原発事件10年現地報告、原子力/ゴリンマニア蹂躙の被災地の悲惨な実態、原発事件は収束不能、原子力マフィアに責任取らせないと日本破綻

ラジオ関西 ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー(2021/3/10) 西谷文和 福島原発事件10年現地報告、原子力マフィアとオリンピックマフィアに蹂躙された被災地の悲惨な実態、原発事件は収束不能に近く、原発事件の責任を原子力マフィアに取らせないと日本破綻を語る

 永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみ!ラジオ・DE・しょー、今週のばんばん侍はフリージャーナリストの西谷文和さんでした。増井孝子さん、露の吉次さんも同席でした。西谷さん今回も電話出演です…以下の話、怖い+頭に来るもので、読むと心臓に悪いかも知れませんが、しかし安倍晋三氏や菅総理はもっと悪いのです!

 西谷さん福島に原発事件((c)浅野健一さん)取材に行かれて、リスナーの声、福島に行かれたこと、テレビは原発事故について東電の責任を問わず汚染水は海に流せと原子力マフィアの宣伝をしていて問題、西谷さんの取材に期待とのもので、西谷さんは2/28と3/1福島に一泊二日で行かれて、国道にて原発に近いとバイク通行禁止=線量が高いから、汚染は高く、ガイガーカウンターで双葉町、大熊町で毎時1マイクロシーベルト、0.19以下でないとダメで問題、放射能は森などにあり、移染しても雨で来てしまう。

 3/25から聖火リレー、西谷さんはオリンピックを止めるべきと思うが、聖火リレーの出発地Jビレッジでは何の準備もテントもなく、警備員さんもやるかわからない!と答える始末。聖火リレーは、大阪マラソンのような場合看板なとせいるのに、それもなし、バイクで走れないものに聖火リレーは無理、オリンピックありきで何も決まっていない、復興五輪と言うが、汚染水アンダーコントロールの安倍氏の嘘の結果。森氏の女性差別発言もあり、世論調査の圧倒的多数はやめろ、緊急事態宣言延長もオリンピックのため、21日解除、25日に聖火リレー、菅政権は何としてもオリンピックゴリ押し。

 ばんばさん、海外の観客なしと説かれて、西谷さん、やるとしたら選手のみ1万数千人+関係者=数万人、2日おきにPCR検査=東京都民の検査できない、ただでさえ検査はできていないのに破綻+医療班が選手にいるのに、コロナ禍でとんでもない。メリットは、菅氏、オリンピックで盛り上げて選挙に勝つため、テレビの放映権、マスメディアがスポンサーで引き返せない、日本の引き返せないのは太平洋戦争も原発も同じ。そして破綻。

 そして、福島・双葉町に核災害伝承館があり、しかし周囲は津波被害+移染で何もなし、そこを西谷さん取材されて、特定の団体の批判は禁止=原子力マフィアの責任免除、国、東電の犯罪を示すものはなく、メルトダウンしていないと言った御用学者の責任追及はなく、語り部は26人いて、彼らは特定の団体を批判するな=被災者は東電の批判をできず、西谷さんも語り部の証言40分を聞いて、自分の命は自分で守ろうとしか言わない、しかし放射能からは自分の力ではどうしようもない、この伝承館は53億もかけてあわてて作ったもの、何のためか、西谷さんは推測、東京オリンピックで来た外国の要人に福島原発事件は克服されたとアリバイ作りのため、53億あったら賠償、廃炉に使用できる!原子力マフィアの矛盾だらけ。

 が、菅総理は2050年にカーボンニュートラルというが、原発推進のため、しかし原が発CO2を出さないというのは嘘、原発は「発電時」にCO2を出さないものの、ウラン採掘に大量のCO2がいり、西谷さんはモンゴルのウラン鉱山を取材されて、穴は400m+横穴10km、そこまでやらないとウランは取れず、それで莫大なCO2を出す+ウラン精錬とウラン濃縮に莫大な電力が要る(小出先生の試算だと、広島型原爆の場合、爆発して出たエネルギーの3倍以上の電力がウラン濃縮に必要であった!=原発でできる電力以上のエネルギーがウラン濃縮に必要で莫大なCO2を出す)

 さらに、使用済み核燃料があり、福島、高浜でも原発で燃やして、使えなくなるとUFOキャッチャーみたいに引き上げて冷やし、六ヶ所村で冷やし、最後は地層処分というが、使用済み核燃料が無害になるのに10万年!かかり、ネアンデルタール人時代に原発があり今無害、その間冷却に無限の電気=CO2+コストが要り、原発のコストが安いというのはもちろん嘘(立命館大の大島賢一さんは電力会社の有価証券報告書から原発のコストが最大と試算)、原発は金食い虫なのに、マスコミは言わず地球温暖化対策という。

 そして、汚染水、総理は海に捨てると言うが、格納容器の水位が下がり、福島第一原発1号機で70cm、3号機で40cm下がり、ヤバい、低下は10年前の事故で穴が開き、冷やすために水を入れて、2/13の大地震でさらに穴が広がり、燃料デブリは放射能の塊、格納容器から漏れた汚染水と地下水が混ざり無限大の放射能汚染、鉄板で地下ダムを造るべき。トリチウムの半減期は12年で、自然界にて大丈夫になるのに120年保管は必要、それくらい保管は必要、海洋投棄は論外。

 ばんばさん、このまま放置したら大変だと説かれて、西谷さんも太平洋戦争の際のガダルカナル島やインパール作戦の二の舞、全く科学的根拠なし、廃炉費用は21兆円使い、将来80兆円(80億円ではない!)必要との専門家の指摘もあり、もっと必要との指摘もあり、福島事件の収束費用は無限大、責任者、東電、国に落とし前をつけさせるべき。

 ばんばさん、菅総理は福島に人を返すというが出来ないと説かれて、西谷さん、浪江町などを取材されてお年寄りはポツポツ戻っているものの、高齢者も、富岡町にあるスーパーに車で来ている=徒歩だと被爆、おばあさん、つれあいさんを震災で亡くした方もいて、それほどひどい。若い人は移染、廃炉作業員、帰還した村の人はほぼゼロ。ばんばさんも福島に行かれて悲惨であった、帰ってこられないと説かれて、西谷さん、子供が帰れない、毎時1マイクロシーベルトの地帯。

 西谷さん、菅氏の批判本、ポンコツ総理菅義偉の正体を書かれて、菅政権はポンコツ、ASEANをアルゼンチンに、福岡と静岡と間違えて、要するに官僚の作文丸読み、質問に答えず、人事も気に入った谷脇氏、山田氏を引き上げて逆らったものを左遷、金による支配、情報公開で、菅氏は官房長官時代に官房機密費、領収書の要らない実質裏金を7年8カ月で86億円!も使い、1日307万円を2822日使用、それも税金、これで体制を作り、記者をパンケーキ接待、総裁選もこれで勝ち、記者会見も接待した記者とのヤラセ(望月さん排除)、そのポンコツぶりがわかり、この本は4月にでます、以上、西谷さんのお話でした。

 なお、有田芳生さんのツイッター発信によると明日の文春はNTT接待文書入手、総務大臣も副大臣もズブズブというものです、夜に文春オンラインに載ったらまたお知らせします

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close