ルール狭窄非寛容<本澤二郎の「日本の風景」(4285)

ルール狭窄非寛容<本澤二郎の「日本の風景」(4285)

<免許更新で緊張から解放、大根大量収穫で沢庵漬けに挑戦>

人びとは今ひどく精神的に追い込まれている。国際的ルールを無視しての軍事的挑発という、日本国憲法が二度と過ちを繰り返させないための歯止めを忘れてしまうという、知らず知らずナショナリズムに埋没する市民、はては日本政府は駄目だから、ワシントンに期待したい?という信じがたい思考の持ち主とか、狭窄非寛容と様々である。

このような時にこそ、国際的国民的ルールを死守して、対話で問題の解決に当たりたいものである。実をいうと、昨日、ようやくにしてちょっとした緊張から解放された。それは老人いじめの運転免許の更新手続きが終わったせいである。

安堵の証に袖ヶ浦市から千葉方面の高速道路を往復、透析をしている義弟が栽培した、見事に生育した練馬大根をたくさん掘りだしてきた。大漁節ならぬ大根節だ?

<老人いじめの認知機能テスト、なぜ医師任せできないのか>

75歳以上の認知機能テストは、当事者に対してとても緊張を強いるものである。仕事も手につかない、とこぼす人もいる。

確かに、買い物先でよく見かける足腰の具合の悪くなった老人老婆の運転手は、もはや日常茶飯事である。それはハンドルを手放すと、生活が困窮するからだ。これをビジネスにしようとする車屋が、高額の車を売りつけようとしている。老人いじめはあらゆる場面で見られる。

其の点で、二階や麻生らの老人政治屋は、老人いじめのルールを改善すべき責任があるはずだが、彼らは運転手付きの利権車に乗っていて気付かない。はっきりといわせてもらうと、認知テストは医師の分野だ。専門家に任せればいい。それを警察・公安が利権稼ぎにしている。改めよ、である。

認知テスト受験者の中には、両手に介護杖をしながらの、しかし、口ぶりは威勢のいい老人もいた。試験は2回もある。認知テストの不合格者は、4回も6回も受験させられる。その都度、老人にとっての大金をせしめられる。

2回目の運転技能検査では、普段利用しない大きな普通車のハンドルを握らせられる。もうそれだけで、小型車や軽トラ運転の老人は、ひるんでしまう。要は、不十分なハンドル操作という、自尊心を打ち砕く採点を強いるためである。多難な人生をかいくぐってきた、ほぼ完成された人間も、この時ばかりは、意気消沈、首を垂れるしかない。

<高速道ではルールの時速80キロで追い抜かれ、大型車一台追い抜く>

老人は速度を出さない、出せないのだ。安全運転を心がける。誰にも言われなくても分かる。高速道路は80キロ制限だ。当初は60キロ程度で走っていると、全ての後続車が追い抜く。やむなく80キロに、それでもすべての車が追い抜いていく。しかし、動じない。

目の前に、事情があるのであろうゆっくり走る大型車を追いぬく。目の前の視野がさえぎられて、高速を降りる出口が不明だ。やむなく追い越した。追い越しはたったの1回。慎重運転で、無事に千葉市松が丘に着いた。自宅から30分程度、高速料金が値下がりしたらしい。600円で足りた。

若いころは、妻の実家に出かけることが少なくなかったので、首都高速を使用したものである。アクアラインが出来ても高額料金に手が出なかった。311のころ、一度だけ利用、3000円以上もすることに驚いたものである。

米国を車で旅すると、まず料金は無料である。これ一つでアメリカに感心してしまった。さりとて日本に軍事基地と、多くの兵士を駐留させることは、国際法上大問題である。外国の軍事基地は撤退させねばなるまい。

<12月20日袖ヶ浦市林地区公会堂で放射能不法投棄重大問題初集会>

千葉市の義弟宅では、妹が大好きな雑煮を作ってくれた。昼下がりの大根抜きで少しお腹が空いていた。大根たっぷりのおでんのような煮物もおいしかった。透析を終えて帰宅した義弟ともども歓談した。

何としても沢庵漬けに挑戦する覚悟を決めた。それにしても、畑で引き抜いた練馬大根は、大きいのだ。帰宅して水洗い、今日から天日干しだ。

携帯電話に、袖ヶ浦市林地区水源地の不法投棄現場から、驚愕すべき放射能検知問題に取り組んでいる御園豊氏から連絡が届いていた。始まっている同市議会では、共産党でさえも質問しないと衝撃的な話を繰り返した。産廃業者に懐柔されているのであろうが、ことほど事態は深刻といえる。

知事の熊谷俊人のノーテンキが、いつまで続くのだろうか。12月20日に現地公会堂で、初めての集会が開催されるという。新たな緊張が房総半島に襲い掛かってきている!

2021年12月5日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 辺野古基地は実現しない!<本澤二郎の「日本の風景」(4284) | トップページ | 天皇制廃止論台頭!?<本澤二郎の「日本の風景」(4286) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close