国会審議なし、国民理解なし、国民分断/格差拡大/協会ズブズブ犯罪者安倍晋三国葬したら日本歴史汚点‼、地方自治崩壊の中央集権システムを打破し地方自治の民主主義を‼

和歌山放送ラジオ ボックス(2022/9/23) 伊藤宏 安倍元総理の国葬、国会の審議なし、国民の理解もなし、そもそも国民を分断させて格差拡大で統一協会ズブズブの犯罪者・安倍晋三氏を国葬にしたら日本の歴史に汚点になる、和歌山県知事選のゴタゴタから、地方自治を崩壊される中央集権システムを打破して地元のことに地元の人間が責任を持ち決めないと地方の民主主義否定になることを語る

 
 
 

 永岡です、和歌山放送ラジオのワイド番組ボックス、金曜日のコメンテイターは和歌山信愛女子短期大学副学長、新聞うずみ火編集委員の伊藤宏さんでした。司会は赤井ゆかりさんでした。

 赤旗、文春などに比してヘタレと思われてきた朝日新聞、昨日は萩生田氏、生稲氏と統一協会癒着をスクープ(https://www.asahi.com/articles/ASQ9P6CTZQ9JUTFK01G.html )、今日は東京五輪マスコットのサン・アロー社が高橋容疑者に800万円賄賂とスクープ、(https://news.yahoo.co.jp/articles/c142ccc5c7e189d0bce5f3fdb0ca9a43b455cfea )なかなかやってくれます。7・8以来、メディアを見る(聞く)のが楽しみです。そして、昨日のミヤネ屋と報道特集金平さんのメディアの枠を超えたコラボは市民の歓迎を受けて(https://www.chunichi.co.jp/article/550022  https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/311805 )、99%死んでいたテレビのジャーナリズムの、その1%が今意味を持ち大変に素晴らしいです。そして、ケチ田総理は国葬を強行する模様ですが、だったら反対デモを全国で展開してケチ田総理に恥をかかせてやりましょう!ミャンマー国軍関係者を招待するような野蛮国、世界の笑いものにしてあげましょう、「安倍さんはどうして殺されたのか」「坊やだからさ」でケチ田総理を嘲笑してあげましょう、望みどおりに、国葬の日の夜は首相官邸でケチ田氏にコンビニ弁当をアテにヤケ酒飲んでもらいましょう!(笑)。なお、西谷さんの路上のラジオは鈴木エイトさんがゲスト、今夜書き起こしします!

 

 伊藤先生の脳に効くニュース、今日は祝日で拡大版!9時20分ごろのコーナー、リスナーの声が来て、テーマは、エリザベス女王の国葬に感動、信頼された女王にふさわしく、安倍氏の国葬と比較する、安倍氏と統一協会の関係を調査しないと国民は信頼しない、為替介入も問題、女王の国葬に参列の天皇は移動にバス、バイデン氏らは専用車、天皇はイギリスに負担かけないため、日本の思いやりとあり、伊藤さん、国葬は4日後、国民は反対。エリザベス女王の国葬はテレビで見て伝統の重みを感じて、国葬に手放しで評価はしないが、儀式として評価、それ以上に、画面を通してイギリス国民が女王を見送りたいといと意図あり、批判もあったが、日本のような自治体レベルの反対はなし、国の儀式としてイギリスは理想。そして4日後のたいものれい、時期も近く立場は異なり国葬で比較されるもの、単純比較はできないが、女王は国民に愛されて、伝統の重み、各国の要人も参加、その表情も弔意は血の通ったものがあり、他方たいものれいはどこまでそんな形になるか、乗り合いバスは日本だとなく、首都圏の武道館周囲をシャットアウト、反対デモは近づけず、葬儀の形になっても、報道はどうなるかわからないが、エリザベス女王の国葬と異なるものになる。

 赤井さんも、この件は関心が高く、女王の国葬と比較と説かれて、吉田茂氏の国葬は知らないとリスナーの声もあり、赤井さん国民は困惑と説かれて、伊藤さん、エリザベス女王の国葬は海外も納得、しかしたいものれいは決定の経緯も不透明、小川榮太郎氏の入れ知恵、そして吉田茂氏の国葬を仕切ったのは佐藤栄作氏、日本は三権分立がありそれに配慮の根回しもあり、その上国会で審議、野党も納得。が今回は野党は愚か与党の中でも批判+円安での物価高、アベノミクスは安倍氏が8年やり今大変、社会にマイナス、GDPはドイツに抜かれた始末。GDPは国民総生産、日本のGDPは下がっても富裕層は増えている=格差拡大、日本を支えてきた中間層がいなくなり、富めるものはいいとしても、貧困層には地獄、これをアベノミクスで推進して、これだけ問題を起こして、安倍氏は統一協会ズブズブ、それを調べもせず、国葬後に安倍氏が犯罪者だとわかったら日本の歴史に汚点、その点岸田総理は国連で演説したが、その前に自分の信頼を取り戻しすべき。赤井さん、ケチ田総理の演説は焼き直しと説かれました。また、AIは人間が主役、人間置き去りの技術はダメとリスナーの声にこたえられました。

 

 9時40分ごろのコーナー、リスナーより和歌山知事選、新人候補の推薦で問題、さらに朝日の記事で、二階氏の推薦候補と世耕氏の候補の対立の意見があり、伊藤さん、このコーナー最近は国際的なニュースだが、地元のいいメッセージをもらえて、和歌山市長選もそうだが、選挙として盛り上がらず、様々な意味での党利党略のみは問題、選挙はそんなものではダメで、知事選について語りたい。地方は大変、和歌山県民になり素晴らしい場所だが、産業、経済は大変で、しかし博打場でそれを奪回はダメ、地方自治では、知事がトップ、今仁坂知事頑張り、その後のものなし、さらに朝日の記事伊藤さんご覧になり、国政選挙の確執があり、これはおかしい。地元選出国会議員が力を持つとしても、伊藤さんの学校の卒業生の就職先に意見聴取して、必ず出てくるのは、国、中央は和歌山の現場が見えていないというもの、小学校では苗字にさんつけ、あだ名、ファーストネームダメというのは、差別問題などを考慮した文科省のもの、しかし小学生が苗字はおかしい。確かにかつて差別的なあだ名もあったが、それは是正されて、苗字は家父長制=家制度の産物、個人を大切にするものと反対で、経済もそう、これだけ食品の値上げ、来月は6000も上がり、牛肉も値上げはダメ、食料自給率も大変、しかし地方だと大変で、第1次産業の担い手は高齢化して、食料自給率は低くさらに海外から輸入しないとならず、農産物、水産物で儲ける人はいない=競争などしたらダメ、その原点を忘れた中央の農業政策。何とかしないといけないと、暴言に近いが、国に頼る時代ではなく、国葬に自治体で意見書可決、それで国に反抗とみなされたらだめ。

 和歌山県知事選、中央の事情で人材を送り込まれるのは困り、地元に精通した人ではなく、勢力争い、そして地方自治と対立のものはダメ。和歌山県に限らず日本全体追い込まれて経済もしんどく、国任せは破綻。和歌山県のリーダー、和歌山市のリーダーを地元で選ばないと、中央のロボットで地元は格差で大変。知事選候補者の出ないのは和歌山には問題、どうしてここまで候補者はいないのか、この人だと知事になって最適の人はいても、選挙で勝てず、経済力がないと当選はおろか立候補も困難、今名乗りは一人だけ、無投票はなくても投票率は低く、国政の言いなりの知事だと地元破綻、和歌山県民はそれでいいかと説かれて、赤井さんもそれで白けたと説かれて、伊藤さん、国粋主義は一線を画すもので、和歌山のことは和歌山県民が決める方向に舵を切ってほしい。コロナも、仁坂知事が頑張り、国は何もしてくれず、国任せだと破綻だと、自分たちのことは自分たちで決めるとしてほしいと強調されました。以上、伊藤宏さんのお話でした。

 

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close