官邸暴走で優秀官僚がアベスガに忖度、安倍は国民をバカにしメディア後押し、私利私欲のアベスガと忖度官僚の跋扈:このままだと戦争か経済破局で日本破滅!

 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日のメインディッシュは元経産省官僚の古賀茂明さんでした。パートナーは、金曜日は闘います、の室井佑月さん、アシスタントは太田英明さんでした…で、古賀さんのお話、頭に来るので心臓に悪いかも知れませんが、しかし安倍晋三氏、菅義偉氏はもっと悪いのです!

 室井さんと米山さんのキューピッドの、古賀さん、官邸の暴走の本(https://www.kadokawa.co.jp/product/322010000570/ )を出されて、ネタはそれ、菅政権の真実に迫る、7/30にパンケーキを毒見する(https://www.pancake-movie.com/ )、五輪の最中に公開、に古賀さん出演、企画に関わり、室井さん試写会ご覧になり、古賀さんは菅氏の実像に迫るもの。大竹さん、日本経済とインケツ五輪、政局からと説かれて、古賀さん、様々なことを書かれて、最近聞かれるのは東芝と経産省の若い官僚の犯罪、あれはあの二人が悪いのか、経産省が悪いのか、安倍政権からかとよく訊かれて、しかし幻想が3つあり、経産省は花形官庁、職員は優秀、しかし実際は経産省は仕事がなく失業の官庁、政府が様々な企業を敗戦後守り、しかし80年代以降企業は当時の通産省には頼らなくて良くなり、仕事がないのに、やっている感を出そうとして、プレミアムフライデー、アベノマスク、しかし前者は官僚がテレビに出られる、そんなことをして、重用されるのはまじめなものより目立つことをやって面白そうなもの、電通のマエダハウスの人材も古賀さん良く知られて軽くてチャラ男、そんなものが安倍政権でブレイク、安倍政権は中身がなくてもやっている感をやっていたもの、今井氏の秘書官のために安倍氏は経産省をひいき、古賀さんは入った時から毎年アイデアを出せとして、これを安倍政権は悪用、経産省内閣になり、しかし菅政権で今井氏もいなくなり、菅氏は経産省を軽視、しかし経済安全保障が追い風、米中対立で日本の技術守れ、外資が日本に入るのを止めるのを経産省にさせて、経産省はネタができた。

 経産省の官僚は頭がいい、自分たちが日本の企業を支えていて、日本を良くするために自分たちが活躍しないといけないというもの、それで東芝破綻だが、企業は経産省のいうことを聞かず、昔は日本が世界の半導体の半分を作り(今は10%)、今は東芝、三菱と落ち目企業を集めて老人性ノスタルジーに浸る。そして新幹線の輸出など意図しても全滅、企業沈没、それを経産省が拍車をかけて、失敗ばかりで経産省は相手にされず、お金だけもらい、二流の人を出して全部失敗。そして鉱工業生産、プラスと思っていたら5月は落ちて、自動車が半導体の足りないので沈没。

 大竹さん、政局、経産省と財務省のバトルを問われて、古賀さん、財務省は消費税を上げたい、経産省は企業の側、しかし今は炭素税で両者タッグ、環境省もグル、しかしCO2を減らすより、収入を得てそれを誰が分捕るか内ゲバ、企業には負担だが、環境省もよこせ、経産省も企業に補助で俺たちのもの、財務省は予算で、天下り先も増えることになり官僚絶対主義。

 太田さん、政治家だけでなく、官僚も劣化と説かれて、古賀さん、安倍政権の悪影響、みんな安倍氏にゴマスリ、室井さん、官僚は答弁で必死になると説かれて、古賀さん、安倍政権で官邸は強く、官邸は、今国会で菅氏を守るのが仕事と言う始末、赤木俊夫さんの真逆、赤木さんは契約相手は国民と言ったが、今の官僚、政治家は破局的、赤木さんは官僚の鏡だが、公務員では絶滅危惧種、出世しない、安倍氏、菅氏のためにゴマスリしたら出世、総理が正しいならともかく、アベスガ政権では破綻、モリカケでも嘘をついたものが出世、古賀さんも、官僚はそれほど優秀ではない、こいつは自分の役所に役に立つか、一緒に仕事したかになり、省庁のため、国民のためではなく、働いて楽しいかは、部下として自分のためになるかで、国民のため、正義感は古いわけになく、官僚はテストは優秀でも人間として最悪+内閣人事局があり、総理の言うことしか聞かず、総理が間違っていないとともかく、総理はデタラメ、しかしそれを許しているのは自民党に投票する国民、安倍氏の哲学は国民はバカだ、国民のために政治をしなくても時間が経つと忘れる、嘘も100回言うと本当というのが本質。

 そして、五輪というとみんな忘れて、国民が五輪にたくさん反対しても平気、菅氏は9月になったら忘れるとバカにしている。太田さん、古賀さんのいうように政権は国民をバカにしても選挙で勝ち、国力低下、格差拡大と説かれて、古賀さん、政権交代は必須、立憲民主党は自民よりマシ、国民が声を上げて、国民も何とかしないといけない。室井さん、政権交代の前に一強を問題視されて、古賀さん、選挙前なのでいうことを聞く。

 さらに、大竹さん、メディアがダメと説かれて、古賀さん、それが最悪、政府をマスメディアは批判せず太鼓持ち、それでテレビを見た国民はアベスガ悪くない、野党は批判ばかりと思う。室井さん、マスメディアはスクープ出せずアベスガ政権のちょうちん持ちと説かれて、大竹さん、コンビニに行き、エッチな雑誌を立ち読みもかつてあったが、雑誌は売れずみんなスマホ、情報源のスマホはフェイクニュースであふれていると説かれて、古賀さん、自分が気に入るニュースを見たらそれに引かれて、右だとそちらのみ、左だとそちらのみ、大竹さん、スマホは大谷翔平ばかりと説かれて、古賀さん、フェイクは国際的に問題になり、しかし対立する意見でも自由に言うと淘汰されるべきだが、そうはならない、室井さん、それでトランプ氏が求められて大統領になると説かれて、古賀さん、このまま行くと戦争or経済破綻であり、経済はじわじわ悪くなる、一気に悪くなると気づくが、ゆでがえるで、みんな頑張って破綻、しかし声を上げないといけない、大竹さん、時給902円を903円にするではアカン、そしてパンケーキを毒見するは30日公開です、以上、古賀さんのお話でした。

 

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2021/7/2) 古賀茂明 官邸の暴走から、憂愁な官僚がアベスガに忖度して亡国、安倍晋三氏は国民をバカにしてマスメディアもそれを後押し、私利私欲のためのアベスガと忖度官僚の跋扈、このままだと戦争か破局的な経済破綻で日本破滅を警告する!

Inbox

Kouichi Nagaoka

1:00 AM (6 hours ago)

   

to uniting-peace

 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日のメインディッシュは元経産省官僚の古賀茂明さんでした。パートナーは、金曜日は闘います、の室井佑月さん、アシスタントは太田英明さんでした…で、古賀さんのお話、頭に来るので心臓に悪いかも知れませんが、しかし安倍晋三氏、菅義偉氏はもっと悪いのです!

 室井さんと米山さんのキューピッドの、古賀さん、官邸の暴走の本(https://www.kadokawa.co.jp/product/322010000570/ )を出されて、ネタはそれ、菅政権の真実に迫る、7/30にパンケーキを毒見する(https://www.pancake-movie.com/ )、五輪の最中に公開、に古賀さん出演、企画に関わり、室井さん試写会ご覧になり、古賀さんは菅氏の実像に迫るもの。大竹さん、日本経済とインケツ五輪、政局からと説かれて、古賀さん、様々なことを書かれて、最近聞かれるのは東芝と経産省の若い官僚の犯罪、あれはあの二人が悪いのか、経産省が悪いのか、安倍政権からかとよく訊かれて、しかし幻想が3つあり、経産省は花形官庁、職員は優秀、しかし実際は経産省は仕事がなく失業の官庁、政府が様々な企業を敗戦後守り、しかし80年代以降企業は当時の通産省には頼らなくて良くなり、仕事がないのに、やっている感を出そうとして、プレミアムフライデー、アベノマスク、しかし前者は官僚がテレビに出られる、そんなことをして、重用されるのはまじめなものより目立つことをやって面白そうなもの、電通のマエダハウスの人材も古賀さん良く知られて軽くてチャラ男、そんなものが安倍政権でブレイク、安倍政権は中身がなくてもやっている感をやっていたもの、今井氏の秘書官のために安倍氏は経産省をひいき、古賀さんは入った時から毎年アイデアを出せとして、これを安倍政権は悪用、経産省内閣になり、しかし菅政権で今井氏もいなくなり、菅氏は経産省を軽視、しかし経済安全保障が追い風、米中対立で日本の技術守れ、外資が日本に入るのを止めるのを経産省にさせて、経産省はネタができた。

 経産省の官僚は頭がいい、自分たちが日本の企業を支えていて、日本を良くするために自分たちが活躍しないといけないというもの、それで東芝破綻だが、企業は経産省のいうことを聞かず、昔は日本が世界の半導体の半分を作り(今は10%)、今は東芝、三菱と落ち目企業を集めて老人性ノスタルジーに浸る。そして新幹線の輸出など意図しても全滅、企業沈没、それを経産省が拍車をかけて、失敗ばかりで経産省は相手にされず、お金だけもらい、二流の人を出して全部失敗。そして鉱工業生産、プラスと思っていたら5月は落ちて、自動車が半導体の足りないので沈没。

 大竹さん、政局、経産省と財務省のバトルを問われて、古賀さん、財務省は消費税を上げたい、経産省は企業の側、しかし今は炭素税で両者タッグ、環境省もグル、しかしCO2を減らすより、収入を得てそれを誰が分捕るか内ゲバ、企業には負担だが、環境省もよこせ、経産省も企業に補助で俺たちのもの、財務省は予算で、天下り先も増えることになり官僚絶対主義。

 太田さん、政治家だけでなく、官僚も劣化と説かれて、古賀さん、安倍政権の悪影響、みんな安倍氏にゴマスリ、室井さん、官僚は答弁で必死になると説かれて、古賀さん、安倍政権で官邸は強く、官邸は、今国会で菅氏を守るのが仕事と言う始末、赤木俊夫さんの真逆、赤木さんは契約相手は国民と言ったが、今の官僚、政治家は破局的、赤木さんは官僚の鏡だが、公務員では絶滅危惧種、出世しない、安倍氏、菅氏のためにゴマスリしたら出世、総理が正しいならともかく、アベスガ政権では破綻、モリカケでも嘘をついたものが出世、古賀さんも、官僚はそれほど優秀ではない、こいつは自分の役所に役に立つか、一緒に仕事したかになり、省庁のため、国民のためではなく、働いて楽しいかは、部下として自分のためになるかで、国民のため、正義感は古いわけになく、官僚はテストは優秀でも人間として最悪+内閣人事局があり、総理の言うことしか聞かず、総理が間違っていないとともかく、総理はデタラメ、しかしそれを許しているのは自民党に投票する国民、安倍氏の哲学は国民はバカだ、国民のために政治をしなくても時間が経つと忘れる、嘘も100回言うと本当というのが本質。

 そして、五輪というとみんな忘れて、国民が五輪にたくさん反対しても平気、菅氏は9月になったら忘れるとバカにしている。太田さん、古賀さんのいうように政権は国民をバカにしても選挙で勝ち、国力低下、格差拡大と説かれて、古賀さん、政権交代は必須、立憲民主党は自民よりマシ、国民が声を上げて、国民も何とかしないといけない。室井さん、政権交代の前に一強を問題視されて、古賀さん、選挙前なのでいうことを聞く。

 さらに、大竹さん、メディアがダメと説かれて、古賀さん、それが最悪、政府をマスメディアは批判せず太鼓持ち、それでテレビを見た国民はアベスガ悪くない、野党は批判ばかりと思う。室井さん、マスメディアはスクープ出せずアベスガ政権のちょうちん持ちと説かれて、大竹さん、コンビニに行き、エッチな雑誌を立ち読みもかつてあったが、雑誌は売れずみんなスマホ、情報源のスマホはフェイクニュースであふれていると説かれて、古賀さん、自分が気に入るニュースを見たらそれに引かれて、右だとそちらのみ、左だとそちらのみ、大竹さん、スマホは大谷翔平ばかりと説かれて、古賀さん、フェイクは国際的に問題になり、しかし対立する意見でも自由に言うと淘汰されるべきだが、そうはならない、室井さん、それでトランプ氏が求められて大統領になると説かれて、古賀さん、このまま行くと戦争or経済破綻であり、経済はじわじわ悪くなる、一気に悪くなると気づくが、ゆでがえるで、みんな頑張って破綻、しかし声を上げないといけない、大竹さん、時給902円を903円にするではアカン、そしてパンケーキを毒見するは30日公開です、以上、古賀さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close