統一協会と安倍国葬: 無数犯罪検証(赤木さん等)必要と忖度岸田総理軽率さ、イギリス王室ゴタゴタから日本の皇室比較‼

文化放送ラジオ ロンドンブーツ1号2号田村淳のニュースクラブ(2022/9/24) 井崎彩 統一協会と安倍氏国葬、暗殺で美化するのではなく、無数の犯罪行為をした安倍氏の検証(赤木雅子さんの訴えを聞いてほしい)の必要性とそれに忖度した岸田総理の軽率さを指摘する、イギリス王室のゴタゴタから、日本の皇室との比較を女性の立場から語る

 永岡です、文化放送ラジオの、ロンドンブーツ1号2号田村淳のニュースクラブ、今週の気になるニュースは週刊文春ウーマン編集長の井崎彩さんでした。弁護士の正木裕美さん、アナウンサーの砂山圭太郎さんも同席でした。

MBSラジオ、水野晶子さん、近藤勝重さんのしあわせの575の川柳で、「金メダル 裏で役員 金ねだる」、がトップにあり爆笑でした。そしてニュースポストセブン、週刊ポスト記事で、安倍氏の国葬、ムラヤマ一社しか入札できないようにしていた問題が報じられています、https://www.news-postseven.com/archives/20220923_1795716.html?DETAIL&utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=shared

さらに、大阪万博と博打場予定の夢洲、台風で水浸し、万博は建設が間に合わないという指摘もあるし、そして西谷さんのドバイ万博の報告を聞いたら大失敗は確実、それに悪乗りして神戸空港国際化、この国、完全に狂っています…その上に東京だとたいものれいの予行演習で渋滞…こうなったらたいものれいを大失敗にさせてケチ田総理にヤケ酒飲ませたい!

井崎さん、週刊文春ウーマン2022年秋号(https://bunshun.jp/articles/-/57525 )が出て、前回離婚発言、その後多忙でクレアの編集長兼任、おつれあいさん家を出て、その間に手続き、弁護士さんはラジオに出ている場合かと(笑)、長男、次男と3人暮らし、長男が夫化、大学生だが(笑)、出て行った父親の代わりになった(笑)。あなたの学費、お母さんが払うからとなるものの、長男さんは週一文化放送でバイト、それで井崎さんラジオに出るのを知る。淳さんも砂山さんも理解されて、井崎さん文化放送を通してコミュニケーションを取りたいというもの。

今週のニュースは、台風14、15号(静岡でえげつない大雨)、統一教会の自民の追加報告、安倍氏のたいものれい、44の都道府県が弔旗、43の知事が出る。職員への黙祷はなし、サン・アローの五輪汚職、24年ぶりの為替介入、ロシア、プーチン大統領の動員で大反発、1000人拘束…などある中で、井崎さんの指摘されたのは、やはり統一協会のこと、自民が追加報告というが、統一協会の問題点を指摘して、そこと癒着する自民もクローズアップされていい、半分の国会議員の癒着に井崎さんびっくり、信者は公称で゜56万であり、統一協会は家父長的、日本はジェンダー差別大国、そこに統一協会の影響があったか精査されるべき。淳さん、同性婚否定、判決文もおかしいし、政府の見解も無茶苦茶、そこに統一協会の力があったかと説かれて、井崎さん、そしてたいものれいも問題、安倍氏は統一協会と3代ズブズブ、暗殺は痛ましいが、現代の暗殺、カメラの前で国民も見て、安倍氏を神格化という動きがあり、犯罪組織の統一協会と癒着、安倍氏の功罪はしっかり検証すべき。それで井崎さんの雑誌で赤木雅子さんと小泉今日子さんの対談を載せて、安倍氏の犯罪追及は止めてはいけない。淳さん、真実を知りたい雅子さんに自民党は何も寄り添っていない、死んでそれで終わりはダメ、砂山さん、モリカケサクラ+統一協会と疑念ばかりと説かれて、淳さんも犯罪行為をチャラにしたらダメ、そして雅子さんと小泉今日子さんの対談を実現された井崎さんを評価。井崎さん、小泉今日子さんもツイッター発信されて、失うものもあり、政治的なことを芸能人は発言するなと、今思うと統一協会の手先に叩かれ問題。淳さんも発言して、様々な意見があり、雅子さんと小泉今日子さんの対談を知り、この事件を広く知ってほしいと説かれました。

そして、国葬の決断、ケチ田総理は安倍氏を支持するものに忖度、しかし国民を二分、これほど世論調査で反対多数はなく、淳さんもワイドナショーで明日発言したい、国葬は国会審議なし、問題、井崎さん、あまりに拙速、吉田茂氏の国葬はあっという間にやり、時間があり国民がまずいと思う時間ができた。淳さん、27日にたいものれい、反対デモの起きるものは日本にマイナス、そうしたのはケチ田総理だと説かれました。

井崎さんの、さらに気になるニュースは、イギリス王室のカミラ王妃が気になる。チャールズ国王のお連れ合いさん、結婚して17年、ダイアナ妃がいて、今回見て、2022年に私たちは皇室、王室が気になると説かれて、淳さん、キャサリン妃がメーガン妃をどう見るかと説かれて、井崎さん、カミラ妃はダイアナ妃の生前からいて、別の人と結婚、チャールズ国王と信愛、こういう話題が好き(笑)。カミラ妃は、この人を王妃にしていいかと論議もあり、エリザベス女王は認めて、しかしチャールズ国王は短気、政治的な立場も隠さず、北アイルランドで記帳した際に万年筆からインクが出ていると、イラチ、カミラ妃が配慮、カミラ妃はイラチの連れ合いさんをコントロールしている。

敦さん、そのことでイギリス国民は異論なしかと説かれて、井崎さん、チャールズ国王は70代、イギリス国民はユーモアもあり、チャールズ国王とカミラ妃の散歩に庶民が万年筆をプレゼント(笑)、あれだけの不倫事件があり、カミラ妃は賢明な人で、エリザベス女王もカミラ妃のボランティア活動やジェンダー差別反対を評価、現代の縮図、王室の話にイギリス国民はそのような反応、王室を成り立たせるためにこれをして、日本で何十年後に見られるか。淳さん、そこまで皇室は開けるかと説かれて、歴史・文化もあり、時代は流れて、それとの落差もあり、万年筆のこと、日本だとあり得ず、井崎さんのウォッチを評価されて、特集されるのかというもの、閉経物語のことも評価、井崎さん、TBSラジオのジェーン・スーさんと閉経のことを特集、女性たちは夫に閉経をなかなか言えず、渡辺満里奈さんは言うべきなのかと説かれた意味もあるというもの、閉経のことはメディアでも語られず、井崎さんも立場で異なり、女性の悩みをもっとオープンに話せる社会の必要性があり、男性にも週刊文春ウーマンを読んでほしいと締めくくられました、以上、井崎彩さんのお話でした。

Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close