国葬強行国会・憲法無視で支持率さらに低下、アホ政権愚行、人権侵害土地規制法危険、「反日」組織ズブズブのアホ自民、岸田自民党は消えるべき‼

 永岡です、ラジオ日本の、岩瀬恵子のスマートニュース、本日のコメンテイターはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした。阪神CS進出、オリックス大逆転優勝でウハウハ、今年こそオリックス優勝セールを神戸で期待です(笑)。

 報道するラジオの案内であったジャーナリズムの平野幸夫さん、安倍氏の国葬とガースー氏のデタラメ弔辞の危険性をブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12767304439.html また、私は日曜日の番組は見ないものの、ツイッター発信だと日曜討論では自民党、田村智子さん、大石あきこさんにKOされて、萩生田氏、統一協会への解散命令を否定、またサンデージャポンなどで太田光氏ら統一協会を擁護する連中が跋扈ですが、彼らにとって統一協会解散は自民党の連鎖倒産を意味して食い扶持がなくなるので必死に抵抗。橋下氏らもそう、戦前の日本は韓国など植民地支配で搾取、今は統一協会経由で搾取、1日の報道特集、統一協会に破壊された家庭を描いて、自民党とツボウヨたちこそ本物の「反日」でしょう(笑)。青木さんのお話もそうですが、安倍氏らの殺し文句、「反日」がツボウヨをおちょくれるネタになりました(笑)。そして、ケチ田総理、野党の追及、五輪汚職、そして自民の壺議員の突き上げでケツをいつまくるか楽しみ、ただケチ田氏辞任後、昨年の総裁選の候補は全員壺、ポストケチ田氏なし、自民党倒産を楽しみにしています(笑)。

 7時18分ごろの特集コーナー1、リスナーは青木さんの入りを聴きたく、今日から臨時国会、しかしケチ田総理は安倍総理にならい、野党の要求を無視して臨時国会をせず、そして世論調査、読売だと不支持>支持になり、朝日は不支持50%、読売、朝日も1,2日のもの、たいものれいが支持率を下げて、そして今日から臨時国会、野党は情けないが、攻めどころは多く、国葬、統一協会、物価高、ケチ田政権の支持率の上がる要素なし。安倍政権でも国会だと支持率が下がり、もちろん問題、国葬「儀」とケチ田総理は嘯いて、内閣に儀式の権限があるというが、終わったから問題点を考えるべき。国葬の最大の問題点は、国葬の定義、ケチ田氏、8/10の記者会見で安倍氏への敬意と弔意を国全体で表し、しかし強制はしないというが、国全体は内閣ではなく、国会の決定が必要で、国会で法的な根拠を作り、国会で国葬をちゃんと審議すべき。国葬は1967年に吉田茂氏のものをやり、自民は社会党に根回ししていて、佐藤内閣は国会で野党に根回しが必要だと感じていた。岩瀬さんもその佐藤栄作氏の国葬を三木政権でできず、今回はケチ田氏、内閣法制局にはかりデタラメ、法律は何かと怒られて、青木さん、国葬は内閣法制局ではダメ、それで国葬儀、しかし内閣法制局が政権のために屁理屈をひねり出すものになり、安倍政権時の戦争準備法案、戦後の憲法解釈を捻じ曲げて、そのために長官の更迭、国葬時に、佐藤栄作氏は国会・野党に根回しの要素はあり(永岡注:うずみ火の報道だと、当時の社会党の議員が亡くなり、遺族は議員宿舎を出ないといけなくなり、それを佐藤栄作氏配慮するので国葬に賛成しろという恫喝をしたものです、これは山田惠資さんの情報をもとに矢野さんたちが取材した成果です)、しかしアベスガキシダで内閣法制局、法の番人は骨抜きにされて、野党が国会の1/4で臨時国会を求めて無視、右左の問題ではなく、政権は憲法の無視、政治の劣化。しかし唯一、世論調査ではアベスガキシダのデタラメにNOになり、国民も憲法無視のアベスガキシダを批判、そして、国葬儀の決定時に、野党に根回しなら、ヘボい立憲民主党なら根回しでOKになった可能性はあり、そういうことをすらしないケチ田政権の憲法無視、法的センスなしを批判されました。

 7時42分ごろの特集コーナーその2、土地規制法のこと、青木さんは各地で問題点を語り、しかしマスメディアが報じず、青木さんは警鐘。安倍政権でできた重要土地規制法、「おそらく」自衛隊基地、米軍基地、原発、国境に近い離島を安全保障で重要な施設として設定。自民党はそういう土地が外国資本、中でも中国に買われたらまずいと、注視区域にいて、土地でどういう人がなにをしているか監視。機能阻害行為について刑事罰で取り締まる。原発の周りを買い占めると刑事罰、事前の届け出なしでアウト。原発反対の人は買えず、しかしこのウホ率はいくらでも拡大解釈できて、警察に強い権限を与えるので何がダメか法律で定義がいるのに、重要施設は閣議決定など、政令でできて、そして機能阻害の意味も法律にない。国葬と国葬儀、法律が日本で無視の問題点、書いていないので、何が重要施設で機能阻害か定義は時の政権の都合のいいようにされて、重要施設は拡大解釈されて、極端だと、麻布台のラジオ日本は六本木に米軍基地があり、岩瀬さんも米軍基地批判で監視、プライバシー侵害の危険性があり、重要施設、機能阻害の定義なしで、土地買い占めはおろか、反対デモが禁止される危惧もあり、沖縄の新聞は米軍基地の周囲のデモ、反対運動が禁止だと懸念。

 全面施行について、政令が出てきて、航空機にレーザー照射はアカンが、それは他の法律も航空法で対処できて、全面施行で政府はデモ、集会に私有地だと取り締まらないというが、当たり前、全体主義国家。そして公道のデモは弾圧の対象になり、基地、原発反対は弾圧の対象になる。9/20に全面施行して、青木さんは各地で批判してツボウヨに叩かれたが、この法律は離島が中国に買い占めと、自民党のネトウヨ議員が被害妄想、しかし防衛省が調べて外国人が基地の買い占めはなく、基地の土地が外国に買い占められるどころか、統一協会のことで、総理、自民党は外国に支配されたのはアホ、外国由来の反社会カルト集団、そして自民はこういういい方は好ましくないが「反日」組織にズブズブは何か、市民の権利を制限する法律だと、拡大解釈を禁止する法的な根拠がいるのにそれをしない国会議員のセンスはアホ。

 岩瀬さんは今の政治家のセンスは無茶苦茶と怒られて、疑問はあり、法律に対して審議せず通すのは問題と説かれて、青木さん、秘密隠蔽法、共謀罪、盗聴法と警察の権限を強めるものが安倍政権ででっち上げられて、政府の情報を隠す、治安維持法と一緒のもの、市民のプライバシー侵害で厳密な歯止めがいるのに何もせず、政府に無限の力を持つ武器を与えて、それを「愛国」というクズが言っていたが、統一協会問題で外国の勢力の手先。国葬、統一協会問題は与党に致命的なダメージになり、安倍政権の特徴はケチ田政権にもあり、排外主義を煽り、中国たたき、美しい国とかいうものは、青木さんのようなものは別で、コアな支持層がいて、安倍政権の支持率は高く、しかし政権の言っていることとやっていることが真逆だと統一協会問題で発覚。コアな支持層は統一協会は悪くないとツボウヨは嘯くが、統一協会問題はモリカケサクラのように嵐が過ぎ去れば、にならない。岩瀬さんの気持ち悪さが続いていると説かれて、青木さん、細田氏紙切れ一枚でズラトン、臨時国会、ケチ田政権は選挙のない黄金の3年間ではなく、「政局」になると、政治記者ではない青木さんも警告するとして時間になりました、これも拡散してください、以上、青木さんのお話でした。

 

ラジオ日本 岩瀬恵子のスマートニュース(2022/10/3) 青木理 国葬強行で岸田政権の支持率低下、国会・憲法無視のデタラメで支持率はさらに低下、アホ政権の愚行を問う、国民の人権侵害の土地規制法の危うさ、しかし自民党は統一協会という「反日」組織とズブズブのアホの塊、人権・憲法を守らない岸田自民党は消えてもらうべきことを語る

 
 
 

 永岡です、ラジオ日本の、岩瀬恵子のスマートニュース、本日のコメンテイターはラジオジャーナリズム界の首位打者、ジャーナリストの青木理さんでした。阪神CS進出、オリックス大逆転優勝でウハウハ、今年こそオリックス優勝セールを神戸で期待です(笑)。

 報道するラジオの案内であったジャーナリズムの平野幸夫さん、安倍氏の国葬とガースー氏のデタラメ弔辞の危険性をブログで指摘されています、https://ameblo.jp/hirano-yukio/entry-12767304439.html また、私は日曜日の番組は見ないものの、ツイッター発信だと日曜討論では自民党、田村智子さん、大石あきこさんにKOされて、萩生田氏、統一協会への解散命令を否定、またサンデージャポンなどで太田光氏ら統一協会を擁護する連中が跋扈ですが、彼らにとって統一協会解散は自民党の連鎖倒産を意味して食い扶持がなくなるので必死に抵抗。橋下氏らもそう、戦前の日本は韓国など植民地支配で搾取、今は統一協会経由で搾取、1日の報道特集、統一協会に破壊された家庭を描いて、自民党とツボウヨたちこそ本物の「反日」でしょう(笑)。青木さんのお話もそうですが、安倍氏らの殺し文句、「反日」がツボウヨをおちょくれるネタになりました(笑)。そして、ケチ田総理、野党の追及、五輪汚職、そして自民の壺議員の突き上げでケツをいつまくるか楽しみ、ただケチ田氏辞任後、昨年の総裁選の候補は全員壺、ポストケチ田氏なし、自民党倒産を楽しみにしています(笑)。

 

 7時18分ごろの特集コーナー1、リスナーは青木さんの入りを聴きたく、今日から臨時国会、しかしケチ田総理は安倍総理にならい、野党の要求を無視して臨時国会をせず、そして世論調査、読売だと不支持>支持になり、朝日は不支持50%、読売、朝日も1,2日のもの、たいものれいが支持率を下げて、そして今日から臨時国会、野党は情けないが、攻めどころは多く、国葬、統一協会、物価高、ケチ田政権の支持率の上がる要素なし。安倍政権でも国会だと支持率が下がり、もちろん問題、国葬「儀」とケチ田総理は嘯いて、内閣に儀式の権限があるというが、終わったから問題点を考えるべき。国葬の最大の問題点は、国葬の定義、ケチ田氏、8/10の記者会見で安倍氏への敬意と弔意を国全体で表し、しかし強制はしないというが、国全体は内閣ではなく、国会の決定が必要で、国会で法的な根拠を作り、国会で国葬をちゃんと審議すべき。国葬は1967年に吉田茂氏のものをやり、自民は社会党に根回ししていて、佐藤内閣は国会で野党に根回しが必要だと感じていた。岩瀬さんもその佐藤栄作氏の国葬を三木政権でできず、今回はケチ田氏、内閣法制局にはかりデタラメ、法律は何かと怒られて、青木さん、国葬は内閣法制局ではダメ、それで国葬儀、しかし内閣法制局が政権のために屁理屈をひねり出すものになり、安倍政権時の戦争準備法案、戦後の憲法解釈を捻じ曲げて、そのために長官の更迭、国葬時に、佐藤栄作氏は国会・野党に根回しの要素はあり(永岡注:うずみ火の報道だと、当時の社会党の議員が亡くなり、遺族は議員宿舎を出ないといけなくなり、それを佐藤栄作氏配慮するので国葬に賛成しろという恫喝をしたものです、これは山田惠資さんの情報をもとに矢野さんたちが取材した成果です)、しかしアベスガキシダで内閣法制局、法の番人は骨抜きにされて、野党が国会の1/4で臨時国会を求めて無視、右左の問題ではなく、政権は憲法の無視、政治の劣化。しかし唯一、世論調査ではアベスガキシダのデタラメにNOになり、国民も憲法無視のアベスガキシダを批判、そして、国葬儀の決定時に、野党に根回しなら、ヘボい立憲民主党なら根回しでOKになった可能性はあり、そういうことをすらしないケチ田政権の憲法無視、法的センスなしを批判されました。

 

 7時42分ごろの特集コーナーその2、土地規制法のこと、青木さんは各地で問題点を語り、しかしマスメディアが報じず、青木さんは警鐘。安倍政権でできた重要土地規制法、「おそらく」自衛隊基地、米軍基地、原発、国境に近い離島を安全保障で重要な施設として設定。自民党はそういう土地が外国資本、中でも中国に買われたらまずいと、注視区域にいて、土地でどういう人がなにをしているか監視。機能阻害行為について刑事罰で取り締まる。原発の周りを買い占めると刑事罰、事前の届け出なしでアウト。原発反対の人は買えず、しかしこのウホ率はいくらでも拡大解釈できて、警察に強い権限を与えるので何がダメか法律で定義がいるのに、重要施設は閣議決定など、政令でできて、そして機能阻害の意味も法律にない。国葬と国葬儀、法律が日本で無視の問題点、書いていないので、何が重要施設で機能阻害か定義は時の政権の都合のいいようにされて、重要施設は拡大解釈されて、極端だと、麻布台のラジオ日本は六本木に米軍基地があり、岩瀬さんも米軍基地批判で監視、プライバシー侵害の危険性があり、重要施設、機能阻害の定義なしで、土地買い占めはおろか、反対デモが禁止される危惧もあり、沖縄の新聞は米軍基地の周囲のデモ、反対運動が禁止だと懸念。

 全面施行について、政令が出てきて、航空機にレーザー照射はアカンが、それは他の法律も航空法で対処できて、全面施行で政府はデモ、集会に私有地だと取り締まらないというが、当たり前、全体主義国家。そして公道のデモは弾圧の対象になり、基地、原発反対は弾圧の対象になる。9/20に全面施行して、青木さんは各地で批判してツボウヨに叩かれたが、この法律は離島が中国に買い占めと、自民党のネトウヨ議員が被害妄想、しかし防衛省が調べて外国人が基地の買い占めはなく、基地の土地が外国に買い占められるどころか、統一協会のことで、総理、自民党は外国に支配されたのはアホ、外国由来の反社会カルト集団、そして自民はこういういい方は好ましくないが「反日」組織にズブズブは何か、市民の権利を制限する法律だと、拡大解釈を禁止する法的な根拠がいるのにそれをしない国会議員のセンスはアホ。

 岩瀬さんは今の政治家のセンスは無茶苦茶と怒られて、疑問はあり、法律に対して審議せず通すのは問題と説かれて、青木さん、秘密隠蔽法、共謀罪、盗聴法と警察の権限を強めるものが安倍政権ででっち上げられて、政府の情報を隠す、治安維持法と一緒のもの、市民のプライバシー侵害で厳密な歯止めがいるのに何もせず、政府に無限の力を持つ武器を与えて、それを「愛国」というクズが言っていたが、統一協会問題で外国の勢力の手先。国葬、統一協会問題は与党に致命的なダメージになり、安倍政権の特徴はケチ田政権にもあり、排外主義を煽り、中国たたき、美しい国とかいうものは、青木さんのようなものは別で、コアな支持層がいて、安倍政権の支持率は高く、しかし政権の言っていることとやっていることが真逆だと統一協会問題で発覚。コアな支持層は統一協会は悪くないとツボウヨは嘯くが、統一協会問題はモリカケサクラのように嵐が過ぎ去れば、にならない。岩瀬さんの気持ち悪さが続いていると説かれて、青木さん、細田氏紙切れ一枚でズラトン、臨時国会、ケチ田政権は選挙のない黄金の3年間ではなく、「政局」になると、政治記者ではない青木さんも警告するとして時間になりました、これも拡散してください、以上、青木さんのお話でした。

 

Advertisement
Categories Uncategorized

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close