世界が激変するきっかけ2022年の注目海外トピックス: 核軍縮、北京五輪と米中覇権争い、アメリカ中間選挙、フランス大統領選、EUの行方

J-WAVE JAM THE WORLD-UP CLOSE(2021/1/11) 青木理&小倉孝保 2022年の注目すべき海外トピックス~核軍縮の行方、北京五輪と米中の覇権争い、アメリカの中間選挙、フランスの大統領選、EUの行方、世界が激変するきっかけになる2022年を考える

永岡です、J-WAVEのアマゾンミュージック配信のUP CLOSE、火曜日の担当はラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでしたhttps://music.amazon.co.jp/podcasts/8b57f1db-5114-443e-8ff9-eb4f6c35dc41/jam-the-world—up-close?returnFromLogin=1& )。要点のみ追跡します。

ゲストは毎日新聞論説委員の小倉孝保さん、国際関係の取材をされている小倉さん、JAMにも出られて、今年の注目すべき海外トピックスを語られます。世界で何が起きるのか、小倉さん88年に毎日に入り、カイロ、ロンドンなどに駐在、アフリカ、ヨーロッパも専門家であり、論説委員でも国際問題を担当、ラジオファースト、6つのトピックスがあり、(1)核軍縮、3月に核兵器禁止条約、ドイツはオブザーバー参加、小倉さん、2022年は核の問題に注目すべき、70年にできたNPT、不拡散は曲がり角、これは5か国のみ核兵器をもっていいが軍縮しろ、他の国はアウトの、今の核体制の根幹、アメリカが核兵器を使用して、5か国が開発、このままだと核が世界に広がり、それへの歯止め、しかし持っている国は軍縮しろ、核の不拡散、原発は勧めろというデタラメで、核は逆に大きくなり、アメリカは使えるものを、になり、兵器数は増えて、それで核兵器禁止条約、5か国の怠慢を糺すもの、持っている国は軍縮せず、貧者の最終兵器になる始末で、核兵器禁止条約、NPTだとダメ、保有国が軍縮せず、なら強制的にやめさせるもの、で、日本は広島と長崎に原爆を落とされて、しかし核の傘に守られて、がドイツは同様なのにオブザーバー参加、小倉さんはオブザーバー参加すべき、日本は核を使われた唯一の国、世界の人は、日本の態度があいまいだと失望、核の傘に守られてアメリカケツナメだと世界に失望、青木さん、岸田政権は敵基地攻撃などデタラメを言い、場合によっては弾道弾、最悪核武装と言いだしそうな始末と怒られて、小倉さん、そんなことを自民はやっているが、戦後日本の歩みと逆になり破綻、青木さん、オブザーバー参加をドイツとともにして、戦後の矜持を示すべきと説かれて、小倉さん、核軍縮にとって大切な時になり、世界の注目を日本は集めて、しかしアメリカケツナメだと世界から孤立する。

(2)北京五輪の外交ボイコットと、米中の覇権争い、五輪は来月、しかし米中対立、敵基地というものの、中国と日本はどう向き合うか、今後10,20年続くが、小倉さん、2021年後半、アメリカか開会式に外交ボイコットになり、世界も試されて、しかし五輪が政治と関係は小倉さんおかしい、そんなことを70~80年代のモスクワ、ロス、あるいはモントリオールでもボイコット問題は起きて、政治が関わるとろくなことがないのに、40年経ちまだ同じ。さすがに選手の差し止めは無理だが、アメリカは外交ボイコット、イギリスなど続いたが、政治と五輪のいっちょかみはダメ、フランスは次の五輪がありやらず、イタリア、ドイツはアメリカケツナメではなく、この話は中国の人権問題に大義名分、アングロサクソンとそれ以外に分断。青木さん、バイデン氏、民主主義サミットと言うが、民主主義でない国も参加はおかしいと説かれて、小倉さん、日本人から、人権だとアメリカの観点に近いものの、当初想起したほどアメリカに世界は賛同しない。青木さん、覇権争い、しかし冷戦と異なり、イデオロギー対立ではなく、世界では経済的に一体化、中国も下手したら自滅だが、日本の立ち位置を問われて、小倉さん、米中対立は20~30年続き、バイデン氏と習近平氏の言うのを比較して、世界史では中国が世界最大であり、19世紀に中国の力は弱くなり、ここ200年は中国が異例な弱い時代、それから元に戻り、しかし中国が強かった時代にアメリカなし=世界史に前例なし、イデオロギーでは全く異なる大国のチキンレース、人類史に前例なし。青木さん、経済的には米中は親密、しかし戦争で殺したらダメと説かれて、来年は全人代、今年秋に中国共産党大会で習近平氏延長、独裁と説かれて、小倉さん、ポスト鄧小平で12年で指導者が変わってきたが、習近平氏の天下は続き、これまでの中国と異なるものになる。青木さん、中国は経済発展、しかし天安門事件があり、習近平氏で独裁と説かれて、小倉さん、中国は国際社会のルールの中に入ると、中国は世界のルールにあわさず、国際社会のルールを中国が変えて、それに倣う国が出来ている。青木さん、中国も土地バブル崩壊もあり、青木さんも留学生に聞いて、このままの中国ではダメと語ったと説かれて、小倉さん、中国で共産党独裁ではなく、個人の、習近平氏の独裁はなく、ロシアやDPRKに近くなり、習近平氏、15年を越えてやると個人の独裁の開始と評価されるのは残念。

(3) 11月に、アメリカで中間選挙があり、上院1/3、下院全員、バイデン氏の中間評価だが、バイデン氏は支持率低下で今後民主党の勝てる要素なし、大きいのは、もちろんアフガン撤退の失敗、タリバンの復権を許して、米軍も混乱して撤退、アメリカはイラク、アフガンから撤退の意見が多かったが、やり方が拙速で大失敗、軍は撤退時期が困難、20年を無意味にして、バイデン氏に疑問符をつけた。青木さん、テロから20年、アフガンでアメリカ最長の戦争で引き方に失敗、コロナ対策、副大統領のハリス氏の人気も上がらず、コロナ拡大はバイデン政権の支持率を下げている。青木さん、リスナーが気になるのは、またトランプ氏が大統領になるのかと危惧、ならバイデン氏はまた出馬になるのかと問われて、小倉さん、トランプ氏は次の選挙に必ず出てやる気満々、しかし大統領選は2年以上あり、トランプ氏も高齢、バイデン氏もだが、昨年のクーデター調査が今年進み、これにより共和党の中でもトランプ人気に支えられて大丈夫かになり、アメリカだと若い州知事など2022~2023年に大統領候補が出て、トランプ氏はそれにどう対抗するか?

青木さん、五輪、核軍縮、米中対立、(4)続いて、フランスで大統領選、ドイツはメルケル氏退陣、左派連立、フランスはマクロン氏再選か、ヤバイ極右かと問われて、小倉さん、大統領選は様々な人が出て、これまでは現職vs右派ルペンであったが、極右にルペン氏よりヤバイ人物が出て、移民排斥など伸ばし、しかし右派が割れる可能性があり、右派がとるのに不利だが、フランスは最後、上位二人の決選投票になり、そこで極右が出てきたらヤバイ、ひょっとしたら極右政権はあり得るが、しかし毎回そうなり、過去2回はルペン氏、決選投票だとさすがに極右政権だとEU排斥になるので、極右だとフランスがヤバいとして極右は大統領にしたらダメとして、現職、中道系になり、今回もマクロン氏再任か、しかしマクロン氏、決選投票に残れるか、まだ3ヶ月あり、コロナ対応で結果は変わる。

青木さん、イギリスのEU離脱もあり、しかしEUは大実験、メルケル氏引退、(5)ドイツの左派がEUでどうなるか、フランスは中道で続くのか問われて、小倉さんはイギリスのEU離脱でEUは結束を強めて、EU離脱ドミノにならず、ポーランド、ハンガリーはEUを逸脱して制裁されたが、この二つもEU離脱はせず、EUに入りたい北マケドニア、ウクライナも入りたく、それでロシアが警戒して、EUのブリュッセルの官僚は、イギリスの離脱を研究して、EUの価値を押し付けるのはダメとなり、イギリスはEUにことごとく反対していたので、EUは結束を強めた。メルケル氏引退後も、ヨーロッパはまだまともではあり、イギリスがEUから出て、アングロサクソン、アメリカ、オーストラリアとつながり、欧米から、英米とEUを分ける必要はあり、日本は安全保障ではアメリカと付き合いは長いが、価値観だとEU的なものに日本は近く、EUにもっとアプローチすべき。他に、(6)ウクライナのこともあり、国際情勢を見たらしんどいことも多いが、注目すべき、小倉さん、また呼んでくださいと締めくくられました。青木さんもこれらのこと、この枠で取り上げたいと説かれました、以上、青木さん、小倉さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close