戦争に反対する法律, 条約、憲法

日本文:https://worldbeyondwar.org/ja/constitutions/ (機械翻訳:点検修正希望)

英文原文:https://worldbeyondwar.org/constitutions/

David Swanson著、 World BEYOND War1月10、2022

法的な企業としての戦争の沈黙の受け入れと、特定の残虐行為の改革を通じて戦争を合法に保つ方法についてのすべてのおしゃべりからそれを推測することはほとんどできませんが、戦争や戦争の脅威さえも違法にする国際条約があります、戦争および戦争を促進するさまざまな活動を違法にする国の憲法、およびミサイルの使用または虐殺の規模を除いて殺害を違法にする法律。

もちろん、合法と見なされるのは、書き留められたものだけでなく、合法として扱われるもの、犯罪として起訴されることのないものでもあります。 しかし、それこそが戦争の違法な状況を知り、より広く知られるようにすることのポイントです。つまり、戦争を犯罪として扱う原因を前進させることです。 何かを犯罪として扱うということは、それを起訴するだけではありません。 和解や返還を達成するための法廷よりも優れた制度がある場合もありますが、そのような戦略は、戦争の合法性、戦争の受容性のふりを維持することによって支援されません。

条約

Since 1899、すべての当事者 国際紛争の太平洋和解のための条約 彼らは「国際的な違いの太平洋の解決を保証するために最善の努力を尽くすことに同意する」と約束しました。 この条約の違反は、1945年のニュルンベルクでの突撃Iでした。 起訴 ナチスの。 大会の締約国 戦争が遵守された場合、戦争を効果的に排除するのに十分な国を含める。

Since 1907、すべての当事者 1907のハーグ大会 「国際的な差異の太平洋的解決を確実にするために最善の努力を尽くす」こと、他国に調停を求めること、他国からの調停の申し出を受け入れること、必要に応じて「国際調査委員会」を創設することを義務付けられている。公平で良心的な調査によって事実を解明することによりこれらの紛争を解決し、必要に応じてハーグの常設裁判所に仲裁を要請します。 この条約の違反は、1945年のニュルンベルクでの突撃IIでした。 起訴 ナチスの。 大会の締約国 戦争が遵守された場合、戦争を効果的に排除するのに十分な国を含める。

Since 1928、すべての当事者 ケロッグ – ブライアン協定 (KBP)は、「国際紛争の解決のための戦争への依存を非難し、相互関係における国家政策の手段としてそれを放棄する」こと、および「すべての紛争の解決または解決に同意すること」を法的に要求されている。または、それらの間で発生する可能性のある、性質または起源が何であれ、紛争は、太平洋の手段による場合を除いて、決して求められてはならない。」 この条約の違反は、1945年のニュルンベルクのチャージXIIIでした。 起訴 ナチスの。 勝利者に対して同じ告発は行われなかった。 起訴状は、この以前は書かれていなかった犯罪を発明しました。前述のいずれかの達成。」 本発明は共通を強化した 誤解 攻撃的であるが防御的ではない戦争の禁止としてのケロッグ-ブライアンド協定の。 しかし、ケロッグ・ブライアンド協定は、侵略戦争だけでなく、自衛戦争、つまりすべての戦争も明確に禁止していました。 協定の当事者 戦争を遵守することによって戦争を効果的に排除するのに十分な国を含める。

Since 1945、すべての当事者 国連憲章 「国際の平和と安全、正義が危険にさらされないような方法で平和的手段によって国際紛争を解決する」こと、および「領土の完全性に対する脅威または武力の行使から国際関係を差し控えること」を余儀なくされている。国連が承認した戦争や「自衛」戦争のために抜け穴が追加されたとしても(ただし、戦争の脅威には決してならない)、最近の戦争には当てはまらないが、これは、戦争は合法であるという漠然とした考えを多くの人の心に生み出します。 平和と戦争の禁止の要件は、次のようなさまざまな国連決議で長年にわたって詳しく述べられてきました。 2625 影響により 3314として指定することができます。 憲章の当事者 それに従うことによって戦争を終わらせるでしょう。

Since 1949、すべての当事者 ナトーは、戦争の準備をし、NATOの他の加盟国によって行われた自衛戦争に参加することに同意している間でさえ、国連憲章に見られる脅迫または武力行使の禁止の言い換えに同意しました。 地球の兵器取引と軍事費の大部分、そしてその戦争の大部分は、 NATOメンバー.

Since 1949、当事者 第4回ジュネーブ条約 戦争に積極的に関与していない個人に対して暴力を振るうことは禁じられており、「[c]選択的罰則および同様に脅迫またはテロのすべての措置」の使用が禁止されています。非戦闘員でした。 すべての大きな戦争メーカーは ジュネーブ条約の当事者.

Since 1970 核兵器の不拡散に関する条約 締約国に対し、「早期の核軍拡競争の停止および核軍縮に関連する効果的な措置、ならびに厳格かつ効果的な国際的管理下での一般的かつ完全な軍縮に関する条約について誠実に交渉を進める」ことを要求している。 条約の締約国 核兵器の最大の5人(次の4人ではない)の所有者を含みます。

Since 1976 市民的及び政治的権利に関する国際規約 (ICCPR)と 経済的、社会的および文化的権利に関する国際規約 両条約の第XNUMX条のこれらの冒頭の言葉に彼らの党を拘束しました:「すべての人々は自己決定の権利を持っています。」 「すべて」という言葉には、コソボとユーゴスラビアの旧市街、南スーダン、バルカン半島、チェコ、スロバキアだけでなく、クリミア、沖縄、スコットランド、ディエゴガルシア、ナゴルノカラバ、西サハラ、パレスチナ、南オセチアも含まれるようです。 、アブハジア、クルディスタンなど。 規約の当事者 世界のほとんどを含みます。

同じICCPRは、「戦争の宣伝は法律で禁止されている」と要求している。 (しかし、メディアの幹部のために場所を空けるために刑務所は空にされていません。実際、内部告発者は戦争の嘘を明らかにしたために投獄されています。)

Since 1976 (または各パーティの参加時間) 東南アジア友好協力条約 (中国と様々な  米国、ロシア、イランなどの東南アジア以外では、次のことが要求されています。

「相互の関係において、高締約国は、以下の基本原則によって導かれるものとします。
a。 すべての国の独立、主権、平等、領土保全および国民的アイデンティティの相互尊重。
b。 外部からの干渉、破壊、強制から解放されて国家の存在を導くすべての国家の権利。
c。 お互いの内政に干渉しないこと。
d。 平和的手段による差異または紛争の解決;
e。 脅迫または武力行使の放棄。
f。 それらの間の効果的な協力。 。 。 。
「各高締約国は、他の高締約国の政治的および経済的安定、主権、または領土保全に対する脅威となるいかなる活動にもいかなる形でも参加してはなりません。 。 。 。

「高締約国は、紛争の発生を防ぐための決意と誠意を持っているものとします。 それらに直接影響する問題、特に地域の平和と調和を乱す可能性のある紛争が発生した場合、彼らは脅迫や武力の行使を控え、友好的な交渉を通じて常にそのような紛争を解決しなければならない。 。 。 。

「地域プロセスを通じて紛争を解決するために、高締約国は、継続機関として、各高締約国の閣僚レベルの代表者で構成される高等評議会を構成し、紛争の存在または地域を混乱させる可能性のある状況を認識しなければならない。平和と調和。 。 。 。

「直接交渉によって解決策が得られない場合、高等評議会は紛争または状況を認識し、紛争当事者に、良好な事務所、調停、調査または調停などの適切な解決手段を推奨するものとします。 ただし、高等評議会は、その優れた役職を提供するか、紛争当事者の合意に基づいて、調停、調査、または調停の委員会を構成することができます。 高等評議会は、必要に応じて、紛争や状況の悪化を防止するための適切な措置を勧告するものとします。 。 。 。」

Since 2014 武器貿易条約 締約国は、「第2条(1)の対象となる通常兵器、または第3条または第4条の対象となる兵器の譲渡を、認可時に武器または物品が大量殺戮の委員会、人道に対する罪、1949年のジュネーブ条約の重大な違反、民間人またはそのように保護された民間人に対する攻撃、またはそれが締約国である国際協定によって定義されたその他の戦争犯罪。 世界の国々の半分以上は パーティー.

2014年以来、ラテンアメリカカリブ諸国共同体(CELAC)の30を超える加盟国がこれに拘束されています。 平和地帯の宣言:

「1。 加盟国が締約国である国際文書、国連憲章の原則と目的を含む、国際法の原則と規則の尊重に基づく平和のゾーンとしてのラテンアメリカとカリブ海諸国。

「2。 私たちの地域における永遠の脅威または武力行使を根絶することを目的として、平和的手段を通じて紛争を解決するという私たちの永続的なコミットメント。

「3。 他の国家の内政に直接的または間接的に介入せず、国家主権、平等な権利および民族自決の原則を遵守しないという厳格な義務を伴う地域の国家のコミットメント。

「4。 ラテンアメリカとカリブ海諸国の人々が、政治的、経済的、社会的システムや開発レベルの違いに関係なく、自分たちの間や他の国々との協力と友好関係を促進するというコミットメント。 寛容を実践し、良き隣人として互いに平和に暮らすこと。

「5。 ラテンアメリカとカリブ海諸国が、国家間の平和共存を確保するための不可欠な条件として、その政治的、経済的、社会的、文化的システムを選択するすべての国家の不可侵の権利を完全に尊重するというコミットメント。

「6。 とりわけ、平和文化に関する国連宣言の原則に基づく平和文化の地域における推進。

“7。 国際的な行動においてこの宣言によって自らを導くという地域の国家のコミットメント。

「8。 核軍縮を優先目標として推進し続け、一般的かつ完全な軍縮に貢献し、国家間の信頼の強化を促進するという地域諸国のコミットメント。」

Since 2017、管轄権がある場合、 国際刑事裁判所 (ICC)は、KBPのニュルンベルク変容の子孫である侵略犯罪を起訴する能力を持っています。 世界の国々の半分以上は パーティー.

Since 2021、当事者 核兵器禁止条約 に同意しました

「各締約国は、いかなる状況においても、次のことを決して約束しません。

「(a)核兵器またはその他の核爆発装置を開発、試験、製造、製造、その他の方法で取得、所持、または備蓄すること。

「(b)核兵器またはその他の核爆発装置を受領者に譲渡するか、そのような兵器または爆発装置を直接的または間接的に管理すること。

「(c)核兵器またはその他の核爆発装置の譲渡または管理を直接的または間接的に受けること。

「(d)核兵器またはその他の核爆発装置を使用または使用すると脅迫すること。

「(e)いかなる方法でも、この条約の下で締約国に禁止されている活動に従事することを支援、奨励、または誘導すること。

「(f)この条約の下で締約国に禁止されている活動に従事するために、いかなる方法でも、いかなる方法でも援助を求めるか受ける。

「(g)核兵器またはその他の核爆発装置をその領土内またはその管轄または管理下にある任意の場所に配置、設置、または配備することを許可する。」

条約の締約国 急速に追加されています。

憲法

存在する国の憲法のほとんどは、で完全に読むことができます https://constituteproject.org

それらのほとんどは、国家が締約国である条約への支持を明確に述べています。 多くの人は、たとえそれと矛盾していても、国連憲章を明確に支持しています。 いくつかの欧州憲法は、国際法の支配を尊重して、国家権力を明示的に制限しています。 いくつかは平和と戦争に反対するためにさらなる措置を講じています。

コスタリカの憲法は戦争を禁じていませんが、常設軍の維持を禁止しています。「恒久的機関としての軍は廃止されました。」 米国と他のいくつかの憲法は、コスタリカのように、しかし常設の軍隊を明示的に廃止することなく、戦争が発生すると軍隊が一時的に創設されるかのように、または少なくともその考えと一致して書かれています。 通常、これらの憲法は、軍に資金を提供できる期間(XNUMX年またはXNUMX年)を制限しています。 通常、これらの政府は、毎年、軍隊に新たに資金を提供し続けることを日常的にしているだけです。

フィリピンの憲法は、「国家政策の手段としての戦争」を放棄することにより、ケロッグ・ブライアンド協定を反映しています。

日本国憲法にも同じ言葉があります。 前文は次のように述べています。「私たち日本人は、国会で正式に選出された代表者を通じて行動し、すべての国との平和的協力の成果とこの国全体の自由の祝福を自分たちと後世のために確保することを決意しました。政府の行動を通じて、戦争の恐ろしさで二度と訪問されないことを決議した。」 そして第9条は、次のように述べています。 前項の目的を達成するために、陸、海、空軍、およびその他の戦争の可能性は決して維持されません。 国家の交戦権は認められないだろう。」

第二次世界大戦の終わりに、長年の日本の外交官で平和活動家であり、幣原喜重郎新首相は、ダグラス・マッカーサー米国将軍に新しい日本の憲法で戦争を非合法化するよう要請した。 1950年、米国政府は日本に第9条に違反し、北朝鮮との新たな戦争に参加するよう要請した。 日本は拒否した。 ベトナム戦争でも同じ要求と拒否が繰り返された。 しかし、日本は、日本人による大規模な抗議にもかかわらず、米国が日本の基地を使用することを許可しました。 第9条の侵食が始まった。 日本は第一次湾岸戦争への参加を拒否したが、アフガニスタンとの戦争のためにトークンサポート、燃料補給船を提供した(日本の首相は将来の戦争のために日本の人々を調整する問題であると公然と述べた)。 日本は2003年のイラク戦争中に日本で米国の船や飛行機を修理したが、なぜイラクから日本に行き帰ることができる船や飛行機が修理を必要としたのかは説明されなかった。 最近では、日本の安倍晋三首相が第9条の「再解釈」を、それが言っていることの反対を意味するように導いた。 そのような再解釈にもかかわらず、戦争を許可するために憲法の言葉を実際に変える動きが日本で進行中です。

ドイツとイタリアの憲法は、第二次世界大戦後の日本と同じ時期にさかのぼります。 ドイツにはこれが含まれます:

「(1)国家間の平和的関係を乱す、または乱すことを意図して行われる傾向のある活動、特に侵略戦争の準備は、違憲であるものとする。 それらは罰の対象とされなければならない。

「(2)戦争用に設計された武器は、連邦政府の許可を得た場合にのみ製造、輸送、または販売することができます。 詳細は連邦法によって規制されるものとします。」

そして、さらに:

「(1)連邦は、法律により、主権を国際​​機関に譲渡することができます。

「(2)平和を維持するために、連邦は相互集団安全保障のシステムに参加することができます。 そうすることで、それはヨーロッパと世界の国々の間で平和で永続的な秩序をもたらしそして治すであろうその主権のそれらの制限に同意するでしょう。

「(3)国際紛争の解決のために、連盟は国際仲裁の一般的で包括的で義務的なシステムに参加します。」

良心的兵役拒否はドイツ憲法にあります:

「いかなる人も、武器の使用を伴う兵役を行うことを彼の良心に反して強制されてはならない。 詳細は連邦法によって規制されるものとします。」

イタリアの憲法には、なじみのある言葉が含まれています。「イタリアは、他の人々の自由に対する攻撃の手段として、また国際紛争を解決するための手段として、戦争を拒否しています。 イタリアは、他国との平等を条件として、国家間の平和と正義を確保する世界秩序に必要となる可能性のある主権の制限に同意します。 イタリアは、そのような目的を推進する国際機関を促進し、奨励しています。」

これは特に強いように思われますが、まったく同じ憲法が次のように述べているため、明らかに無意味であることが意図されています。「議会は戦争状態を宣言し、必要な権限を政府に与える権限を持っています。 。 。 。 大統領は軍の最高司令官であり、法律によって設立された最高防衛評議会を主宰し、議会によって合意されたように宣戦布告を行うものとする。 。 。 。 戦争時の軍事法廷は、法律によって管轄権が確立されています。 平和の時代には、彼らは軍隊のメンバーによって犯された軍事犯罪に対してのみ管轄権を持っています。」 私たちは皆、受け入れて支持するために一生懸命働いている何かを無意味に「拒否」または「反対」する政治家に精通しています。 憲法も同じことをすることができます。

(名前のない)国連への権力の委譲に関するイタリアとドイツの両方の憲法の言葉は、米国の耳にはスキャンダラスですが、独特ではありません。 同様の言葉は、デンマーク、ノルウェー、フランス、および他のいくつかのヨーロッパの憲法に見られます。

トルクメニスタンに向けてヨーロッパを離れると、平和的な手段を通じて平和にコミットする憲法が見つかります。各国は、力の行使や軍事ブロックや同盟への参加を控え、この地域の国々や世界のすべての州との平和で友好的で相互に有益な関係を促進します。」

南北アメリカに向かうと、エクアドルには、エクアドルによる平和的行動と、エクアドルの他の誰による軍国主義の禁止を約束する憲法があります。「エクアドルは平和の領土です。 軍事目的のための外国の軍事基地または外国の施設の設立は許可されないものとする。 国の軍事基地を外国の軍隊または治安部隊に移すことは禁じられています。 。 。 。 それは平和と普遍的な軍縮を促進します。 それは、大量破壊兵器の開発と使用、および特定の国による他の領土への軍事目的での基地または施設の押し付けを非難します。」

エクアドルとともに外国の軍事基地を禁止する他の憲法には、アンゴラ、ボリビア、カーボベルデ、リトアニア、マルタ、ニカラグア、ルワンダ、ウクライナ、ベネズエラの憲法が含まれます。

世界中の多くの憲法は、「中立性」という用語を使用して、戦争に参加しないことへのコミットメントを示しています。 たとえば、ベラルーシでは、現在ロシアの核兵器に対応するために変更される危険にさらされている憲法の一部に、「ベラルーシ共和国は、その領土を非核地帯にし、国家を中立にすることを目指しています」と書かれています。

カンボジアでは、憲法は次のように述べています。「カンボジア王国は、恒久的な中立と非同盟の政策を採用しています。 カンボジア王国は、近隣諸国や世界中の他のすべての国との平和共存の方針に従います。 。 。 。 カンボジア王国は、中立政策と相容れない軍事同盟または軍事協定に参加してはならない。 。 。 。 カンボジア王国の独立、主権、領土保全、中立および国民統一と矛盾するいかなる条約および合意も無効となるものとします。 。 。 。 カンボジア王国は、独立した、主権的で、平和で、恒久的に中立で、非同盟国となるでしょう。」

マルタ:「マルタは、非同盟の政策を堅持し、軍事同盟への参加を拒否することにより、すべての国の平和、安全、社会の進歩を積極的に追求している中立国です。」

モルドバ:「モルドバ共和国は恒久的な中立を宣言しています。」

スイス:スイスは「スイスの外部の安全、独立、中立を保護するための措置を講じています。」

トルクメニスタン:「国連総会決議「トルクメニスタンの恒久的中立性」(12年1995月3日および2015年XNUMX月XNUMX日付け):トルクメニスタンの恒久的中立性の宣言された地位を認識し、支持する。 国連加盟国に対し、トルクメニスタンのこの地位を尊重し、支持し、またトルクメニスタンの独立、主権および領土保全を尊重するよう要請する。 。 。 。 トルクメニスタンの恒久的な中立は、その国内および外交政策の基礎となるものとします。 。 。 。」

アイルランドなどの他の国には、中立性が主張され不完全であるという伝統があり、憲法に中立性を追加する市民キャンペーンがあります。

多くの国の憲法は、政府によって批准された条約を支持すると公言しているにもかかわらず、戦争を許可すると主張しているが、いかなる戦争も「侵略」または「実際のまたは差し迫った侵略」に対応することを要求している。 場合によっては、これらの憲法は「防衛戦争」のみを許可するか、「侵略戦争」または「征服戦争」を禁止します。 これらには、アルジェリア、バーレーン、ブラジル、フランス、韓国、クウェート、ラトビア、リトアニア、カタール、アラブ首長国連邦の憲法が含まれます。

植民地勢力による侵略戦争を禁止しているが、「国家解放」の戦争を支援することを自国に約束している憲法には、バングラデシュとキューバの憲法が含まれます。

他の憲法は、戦争が「侵略」または「実際のまたは差し迫った侵略」または「共通の防衛義務」(他のNATO加盟国との戦争に参加するNATO加盟国の義務など)への対応であることを要求しています。 これらの憲法には、アルバニア、中国、チェコ、ポーランド、ウズベキスタンの憲法が含まれます。

ハイチの憲法は、「和解の試みはすべて失敗した」という戦争を要求している。

立っている軍隊がないか、事実上何もない、そして最近の戦争がない国のいくつかの憲法は、戦争や平和について何も言及していません:アイスランド、モナコ、ナウル。 アンドラの憲法は、いくつかの最大のウォーモンガーの憲法に見られるものとは異なり、平和への願望に言及しているだけです。

世界の政府の多くは核兵器を禁止する条約の締約国ですが、核兵器を憲法で禁止している国もあります:ベラルーシ、ボリビア、カンボジア、コロンビア、キューバ、ドミニカ共和国、エクアドル、イラク、リトアニア、ニカラグア、パラオ、パラグアイ、フィリピン、とベネズエラ。 モザンビークの憲法は、非核地帯の創設を支持しています。

チリは憲法を書き直す過程にあり、一部のチリ人は を求める 戦争の禁止を含めること。

多くの憲法には、平和への漠然とした言及が含まれていますが、戦争の明示的な受け入れが含まれています。 ウクライナのように、戦争を促進する政党を禁止することさえあります(明らかに支持されていない禁止)。

バングラデシュの憲法では、次の両方を読むことができます。

「国家は、国家主権と平等の尊重、他国の内政への非干渉、国際紛争の平和的解決、国際法の尊重、および国連憲章に明記された原則に基づいて国際関係を構築するものとする。 、およびそれらの原則に基づいて、次のことを行うものとします。 国際関係における武力行使の放棄と、一般的かつ完全な軍縮に努める。」

そしてこれは、「戦争は宣言されないものとし、共和国は議会の同意がない限りいかなる戦争にも参加してはならない」。

多くの憲法は、上記の制限がなくても戦争を許可すると主張している(それは防御的であるか、または条約の義務の結果である(条約違反でもあるが))。 それらのそれぞれは、どのオフィスまたは団体が戦争を開始しなければならないかを指定します。 そのため、戦争を開始するのが他の戦争よりも少し難しくなるものもあります。 誰も一般投票を必要としません。 オーストラリアは、「自発的にそうすることに同意しない限り」、軍隊のメンバーを海外に送ることを禁じていました。 私の知る限り、民主主義のために戦うことについて最も大声で叫ぶ国でさえ、今それをしていません。 侵略戦争さえ許可している国の中には、特定の政党(議会ではなく大統領など)が戦争を開始した場合、自衛戦争への許可を制限している国もあります。 戦争制裁憲法は次の国に属しています:アフガニスタン、アンゴラ、アルゼンチン、アルメニア、オーストリア、アゼルバイジャン、ベルギー、ベニン、ブルガリア、ブルキナファソ、ブルンジ、カンボジア、ケープベルデ、中央アフリカ共和国、チャド、チリ、コロンビア、DRC、コンゴ、コスタリカ、コートジボワール、クロアチア、キプロス、デンマーク、ジブチ、エジプト、エルサルバドール、赤道ギニア、エリトリア、エストニア、エチオピア、フィンランド、ガボン、ガンビア、ギリシャ、グアテマラ、ギニアビサウ、ホンジュラス、ハンガリー、インドネシア、イラン、イラク、アイルランド、イスラエル、イタリア、ヨルダン、カザフスタン、ケニア、北朝鮮、キルギスタン、ラオス、レバノン、リベリア、ルクセンブルグ、マダガスカル、マラウィ、マラウィ、モーリタニア、メキシコ、モルドバ、モンゴル、モンテネグロ、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、オランダ、ニジェール、ナイジェリア、北マケドニア、オマーン、パナマ、パプアニューギニア、ペルー、フィリピン、ポルトガル、ルーマニア、ルワンダ、サントメとプリンシペ、サウジアラビア、セネガル、セルビア、シエラレオネ、スロバキア、スロベニア、ソマリア、南スーダン、スペイン、スリランカ、スーダン、スリナム、スウェーデン、シリア、台湾、タンザンia、タイ、ティモール・レステ、トーゴ、トンガ、チュニジア、トルコ、ウガンダ、ウクライナ、米国、ウルグアイ、ベネズエラ、ベトナム、ザンビア、ジンバブエ。

法律

多くの条約で義務付けられているように、各国は締約国である多くの条約を国内法に組み込んでいます。 しかし、戦争に関連する可能性のある他の非条約に基づく法律、特に殺人に対する法律があります。

法学教授はかつて米国議会に、外国で誰かをミサイルで爆破することは、それが戦争の一部である場合を除いて、殺人の犯罪行為であり、その場合は完全に合法であると語った。 何が戦争を合法化するのか誰も尋ねなかった。 その後、教授は、そのような行為が殺人であるか完全に容認できるかを知らなかったと認めた。なぜなら、それらが戦争の一部であったかどうかという質問に対する答えは、当時のバラク・オバマ大統領による秘密のメモに隠されていたからである。 行動を観察している人が誰もそれが戦争であるかどうかを判断できないのに、なぜ戦争の一部であるかどうかが重要であるかどうかを尋ねる人は誰もいませんでした。 しかし、議論のために、誰かが戦争とは何かを定義し、どの行動が戦争の一部であり、戦争の一部ではないかを完全に明白で議論の余地のないものにしたと仮定しましょう。 なぜ殺人は殺人の罪であり続けるべきではないのかという疑問はまだ残っていませんか? 拷問が戦争の一部である場合、拷問は引き続き拷問の犯罪であり、戦争の他の無数の部分が彼らの犯罪的地位を維持しているという一般的な合意があります。 ジュネーブ条約は、戦争での日常的な出来事から数十の犯罪を生み出しています。 人、財産、自然界のあらゆる種類の虐待は、戦争の構成要素と見なされたとしても、少なくとも時には犯罪を続けることがあります。 催涙ガスの使用など、戦争以外で許可されている行動の中には、戦争の一部になることで犯罪になるものもあります。 戦争は犯罪を犯すための一般的な免許を提供しません。 なぜ殺人は例外であると認めなければならないのですか? 世界中の国々での殺人に対する法律は、戦争の例外を規定していません。 パキスタンの犠牲者は、米国のドローン殺人を殺人として起訴しようとしています。 なぜそうすべきでないのかについて、法的な議論はなされていません。

法律はまた、戦争に代わるものを提供することができます。 リトアニアは、外国の占領の可能性に対する大衆市民の抵抗のための計画を作成しました。 それは発展し、広まることができるアイデアです。

このドキュメントの更新は、次の場所で行われます。 https://worldbeyondwar.org/constitutions

コメントとしてここに提案を投稿してください。

キャシー・ケリー、ジェフ・コーエン、ユーリー・シェリアジェンコ、ジョセフ・エッサーティエ、への有益なコメントをありがとう。 。 。 あなたも?

Facebookで共有
Twitterでシェア
LinkedInの上にシェア
電子メールで共有
印刷で共有

コメントを残す

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close