署名要望:立憲野党は政治選択肢の明示を!

立憲野党は新しい政治の「選択肢」を示してください!

市民連合 started this petition to 立憲野党

市民のみなさまへ

安倍政治を引き継ぐ菅内閣に、皆さんは期待を寄せていらっしゃいますか。
「自助」・自己責任を強調し、コロナ感染対策より経済対策を優先する。日本学術会議の会員任命拒否にもみられる異論を許さない権威主義。デジタル化を口実に個人情報までも一元管理をねらう。菅首相の専制的な政治が、いのちと暮らしの危機をいっそう深刻にしているのではないでしょうか。
この国の政治は、「安倍・菅」政治の道しかないのでしょうか。「他に適当な人がいない」というのが菅政権支持の最大理由、そんな状態をいつまで許すのでしょうか。

私たちは、一人ひとりのいのちと尊厳を大切に、公助という政府の責任発揮を優先し、民主主義を市民の手にとりもどす新しい政治の「選択肢」があり、その道への一日も早い転換が必要だと考えます。
市民連合は、野党各党に政策要望を提出し、これをもとに各党が協力して政策を練り上げ、その実現のために力をあわせて次の総選挙をたたかって政権交代をめざし、新しい政治のもとで政策を具体化する。その「選択肢」の提示を求めています。2015年「安保闘争」からスタートした市民と野党の共闘をより強く、大きくする「選択肢」の提示を心から願っています。

その強い思いを後押しいただき、「選択肢」の提示を求める「要請署名」に賛同いただき、多くの市民の皆さん、運動体にひろげていただくようお願いします。
市民の声を可視化して、政治を変える市民運動のうねりをつくり出すために、署名へのご協力をお願いします。

【よびかけ人】
大沢 真理(東京大学名誉教授)
佐藤 学(東京大学名誉教授)
長尾 詩子(ママの会・弁護士)
中野 晃一(上智大学教授)
菱山 南帆子(総がかり行動運営委員)
広渡 清吾(東京大学名誉教授)
山口 二郎(法政大学教授)

————————————————————

立憲野党の皆さん
いのちと人間の尊厳を守る政治の「選択肢」をすみやかに示してください(要請)

【要請事項】
次の総選挙で新しい政治を実現するため、政策と選挙協力の具体化に合意し、市民と力を合わせてたたかってください。

【要請の趣旨】
「この道しかない」「全く問題ない」「適切に対応している」―本当にそうでしょか?

このまま、「安倍・菅」自公政治にかわる「選択肢」のない状況がつづいていいのでしょうか。

やせほそった日本の医療・公衆衛生体制は、収束の見えない新型コロナ・ウイルスに耐えきれるのか。そんな国民の不安に追い討ちをかけるように、「自助」「自己責任」を掲げ、GOTOキャンペーンに固執する失政によって、雇用や生活、生業の危機は日ごとに深刻になっています。これでは政府はいったい何のためにあるのでしょうか。

本来、政治の最大の使命は、一人ひとりのいのちと暮らしを守り、いかなる差別、選別、切り捨ても許さないことだったはずです。この道しかない?「そんなはずはない」、私たちはそう考えます。

ごく一部の人たちが富や権力をほしいままに我が世の春を謳歌する、利権、特権意識丸出しの政治家が跋扈する、官僚は政治家に忖度し続ける、多くの国民は蚊帳の外。こんな政治では、日本の未来は描けません。いま、政治を変える確かな「選択肢」を示すのは、心ある野党の責任です。

私たちは、立憲野党が来たる衆議院選挙に向けて力を合わせ、誰もが自分らしく安心して生きることができる新たな社会ビジョンを「選択肢」として示し、市民と協力して政権をめざすことを求めます。

署名サイト:

https://www.change.org/p/%E7%AB%8B%E6%86%B2%E9%87%8E%E5%85%9A%E3%81%AF%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE-%E9%81%B8%E6%8A%9E%E8%82%A2-%E3%82%92%E7%A4%BA%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%81%84?signed=true

コメント:生命・生活・憲法・真理・倫理破壊から大衆・衆生・世界の生命・生活・平等・平和建設へのヴィジョンを!

・・・・・

署名初日に寄せられた「立憲民主党への一言」

情報記載いしがき
野党共同候補は負けていません。
あの不当な、選挙前の自民党代表選の宣伝・マスメディアに負けたのです。
「改ざん・隠ぺい・廃棄と忖度」この政治を叩き、アベ議員辞職を実現させないとアベノの愚民化政治が続行されてしまいます。
諦めで物を言わない国民、これが軍国主義の根源となります。
石垣敏夫

つなぐ・つながる通信2021/11/20(転送歓迎、重複ご容赦)—————————-

下記の要望署名を開始して、一日の賛同数は62名でした。
11/23正午締切で届けます。広く転送をお願いします。
要望書:政治を変えるため、「市民と野党の共闘」を
進める役割を期待いたします
「一言」を書かれる方が多かったので、紹介を致します。
——-「立憲民主党への一言」————
■ 市民と共にこの道を歩ゆんでください。
■ わたしは、少なくとも「健全な資本主義」に日本を回復させるためには、先の総選
挙の成果と課題を継承させる事が重要と判断します。共産党を含む「野党共闘」
を漸進させましょう。
■ 市民と野党の共闘で引き続きよろしくお願いします。
■ 投開票日が開けたとたんに、メディアがそろって立憲民主党に対し「共産党との共
闘が敗因となった」という枕詞をつけ、いっせいに野党共闘批判したことに最初意気消
沈しましたが、直にメディアが翼賛体制にあると確信しました。負けない意思が一層必
要です。

■ 今回の選挙で得た「野党は協力して自公政権の政治を変える」という信任を大切に
してください。そこが薄まると、立憲民主党の結党の理念であるものが損なわれ党勢は
かえって衰退へ向かうと思います。また、現政権に代わるビジョンを強く打ち出して宣
伝してください。
■ 野党共闘路線の維持と強化を求めます!
■ 共闘この道しかない!

■ 野党連合の政策協定の基本は、憲法を守る事。そして自公政権の基本には憲法改悪
があり、岸田政権の本音が、軍事化・憲法改悪の強行にある事が明らかになりつつある
現実に即して、憲法を守り抜く一点で大同団結する広範な市民の協力協同の戦線を作り
上げる先頭に立憲民主党が立って頂きたい事。
■ 野党共闘を応援しています!屈強な一つの塊となり政権交代を成し遂げましょう!!
「立憲共産党という輩に屈すること勿れ。彼奴等の方が憲法解釈が乖離している嫌いが
あり、よっぽど野合でありましょう。「立憲共産党」といわれたら「自民創価学会」と
いいかえすくらいの気概を持たれたら如何かと…「野党共闘」応援しています!

■ 立憲という民主主義の基盤を守る役割を貫いてほしい。こんな攻撃に迷わないでほ
しい。この選挙制度で誰が見ても野党共闘しかない!日本をどんどん壊していく与党に
対し、野党共闘こそが良い面の保守だということ、これをしっかりアピールし浸透させ
ていくのが大切だと思います。
■ 市民と野党の共闘は、自民・公明などの与党に脅威を与えたことは間違えありませ
ん。
市民と野党の共闘を広く国民に広げる以外、現愛の非民主的な選挙制度の下で、政治を
変えることはできません。力をあわっせて継続して頑張りましょう。
■ 自公政権を倒すには、「市民と野党の共闘」を進化するさせるしかありません。国
民の期待に応えるために、共闘路線を堅持してください。

■ 市民と立憲野党の共闘をさらに発展させてください。
■ 現選挙制度の下では、自民、公明が選挙協力を止めない限り、野党がバラバラで戦
えば、自公政権が半永久的に続き、益々自民党の劣化が進み、国会は機能しなくなりま
す。今回の選挙でも、野党共闘なしに当選できた立憲民主党議員は何人いるでしょうか
。政党同士が信頼し合える形での野党共闘を進める人が代表になっていただくことを強
く望んでいます。もう一度分裂するようなことになれば、立憲は国民からの信頼を失っ
てしまいます。
■ マスコミでの間違った情報に対抗していく手立てを考えていった方が良いと思う。
■ 市民が政党に託すものは、第一に平和、これを絶対に忘れないでほしい。
■ 小選挙区で勝利するためには、市民と野党の共闘で闘う道を進むしかないと考えて
います。立憲民主党は、野党第一党として、市民連合がつないだ日本共産党、社会民主
党、れいわ新選組との9月8日の共通政策をぶれずに実行する活動を基本にして進んで
下さい。

■ ☆野党共闘に自信もち、参院選でがんばりましょう!
オリンピックと3週間の自民総裁選でテレビジャック、首すげ替え後、2週間の衆議院
選挙と、独裁的な準備万端、自公の早業は、成功したかに見えましたが、九州、福岡を
見て下さい。福岡11区自民の牙城に共闘立憲2(5区は女性)、無所属1の風穴が空きま
した!佐賀2区全て共闘立憲、他県も自民だけの所が無くなりました。日本で沖縄以外
の西にも風が吹き始め自民は薄氷の勝利でした!あと1週あれば衆議院は保革逆転した
かもしれません。
市民連合ふくおかの出水先生の分析で確実に野党共闘の効果が報告され、他の分析でも
共闘効果が上向きで、野党共闘の参院選が楽しみで、正念場です。世界に誇る戦争をし
ないと決めた憲法は大切です。しかし岸田首相は任期中に改憲の実現目指す意向を指示
しました。子孫のためにも改憲させないための参議院勝利を目指して頑張りましょう!

■ 今後国政選挙のみならず、地方首長選でも与野党対決構図を作れるよう努力して頂
きたい。合わせて、連合に頼らなくても済むよう、地方組織のさらなる強化に努めてい
ただきたい。
■ 野党と市民の共闘が政治変革のカギだと思います。
多様性の統一こそ目指すものです。
■ 6人のうち1人の子どもが三食満足に食べられない現状を本気で変えるなら、共闘し
かないですよね。
■ 維新との協力はあり得ない
■ 市民連合と協定・調印した「政策」の実現に奮闘努力することを切望します。

■ 枝野ビジョン(支え合う、昭和前半が非日本的で異常な期間という歴史認識)を引
き継いで下さい
■ 提言に力をいれて欲しい。ひどい自民党ですので批判しないといけませんが、感情
むき出しだとマスコミにそこだけテレビで報道され有権者はどうして反対するのか分か
らず怒った野党代表のイメージが先行して選挙で勝てません。 ですから政策の主張に
力をいれつつ批判をしてほしい
■ 野党共闘は絶対に必要です。共産党との共闘は外しては政権交代はできません。維
新や国民民主党との距離はとっていいと思います。

■ 新代表によって、貴党が多くの貧しい国民に寄り添える政党へと発展することを期
待しています!
■ 野党は、何の為に存在しているのかな。勤労者だけの政党では政権交代は無理です
。市民、国民を代表するような大きな感性を持つ事が必要です。勤労者の人達は、根な
し草(失礼!)で、地域に土着した生活がありません。自民党は、土着生活をしている
農山魚村での営みや商売をしている人達に支えられて、やりたい事を上手くだましてや
ってきています。ですから、理論は必要ですが、地域住民の中に入って商売をやるよう
な土着運動をしなければ、自民党を潰す事はできません。
■ 野党共闘の要求を掲げて、新しい立憲主義・社会主義の大道を先導されることを期
待しています。

■ 比例区での「民主党」が良くなかった。「立憲」というのも選挙民には意味が分か
りにくい。党首のテレビCMが洗練されていなかった。共産党との提携が志位さんに比べ
て誠意を枝野さんに感じなかった。連合へ配慮、お伺いを立てるような関係を続けてい
ては飛躍出来ない。ふだん、安住幹事長よりも説得力のある人がいっぱい居るのに残念
だと感じていました。選挙活動が希薄。宣伝カーが早いスピードで回るだけで選挙民と
の接触ゼロでは、マイナスイメージが増すだけ。人材では与党よりずっと上回っている
と感じています。選挙に勝つための方策をもっと真剣にに考えて下さい。今回の選挙で
私自信落ち込みましたが応援しています。
■ 今回の選挙でも身を粉にして共産党のサポーターの方々は、立憲の候補者を応援し
てくださいました。それを邪険にするような言動や対応、また冷ややかな表現は非常に
残念です。それによって一部、立憲離れもおこっています。共闘を尊重する対応をお願
いします。

■ 野党選挙共同は、政党の違いを認め、互恵原則に則り、互いに利益のある協力関係
を構築することが大事です。その目標は立憲主義に基づく野党連合政権を確立・維持す
ることにあり、小政党を排除して保守二大政党制を確立することではありません。政策
面では、私が違憲と考えている小選挙区制の廃止を野党統一政策とすることが、この目
標を達成するための最善の近道です。
■ 市民と野党の共闘と、女性の活躍、女性候補者の
擁立をお願いいたします。期待しています。
■ 自公の中傷に惑わされないで。
■ 今まで以上に、具体的なオルタナティヴの政策に最大限注力し、
頑張ってください。

■ 「第二の前原」は絶対避ける。今度こそ、ボトム・アップを。
■ 大手電力に働く労働者を念頭に、再エネ転換で働く場が保障され、働きがいが獲得
できる確かな展望を政策的に示してほしいと思っています。
■ 以前から国会前集会にも個人で参加、組織・党派等々を越えて『野党はひとつ』『
野党は共闘』を貫くことを目指してきたものです。連合こそ組合員に立憲との関係を問
うべきです。

■ なぜこれまで立憲民主党は、日本の労働者の一握りを代表する連合にあれだけ遠慮
し、気を使うのか、さっぱり分からない。確かに連合の組織票は無視できないのかもし
れないが、その何倍もの労働者が日本では生活している。その人たちの関心、支持を得
ようとしないで何時政権がとれるのか?やはり政権与党になるための努力が足らなかっ
たと思う。
■ 野党共闘の政策協定で結んだ内容を実現するために先頭に立ってください。
■ 「野党共闘」は、自公に勝つためには必須です。そして、「市民と野党の共同」で
政権交代を必ず実現させましょう。
■ 市民と日本共産党をはじめ野党の共闘はますます必要ですが,連合や国民民主党と
の連携、そしてそれを超えた、保守層・無党派層との連帯も必要です。当地区は辛うじ
てそれがあったからこそ、ほぼタイに戦えました。新代表を押し立てて翼を広げ、市長
、知事、参院過半を取りに行きましょう!

■ 1番お願いしたいのは連合頼み一辺倒ではなく、動いてくれる市民を得られる政党に
なることです。自民党を見習い「ドブ板」に徹すること、公明党婦人部を見習い「熱烈
集票」の草の根の活動を推進すること、維新の大阪全勝を見習い「地方議員」の数を増
やすこと、そして共産党を見習い「大きな目標」にフォーカスして全力を尽くすこと。
そして緊縮財政脱却!全員がMMTを深く学んでください!
■ 立憲主義の党是を守ってください。間違っても、学術会費任命拒否を「学術会議に
も問題がある」と言い、土地利用規制法に賛成した玉木雄一郎にすり寄ったり、維新に
協力するなどという事が無いようお願いします。嘘のない誠実な、市民の人権に忠実な
政党であり続けて下さい。「立憲野党」の名に恥じないように!よろしくお願いします

———————–

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close