五輪で国民犠牲・疲弊、政府責任追及なしで社会崩壊、大企業中心の政府観点は日本支える人達切り捨て犠牲者が出て対応では民主主義破綻!

和歌山放送ラジオ ボックス(2021/7/2) 伊藤宏 五輪のために国民に犠牲を押し付ける体制は国民を疲弊させて、政府の責任追及なしだと社会が崩壊することを警告する、大企業中心の政府の観点は日本を支えている小さい人たちを切り捨て、犠牲者が出てから対応では民主主義破綻を語る

永岡です、和歌山放送ラジオのボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりさんでした。

伊藤先生の脳に効くニュース(今週は時間が短いですが)、リスナーの声が来て、千葉県で飲酒運転による交通事故、しかし歩道のない通学路の問題も指摘されて、いつも犠牲者が出てから出ないと行政は対応しないとあり、伊藤さんその通り、そしてリスナーより、五輪はやるもの、入国はウガンダのように水際対策なし、海外では感染で大変、頼りのワクチンも足りない、あるいは集団接種が止まり、大規模接種の後ではしごを外されて、政府の無計画さ、日本でワクチンは作れず無責任との声があり、菅氏の政策は場当たり的、伊藤さん、五輪はダメと断言されて、犠牲者が出てから対応、菅総理の交通事故の現場行きはパフォーマンス、伊藤さんの歩くところも歩道なし、優先順位をこの国は間違えて、子供たちを交通事故から守るのは最優先なのに、千葉のように要請があっても対応せず、行政が最優先するのを間違えている。

伊藤さん、コロナも、飲酒運転の容疑者をかばう気はないが、日本全国みんな疲れて、それは五輪ゴリ押しのため、丸川氏、ワクチン1回でOKとか、西村氏はテレビで見ろ、ワクチンイケイケのはずが、国が小学校の学級会ではなく、五輪ありきで破綻、ここまでやり混乱した五輪はなく、テレビでいいなら東京でやる意味はなく、こんなデタラメは許してはならず、言葉は悪いが落とし前をつけないととんでもないことになると説かれました。

この、コロナ、大阪では死者が最悪なのに、大阪のメディア、特にテレビは吉村知事、維新のヨイショ、それについてノンフィクション作家の松本創さん、女性自身の記事で厳しく指摘されています、https://news.yahoo.co.jp/articles/86a99dfbd8fcad51ed1fbc47d3a9f21c404b0e46 維新は私のいる兵庫県にも侵略に等しい知事選への介入(そんな暇があったら大阪のコロナ何とかしろ!)、兵庫の自民分裂は大阪で維新が出来た時と酷似して、そしてテレビの維新、さらに吉本との癒着は太平洋戦争の際の大本営発表よりひどい(自ら維新の手先になっている)、テレビは若い人が見ていないので影響力がないのではなく、高齢者はテレビしか情報源、娯楽もなく、維新が大阪で選挙に強いのもテレビのため、そしてテレビが五輪を持ち上げるので楽しみという人も多数いて、今はテレビがファシズムを支えていて危険です!

そして、リスナーの声が来て、三菱電機が検査不正を長期間していた件、一つ間違えば大事故、納入させていたJR、私鉄も問題、大企業のモラル崩壊を問う声があり、伊藤さん、30年も放置されて、気づかないのか、架空データを作るプログラムを作り、そんなことよりいい商品を作るべき、伊藤さん、コロナ禍の前から、日本の政治、経済、大企業はほんの一握りで利益の大多数を生み出し、コロナの大規模接種も大企業中心で中小企業は蚊帳の外。伊藤さんの大学では集団接種できず、他の学校と協力も困難。そして接種受付中止も、大企業中心のやり方の破綻。伊藤さんは中小企業、零細企業といういい方に抵抗があるがここが日本を支えているのに従業員に配慮なし、中小企業で大企業のような集団接種は困難だが、中小企業は日本を支えているのに、交通事故、子供の命を守るために、通学路の危険性放置をずっと続けて、この国はこのままでいいか、国民は考えるべき。五輪もこのままゴリ押し、選手も来て、しかし開催後のことはわからず、喉元過ぎれば熱さを忘れるではダメ、今回はコロナ禍、伊藤さんは感染症の専門家ではないが、東日本大震災の犠牲者に近い死者が出て、本来助かった命があるのに犠牲にしてしまい、特定の政党が身を切る改革とか、議員を減らすというが、議員は減らしたら市町村レベルで問題、交通事故の現場もそうして議員が危険を提示できず、議員定数を削減、大阪は保健所、公立病院を削減して医療崩壊になり、非常事態だから仕方ないではない、犠牲者が出てから対処したら遅い、政治、行政がすさんでしまい、是正するのは市民の投票と司法。企業、三菱の問題は日本全体の、効率優先で大事なところを切り捨てた結果であり、空調だから安全性に関係ないではない、乗り物の不正は見過ごすとダメ。

赤井さん、ワクチン、日本の人口はわかっていてどうしてと説かれて、伊藤さん、五輪のために1ヶ月かけるべきものを1週間でゴリ押しした結果の破綻、こんな自転車操業を続けたら日本破綻と締めくくられました、以上、伊藤さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close