命犠牲のカミカゼ・オリンピック総括:新自由主義の自民・維新を拒否しコモンのための社会にすべき&9・11テロから20年解説:戦争は絶望しかもたらさない、中村哲さんのやり方が未来を作る

西谷文和 路上のラジオ(2021/8/13更新) 内田樹 国民の命を犠牲にしたカミカゼ・オリンピック総括、新自由主義の自民・維新を拒否してコモンのための社会にすべき&西谷さんの9・11テロから20年解説、戦争は絶望しかもたらさない、中村哲さんのやり方が未来を作ることを語る

 永岡です、西谷文和、路上のラジオ、Radio on the Street第61回(https://www.radiostreet.net/radio/883/ )、今回のゲストは思想家の内田樹さんでした。ネタは国民の命を犠牲にした一か八かのカミカゼ五輪総括でした。後半は西谷さんによる9・11テロから20年の、テロとの戦いの解説です。概略追跡します。

毎回中東やアフリカを取材される西谷さん、マスメディアにできないことを自粛、忖度なしで発信、リスナーから、この番組を楽しみにして、マスメディアに出来ない、どころか出られないゲストを出して、権力の手先のNHKや五輪狂乱の民放批判があり、西谷さん、この番組だと小出先生、佐高信さん、前川喜平さんとマスメディア放送禁止の人を出せると強調されました。

内田さんは電話出演、五輪で日本破綻(ラムダ株感染は五輪関係者で終わるまで隠されていた)、内田さん公共交通機関を使われず、内田さんはカミカゼ五輪と説かれて、内田さん前回の4カ月前の段階にまさか、五輪をするとは、であり、政治的判断、政権延命、菅氏がもう一期総理をしたく、しかしそれなら五輪をやめてコロナ対策すべき、野戦病院をつくる、PCR検査を増やすとしたら選挙に勝てる、国民の8割が五輪に反対で、五輪中止の方が政権のためなのにせず、しかし精密なプランの元ではなく、どうしようもなくやってしまい、そして感染爆発、五輪のためと専門家は指摘、今後感染爆発、死者急増なら犠牲者が日本政府を提訴する可能性があり、不要不急の五輪で亡くなった、後遺症など損害賠償訴訟はあり得る。

西谷さん、政府の想定を越えて、東京は自宅待機17000、五輪の前の10倍、救急車で100件断られた=病棟の空いているのがない、内田さんもその点危惧されて、西谷さん、五輪のために日本沈没+入院制限、自宅放置だと説かれて、内田さんの門下の方もそれになり、家で高熱と闘っていて、内田さんが食糧を運ぶ始末=医療崩壊。感染症のもので、直ちに入院の法律のある病気で医療崩壊、感染症法違反で、感染して入院しないと罰金と1年前は言われて、今は感染したら死ね。

第4波で大阪にて死者多数、尾身氏すらアカンといい、肯定していたのは高橋洋一氏、竹中平蔵氏らくらい、日本社会が病院や保健所を無駄として潰した、新自由主義の結果と内田さん説かれて、市場に淘汰、橋下氏らのいうのは医療を市場に任せたら破綻、医療は余裕がないと命が危なく、病院は稼働率100%が経営にはよくても、命の危機、大災害、パンデミックの際に医療崩壊、医療は余裕がないと、医師、看護師をリストラしたら破綻。医療は命のために必要、かんばん方式のような医療は大阪で破綻、職員、施設を減らしてそのために無数の人間が死んで、それについて菅氏、橋下氏らは謝罪していない。市場に全部なら政府は要らない、何のための税金か、庶民は国に頼るなが菅氏の自助の意味、国に頼るな=国民は死ね、菅氏は政治家に仕事させるな。菅氏、広島で演説したくない、国会も記者会見も嫌い、なら菅氏は総理をやめるべき。広島で言い間違い、原爆と原発を間違えたら、民主党政権なら自民は必死に追及していた+被爆者に失礼、内田さん広島の人間なら殴る、NHKは長崎で演説にテロップを入れず、しかし短いスピーチでチェックせず、自分が何を言っているか菅氏理解していない、普段から菅氏は意味の分からないことを言い、質問に答えられない。

西谷さん、メディアの責任が大きいと説かれて、内田さん、メディアが菅氏を持ち上げたと怒られて、菅氏は無能、能力なし、総理は菅氏の知的能力ではダメ。西谷さん、テレビ、マスメディアは五輪にジャックされて、NBSのためと説かれて、内田さん、NBCで視聴率も取れない+若い人は見ていない、50代以上しか見ず、パリも視聴率とれず五輪はオワコン、NBCに広告がつかず、NBCがズラトンの可能性があり、IOCが金づるを失う。猛暑で五輪はNBCのため。

西谷さん、安倍氏の1年延期は任期中に五輪したかったのに、開会式に来ずと批判されて、西谷さんは商業主義、電通、森氏のことで見なかったと説かれて、内田さんは64年の五輪、キューバ危機の直後、第3次世界大戦なしの安堵でやり、五輪は商業イベントでなかったのに、84年のロスから商業化、北京は国威発揚、そしてこの五輪は不祥事の塊、福島アンダーコントロール、東京の猛暑を詐称。嘘をついて承知して、イスタンブール、マドリードを破るために猪瀬氏醜態=イスラム圏で批判されて、ライバルに差別的なことを猪瀬氏らいいニューヨークタイムズに批判されたほど、ライバルを誹謗中傷で、これでアウトのはずが賄賂で東京になり、賄賂でIOC委員買収、ブラックタイディング社で買収、この件はガーディアンが報じたのに、日本のマスメディアは報じず、電通込みの買収を日本で報じず、しかし買収は確実、竹田氏は海外なら逮捕。しかしディアク親子は逃げているものだが、賄賂+嘘+差別で五輪、障害者いじめ、女性差別ととんでもない大会。五輪憲章に、根本原則があり、差別が絶対に許されず、かつてはいかなる差別もダメから、細かく差別を禁止、性別、人種など差別になる要素10に抵触したらアウト、その差別禁止項目は今も増えて、差別したら五輪はできず、IOCは差別的にナーバスだが、日本のアホはそれを知らないか、昔のものしか知らず、しかし今は五輪が差別禁止の象徴であり、日本の五輪はその点マイナス1万点!民族、性差別はごくわずかでもアウト、そこまで今回の五輪はムチャクチャ、IOCが差別禁止なのに、組織委員会はセクハラ+パワハラの塊、クズオヤジの巣窟、差別主義者が開会式に出て、腐った組織委員会、そして電通、電通は中抜きでウハウハ、解体すべき。

そして、大阪万博も絶対にダメ、博打場は2025年に間に合わず万博は破綻、パビリオンは出るか、アメリカは出ても日本の企業は未定。70年のような国民的なイベントにならない、月の石のような目玉なし、五輪、万博のようなお祭り型資本主義は破綻。お祭りは打ち上げ花火でスゴイとするものの、デタラメ、祝祭、しかし五輪は3兆円浪費してショボい、祝祭にならず盆踊りの方がまし、お金の浪費、東京五輪、日本の政界、財界、電通に祝祭を作る能力なし、そして3兆円は税金で尻拭い、IOCはボッタクリ、バッハ氏300万のホテル、今回IOCの醜態が国民に知られて、五輪は公益性のためにNPOのIOCがあるのに、日本はIOCの植民地、金が欲しいだけの連中、IOCの威信はなくなった。

西谷さん、菅氏は五輪で支持率上昇を狙い失敗、総選挙は自民が負けても維新が伸びたらと危惧されて、内田さん、自民の落ちた分地方選挙で維新は伸びて、自民・維新連立だともっとひどい新自由主義。自民はどれだけ失うか、丸々維新は取れない、東京では維新は議席とれず関西のみ、自民・公明・維新で過半数カツカツの最初からレームダック、西谷さんは野党の統一を願い不発と説かれて、連合が共産党の排除をしているのは問題、西谷さん、連合は労働者に支持されない張子の虎で、枝野氏は連合を切れと説かれて、内田さん、立憲は地方組織がない、市民団体、学生団体などなく、野党第一党なのに地方組織がないのは問題。内田さんはそれを何とかしろといい、その点で共産党と組まないとだめ、野党統一候補を出してやり、そのために枝野氏は連合を切れ、それで連合は自民につかず自由投票になり、それでいい。

西谷さん、徹底したコロナ対策、新自由主義否定で立憲は共産党と組めると説かれて、内田さん、まずは目の前のコロナを何とかして、セーフティーネットを整備、金より命、五輪の金を国民に。そしてコモンが大事なのに、マスメディアがデタラメで庶民はあきらめて、メディアに騙されてどうしたらいいかと西谷さん説かれて、内田さん、日本は10年かけてここまで壊れて、2005年の小泉政権以来、その前に戻すのに倍の時間がかかり、日本はこのままだと破綻、今年をターニングポイントにすべき、潮目は変わり、自民は菅氏ダメ、ポスト菅もない+安倍氏は桜不起訴不当でもう出られない。安倍氏の公民権停止が必要。今まで選挙に行かなかった人たちが投票に行かないと日本はダメ、そのためにこのようなメディア、チャューズライフプロジェクト、マスメディアの報じないものを報じて、日本は滅びゆく恐竜、市民はミニコミで、しかし小さな哺乳類で生き延びるべきと内田さん締めくくられました。

そして、9・11から20年、アフガン戦争、日本は9条のために派兵せず、しかしアフガンは米軍のえげつない空爆、タリバン政権崩壊、しかしタリバンはビン・ラディンをかくまったというので攻撃されたが、しかしビン・ラディン摘発は戦争ではなく警察の仕事、犯罪であり軍隊の仕事ではないのに、無数の弱い人間が殺されて、ビン・ラディンはパキスタンで殺されて、これはどういう意味か、ビン・ラディンの殺害に西谷さん疑問、現地に行き取材、殺害現場は立ち入り禁止、西谷さんは通訳にビデオカメラを託して取材してもらい、が通訳が帰ってこない、通訳は秘密警察に捕まり、西谷さん、独房で15時間取り調べ、ビデオ映像没収だが西谷さんで8人目=ビン・ラディン殺害の取材はそれほど米軍に取って取材されたらまずい。

日本はアフガンに軍隊は送らずに済んで、後方支援のみ。西谷さん、穏健派のタリバンの外務大臣に取材すると、日本は自分たちを殺さず素晴らしい、9条を評価して、この方は9条を熟知、タリバンも戦争で疲弊して、和平合意したい+中村哲さんがアフガンの砂漠を緑にしたため。10年前日本の評価は高かった。

イラクも西谷さん取材、大量破壊兵器のため、フランス、ロシア、ドイツは反対、イギリス、日本は賛成、その際にブーツ・オン・ザ・グラウンド、自衛隊に現地の土を踏ませろ、湾岸戦争ではショー・ザ・フラッグ、小泉政権で自衛隊は派遣されて、しかし水道工事のみ、しかし現地の反米感情は大変なもので、イラクのサマワの日報は隠蔽されて、自衛隊の宿舎は迫撃弾にやられて、犠牲者なしは奇跡、隠蔽は森友事件と同じ犯罪。

2011年にアラブの春、権力者への反発ではなく、リーマンショックで穀物が高騰、シリアで大干ばつ、それで市民は立ち上がり、アラブの春は資本主義の破綻の結果。リビアも西谷さん、カダフィ勢力を取材して、天敵のイスラエルの武器で闘い、死の商人の跋扈。南スーダに自衛隊も攻撃されて、1名負傷。この20年、西谷さんアフリカ、中東を取材されて、91年の湾岸戦争、当時の自民党は金だけ出して評価されず、それが自民にトラウマ、しかし自衛隊を中東、アフリカに派遣して結局負傷者(犠牲者)が出て、そして駆けつけ警護、国連の職員にそれをする、次は自衛隊、戦闘行為は必須、20年間9条は骨抜きにされて、しかし中村哲さんが用水路を引いたところは治安が良く、砂漠は治安が悪く、その間車で1時間、緑のところで西谷さん感謝されて、中村さんは武力ではなく、米、小麦、それを作る水で平和をと言われたもの、9条は理想だけではない。コロナ、地球温暖化、「戦争などしている場合ではない」と締めくくられました。

今回も、貴重な内容でした。コロナで日本は潰れかけて、いやこのままだと社会崩壊は必須、菅総理や小池知事、維新には解決は無理、この国は80年前の真珠湾攻撃につながる破綻を繰り返そうとして、五輪もされてしまった今、この国に残された時間は少ないです、これも拡散してください、以上、路上のラジオでした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close