コロナ感染爆発は米軍原因、岸田政権は日米地位協定改定を憲法改悪より先にやり国民を守れ、受験生を守れ!原発は温暖化防止にならず、岸田総理は核廃絶に聞くより先に積極的に発言して実現させるべき

和歌山放送ラジオ ボックス(2022/1/7) 伊藤宏 コロナ感染爆発は米軍が原因であり、岸田政権は日米地位協定改定を憲法改悪より先にやり国民を守るべき、コロナで入試が大変な受験生を守れ!原発は温暖化防止にならず総理は核廃絶傾聴より先に発言し実現させよ!

永岡です、和歌山放送ラジオの朝のワイド番組、ボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学教授、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりさんでした。

伊藤先生の脳に効くニュース、前半のお話、リスナーの声が来て、やはりコロナがテーマ、米軍基地が原因、政府はアメリカにものを言えないのかとあり、日米地位協定の問題、蔓延防止が沖縄などに適用、コロナ第6波、米軍基地が感染源、日本政府はアメリカに抗議すべきとあり、伊藤さんも帰省されて、偉そうなことは言えないがしかし昨日のような数字が年末に出ていたら帰省せず、しかし沖縄で980人、東京だと1万人に相当して深刻、米軍基地は感染源と断言は困難だが、沖縄は米軍が原因、水際対策破綻、年末年始、外国から帰国できず、水際対策を日本政府はしたが、米軍でザルになり、基地の指摘はアメリカの領土、治外法権ではないが、外にマスクなしに出ていて、地位協定があるとしても、マスクはさせるべきであり、それくらいは、場合により日本政府は基地の外に出るなと言えて、地位協定は誤解されて、日本は何も言えないと思われているが異なり、米軍は各国に基地を持ち、米軍の理屈のみでやったらその国の主権侵害であり、それの取り決めが地位協定、ヨーロッパだと戦闘機が飛んだらダメ、しかし日本は敗戦国だと言われるが、イタリアも敗戦国でもこんなことはさせておらず、地位協定の是非を問う必要もあるが、基地の外に出るな、出るならマスクをつけろと改訂は必要であり、地位協定は治外法権ではなく、それで米軍がやりたい放題ではなく、地位協定、安保条約の元のもので、情勢が変わると手直し出来て、これは日本政府がこんなことをしないように、と変えるべき。地位協定、安保破棄以前に、米軍に日本のルールを守らせることは可能ではあり、米軍はアメリカだとワクチン対策でマスクなし、しかし日本はマスクであり、日本政府はその点はちゃんとしないといけない。日本はアメリカの属国、戦後は続くよどこまでも、ではなく、今は対等なはず、和歌山出身の陸奥宗光が明治に不平等条約を改正して日本を守り、そういうことを今もすべき。赤井さんも国民の意識を問われて、伊藤さん、これだとアメリカが悪いとなり、米兵がマスクなしで蹂躙、岩国基地で山口、広島大変だが、青森の基地ではそこまでなく、東京の横田基地もあるが、国内でもどうにもならないもの、米軍がザルであり、コロナ蔓延の原因ではある。

当初、日本はコロナでは比較的マシと言われていたが、しかしこれらの関係は日米関係にマイナスになり、日本政府はアメリカとこれからもやるなら、日本国民が納得できる方向に岸田政権はやるべき、日本はアメリカに何もできないものはダメ、地位協定は不平等ではあるがイタリアは地位協定の場合に様々なことを考えて、ヨーロッパは地続きで、日本と異なるが、日本はアメリカの属国のまま、岸田総理、憲法改悪の前に地位協定は日米で合意できたら明日にでも出来て、憲法改悪より容易で反対する人もいないし、それをやるのが政権。赤井さんは国民ももどかしいと思っていると説かれて、伊藤さん、和歌山も昨日は13人感染、そして来週は大学入試の統一試験で、緊急事態だと受験は大変、その時に感染拡大防止を大学に課せられたら、入試は公平性が大切、全国一斉に同条件で、1分早くても再試験をするほど、そして感染、濃厚接触者対策で大学は別室と言っても負担は大変、それだけ大学は大変、安易に別室と言われたら大変、伊藤さんの息子さんも受験で、ベストで受験できるように、心配なくできるように国、行政はやって欲しい。受験生の多い大学は大変、共通試験の拠点のところは大変だと説かれました。

後半のお話、リスナーより、EUが原発が温暖化防止になると言ったのはおかしいとの指摘があり、さらに、核保有国の核兵器不使用のことがあり、伊藤さん、EUでもドイツは福島事故の後脱原発、今年で完了、核兵器禁止条約にもオブザーバー参加、ドイツはかつての同盟国だが、日本と正反対、日本は事実が事実でなくされて、しかしEUの脱炭素の原発投資は、日本でも関電が再稼働に躍起だが、原発は運転時にCO2を出さなくても、ウラン採掘、核廃物処理に無限の化石燃料を消費して、温暖化対策にならない。

そして、核兵器保有国、5大国が核戦争回避の声明は意義があるが、ただのパフォーマンスではダメ、他にも核兵器を持つと思われる国もあり、政治・政策でアメリカとロシア、中国は対立して、核兵器が外交手段にならないようにして、インド、パキスタン、イスラエル、あるいはDPRKに対して核兵器は持っても意味なしと納得させるべき。岸田氏、NPTにオンライン参加で、今年は核兵器禁止条約の議論も始まり、それらを世界に普及させるべき。赤井さん、岸田氏は広島出身でやるべきと説かれて、伊藤さん、岸田氏はそれでちゃんとやらないと広島出身が泣く、聞くだけでなく、核兵器はダメだと積極的に発言すべきと締めくくられました、以上、伊藤宏さんのお話でした。大変納得できるものでした、これも拡散してください!

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close