自民・維新勝利選挙ではない、低投票率+環境問題鈍感な日本、脱成長、メディアも民主主義破壊共犯、このままだと日本完全滅亡!

文化放送ラジオ 大竹まことゴールデンラジオ(2021/11/5) 青木理 自民・維新の勝利の選挙ではない、低投票率+環境問題に鈍感な絶望的な日本、脱成長、メディアも民主主義破壊の共犯、このままだと日本完全滅亡の危機を警告する!

永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことゴールデンラジオ、本日のメインディッシュはジャーナリストの青木理さんでした。パートナーは室井佑月さん(室井さん、つれあいの米山さんの選挙のためこの番組2週間ぶりの登場です)、アシスタントは太田英明さんでした。例により概略書き起こしします。

青木さんのお話、総選挙のことと予想して、この番組月一のレギュラーの青木さん、情報隠蔽国家の文庫本(https://www.amazon.co.jp/%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%9A%A0%E8%94%BD%E5%9B%BD%E5%AE%B6-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%9D%92%E6%9C%A8%E7%90%86/dp/430941849X )がでて、総選挙、与党もメディアも重大な敗北、野党だけでない。コロナ禍、保守的な人、リベラルなど様々な人があり、よほどのネトウヨでないと政治がひどいとこんなひどい目に合うと知り、感染者数、今は落ち着いても、商売人は大変、医師にかかれず亡くなった人もいて、給料は30年上がらず、少子高齢化、環境破壊、日本は衰退していると実感していない人はおらず、格差と貧困、何とかしないといけないとみんな思い、しかし政権は文書改竄、これに与党を支持する人すら批判的、歴史的、戦後こんな大きな曲がり角はないのに、投票率は戦後3番目の低さ、青木さん、例に出されて、ドイツの総選挙は77%、気候変動が争点で環境政党が躍進して、政治、メディアも投票することを後押し、与野党どちらに入れるにせよ、投票に行こうと意志表示できなかった政治とメディア、無風、関西だと維新の突風はあるが、野党だけでなく、与党もメディアも低投票率を民主主義の危機と知るべき。

室井さん、メディアもラグビーの人気をあれだけ押し上げて、投票率をテレビが上げられたと説かれて、青木さん、メディアにより議席予測が異なり、組織力の強い与党がこうして勝って、立憲は組織力なしと説かれて、室井さん、立憲は地方組織がなく共産、社民に頼り、立憲は何が何でも勝ちたい意思なし。維新、れいわは伸ばして、維新の改革、れいわの消費税ゼロはあり、立憲に強いアピールなし。

青木さん、野党共闘、共産と組まないと立憲は勝負にすらならず、自民は僅差で勝った候補が数十人いて、候補の魅力、投票率が上がると野党が勝っていたと説かれて、室井さんは、議員の魅力、党首討論、共産は自公に攻められて頑張り、東京8区で立憲は山本太郎さんを悪者にしてしまい、今のままではダメという人も、立憲は、平野啓一郎さんもよくしてくれないと発信されたと説かれて、青木さん、この選挙、みんなこのままではまずいと思う中で投票率の低さは致命的、30%行かない意思で与党・野党は形成されてしまう。

室井さん、立憲の中で共産と組んだからと今でもいうのは問題、大竹さんは与野党伯仲が必要で、しかし危機感なし、日本は沈み行く船だと、ほとんどの国民は感じて、気候変動でも日本は核、石炭火力に頼り、その際に政治・企業も庶民もわかっていて変えられない、現状維持ならいいと、たくさん稼いだ記憶もないが、日本一億沈没、そしてどうしようもできない、変わってもよくなる保証なしと説かれて、青木さん、宮台さんも言われるように、日本は新自由主義ではない、アメリカのようにGAFAはでない、中間層は没落、貧困の差が出るが、反面大きな企業がアメリカ、中国だと出てくるのに、日本だと核などの既得権益、構造的に終わっている企業を生き残らせるために派遣、貧困を作り出し、そして緊張感、政権交代があるとしたら、公文書の改竄、憲法改悪をよしとする政治家は与党にも少ない。自民の一強、官僚は政権に気に入られないと出世できず改竄、しかし元の木阿弥になり、紙一重で自民は勝ったが、青木さん打ちひしがれるのは、投票率を上げて緊張感のある政治を作るべきなのに、できなかった。

室井さん、投票しなかった人、入れても無駄の気持ちがあると説かれて、青木さん、現状維持で、野党には任せられずこの始末と説かれて、大竹さん、内田樹さんの指摘があり、この国はダメになり、自己責任、不寛容、敵を作り叩き留飲を下げる、韓国を叩いてすっきり、それを女性を叩くなどで、内田さん、親切にしよう、それが寛容を作り、ブータンは日本より貧しいのに寛容で日本よりマシ、そして日本の庶民はどんどん貧しくなり大変だと説かれて、青木さん、斎藤幸平さんの発言は意味があり、気候変動、人類は滅亡する、成長と分配は不可能、貧しい国から搾取するのはダメ、脱成長、日本は何とか生きられるので、成長ではなくやるべきと言われるのに納得。

室井さん、無限の成長は無理、会社も関わる社員が潰れたら破綻すると説かれて、青木さん、ドイツは原発も石炭火力もやめて、しかしグレタさんはそれもダメと指摘=日本はドイツの10周遅れて、この投票率の低下は絶望的。太田さん、政治家は今までのような言葉では国民を納得させられないと説かれて、青木さん、それがいい政治家、いい言葉か、どんな政治体制でも、日々の生活が社会の基礎にある、暗い話ですいませんと締めくくられました。以上、青木さんのお話でした。これも拡散してください!

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close