東京オリンピック必要十分条件(医師には無観客でも絶望的、根回し森氏商業主義オリンピックを見直せ)& トランプ氏弾劾裁判

J-WAVE JAM THE WORLD(2021/2/9) 青木理&尾崎治夫、小林信也 東京オリンピック必要十分条件を語る(医師としては無観客でも絶望的、根回し森氏に頼った商業主義オリンピックを見直すべき)&北丸雄二 トランプ氏弾劾裁判を語る

 永岡です、J-WAVEのJAMTHE WORLD、グローバーさんのナビゲート、火曜日のニューススーパーバイザーはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした。

 明日出る文春(木曜日が祝日のため1日早い)に西村大臣の秘書官、それも複数がパワハラでやめているスクープがあります(https://bunshun.jp/articles/-/43367 )、トップは森組織委員長のデタラメ、そして菅総理の長男の総務省買収スキャンダル続報もあり、そしてこの件、今共同通信の配信、菅総理の当時の政治団体に東北新社元社長から政治献金があったことが政治資金収支報告書で判明(https://this.kiji.is/731803800959025152?c=39550187727945729 )、この件、今日出先で文春を見て、菅総理は息子が3人いて、次男は東京大学に行き3男は法政大学のアメフト部の人間ですが、長男は要するにドラ息子で、東北新社(電通の小さいもの+CS放送局のものです)が総務省から認可をもらうために採用したものと知り、要するにモリカケ事件と同じ構図です。この件、室井佑月さん、政治家か予算つけ税金流す→その会社が政治献金→また税金流すの構図を国民は知るべき、国民にはお金は来ない=庶民は自民党を潰さないと血を吸われるだけとツイートされています。

 トランプ氏の弾劾裁判について、東京新聞元ニューヨーク支局長でジャーナリストの北丸雄二さんのお話がありました。トランプ氏はまだ話題になるほどの人物、支持者によるクーデターのあったトランプ氏、弾劾裁判が日本時間の明日あり、ワシントンポストだと1週間で無罪の見込みというものの、北丸さん、昨年の今頃1回目の弾劾裁判、2回の弾劾は初、議会襲撃をトランプ氏が暴徒をあおったことで弾劾、トランプ氏は二度と国家を取り戻せないと演説して支持者に暴力行為に走らせて、トランプ氏は私人で弾劾できないと共和党はゴネるが、上院は民主党が握りこれはクリア。グローバーさん、共和党で弾劾に賛成のものは出るかと問われて、北丸さん、最初に下院で弾劾裁判して共和党10人、こんな超党派になったのは初だが、トランプ氏に7400万票も大統領選挙で取ったのは大きく、中間選挙でトランプ氏に刺客を送られるのが怖く、上院はそこまでいかない。グローバーさん、トランプ氏が新党を立てたらという世論調査でそちらの支持>共和党であったことを問われて、北丸さん、大統領選挙で民主党、共和党以外の当選者はなく、トランプ新党は全有権者の3割しか取れず選挙で勝てない。トランプ氏の支持者はコアで不正選挙で負けたと信じて、トランプ氏すらそれを信じて、本当に不正選挙で裁判しろと、逆らった弁護士を解任=トランプ氏は本気で不正選挙を信じて、共和党は宗教関係でカルトになる。

 グローバーさん、バイデン大統領は融和というのはどうなるかと問われて、北丸さん、バイデン氏は弾劾より超党派でコロナ対策をしたく、民主主義破壊のもので弾劾裁判をするものの、バイデン氏はコロナ対策を優先させたく、それで来週結論、ただし、3月4日にQアノンのトランプ氏支持者はトランプ大統領復活を信じていて、この日のワシントンのホテルは金額3倍!グローバーさん、カルト宗教がそんな支持を売れるのかと驚き、北丸さん、しかしツイッターでのトランプ氏の支持率は落ちていると締めくくられました。

 私・永岡はトランプ氏をアメリカのショッカー首領と表現しましたが、テレビの仮面ライダーのショッカー首領は一つ組織を潰されても新しい悪の組織を作り世界の平和を乱し続けたのですが、その点そっくりです。もちろん、日本にもショッカーは無数います、現実世界にヒーローはいないですが、我々は一人一人仮面ライダーになったつもりで立ち上がらないと大変なことになります!

 青木さんの気になったニュース、森組織委員長の女性差別発言、オリンピックできるできないの前の話であり、森氏、二階氏、謝罪と称して火に油+炎上、国際的に恥をさらして、このネタはUPCLOSEと別に青木さん語りたく、この国の男社会の問題点を凝集して、森氏を辞任させても替わりなし=根回しの達人、非公開の密室で決めて結果をシャンシャンとするものは問題、山口香さんの批判もあり、立場をわきまえろと押しつぶし、これは公文書改竄の政治文化と同じ、そのうえこれをジェンダーと絡めて、この国の悪弊、女性差別もそうだが、透明性のある、男女平等の組織文化を作らないとこの国の民主主義は破綻する。青木さんはオッサンに近くそれに浸ったが、この悪弊を何とかしないとこの国に未来はないと説かれました。

 UPCLOSE、東京オリンピックのための必要十分条件について、東京医師会の尾崎治夫さん、スポーツライターの小林信也さんが出られました。青木さんも楽しみ、オリパラはコロナ禍でできるか、やるとしたら無観客とか、医学、スポーツの観点で見たいものでこの特集を企画されました。森氏の女性差別で炎上だが、そもそもオリンピックは開催できるのか疑問の人がたくさんいて、青木さんもそうで、お二人との討論、まず尾崎さん、東京都医師会のトップとして、フルスペックのオリンピックはできるか青木さん問われて、尾崎さん日本、世界を見ても困難、206か国来て種目300、選手だけで数万人+周囲を入れたらもっと多く、全豪オープンは一人感染者が出たらスケジュール変更で、医療者として、オリンピックをして、その後のコロナ拡大はあってはならず、家で言うと、まず土台と骨組みは大丈夫かについて、無観客でも大困難、国、組織委員会は感染予防としてどういう計画か、たたき台を国は出すべき、それをもとに医師が判断するのだが、それすらない。

 青木さん、観客を入れては無理、種目300、数万人の選手などの受け入れはできるか問われて、尾崎さん、4、5月の感染状況によるが、今できるという医師はいない。青木さん、ワクチンはとても間に合わないと総理も認めて、選手たちにPCR検査が数日おきにいるが大丈夫か問われて、尾崎さん、検査は足りる保証なし、選手村に保健所機能を作るのは無理。青木さん、猛暑の中で、コロナなしでも医療スタッフがいるのに、コロナの検査以外に医療スタッフがたくさんいるかと問われて、尾崎さん、災害、テロ対策etcが要り、大学病院などの動員は、入院患者が削らないとダメ+熱中症対策がいり、熱が出たのは熱中症かコロナかで大変。青木さん、組織委員会、JOCは無観客開催をするとしたら、医師会にもう打診しているはずと問われて、尾崎さん、医師会にオリンピック協力の打診はあるが、災害医療などたくさんスタッフがいるのに、具体的な人出の要請はない。

 青木さん、東京都が医師会と協力はないのかと問われて、尾崎さん、リアルな計画なし、協力要請はあっても具体案は何もなし、昨年延期になる前のコロナのないプランはあったが、春からはしかなどのワクチンが要るのに手配なし、救護所が必要で、組織委員会でも災害対策のプロが必要で、コロナ前の計画はできていたが、今はコロナ対策で人材なし+ワクチン接種があり、診療所の医師はそれで忙殺されて、今度のワクチンは発熱もあり、2度目の接種で1割発熱して、その対策は何もできていない+選手がワクチン接種で体調を崩す危惧もある。

 青木さん、尾崎さんのお話で無観客でも無理と説かれて、尾崎さん、感染者数、入院患者、重症患者が減るならともかく、その後オリンピックに全力投球できる医療スタッフはいない。つまり、感染者数、重症者数の数とワクチンのことがある+7,8月の猛暑が大変。青木さん、具体的な医療スタッフの数を組織委員会が出していないと何もできないと説かれて尾崎さんのお話は終わりました。

 続いて、小林さんのお話、尾崎さんのお話から、無観客でも困難であるが、無観客の可能性について青木さん問われて、小林さんは医学のプロではないが、組織委員会は観客を入れたく、しかし困難かと説かれて、青木さん、検査、ワクチンなど困難で、森氏のデタラメはこの際措いても、組織委員会で様々なオプションは検討されているのかと問われて、小林さん、菅総理就任から対策会議が活発になり、どういう形ならできるか検討はそこの予算含めて進んでいると説かれて、医師などの必要性は検討されて、無観客というものの、プロ野球やJリーグも観客は少なくとも出来て、なら海外の客なしでの形は検討されている、大量の海外からの客は問題、選手、スタッフだけでなく、莫大な報道陣が来るのをどうするか?

 青木さん、200か国で参加でも、ワクチン接種は国により異なり、選手は来日できるかと問われて、小林さん、フルスペックのオリンピックは困難、アメリカの選手参加が無理でもどうしたらいいか考えるべき、ゼロ→1→2と積み上げるべき。青木さん、アメリカが来ないとIOCの放映権料がないと成り立たないこと+無観客だと入場料収入なしをとわれて、小林さん、無観客だと880億の収入なし、しかしテレビの放映権たのみのオリンピックは将来無理、テレビに依存するオリンピックは無理、コロナでオリンピックの簡素化は、肥大化した商業主義の見直しにはなり、IOC委員は貴族的で最高級ホテルに泊まり高級車に乗るが、簡素化のためにこれらを下げる、公用車ではなく電車利用はあり得る。

 青木さん、ロス五輪からの商業主義見直しは賛成されるが、IOCは見直す気はあるかと問われて、小林さん、哲学的にはしないが、しかし激変させないとオリンピックはできず、今後のオリンピック見直しのいい機会ではある。中止でも、簡素化して肥大した商業主義見直しを期待したい。青木さん、日本がやめるというと違約金というネタを説かれて、小林さん、日本に中止を言う権利・想定はなく、全てIOC頼み。オリンピックあってのIOC、お金よりIOCはオリンピックをすることに意義があり、日本が条件を引き出すのは面白い、マラソンの札幌開催はIOCの強引さ。青木さん、フルスペックは無理として、これならどうかという権利は日本にあるかと問われて、小林さんはやめるではなく、こういう条件ならできると提示したい。大切なのはスポーツ、コロナ禍でスポーツにできることがあり、レスリングの志學館大学はPCR検査機が二つあり、昨年秋から全学生、教員に検査できて、日本には大学にPCR検査の施設があり、オリンピックを何とか、という観点で、一般の医療の邪魔ではなく、こういう能力を国民のために使うことも考えてほしい。

 青木さんはスポーツライターとして小林さんがスポーツの意義を問われるのは理解できるが、必然的に森氏の女性差別発言を持ち出されて、オリンピックをやめるための自爆テロと笑われて、小林さん、東京オリンピックはお祭りではなく、パワハラなどの無数の問題点があるが、小林さんスポーツのあり方をみんなで考えなおす機会と説かれて、小林さんはスポーツのパワハラも取り組まれて、スポーツ界の膿が出た、そして森氏辞任をさせられないのは、この調整など森氏に依存しないといけないくらいスポーツ界に人材が育っていない、ビジネスマインドの人ばかりでスポーツマインドの人がオリンピックになく、最近インタビューして、森氏はスポーツマインドの人?ことオリンピックについて小林さんの理念は森氏持っていて、それでスポーツ界は森氏を支持している。青木さんは森氏にスポーツマインドがあったとしても、裏の根回しがいるとしても、密室でやるのは、スポーツマインドと反すると説かれて、小林さん、東京オリンピックは悪しき商業主義の塊、小林さんはオリンピック招致に反対されて、しかしスポーツの、根回しなどと無縁なものを目指したいと説かれました。

 こういう、オリンピックの根本的な問題はこのラジオならではのものです、この番組のある限り日本には希望があります、以上、JAMTHE WORLDの内容でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close