「ドクター・ナカムラ殺す気なかった」 男が残した本音

「ドクター・ナカムラ殺す気なかった」 男が残した本音

「ドクター・ナカムラ殺す気なかった」 男が残した本音

https://bit.ly/3z9fOWS

===

「日本ミャンマー協会会長がクーデター軍リーダーと2回会談」
現地メディアが報道

「日本ミャンマー協会会長がクーデター軍リーダーと2回会談」
と、独立系メディア「ビルマ民主の声」(DVB)が5月29日報じた。
会長の渡邉秀央氏は、ミンアウンフライン総司令官はじめ国軍との親密な関係で知られる。
また息子で協会事務総長の渡邉祐介氏は、
「日本は西側の体制変革政策に盲目的に同調するより、タッマドー(国軍)と米国その他の
民主主義国の橋渡し役としての姿勢を示さなければならない」
との見解を、The Diplomat誌に投稿した。
(永井浩)

https://bit.ly/3g2IJoi
日刊ベリタ 2021年06月04日11時05分掲載

===

Japanese language version of H.E. Dr. Sasa’s address to Japanese Parliamentarians,
Professors and Researchers
ミャンマー国民統一政府 国際協力大臣兼ミャンマー広報担当 ササ医師の日本の国会議員とのセミナー
における演説 (仮訳) 2021 年6月6日

https://bit.ly/3g0uqAn

===

https://bit.ly/3w1ooFt

映像トータル 3時間0分22秒
12分過ぎから35分過ぎまで、ドクター・ササ(英語)
2時間41分過ぎから、日本に暮らす3名のミャンマー人によるアピール(日本語)

6/6 国会議員×研究者「最新情勢を学び、次の一手を考える勉強会」第二回
-ミャンマーの悲劇を食い止め、市民の希望をかなえるための日本の役割

開催主旨:
2021年2月1日にミャンマーで軍事クーデターが起きてから4ヵ月、事態は悪化の一途をたどっています。こうし
た中、2020年総選挙で選ばれた国会議員は連邦議会代表委員会(CRPH)を組織し、国民統一政府(NUG)を組閣
。市民側の政権であるNUGには、多くの少数民族が内閣入りし、積年の課題であった民族間の軋轢の解消への一
歩を踏み出しました。
民族の自治独立を求める少数民族武装勢力(EAO)とビルマ族への同化による国家統合をめざす国軍との間の内
戦が絶えなかったミャンマーが、連邦国家としてまとまっていこうとする歴史上の転換点にあると言えるでし
ょう。
多民族国家をまとめるためには強権政府が必要だとしてきた国軍側に対し、市民側は、クーデターを起こした
軍を反国民軍/破壊者とみなし、反国民軍がいなくても国民の力で国家をまとめられる、文民統制を実現したい
、と抵抗を強めています。
しかし日本国内では、“市民の武装化によりEAOとの共闘が進み、大規模な内戦に発展しかねず、このままで
は破綻国家へと突き進んでしまう。市民側が軍からの再選挙提案を受け入れることで、最悪の事態を防がなけ
ればならない”との見方も根強くあるように思われます。
では日本は、今後、どのような認識を持ち、どのような働きかけを行っていけばよいのでしょうか。本勉強会
では、NUGの方々から、連邦国家への課題と展望を学ぶとともに、日本の国会議員、研究者、そして在日ミャン
マー人を交えて、どのようにミャンマーに平和と自由を取り戻したらいいのか、日本政府と日本国民の役割を
討論します。

===

「ドクター・ササ」と呼ばれるNUG報道官は、
「フラインは最高司令官ではなく、最高殺人者「(Murderer-in-chief)」
と述べた

https://bit.ly/34SWMX2

===

(書評より)北欧崇拝者には、知られたくない事実

やっと闇が多いスウェーデンの実態が日本でも知られるようになって嬉しいです

外面だけは良く、内情はとてもシビアでドライなスウェーデン

夏の2か月程の中で10日くらい旅行に行くのが最適な国

住むなんて絶対お断りです。婦女暴行が日本の80倍、銃社会、軍事兵器製造輸出国、移民(イスラム)の隔離
政策、命のトリアージ、ずさんな医療体制に低レベルな医師、無資格な教育者&保育士

高額な税金、18歳以上男女共に徴兵制、劣悪な住宅環境、年々増加する治安の悪化

原子力と練炭火力発電が主なのに自然エネルギー発電で全てまかなってるような雰囲気づくり

北欧のやり方を日本も取り入れべきとマスゴミはよく言いますが
私には理解不能です。この作者には、よくぞここまで書いてくれたと敬意を払います

星一つで作者に謝罪を要求している医者の方は、一部を切り取らず最後まで全部自分で読むべきです

それでも謝罪を要求するようであれば、どーぞスウェーデン人になってください

ご子息は、18歳になれば徴兵制で軍隊入隊ですから

「スウェーデン 福祉大国の深層」 金持ち支配の影と真実

===

ヴァレンベリ家(Familjen Wallenberg)は、金融界と産業界で有名なスウェーデンで最も影響力があり富裕な
一族である。1990年には、この一族がスウェーデンのGNPの3分の1を間接的に支配していると見積もられている
。ヴァレンベリ家は自らが人選した企業幹部を通じた閥と最大の議決権を持つ株式により兵器メーカーSAAB な
どの各傘下企業をコントロールしている。また、外交官のラオル・ヴァレンベリは第二次世界大戦中に何千人
というユダヤ人をホロコーストから救ったことで知られている。

https://bit.ly/34UX4wH

===

実は下の遺訓、薩摩士人の覚悟としてはジョーシキであって
「作法として、あえて言葉にはせずにおく」ものです・でした

が同じ士道でも、庄内出身の方にはオッという感じだったのでしょうか、
このような文言として本になり今に伝わった様子

命ちもいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕抹に困るもの也。此の仕抹に困る人ならでは、艱難を
共にして国家の大業は成し得られぬなり。去れども、个様(かよう)の人は、凡俗の眼には見得られぬぞと申
さるるに付き、孟子に、「天下の広居に居り、天下の正位に立ち、天下の大道を行ふ、志を得れば民と之れに
由り、志を得ざれば独り其の道を行ふ、富貴も淫すること能はず、貧賤も移すこと能はず、威武も屈すること
能はず」と云ひしは、今仰せられし如きの人物にやと問ひしかば、いかにも其の通り、道に立ちたる人ならで
は彼の気象は出ぬ也。

南洲翁遺訓  1890

===

生活保護申請、支える地方議員

(その1) 貧困は自己責任じゃない

(その2止) これこそ地方議員の仕事 コロナで支援相談増加、ネットワーク結成

毎日新聞2021/6/2夕刊

「最終的には生活保護」。そう語ったのは、日ごろから自助や共助を強調する菅義偉首相だ。でも、ネット
カフェや屋外で寝泊まりする“ホームレス状態”を抜け出すのは簡単ではない。そもそも役所の窓口ですぐに
生活保護を受けられるとも限らない。「貧困は決して自己責任なんかじゃない」という東京都足立区議の小椋
修平さん(47)はこの十数年、困窮した人らに同行して役所で生活保護を申請したり、生活再建をサポート
したりしている。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、同じ志を持つ地方議員のグループをつくった。

第一関門は住民票

4月中旬。足立区役所に、小椋さんと30代前半の女性の姿があった。住む場所を失って、足立区内のネッ
トカフェで生活してきたという女性。すでに小椋さんの同行で生活保護の申請を済ませており、この日は戸籍
住民課の窓口を訪ねた。緊張した面持ちで、千葉県内のある自治体の住所が記された住民票の写しを差し出し
た。ボロボロになった折り目の部分が、セロハンテープで補強されている。

その住所は女性がかつて住んでいた場所だ。小椋さんは慣れた口調で職員と話し始めた。ほどなく区職員が
照会すると、住民票は女性の居住実態がないことを理由に、千葉の自治体によって消除されていた。「5年た
っていなくて良かった」。小椋さんは安堵(あんど)した。住民票が消除されてから5年以上経過すると、新
たな住民票を得るためには本籍地から戸籍抄本を取り寄せるなどの手続きが必要になるからだ。

実はこの間、女性はずっとこわ張った表情のままだった。何を話しているかすら分からなかったからだ。「
祈るような気持ちだった」と女性。小椋さんが「大丈夫だったから」と声をかけると、ようやくほっとした表
情を浮かべた。

住民票がなくても生活保護の申請はできる。でも、住民票は生活保護を受けるようになってからその自治体
で住所を得たり、住民サービスを利用したりするためには欠かせない。「ここでつまずく人も多い」と小椋さ
んは説明する。

女性は信越地方の出身。千葉県内の賃貸アパートで暮らしていたが、趣味にのめり込んで家賃を滞納し住居
を失った。持っていたスマートフォンも料金の滞納で通話できなくなった。

それでもスマホを手放さなかったのは、コンビニエンスストア周辺など、無料Wi-Fi(ワイファイ、無
線LAN)が使える場所では、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で知人と連絡が取れたからだ。

3年以上、ネットカフェに寝泊まりしながら東京都内のガールズバーで働いた。ところが新型コロナの感染
拡大で営業時間が短くなり、収入は半分以下に。感染に備えて店側が住居、年齢の確認を徹底したため働きづ
らくなり、2020年8月に“自主退職”した。

貯金はたちまち底を突き、消費者金融などで借金を重ねた。手持ちが1000円となりネットカフェにも泊
まれなくなった今年3月末、すがる思いで生活困窮者の支援に取り組む団体にメールで助けを求めた。「これ
でだめだったら、もう(死んで)いいかなと思って連絡した」。駆けつけたのが小椋さんだった。

ホームレス状態という言葉から路上生活者を思い浮かべる人は少なくないだろう。だが、困窮者支援に取り
組む関係者の間では、ネットカフェで暮らさざるを得ない人たちも、住まいがない点では同様の困難を抱えて
いるとの考え方も広がっている。

小椋さんは支援団体が準備していた当座必要な現金を緊急融資として渡し、女性の宿泊先を確保。区役所へ
の生活保護の申請に同行した。女性は無事に足立区で生活保護を受け、新たな住民票を得て、アパートも見つ
けられた。

記者は女性に、アパートで暮らせるようになったら何がしたいかと尋ねたことがある。答えは「料理を作り
たいです。ネカフェ(ネットカフェ)にキッチンはないですからね。カップ麺とおにぎりばっかりで」。得意
な料理をすることすらかなわない、そんな時間が続いていたのだ。

台所に立てる生活を取り戻した女性は「窓口の説明は半分も理解できず、一人では生活保護の申請を諦めて
いたと思う。これから生活を立て直したい」と小椋さんに感謝する。

助言する存在必要

生活保護の申請を巡っては、自治体の窓口となる福祉事務所の対応が度々問題となる。困窮して追い詰めら
れた人たちに対し、住民票がある自治体に行くよう仕向けたり仕事を探すよう求めたりして、申請に応じない
ケースもあるのだ。困窮者支援に取り組む人たちの間では「水際作戦」と呼ばれる。生活保護の申請同行は、
こうした水際作戦を未然に防ぐとともに、その後の住民票の準備やアパート探し、必要な公的支援を受けるた
めのサポートといった当事者の生活を再建するための支援とも地続きだ。困窮者支援に取り組む人たちは長年
こうした活動を続けてきた。

小椋さんは「生活保護の申請は本来、誰かの同行などなくても、誰でも一人でスムーズにできるようでなけ
ればならない」と指摘する。その上で「住民票の復活など手続きが難しいケースもある。一緒に手続きや助言
をする存在が必要だ」と話す。<7面に続く>

??????????????????

生活保護申請、支える地方議員(その2止)

これこそ地方議員の仕事 コロナで支援相談増加、ネットワーク結成

地域の暮らしや課題を体感

小椋修平さんが生活保護を申請する人たちの支援を本格的に始めたのは、東京都足立区議1期目の2007
年ごろから。学生時代から野宿者を支援するための夜回り活動に取り組み、高じて始めた活動だという。

小椋さんが大学を卒業した1990年代はバブル経済が崩壊した影響で、若者の就職が厳しい「就職氷河期
」だった。小椋さんも正社員の仕事に就くことができなかった。派遣社員をしたり、日雇い労働者の街として
知られる大阪・釜ケ崎で日雇いの仕事をしたり。野宿せざるを得ない「おっちゃんたち」が懸命に働き、生き
ている――。そんな姿を目の当たりにして、政治の世界を志すようになった。国会議員秘書になっても、新宿
などで野宿者の支援に加わり、時には生活保護申請の同行に取り組んだ。

「声を上げることができなかったり難しかったりする人たちの現実を見つめ、動くのが政治の役割だと思い
ます。現実の問題を解決しつつ、社会の仕組みを変えていかなければならない」

リーマン・ショック後の08年末~09年初め、東京都千代田区の日比谷公園に「年越し派遣村」が開設さ
れた際は、生活保護を申請して足立区に住所を得た「村民」の支援に奔走した。

現職の区議が窓口を訪れるから、露骨な水際作戦に遭うことはないという。それでも、当事者がよりよい公
的サポートを受けられるように各種制度を勉強し、あるときは区職員とともに、またあるときは地域をまたい
で同じ地方議員と連携して、支援策を考える姿勢を大切にしている。

新型コロナウイルスの感染拡大が顕著になった昨年春以降は、生活保護の申請に同行して区役所に行く機会
が一層増えた。都内を中心に困窮者支援に取り組む一般社団法人つくろい東京ファンドの稲葉剛代表理事(5
1)に、活動のサポートを依頼されたのがきっかけだ。

旧知の稲葉さんからは、コロナ禍で生活困窮者が急増することを見越して「生活保護の申請同行などを支援
してくれる地方議員のネットワークを作れないか」との打診もあった。地方議員は市民にとって最も身近な政
治家。ただ、地方議員の間でもさまざまな考え方があり、「生活保護は恥だ」と考える人もいないわけではな
い。一方で、困窮者支援に力を入れる人もいる。小椋さんは東京都小金井市議の片山薫さん(54)らに呼び
かけ、昨年4月に「コロナ災害対策自治体議員の会」を結成した。

現在、首都圏を中心にメンバーは約200人に上る。大半は野党系だが、与党系の議員もちらほら。「自分
の支持者は生活保護とは無関係だと思っていた議員も、コロナの広がりとともに無関心ではいられなくなった
のでは」と小椋さんは分析する。

「議員の会」には生活保護の申請同行をほとんどしたことがないメンバーもいるという。「通常の頼まれご
とは担当課につないで終わりだが、生活保護の申請は困窮した人たちの命に関わる問題」。こう話す小椋さん
は、メンバー向けに自治体のケースワーカーらから実務と実践を学ぶオンライン学習会を2回開催している。
今後も生活保護にまつわる判例や社会情勢を学び続けるという。

地方にこそ必要

地方議員のネットワーク作りは首都圏だけの話ではない。長野県駒ケ根市議の池田幸代さん(49)は昨年
4月に「地域から生活保障を実現する自治体議員ネットワーク『ローカルセーフティーネットワーク』」を設
立した。国会議員秘書として東京で活動している期間が長かったことから、市民団体の活動が必ずしも活発で
はない地方都市でも、市民が駆け込む相談先が必要だと考えた。

「地方では困窮者が孤立し放置された状態にある。とりわけ女性が生活困窮や仕事の悩みを抱えていても、
相談したり支援を依頼したりできる場が圧倒的に少ない」と池田さん。昨年6月には、東京のNPOから、県
内の10代の少女のサポートを依頼された。困窮し、困り果てた少女は電話でこのNPOに相談。池田さんは
少女と落ち合い、生活保護の申請に同行した。

現在、約60人が加盟しているネットワーク。活動の一端を担っているのがフェイスブックだ。池田さんが
ネットワークの名前で作ったページは、手を挙げた議員の名前と連絡先を掲載し、困った人が相談できるよう
にしている。さらに厚生労働省の社会保障関連の通達を掲示して、情報交換の場としても活用している。

相談の解決法を専門家が考えてくれることも。ある生活保護受給者がアパートを退去させられることになり
、お金がなくて困っていると池田さんに相談した際は、旧知の弁護士やケースワーカーが過去の判例や通達を
詳細に調べ、最終的にこの受給者は転宅費用などを得て無事に引っ越すことができた。

池田さんはこの他、同じ地域で活動する地方議員らとともに、個人で加盟できる労働組合「長野一般労働組
合上伊那支部」も結成。賃金不払いや解雇、労災保険を請求させないといった問題で泣き寝入りする労働者が
少なくないことを知ったからだ。

こうした活動に「それが自治体議員の仕事か」との意見が寄せられることもあるという。だが池田さんはひ
るまない。「これこそ自治体議員の仕事。議員は専門家の力を借りながら地元の労働、生活・法律相談に関わ
った方がいい。そこから地域の人たちの暮らし方、働き方、取り組むべき課題がリアルに理解できる」

【東海林智】

——
色平
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close