東大前事件は孤独作った大人の責任、孤立続く限り事件は続く、CLP問題、メディアと立憲の姿勢、運動とメディアのあり方を問う  

ポリタスTV(2022/1/17) 津田大介&富永京子 東大前事件は孤独を作った大人の責任、孤立の続く限り事件は続く、CLP問題、メディアと立憲の姿勢を問う、運動とメディアのあり方を問う

 永岡です、ジャーナリスト津田大介さんのポリタスTV、報道ヨミトキマンデー(https://www.youtube.com/watch?v=nlzTHHp20q4 明日19時まで無料で見られます)、社会学者の富永京子さんがゲストでした。途中まで概略追跡します。東大前の事件、オミクロン、CLPと立憲の問題など取り上げます。富永さん、昨年暮れに出産されたそうです。

東大前での高校生の通り魔事件、津田さんこれは取り上げられて、富永さん、大学教員も動員されて当事者ではあり、通り魔、電車事件と様相は異なり、個人の動機が具体的な形で出て、単なる通り魔ではない、加害生徒の学校も声明を出して、コロナで孤立してのもの、津田さん、生徒を責めず学校の責任を語り、抑制的と説かれて、富永さん、コメントを出す是非、学校名は出ていないが特定できて、しかしあの一人だけおかしいとするのではなく、富永さん、就活で悩む学生は多い、就活うつもあり、自分にこれしかない、が孤立で深まった。津田さん、生徒がコロナ禍で分断(この生徒だけではない)の意味を問われて、拡大自殺の原因も孤立であり、社会、政治は何が出来るか、しかし与党か持ち込み品検査のツイートに呆れられて、しかし門の外で無意味、社会が孤立を生み、生徒の問題ではなく、入試はストレス、手荷物検査は無理、富永さん、対処療法になっていないと説かれて、津田さん、江川紹子さん、読売の社説を批判されたもの、昭和一桁親父の愚痴、富永さん、社会を作った大人の責任である、津田さん、ここ20年の自己責任社会、一度レールから外れたら戻れない、孤立は世界的、昨年来こういう事例が増えている、社会と政治がちゃんとしていないと説かれて、そして大阪放火事件、半年前から計画、生活保護受給されず、自己責任、水際作戦で生活保護もらえず、本当に必要な人に支援がされずこの結果、容疑者は亡くなったが、生活保護バッシングが原因。

グーグルで拡大自殺と検索すると、様々なメディアが報じたと説かれて、富永さん、矮小化、自殺は減少を矮小化させると説かれました。

続いて、チューズライフプロジェクトに立憲から資金提供のこと、先週津田さん、青木さんと6時間討論されたもの、津田さん他5人でCLPに、立憲から1500万円資金提供、立憲もCLPも隠していて、福山氏、自立できるまで支援、内容には関与せず、お金は出すが口を出さないというが、原資は税金、そして代理店を通して、コンプライアンス、ガバナンスに問題と津田さん説かれて、津田さんたち5人は大みそかまで討論、元旦に抗議文、津田さん紅白も見られず直後に朝ナマ(笑)、しかしCLPはゼロ回答、公開して、CLPもどうしたらいいかわからず、結局立憲からの資金提供、秘匿は確定。CLPは配信中止、立憲も違法ではないが不適切と認めて、博報堂も関与、制作会社も関与。Dappiにも似たものがあり、政治部・永田町発信のネタか、インサイダーか、前者なら野党叩きになり、神保さんも問題と語られたがそれではなく、週刊誌で面白おかしく嘘を書かれる前に是正の必要があり、津田さんたち5人は報道関係、他にも知っていて名前を連ねていない人もいる、いい過ぎてもいけないが、抗議文に富永さんも反応されて、富永さんは、資源をもらいバイアスなしとみなせない、出演者は野党関係と説かれて、立憲もCLPも自分たちのお粗末さに無自覚、そして運動と異なり、運動としてはCLPに疑問、有名性への依拠、この件、津田さんが抗議文の報道で取り上げられて、まともな人脈だが、ポリタスも、セッションもそうみる人はいて、識者の層は深くなく、運動より動員だと津田さんも説かれて、独自で自分のMCを育てられず、拡散を有名性に頼り問題、富永さんも運動にも有名性は安易に使うのは問題、津田さん、組織にヒエラルキーは問題、デイズジャパンの広河氏のセクハラと同様、またリベラルは内ゲバするとチャットもあり、この件青木さんは論外と説かれて、自民は電通でたくさんお金を使いプロバガンダ、圧倒的に強い自民、与党のメディア戦略と、野党の非力なものを同一視はダメだが、それでも津田さんは抗議文を出して正解、立憲の対応を見たらわかり、アベスガ政権はひどいが、立憲は同じ土俵で同じことをしていたもので、福山氏のみの責任ではないが、失うものがあり、福山氏には厳重注意は必要、津田さん、一番知りたいのは立憲がなぜ隠していたか、ステマ的に、立憲と出ていたら見られないためか、しかし理念に共感して支援なら代理店を通すべきでなく、それらのけじめは必要、違法でなくても、立憲はこれだとDappiを追及できなくなる。

CLPは出演者、ジェンダーもパリテを重視して、しかし組織内の意思決定に問題、社会運動ならどういうものを実現したいか具体的でない、富永さんも都合のいいところで社会運動であり、いい顔をするためのもの、運動が中心を作らないものはあり得るが、名前を出さないのは問題、自分のライフストーリーで謝罪としたら問題、立ち上げにお金がなかったというのは言い訳にならず、女性スタッフが入っていると逃げて、未熟さを理由にするのは運動の手法だが、運動のベテランがそんなことをしたらダメと説かれました、津田さん、公共のメディアの内実に問題もあったと説かれました、ここで止めます、以上、津田さん、富永さんのお話でした。

Attachments area

Preview YouTube video 報道ヨミトキMONDAY #39 東大前刺傷事件、オミクロン株拡大、Choose Life Project騒動と立憲の対応、コロナと新しい働き方……|ゲスト:富永京子(1/17)

報道ヨミトキMONDAY #39 東大前刺傷事件、オミクロン株拡大、Choose Life Project騒動と立憲の対応、コロナと新しい働き方……|ゲスト:富永京子(1/17)

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close