インケツ総理の記者会見:菅氏はコロナ対策現場状況を知らず専門家と溝だらけ、国会でも記者会見でも質問に全く答えられず、このままだと76年目の破滅再来!

TBSラジオ アシタノカレッジ(2021/5/14) 武田砂鉄&澤田大樹 インケツ菅総理の記者会見報告、菅氏はコロナ対策の現場の具体的な状況を知らず、専門家と溝だらけ、国会でも記者会見でも質問に全く答えられず、このままだと76年目の破滅再来のデタラメを告発する

永岡です、TBSラジオの、アシタノカレッジ、ニュースエトセトラ、フリーライターの武田砂鉄さんと、TBSラジオ記者の澤田大樹さんのお話がありました。タイムフリーで聞きました。

昨夜もまたぞろインケツ総理菅義偉氏の記者会見(緊急事態を北海道、岡山、広島にも発令)があり、澤田さん出られて、澤田さん半袖、武田さんは年がら年中半袖、菅氏のまさか、2週間続けの金曜夜の記者会見、感染者数最多の自治体続出、関西だと基礎疾患のない若い方が死亡した例があり、昨日も大阪で亡くなった人が出て、関西だと病院に入れず、役所は認めないが病院でトリアージ、70代以上はダメと、京都大学の西浦さんも指摘。

今回5県にマンボウの予定が、朝の会議でひっくり返り、北海道、岡山、広島にも緊急事態と専門家は提言、政府通りでいいとした専門家は一人だけ、西村氏、分科会→官邸に行き、それほどヤバい。今まで簡単にハンコでOKからこれであり、政府はマンボウでいいと判断して、専門家は深刻に考えて政府との齟齬があり、水曜日に専門家の会議で北海道などはヤバいとアラート。先週は基本方針分科会で、政府がダメなら躊躇なくNOを言おうとしたこと。

数値では、ステージ4だと緊急事態、3道県はもちろん入り、夜の記者会見は急遽決まり、官邸は記者会見を予定せず、ぶら下がりでやると澤田さんも参加できるが、緊急事態、記者会見になり、マンボウだと記者会見せず緊急事態で記者会見。

今回は北海道、岡山、広島に緊急事態、今月末まで、専門家から厳しい対応がいるとして、そしてワクチン、菅氏はワクチンの話しかせず、全国の高齢者の見通しが7月、その後一般の方というものの、欺瞞ワード、先週の菅氏の発言と矛盾、市町村は1900あり、できない自治体も多数あり、無理だと跳ね返さないとダメ。ある閣僚は東京23区でできるのは2区のみ!1日100万人接種は7月末高齢者接種完了からのタイムリミットからのもので信憑性なし。

東京新聞は今日も当たり、これは記者クラブの主催、幹事社は共同通信と東京新聞で、それで東京新聞も質問できで、東京新聞はオリンピックについて、医療体制を問い、国民のために科学的根拠に基づいて判断すべきと聞くと、菅氏答えず、東京新聞は追加質問を小野広報官にさえぎられた。武田さん、医療現場はオリンピック無理と言って、菅氏の発言は信用できないと怒られて、澤田さん、指名は小野氏がしていて、質問で当てる社は決まっていて、フリーランスだと決まっている、地方紙、業界紙は当てられない。新潟日報、神戸新聞は当てられず、江川紹子さん、大川総裁はよく当たる。ラジオだとラジオ日本は当たるが他はダメ、地方のラジオ、MBS、CBCは当たらず、次は当たるか?武田さん、中継を見て残り一問として、菅氏は尾身氏とともに追加質問はメールで、として質問に答えたくない。

菅氏は想定問答集を手元において、質問通告はやっている社とやっていない社があり、菅氏は答えられず第一声の出るのが遅れた例があり、江川さんは前回の質問の追加、オリンピックのこと、前回フランスのラジオ記者がメディアの人間の対応を聞いて菅氏は答えず、江川さんが聞いたら、菅氏、メディア人は減る?メディア人の集まるホテルを作り一般人と会わないというものの、ならホテルのスタッフはどうするか、彼らは家に帰り近所の人と接触するのに対策なし、安心できない。

医療負荷について、数万人来日だと感染者が出ると追加質問、小野氏は江川さんの質問は受けたが、菅氏は行動指針を決めるとして答えず、江川さんは尾身氏に医療への負荷を聞くと、尾身氏、多くの人が集まると具合の悪い人が出て、それはオリンピックをやる人の責任だというもの。そして西村氏も答えて、西村氏は専門家に聞いているのはトータルのもの、個別のことは他の人に聞くというが、尾身氏は国会でプロフェッショナルとして聞かれている=西村氏はプロとして聞いていない、オリンピックについて政府はちゃんとしていないと尾身氏、嫌みを言ってこの件では尾身氏、政府に文句がある。

武田さん、この期に及んでオリンピック反対の声が殺到して菅政権のデタラメに怒られて、澤田さん、問題は月曜日の国会の予算委員会、オリンピックの中止について質問が殺到して、山井氏、ステージ3,4でもオリンピックをのか聞かれて菅氏は答えないのを17回も繰り返し、参院だと蓮舫氏、選手と庶民が感染だとどちらを優先するかと極論を問うと、菅氏は答えない。蓮舫氏は国民を優先せよ=オリンピック中止せよと迫り、菅氏はちゃんと答えられず。

枝野氏、中止の決断は誰かと聞かれて菅氏はIOCに責任転嫁、やるかやらないか答えない。武田さん、ステージ4での質問に答えられないのは対策のない証拠だと説かれて、澤田さん、1日100万回のワクチン接種は全国で無理と回答、宏池会の中からもダメと意見、菅氏はぶら下がりで、それを問われて立ち往生!それを聞いてショックと菅氏言い、武田さん唖然、澤田さん、大規模接種会場を東京、大阪でつくり、自衛隊→外注になるが予算を防衛省の金でやると小野寺氏のツイートで発覚、ぶち上げて、根回し何もしない。武田さん、会社だと一番困る上司が菅氏、命がかかっていると怒られました。

澤田さん、自衛隊の河野氏、菅氏のコロナ対応をボロクソに批判、現役ではないがついこの前まで現役の人が菅氏批判。国会は感染とオリンピックに集中、東京医師会の尾崎さん、海外からのメディア関係者の対策は無理+変異株が世界で蔓延、選手と一般国民が会わないとしても日本で感染爆発、ワクチンの効かないウイルスも出て自治体が看護師をオリンピックに供出するのを拒否、選手用の病院は確保できていない。

中止になると違約金はどうするか、武藤事務総長は考えたこともないと言う、要するに菅政権は誰一人オリンピックで問題が起きた時のことを考えていない、太平洋戦争末期の大本営と同じだと締めくくられました。聞いて書き起こしして唖然でした。こういうことをテレビは伝えず、まさに大本営発表、日本はコロナ対策OKでオリンピックはできるばかりです、この国は大丈夫でしょうか、以上、武田さん、澤田さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close