97歳気象学者、増田善信氏が「諦めるな」と「学術会議任命拒否反対」署名開始

97歳の気象学者、増田善信氏が「諦めるな」とChange署名開始

            (情報記載いしがき)
賛同署名要請 日本学術会議問題
● 検閲による、学問の自由・思想弾圧等々を放置してはなりません。
現平和憲法はあの悲惨な戦争、天皇制軍国主義の反省から生まれたのです。
★ 97歳の気象学者、増田善信氏が「諦めるな」とChange署名開始
97歳より若い皆様(転送歓迎)
 日本学術会議会員の拒否問題では、昨年、様々な抗議署名が出されました。菅政権は、人々が諦め、忘れるのを待つ我慢比べをしているのかもしれません。気象学者、増田善信氏が新しくChange署名を開始されたことを知り、ハッとしました。増田氏より若い人は、何度でも署名を出しましょう。鈴木国夫
◆ Change署名 https://bit.ly/2MJwgd4
—-Changeより引用—————-
「日本学術会議の4月総会を控え、任命拒否を撤回させる署名にご協力ください。」
私は増田 善信(ますだ よしのぶ)と申します。
公選制で選ばれた最後の日本学術会議会員でした。
日本学術会議の総会を控え、日本学術会議幹事会は、「6名が所属する第1部
(人文・社会科学)の定数の1割近い会員が任命されないため、
部会などの運営が困難になっており、特に、4月の総会は学術会議の在り方を決める重要な総会、6名の速やかな任命を要求する」という趣旨の声明を
発表しています。しかし、政府は何の意見も述べず、任命拒否を続けています。
任命拒否が続けば、学問・思想の自由が脅かされ、
学術会議の「政府からの独立」が侵されるおそれがあります。
4月総会前に絶対に撤回させなければなりません。
そのためのChange org.での署名運動です。皆さんのご支持をお願いします。
—————–
私は97歳の気象学の研究者です。戦争末期は海軍少尉で、
島根県出雲大社近くの大社基地に勤務し、終戦直前の8月に
(中略)沖縄特攻に飛び立つ兵士に、沖縄への航路と那覇港の天気予報を
教えて見送りました。ほとんどグラマンの餌食になり、帰ってきませんでした。みすみす死に行くのかと思いましたが、勿論、反対しませんでした。
特に私が不合理と思ったのは「今に”神風”が吹くから、必ず勝つ」という標語でした。気象の専門家として、「”神風”など吹くはずはない」と確信していましたが、そのことを口に出すことはできませんでした。まさに、学術研究会議が指摘したように私自身も「不合理な精神に支配されて」いたのです。           

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close