国葬、統一協会、物価高、コロナ、社旗保障、原発、核禁等全部破綻、党内お家騒動で国民無視、国民、メディアはこんなあほ政権にNOを‼

ラジオ日本 岩瀬恵子のスマートニュース(2022/9/20) 鈴木哲夫 国葬、統一協会問題、物価高対策全部破綻の岸田総理は解散もできず逃げるしかなく、有権者はこのデタラメを次の国政選挙まで覚えておくべき、自民党内のお家騒動は国民無視、社会保障破綻、コロナで毎日100人死者が出て岸田総理は何もせず、メディア、ジャーナリストはこんなあほ政権にNOをつきつけるべきことを語る

 
 
 

 永岡です、ラジオ日本の、岩瀬恵子のスマートニュース、本日のコメンテイターはジャーナリストの鈴木哲夫さんでした。

 昨日の台風14号、九州で死者2名出た模様ですが、伊勢湾台風のように何千人犠牲者にならず、災害は対策したら対処できる例になりました。そして昨日は代々木公園で原発、国葬反対の集会、デモに台風接近の中13000人参加(https://news.yahoo.co.jp/articles/d7c0ca226a2da0dad5f174afe7f9c5dfcb199240 )、皆さん本当にありがとうございました。ツイッターには#今からでも国葬中止をと13万発信(昨日18時からのツイッターデモの成果)、二階敏博の政界引退を求めます、が14000発信されています。

 

 7時19分ごろの特集コーナーその1、鈴木さんエリザベス女王の国葬をテレビでご覧になり、日本で安倍氏のたいものれいに問題、国葬として比較して、鈴木さんは君主制の国のトップ゛と、国民の思い、政治体制も踏めて日本と異なり、単純比較はダメ、そして日本は国葬儀とケチ田総理は言い出して、日本に国葬の法律なし、内閣のもので儀式しか決められず、しかし国葬を儀式にしてこじつけだと指摘されて、岩瀬さんも閉会中審査でデタラメに怒り、鈴木さん全く質の違うもので単純比較はダメ、日本だと議論も法律の問題もない、なし崩し、しかしあと1週間、この逃げ切りはおかしい。岩瀬さんも、ケチ田総理が上げた4のつ理由があっても、弔問外交はエリザベス女王の国葬で実施済み、一義的に死者の追悼で最初から弔問外交はおかしいと説かれて、鈴木さん、安倍氏は長いというが、安倍氏より長いとまた国葬か、理由はいい加減、やるためのこじつけ、弔問外交は大事というが、G7トップは一人のみ、外務省OBに取材して、国連総会とかち合う9/27に合わせたのはアホ+エリザベス女王の国葬もあり、外務省もわかっていたら9月後半はダメ=弔問外交はやるための後付けどた外務省OBは名言、矛盾に野党に指摘されてケチ田総理は逃げるのみ。

 岩瀬さん、国民の怒りで支持率低下と説かれて、鈴木さん、数字40%より不支持>支持全部、産経すらそうで、しかし新聞は政権に忖度してそれを書かず、しかし支持率低下、国葬も反対>賛成、統一協会も説明されず、ケチ田政権は否定ばかり、黄金の3年にならず、一部で解散というが、解散できない。岩瀬さん、解散して国会しないのは無責任だと説かれて、鈴木さん、野党が弱く自民が勝つというのは甘い、世論は今怒り、接戦のところで自民は勝てず、昨年の衆院選も自民は伸びず、ここでケチ田総理十八番のやっているふり、岩瀬さん、代々木公園の脱原発などの集会も盛り上がったと説かれて、鈴木さん、その上物価高もあり、ケチ田政権は国連に行く暇はない、台風で延期しても、ケチ田総理はろくな事せず、防災服着たのもアピールのみ。連立与党のベテランは上書きして支持率挽回、統一協会と国葬を隠すためと説かれて、岩瀬さん、有権者の喉元過ぎれば熱さを忘れるを利用、鈴木さん、解散はできず、ケチ田総理は逃げるしかなく、有権者はちゃんと見るべきと説かれました。

 

 そして、ブックオフの帝王、S藤優氏の支援する宗教団体のCMでした…(訴えられないように一部イニシャルにします(笑))

 

 7時42分ごろの特集コーナーその2、前半にケチ田政権の厳しいもの、そして解散は、3年選挙はなく、メディアも有権者も追及しないといけない。選択の材料としてしっかりすべき。そしてケチ田氏、自民党内政局になる可能性になり、与野党対決ではなく、選挙をケチ田総理でいいのか。岩瀬さんもケチ田総理にいて選挙を勝てず、ならだれが最初に鈴をつけるのかと説かれて、鈴木さん、次の選挙は岸田氏で戦えず、2年後に総裁選、あまりに低いと岸田氏更迭に、ケチ田氏解散、勝てば信任という切り札。解散は上り調子で、安倍氏はやったが追い込まれ解散は苦しく、ケチ田政権の支持率はどこまで落ちるか、ケチ田総理は勝てるタイミング、来年5月に広島でサミット、そこが成功なら、支持率の上がったタイミングは解散ある。

 総裁選は、2年後、サミット失敗なら党内で岸田氏勝てないとなる。岩瀬さん、麻生氏は副総裁でどうかと説かれて、鈴木さん、岸田は、麻生派、茂木派が主力、安倍派は違う位置、安倍派がどこにつくかであったが今は宙ぶらりん。そしてケチ田政権の支持率は低下、泥船に一緒に乗るのはない。岩瀬さん、麻生氏は河野太郎氏を、とならないかと問われて、鈴木さん、来年のサミット後の解散は未知数。そしてポスト岸田は毎日の世論調査では河野氏、壊し屋、しかし介護保険、社会保障はいずれ爆発、そして石破氏という道もあり、そうすると、それを裏で操るのは菅氏、キーマンになる。岩瀬さんびっくり、鈴木さん、菅氏は反主流だが、力を持ち、国葬後、勉強会を立ち上げて、小泉進次郎も参加、非主流の動きもある。しかしこれは自民の中の政局、自公政権であり、国会で対決して、そして総選挙で審判になるべきが、疑似政権交代はおかしい、国会で与野党の対決は必要だが、野党は一枚岩ではない。

 岩瀬さん、自民の中でも意見はあり、安倍派は統一協会とズブズブの関係で動けずと説かれて、鈴木さん、安倍派を誰が継ぐか言われて、下村氏、萩生田氏は壺ズブズブ、裏目に出る。はっきり言わず、知らないで済まず、この二人は脱落、西村氏は人心掌握でダメ、稲田氏はない、世耕氏は参院、松野氏、官房長官があり得て、そして森氏に意見を聴くと安倍派迷走。安倍派に総裁候補なし、若手プリンスの福田氏、統一協会とズブズブの関係、「自民の内部抗争はお家騒動」、岩瀬さん、自民に浄化作用なしと説かれて、鈴木さんその通り、岩瀬さん、長老もいないと説かれて、鈴木さん、若手からこれでいいかと突き上げなし、進次郎氏も何も言わず、自民はダメ。

 鈴木さん、こういう問題は国民に帰ってきて、介護保険は来年見直しで、国民はこんなにとられるのかと怒り、ゴタゴタは国民生活破壊、国民に届く経済対策はどうなっているか、ケチ田総理は2か月何もしていない。岩瀬さん、コロナは今収まっても、尾身氏はウイズコロナの説明なしと説かれて、鈴木さん、ウイズコロナは犠牲も認める残酷なもので、説明せず逃げて、国連総会に行くのをずらしての岸田氏、しかし毎日コロナで100人亡くなり、反省なし、台風対策など岸田総理にできず、上っ面。本来3月に医療体制の見直しをすべきものをせず、毎日コロナで死者が出て、国民にかえってきて、これに対してものを言えるのはメディアと次の選挙だと説かれて、後藤健次さんも批判、ケチ田総理は国連に行っている場合ではない、たいものれいもなし崩しとして時間になりました、以上、鈴木哲夫さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close