療養はダメ。

 邦丸さん、特措法は緊急事態対応というが、大阪と東京は大変、栃木は楽になるのではないが、DMATもいて、パンデミックの際に医療スタッフの融通をすべき、それをどうしてできていないのか、田村厚労大臣は答弁もデタラメと説かれて、大谷さん、今いつステージ3になるか論議だが、昨年春の第1波の際に入院できない人が出て大変、そして第3波をステージ3だから解除したらダメ、第4波が来ても大事な体制にしないといけないと説かれて、大谷さんの後ろで犬さんが鳴いたところでお時間でした、以上、大谷さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close