コロナ緊急事態宣言解除、菅総理のドラ息子汚職、山田広報官辞任、ワクチンは神風ではない、役人が総理妻・息子優遇で出世する仕組みは国家破壊

文化放送ラジオ くにまるジャパン極(2021/3/1) 大谷昭宏 コロナ6府県緊急事態宣言解除と菅総理のドラ息子汚職、山田広報官辞任を語る、ワクチンは神風ではない、役人が総理の妻や息子を優遇した方が出世する仕組みは国家を破壊することを警告する

 永岡です、文化放送ラジオの、くにまるジャパン極、月曜日のコメンテイターはジャーナリストの大谷昭宏さんでした。野村邦丸さんの司会、西川文野さんがパートナーでした。大谷さん大阪からリモート出演、速報で山田「飲み会断らない」真貴子氏広報官辞職とのことです(飲み会行き過ぎて肝臓壊したか?)。

 深読みジャパン、6府県で緊急事態解除と菅総理ドラ息子汚職+国会集中審議、まずは山田広報官、総務省官僚でドラ息子から7万の接待、一部で入院と言われて、大谷さん、国会に山田氏でるはずが、金曜日の菅総理の記者会見は山田氏司会のはずが集中砲火をさけてズラトン+菅氏のぶら下がり会見で炎上なので山田氏辞職だと説かれました。

 6府県でコロナの緊急事態宣言解除、飲食店は20時まで→21時までとして、大阪は府内では21時OK、ベッドの使用率はステージ4を脱したものの、福岡県は45%と楽観できず、吉村氏、ワクチン接種まで感染者数増を注意というものの、日経の世論調査では緊急事態再延長を首都圏では8割望み、7日の解除に否定的、大谷さん、首都圏解除は困難、日経で都民他首都圏はしんどい、今日で6府県解除でも大阪、京都、兵庫でも1週間早くて何になるという意見が多い。

 邦丸さん、尾身氏は解除地域だとリバウンドを心配して会食は4人までといい、小池氏も東京は下がらず、GoToも落ち着いたところから再開と政府はいうものの、昨年の第1波の後、2,3波に遅れて、ワクチンも遅れて、大谷さん、ワクチン接種は医療従事者→高齢者というものの、めどは立たず、高齢者も6月にめどなら接種は7月=オリンピックに間に合わず、自治体は大変、首都圏も感染は収まらず、自治体と政府の意識に乖離、東京では小池氏、オリンピックより都民を意識して、卒業旅行、人事異動もあり、昨年3月はそれで拡大、大谷さんは辛抱すべきと説かれて、邦丸さん、先週土日も人出は多く、東京は高齢者施設のクラスターもあったが中心は20~30代、しかし若者が悪いのではない、邦丸さんも20~30代は誰かに会いたかったので家にいろというのは無理、昨年は志村けんさん亡くなったものの、今年は目の前にワクチンというニンジンがあると説かれて、大谷さん、関西の3府県も緊急事態解除でなにをしてもいいではなく、しかし緊急事態は各都道府県知事に任されて、大阪だと府内全体から大阪市に飲食店規制を変更して、緊急事態は維持して、飲食店が困っていたら支援すべき。緊急事態解除は国が経済を回したいためで、知事は緊急事態を残して個別対処すべき。病気になり、家から通院と退院はまったくちがい、入院延長との勘違いで感染者数増加は懸念される。医療関係者はマスクをつけて、大阪は高齢者からワクチンと濃淡が必要だと説かれました。

 国会、菅総理が出て予算委員会、2021年予算を審議するものの、野党は菅総理のドラ息子汚職+鶏卵汚職の枝元氏も参考人招致、与党が受け入れて、汚職だらけの自民党、森山氏、安積氏と会談して、山田氏は辞職というもの、与党は予算を明日にも通過させたいものだが、野党はデタラメを追求するもので、大谷さん、この問題は根深い、事務次官の招致、山田氏辞任=優秀な官僚が10人いなくなり、キャリア官僚が汚職でいなくなり、縁起でもないが、彼らがなくなったら新聞の訃報記事は汚職が書かれて、財務省改竄でも同様、政府が官僚にこういう人生を送らせるのはとんでもないこと、枝元氏は事務次官として参考人招致、鶏卵汚職で収賄、事務次官が大臣の言うことを断れず、大臣が同席して大臣が払ったと思ったら、汚職であったと事務次官は言えず、政府のやり方は汚い、自分たちがやるのではなく、妻や息子を使って汚職して、その責任を役人に押し付けるのは汚い、力は政治家>>役人、役人は逆らえない=真っ当な官僚は育たない。

 大谷さん、諸悪の根源は内閣人事局だと説かれて、今の局長は杉田氏=公安警察バリバリの恐怖政治の人、情報を握り、総理の妻や息子がいて役人は汚職に手を染めるのを内閣人事局怖さで左遷されないかと断れず、あるいは下心で取り入りをはかる、山田氏もそうだが、この体質を変えないと同じことの繰り返しになる。

 邦丸さん、今日の国会、現職事務次官が参考人、しかしアキタフーズからの接待は、今までの鶏卵場のあり方が変わる、動物福祉のやり方になり、国内業者が不利にならないためだが、今後の養鶏、鶏卵のプロジェクトが立ち上がり、業者さんは大変だと説かれて、毎日食べる卵で業者さんはしんどく、官僚の責任を問われて、大谷さん、アニマルウェルフォア、経済でやる動物も虐待はダメ、最終的に食べるものでも動物福祉は必要、しかし卵は物価の優等生だが、動物福祉は考慮すべきで、そして鶏舎を変えるためにコストは必要で、農水省のやり方も問題。鶏卵業界は2010年に民主党のやり方で福祉に行ったが、西川氏ら、自民になったら鶏卵業者を締め上げて、アキタフーズは自民党との関係修復を意図して、業界は自民党との関係修復があり、おごり高ぶっている自民党の暴挙、歪んだ日本の政治が動物を苦しめて、接待、賄賂、この政治、内閣人事局でいいのか、今の政権のあり様ではダメ。

 邦丸さん、アベ・スガ政権、デジタルというものの、鶏卵の動物福祉まで行っていないと説かれて、大谷さん、動物福祉で日本は国際的な観点から見たらどうか、役人には温暖化対策も考えているが、あの人は総理の妻や長男と親しいからと言っていたら政治は破綻、ドラ息子の接待の方が先だとこの国は潰れると説かれて、与党の中でも頭を抱えている人が多いとも邦丸さん怒られて、大谷さん、国民が心ある官僚、政治家を育てるべきと締めくくられました、以上、大谷さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close