「エライ人ほど良く逃げる」新刊から、絶望的日本で見たくないもの避けるため庶民が権力者犯罪を見逃して、メディアもそれに加担、五輪でインケツを引くのは国民、デタラメ許すと日本破綻!

 永岡です、J-WAVEの音声配信サービススピナーでJAMTHE WORLDの特集コーナーUP CLOSEを配信するもの、今回の担当はラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリスト青木理さん、ゲストはフリーライターの武田砂鉄さんでした(https://spinear.com/shows/up-close-jam-the-world/episodes/up-close-jam-the-world-osamu-aoki-54/ )。お二人声が似ているというのは、最近ラジオを聞いてでお二人のファンになった人が多いためでしょう。武田さん電話出演。青木さんは大人締め、武田さん過激と青木さん説かれて武田さん謙遜(笑)。

 ネタは当然インケツ五輪と見て、武田さんの本、エライ人ほどすぐ逃げる(https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913759 )もあり、文学界に連載のコラムが原点、出版社で論壇雑誌、ノンフィクション雑誌がなくなり、文壇の本にそういうネタが集まり、社長にばれていない(笑)、2015年から武田さん参加。青木さん、出版について、文学界は芥川賞のものを載せるが、作家も雑誌連載は必須、それを単行本にまとめるものだが、ノンフィクションは崩壊、月間の雑誌はそれのみと説かれて、武田さん、論壇の雑誌や、PR雑誌もあったがしんどく、しかしこの5年の社会的現象、小説家もこんなデタラメはアカンと提示されて、文芸の分野で、今の空気感を表現している。武田さんはファッションの雑誌にも書かれて、文学の雑誌も手掛けられて、文芸で意識したものはなく、試行錯誤、締め切り前に腹の立つことを書くのが5年続いて悩みなし(笑)。

 青木さん、タイトルの、エライ人ほどすぐ逃げる、時事問題、政治を見ていたらわかるものだが、武田さんのタイトルは→異なり、竹中労さんの1971年のエライ人を切るを使いたく、連載のまとめに、偉い人が逃げる、切られる前に逃げるというのを想起されて、編集者と、偉い人ほどすぐ逃げるにしたもの、ドラマで逃げるは恥だが、役者さんも結婚、そしてエライ人が逃げまくり、とんでもない社会。

 青木さんは武田さんのSNSをご覧になり、アベスガ、責任痛感と逃げていると説かれて、武田さん、国から本を宣伝してくれている(笑)。そして責任は秘書、赤木俊夫さん、政治家は逃げられるのはメディアも共犯、武田さん、今だに安倍氏の桜の件を発信したらいつまでいうのだとネトウヨは因縁つけるが、安倍氏、昨年暮れに秘書のせいにしてズラトン、それを終ったことにするネトウヨが無数いて、疑惑がアベスガに無数あり、最初のものが忘れられるのは問題。自民の議員が深夜クラブで豪遊など庶民は覚えていない。青木さん、秋に総選挙で、この連中が自民復党と怒られて、武田さん、怒りの総量は少なく、メディアがアベスガをヨイショして日本破綻。

 青木さんは武田さんの本をご覧になり、青木さんのようなジャーナリストは新しいネタを追及して、少し前のことをメディアは忘れるものが問題と説かれて、その中で武田さんの本、新聞記者、ジャーナリストと、武田さんのようなコラムニスト、新しいことより、少し前にこんなことがあったと指摘するものと説かれて、2017/5/3に安倍氏、読売の単独インタビュー、2020年の五輪で憲法改悪、64年の五輪で日本が先進国と言ったものを取り上げられて、しかし五輪どころではなく、それを示すのは武田さんの本領、なぜ運動会の際に校則を変えるのかと説かれて、様々なものを覚えておいて指摘、そのためには自分の中で覚えておく作業は大変、アベノマスクについて執拗に書いて、武田さんのところに来ず、しかし数百億浪費、会社ならクビ、あの200億を他のことに使うと、コロナ対策、五輪になったのに、直近の話題しかメディアは取り上げず、忘れさせたら政治家たちが助かりチャンスになってしまう。武田さんはこのコーナーチェックされて、中村文則さんが忘れたいと言われたのに納得、あまりに日本がひどく、忘れたい日本人はすぐ逃げるエライ人とリンク、そんなアホを許したら日本破綻、時事評論の本は売れないものもあり、原稿が並ぶまで大変であったが、ここ数年デタラメが続いて、市民が怒り、政治家とメディアが忘れさせて、何も市民は出来ていない。

 青木さん、逃げると忘れる、それで許してしまい、あまりにひどく忘れたいのは、メディアを取り巻く環境もあると説かれて、青木さんはSNSされないが、武田さんはツィッター発信されて、しかし膨大な情報がネットに溢れてこんな時代だから権力者は逃げられるのかと問われて、武田さん、テレビは分刻みで視聴率、ラジオも聴取率が問題になり、どんなネタだと金になるか問題になり、深く追及する作業はなかなか困難、深く潜ってもお金にならず、浅瀬で全部やってしまうもの。青木さん、メディアにも問題はあり、しかし市民はマスメディアに不信感、一つの章でメディアの無責任を説かれて、武田さんは編集者でメディアを熟知、青木さんは武田さんと、ヘイト本の関係で接触、当時編集者の武田さんと青木さんコラボ、武田さんはメディアの問題点も言及されて、ここ数年、新潮45の杉田水脈氏と小川栄太郎氏のデタラメ、百田尚樹氏の日本国紀のコピペ、そして幻冬舎が問題を起こして、しかし見城社長が初版の部数を発信して作家と問題を起こして、言葉に魂を込めるのを武田さん尽力されて、出版界、編集者が自分の身を守るためにデタラメは武田さん許せず、一つの特集にされた。

 武田さんは今フリーライターで、その前編集者を10年されて、青木さん、新潮45は廃刊になり、新潮社でもノンフィクションのメディアの意味はあり、そしてコピペ、先人たちの仕事を尊敬するのは左右関係ないのに、できなくなり、出版界の劣化かと問われて、武田さんは河出書房新社に新卒で入り、10数年前優秀な編集者から、作品の引用の際のノウハウなど叩きこまれて、引用は原典のままにすべきと教えられて、しかし今は劣化、そういう編集者の育成は最近亡くなり、安易に金になるものに出版、テレビ、ラジオ、素早く安く、になり丁寧な仕事ができなくなった。

 青木さんも武田さんもリスナーも、自分の中にある知識は先人たちの研究、知識に準拠するもので、99%は本、先人たちの賜物と説かれて、出来るをひらがな化、漢字かは問題と説かれて、武田さん、読むものにリテラシー、SNSだと賛同するものが集まり、しかしそれなら安倍政権は5回は倒れているのに、そういうものだけでなく、安倍政権を支援するものもあり、世の中を見るために、自分の書いているものも疑うべき。

 青木さん、さらに話したいこと、もちろんインケツ五輪、ゴリ押し、3週間を切り、武田さん、五輪を止めるで一つの章を作られたと説かれて、武田さんは五輪に反対、収録段階から中止はメディアになくなり、観客数にメディアはずれて、中止の世論はメディアに出ず、そして問題はあったが、ここまで来たからやるしかないとメディア、政権は言いたいが、五輪やりたい連中に科学的な意見はなく精神論ばかり、本の中で指摘された、問題点を隠蔽してゴリ押しの象徴、やるとしてもおかしいと言い続けるべき、五輪をゴリ押しすると、様々な見解はあるが、たぶん大丈夫か、大感染かになり、これは博打で、インケツを引かされるのは国民であり、国民の命、生活を犠牲にして運動会をしてはならず、しかし日本人とメディアはムードに流されて、誰々が金メダルというと批判は消えて、五輪やりたいものはそれを悪用するが、そんなことを許してはならない。青木さん、感染が広がらなくても、ロシアンルーレットで弾が入っていなかっただけ、しかし感染者数は激増、五輪で緊急事態であり、それでも国民が歯を食いしばり五輪で勘当とされたら日本破綻と青木さん問われて、武田さん、五輪は成功と失敗の基準はなく、主催者が成功としたら成功、感染者が出ても、選手の活躍で日本は救われたと主催者、メディアは言うが、スポーツと政治は分離しないと、勘当を押し付けられて、復興五輪、安倍氏の福島アンダーコントロール、竹田氏の賄賂というダーティーな嘘・犯罪は二けたあり、忘れてはならず、東京2020をやられたら、2025年に大阪万博、リニア新幹線、博打場、停滞する経済を振り起すために博打の上に博打、それを止めるために、五輪のデタラメを許してはならず、エライ人は逃げて、逃げても大丈夫、弱いものにしわ寄せ、そんな博打を許してはならない。

 青木さん、それはそれ、これはこれは次の本のタイトルにと説かれて、武田さん、スポーツの感動と政治のデタラメは分離して考えるべきと締めくくられました、いや、素晴らしい内容でした。武田さんの、偉い人ほどすぐ逃げる、は太平洋戦争末期、関東軍がソ連侵攻に際して庶民を置いて逃げたなど無数あり、日本だと最高責任者は処罰されず庶民がインケツ、その最たるものが昭和天皇です。次週は堀潤さん、青木さんは7/30の担当です、以上、青木さん、武田さんのお話でした。

J-WAVE SPINEAR from JAM THE WORLD(2021/7/2更新) 青木理&武田砂鉄 「エライ」人ほど良く逃げるの新刊から、絶望的な日本で見たくないものを避けるために庶民が権力者の犯罪を見逃して、メディアもそれに加担して、五輪でインケツを引くのは国民、デタラメを許すと日本破綻を語る

 

 永岡です、J-WAVEの音声配信サービススピナーでJAMTHE WORLDの特集コーナーUP CLOSEを配信するもの、今回の担当はラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリスト青木理さん、ゲストはフリーライターの武田砂鉄さんでした(https://spinear.com/shows/up-close-jam-the-world/episodes/up-close-jam-the-world-osamu-aoki-54/ )。お二人声が似ているというのは、最近ラジオを聞いてでお二人のファンになった人が多いためでしょう。武田さん電話出演。青木さんは大人締め、武田さん過激と青木さん説かれて武田さん謙遜(笑)。

 

 ネタは当然インケツ五輪と見て、武田さんの本、エライ人ほどすぐ逃げる(https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913759 )もあり、文学界に連載のコラムが原点、出版社で論壇雑誌、ノンフィクション雑誌がなくなり、文壇の本にそういうネタが集まり、社長にばれていない(笑)、2015年から武田さん参加。青木さん、出版について、文学界は芥川賞のものを載せるが、作家も雑誌連載は必須、それを単行本にまとめるものだが、ノンフィクションは崩壊、月間の雑誌はそれのみと説かれて、武田さん、論壇の雑誌や、PR雑誌もあったがしんどく、しかしこの5年の社会的現象、小説家もこんなデタラメはアカンと提示されて、文芸の分野で、今の空気感を表現している。武田さんはファッションの雑誌にも書かれて、文学の雑誌も手掛けられて、文芸で意識したものはなく、試行錯誤、締め切り前に腹の立つことを書くのが5年続いて悩みなし(笑)。

 青木さん、タイトルの、エライ人ほどすぐ逃げる、時事問題、政治を見ていたらわかるものだが、武田さんのタイトルは→異なり、竹中労さんの1971年のエライ人を切るを使いたく、連載のまとめに、偉い人が逃げる、切られる前に逃げるというのを想起されて、編集者と、偉い人ほどすぐ逃げるにしたもの、ドラマで逃げるは恥だが、役者さんも結婚、そしてエライ人が逃げまくり、とんでもない社会。

 青木さんは武田さんのSNSをご覧になり、アベスガ、責任痛感と逃げていると説かれて、武田さん、国から本を宣伝してくれている(笑)。そして責任は秘書、赤木俊夫さん、政治家は逃げられるのはメディアも共犯、武田さん、今だに安倍氏の桜の件を発信したらいつまでいうのだとネトウヨは因縁つけるが、安倍氏、昨年暮れに秘書のせいにしてズラトン、それを終ったことにするネトウヨが無数いて、疑惑がアベスガに無数あり、最初のものが忘れられるのは問題。自民の議員が深夜クラブで豪遊など庶民は覚えていない。青木さん、秋に総選挙で、この連中が自民復党と怒られて、武田さん、怒りの総量は少なく、メディアがアベスガをヨイショして日本破綻。

 青木さんは武田さんの本をご覧になり、青木さんのようなジャーナリストは新しいネタを追及して、少し前のことをメディアは忘れるものが問題と説かれて、その中で武田さんの本、新聞記者、ジャーナリストと、武田さんのようなコラムニスト、新しいことより、少し前にこんなことがあったと指摘するものと説かれて、2017/5/3に安倍氏、読売の単独インタビュー、2020年の五輪で憲法改悪、64年の五輪で日本が先進国と言ったものを取り上げられて、しかし五輪どころではなく、それを示すのは武田さんの本領、なぜ運動会の際に校則を変えるのかと説かれて、様々なものを覚えておいて指摘、そのためには自分の中で覚えておく作業は大変、アベノマスクについて執拗に書いて、武田さんのところに来ず、しかし数百億浪費、会社ならクビ、あの200億を他のことに使うと、コロナ対策、五輪になったのに、直近の話題しかメディアは取り上げず、忘れさせたら政治家たちが助かりチャンスになってしまう。武田さんはこのコーナーチェックされて、中村文則さんが忘れたいと言われたのに納得、あまりに日本がひどく、忘れたい日本人はすぐ逃げるエライ人とリンク、そんなアホを許したら日本破綻、時事評論の本は売れないものもあり、原稿が並ぶまで大変であったが、ここ数年デタラメが続いて、市民が怒り、政治家とメディアが忘れさせて、何も市民は出来ていない。

 青木さん、逃げると忘れる、それで許してしまい、あまりにひどく忘れたいのは、メディアを取り巻く環境もあると説かれて、青木さんはSNSされないが、武田さんはツィッター発信されて、しかし膨大な情報がネットに溢れてこんな時代だから権力者は逃げられるのかと問われて、武田さん、テレビは分刻みで視聴率、ラジオも聴取率が問題になり、どんなネタだと金になるか問題になり、深く追及する作業はなかなか困難、深く潜ってもお金にならず、浅瀬で全部やってしまうもの。青木さん、メディアにも問題はあり、しかし市民はマスメディアに不信感、一つの章でメディアの無責任を説かれて、武田さんは編集者でメディアを熟知、青木さんは武田さんと、ヘイト本の関係で接触、当時編集者の武田さんと青木さんコラボ、武田さんはメディアの問題点も言及されて、ここ数年、新潮45の杉田水脈氏と小川栄太郎氏のデタラメ、百田尚樹氏の日本国紀のコピペ、そして幻冬舎が問題を起こして、しかし見城社長が初版の部数を発信して作家と問題を起こして、言葉に魂を込めるのを武田さん尽力されて、出版界、編集者が自分の身を守るためにデタラメは武田さん許せず、一つの特集にされた。

 武田さんは今フリーライターで、その前編集者を10年されて、青木さん、新潮45は廃刊になり、新潮社でもノンフィクションのメディアの意味はあり、そしてコピペ、先人たちの仕事を尊敬するのは左右関係ないのに、できなくなり、出版界の劣化かと問われて、武田さんは河出書房新社に新卒で入り、10数年前優秀な編集者から、作品の引用の際のノウハウなど叩きこまれて、引用は原典のままにすべきと教えられて、しかし今は劣化、そういう編集者の育成は最近亡くなり、安易に金になるものに出版、テレビ、ラジオ、素早く安く、になり丁寧な仕事ができなくなった。

 青木さんも武田さんもリスナーも、自分の中にある知識は先人たちの研究、知識に準拠するもので、99%は本、先人たちの賜物と説かれて、出来るをひらがな化、漢字かは問題と説かれて、武田さん、読むものにリテラシー、SNSだと賛同するものが集まり、しかしそれなら安倍政権は5回は倒れているのに、そういうものだけでなく、安倍政権を支援するものもあり、世の中を見るために、自分の書いているものも疑うべき。

 青木さん、さらに話したいこと、もちろんインケツ五輪、ゴリ押し、3週間を切り、武田さん、五輪を止めるで一つの章を作られたと説かれて、武田さんは五輪に反対、収録段階から中止はメディアになくなり、観客数にメディアはずれて、中止の世論はメディアに出ず、そして問題はあったが、ここまで来たからやるしかないとメディア、政権は言いたいが、五輪やりたい連中に科学的な意見はなく精神論ばかり、本の中で指摘された、問題点を隠蔽してゴリ押しの象徴、やるとしてもおかしいと言い続けるべき、五輪をゴリ押しすると、様々な見解はあるが、たぶん大丈夫か、大感染かになり、これは博打で、インケツを引かされるのは国民であり、国民の命、生活を犠牲にして運動会をしてはならず、しかし日本人とメディアはムードに流されて、誰々が金メダルというと批判は消えて、五輪やりたいものはそれを悪用するが、そんなことを許してはならない。青木さん、感染が広がらなくても、ロシアンルーレットで弾が入っていなかっただけ、しかし感染者数は激増、五輪で緊急事態であり、それでも国民が歯を食いしばり五輪で勘当とされたら日本破綻と青木さん問われて、武田さん、五輪は成功と失敗の基準はなく、主催者が成功としたら成功、感染者が出ても、選手の活躍で日本は救われたと主催者、メディアは言うが、スポーツと政治は分離しないと、勘当を押し付けられて、復興五輪、安倍氏の福島アンダーコントロール、竹田氏の賄賂というダーティーな嘘・犯罪は二けたあり、忘れてはならず、東京2020をやられたら、2025年に大阪万博、リニア新幹線、博打場、停滞する経済を振り起すために博打の上に博打、それを止めるために、五輪のデタラメを許してはならず、エライ人は逃げて、逃げても大丈夫、弱いものにしわ寄せ、そんな博打を許してはならない。

 青木さん、それはそれ、これはこれは次の本のタイトルにと説かれて、武田さん、スポーツの感動と政治のデタラメは分離して考えるべきと締めくくられました、いや、素晴らしい内容でした。武田さんの、偉い人ほどすぐ逃げる、は太平洋戦争末期、関東軍がソ連侵攻に際して庶民を置いて逃げたなど無数あり、日本だと最高責任者は処罰されず庶民がインケツ、その最たるものが昭和天皇です。次週は堀潤さん、青木さんは7/30の担当です、以上、青木さん、武田さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close