Global Ethics


テロ等準備罪は「憲法違反」・ 私たちは『監視と密告社会』を拒否します by limitlesslife
April 30, 2017, 9:19 am
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

(情報記載・一部再掲 石垣)

テロ等準備罪は「憲法違反」

私たちは『監視と密告社会』を拒否します

 

 メーデー5月1日(月)全労連系・全労協系各地 

 

(万国労働者は団結せよ・次年度は連合・全労連・全労協系の統一メーデーを)

 

◆5月3日 憲法集会

場所:有明防災公園 りんかい線・国際展示場下車・

ゆりかもめ有明下車
主催:5.3憲法集会実行委員会
集会内容: ※変更・追加がありますので、ご確認をお願いします。
11時30分~ ブース・イベント広場:
親子憲法ひろば/出店ブース/ミニSL
12時~ プレコンサート:
ユキヒロ/佐々木祐滋
【みんなでつくるステージ企画】「HEIWAの鐘」をユキヒロと一緒に歌おう
13時~ 集会: ※司会:橋本美香(制服向上委員会)
政党あいさつ:民進党、共産党、社民党、自由党、沖縄の風(予定) スピーチ:(五十音順)
池内了(名古屋大学名誉教授、世界平和アピール7人委員会)
/伊藤真(弁護士、伊藤塾塾長)
/植野妙実子(中央大学教授・憲法学)
/落合恵子(作家)
/坂手洋二(劇作家、演出家、燐光群主宰、日本劇作家協会前会長)
/ピーコ(ファッション評論家、シャンソン歌手)
/山田火砂子(映画監督)
特別ゲスト:李泰鎬(朴槿恵退陣緊急国民行動、参与連帯政策委員長)
14時45分~ クロージングコンサート:
制服向上委員会/中川五郎/PANTA
パレード: ※調整中

————————————————————
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://web-saiyuki.net/kenpoh/
憲法審査会傍聴備忘録
http://web-saiyuki.net/kenpou/

 

 



疑惑まみれなのに笑顔で連休外遊に同行 昭恵夫人を見る目 by limitlesslife
首相にくっついて笑顔で外遊(C)共同通信社
首相にくっついて笑顔で外遊(C)共同通信社
拡大する

 北朝鮮の脅威を煽り立てて国民の目をそらし、幕引きにするシナリオは通用しそうにない。安倍政権が必死で沈静化をはかってきた森友学園問題が再燃している。

28日は、森友学園の籠池泰典前理事長が久々にメディアの前に登場した。民進党のヒアリングに出席するため、上京してきたのだ。

ヒアリングでは、安倍首相や昭恵夫人との関わりについて、新たに詳細な証言が飛び出した。小学校建設計画を真っ先に相談した相手は「尊敬する安倍晋三首相のご夫人、昭恵先生だった」こと。昭恵夫人と都内のホテルで初めて会った時に「何かすることはありますか」と言ってもらい、うれしかったこと。その際には、安倍晋三事務所の秘書を帯同していたこと。最初に塚本幼稚園で昭恵夫人が講演した日に豊中の小学校建設用地に案内したこと。その後も財務省との土地交渉の内容を「適時報告」していたこと……。籠池氏サイドと昭恵夫人との電話のやりとりは「数えきれないほど」だったという。

 昨年3月、籠池氏が財務省の国有財産審理室・田村嘉啓室長と面会した際の音声データも出てきた。籠池氏が録音していたものだ。

「昭恵夫人の方からも、たしか聞いてもらったこともあると思いますけど」

「棟上げ式に首相夫人が来られて餅をまくことになっている」

「今回はやっぱりね、これは、あの方自身が愚弄されてると思ったから、僕、来たんです。これはアカンと。こんなことしてたら大変なことになるなあと思いまして」

籠池氏が愚弄されたと言う「あの方」が、安倍本人なのか昭恵夫人なのかは分からないが、とにかく籠池氏は首相夫人の名前を連発して対応を迫り、財務省側は一連の土地取引は「特例」と表現している。

■税金を使って「逃避外遊」の厚顔

財務省の田村室長は、問題になった“口利きファクス”で、昭恵夫人付職員の谷査恵子氏が照会し、丁寧な回答を得た人物だ。このファクスが籠池氏に届いたのが2015年11月。翌年3月に田村室長と面会し、その9日後に森友学園は土地の購入を申し入れた。それから3カ月で、鑑定価格の9割引きという破格の売買契約が結ばれたのだ。籠池氏が言うところの「神風が吹いた」。

昭恵夫人の存在が、財務省の判断に影響したのは間違いないだろう。問題は、昭恵夫人がどこまで直接的に働きかけたのか、あるいは安倍本人の関与はなかったのかということだ。国民の多くが納得していない不可解な土地取引の疑惑解明には、ここをハッキリさせる必要がある。

ところが、「私や妻が関わっていたら総理も議員も辞める」とタンカを切った当の安倍と昭恵夫人は、笑顔で外遊に出かけてしまった。

「昭恵夫人に対する疑念に、まだ本人の口から何も説明されていません。しばらく雲隠れしていたと思ったら、イケシャーシャーと公務に復帰という厚顔には怒りを覚えます。その訪ロ、訪英だって、いま行く必要があるのかどうか。北朝鮮の脅威を政府がさんざん煽っておいて、もし何かあった場合、英国から帰国するのに十数時間かかるのです。国のトップとして、あまりに無責任な態度だし、森友問題から逃げるためとしか思えません。それも、国民の税金を使っての逃避外遊ですよ。これでもまだ『昭恵夫人は私人』などというフザケた言い訳で逃げるつもりなのでしょうか」(政治評論家・本澤二郎氏)

「任命責任」も「説明責任」も口だけの軽さ

もっとも、この政権の無責任体質は、今に始まったことではない。

東日本大震災が「東北でよかった」と発言した今村前復興相が26日、更迭された。安倍は「任命責任は私にある」と言ったが、「言うだけ」なのだ。これまでも、閣僚が不祥事で辞任するたび「任命責任は私にある」。それでオシマイ。国民に謝罪と言いながら、頭も下げない。

「潔い姿勢を見せるために『任命責任』に言及しているだけだからでしょう。自分に非があるとは思っていないのです。説明責任にしてもそうで、安倍首相はよく『説明責任を果たす』と言うけれど、いつも口先だけ。国民の疑念や不安に対して、説明を尽くしたことはない。政治家の『責任』がすっかり軽くなってしまいました。大臣の問題発言も、撤回・謝罪で“なかったこと”にされてしまう。これほど自分たちの言葉に責任を取らない政権は見たことがありませんが、国民の側も、自分たちの不祥事にフタをして不問に付す政権のやり方に慣れっこになり、マヒしているように感じます」(政治ジャーナリスト・山田厚俊氏)

今村前復興相の暴言辞任で、「そんな(批判する)人は、はじめから排除して(会場に)入れないようにしないといけない」と、メディアに怒りの矛先を向けた二階幹事長の感覚も度し難いが、それに本気で怒らない国民にも問題がある。喉元過ぎれば……で、森友学園問題も忘れられつつあった。

■無責任体質は戦時中から変わらない

「首相の周辺に便宜が図られていた森友学園や加計学園の問題は、内閣が2つ3つ吹っ飛んでもおかしくない疑獄事件なのに、大マスコミは本気で安倍政権と対峙する気概がない。二階幹事長のメディア批判は看過しがたい暴言であり、メディアへの脅しですが、こんなヒドイことを平気で言わせる番記者にも問題があります。疑惑隠しのために官邸が煽る北朝鮮危機に大マスコミが悪ノリの体たらくですから、このままでは、あっという間に6月の会期末を迎え、森友疑獄もウヤムヤ決着にされてしまうでしょう。早くも、森友疑惑で下がった支持率は回復しつつある。国民もあまりに忘れっぽいと言わざるを得ません。ロシアの文豪プーシキンは『来世をわきまえざる教養の低い為政者にリードされる国民は不幸である』という言葉を残しました。まさしく日本の現状を言い得ています。今さえよければいいと、権力を利用して好き放題やっているのが安倍政権です。それをなぜ、国民が黙って許しているのか不思議です」(本澤二郎氏=前出)

国民は自ら考えることを放棄して、お上任せ。政府は自分たちの利権と保身しか頭にない。自民党政権の無責任体質は、戦時中から変わっていないのかもしれない。

東日本大震災の原発事故で誰も責任を取らず、あれだけの被害が出たことをまるで“なかったこと”のように、政府は原発推進にかじを切った。そういう姿勢が、被災地を切り捨てるような今村前復興相の暴言に表れている。

豊洲移転問題にしてもそうだ。有権者が知りたい事実は明らかにされず、誰も責任を取らないまま、一時的には過熱した問題意識も風化されていく。

旧日本軍の戦闘でも、事実を知らされない多くの一般国民が前線に送り込まれ、命を失った。特権階級の人ほど無事に帰還し、あるいは戦地に赴くことさえなかった。そして、上層部は誰も失敗の責任を取らない。A級戦犯容疑者だった岸信介が戦後は首相に上り詰め、その祖父を敬愛する安倍が、秘密保護法や安保法を強行、さらには森友疑惑にフタをして、共謀罪を成立させようともくろんでいる。

責任の所在を曖昧にしたまま、政府の悪行を見逃していれば、そのツケは必ず国民に降りかかってくることを忘れてはならない。

 

■関連記事



毎日放送VOICE (2017/4/28) 武田一顕 政治家の失言問題を語る by limitlesslife
April 29, 2017, 5:18 am
Filed under: アベノミス

 

永岡です、毎日放送のニュース「VOICE」、今村前復興大臣の失言、国会王子の武田一顕さんのお話がありました。先ほどのちちんぷいぷいとも重複しますが、重要であり、お知らせいたします。

伊吹前衆院議長が、失言を防ぐ6つの「た」を語り、内容はあまりにひどく、しかし政治家の失言は多種多様、吉田茂氏はバカヤロー解散、池田隼人氏は貧乏人は麦を食え、森氏は天皇の国、女性は産む機会etc枚挙にいとまがなく、伊吹氏のいう6つの「た」をわきまえたら失言は防げるか、武田さん、失言は本音、今村氏も山本氏もであり、それゆえに批判すべきと言われて、司会の西靖さんも、子どもに教えるのか、被災者への配慮を批判して、武田さん、伊吹氏も目をそらさせないといけないと失言しており、共謀罪をテロ等準備罪と言うのと同じで、失言の背後に本音があり、事の本質を見逃してはいけないと言われて、小泉氏も3つの坂があると言い、武田さん、小泉氏は年金問題で、人生いろいろと語り批判されたと指摘されました。

 

…もう、呆れてものも言えず、自民党は末期症状、暗黒時代の在阪某球団でもなかった失態(笑)であり、これで民主党政権よりよいと言う人の顔を見たいです。…以上、VOICEの内容でした。

 

 



籠池氏が森友問題で新証言 「昭恵夫人に真っ先に相談」 by limitlesslife
さらなる“爆弾”投下も予告(C)日刊ゲンダイ
さらなる“爆弾”投下も予告(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 公の場に姿を見せたのは3月末の証人喚問以来、約1カ月ぶりだ。「森友学園」(大阪市)の籠池泰典前理事長が28日午前、民進党プロジェクトチーム(PT)の開いたヒアリングに出席。国有地払い下げをめぐる学園側と国との交渉状況について、安倍首相夫人の昭恵氏に「適時、電話で報告していた」と主張し、緊密な関係を改めて強調した。

午前10時すぎ、証人喚問と同じ黒スーツ姿で議員会館に現れた籠池氏は、冒頭に「私の承知しているところを包み隠さずお話し申し上げる」と宣言。小学校建設計画が具体的に始まった際、「真っ先に相談したのは昭恵夫人」と打ち明けた。

籠池氏によると、それは2014年3月のこと。都内のホテルオークラで昭恵氏と面会し、計画を説明すると、昭恵氏は「主人に伝えます。何かすることはありますか」と協力する考えを伝えたという。籠池氏は「うれしかった」と当時の感激を述懐し、その場には安倍事務所の秘書も帯同していたと証言した。

■さらなる“爆弾”投下も予告

その後も財務省との交渉について適時、報告。「昭恵夫人が名誉校長就任後は、業務の一環として報告を続けた」と話した。PTメンバーから昭恵氏との電話の回数を聞かれると、「20回を超える」と回答。籠池氏の妻と昭恵氏との電話は「数えきれない」「1時間や2時間くらい話すこともあった」と答えた。

また、国有地の定期借地契約で、財務省側から「値段にはストライクゾーンがある。高い方は2700万円、低い方が2100万円」という具体的な賃料の提示があったことも暴露。「低い方にしてくれとお願いした」と明かした。

籠池氏は昨年3月に財務省の担当室長と面会した際、担当者が「特例」と発言した録音記録も公表。「他の交渉経過についての録音テープはまだある」と告白し、さらなる“爆弾”投下を暗に予告した。



毎日放送ちちんぷいぷい(2017/4/28) 武田一顕&奥田信幸 森友学園問題再燃の報告&自民失言デタラメ by limitlesslife

 

永岡です、毎日放送のワイドショーちちんぷいぷい、河田直也さんの司会によるもので、国会王子ことTBSラジオ記者の武田一顕さんが森友学園問題についてMBSスタジオでお話されました。

今日、籠池氏が民進党とのヒアリングであり、武田さん、録音が出てからの再燃とも指摘されて、解説委員の奥田信幸さんも参加されて、2016/3/15の録音があり、籠池氏と財務省のやり取り「特例」で本省扱い&賃貸OKであり、財務省の田村室長が対応、民間人に室長の対応はあり得ず、さらに、2014/12/17に、財務省が大阪府の私学審議会の前日に、契約書の雛形を財務省が作ったいた件、常軌を逸した親切さであり、籠池氏は久しぶりに公の場に出て、籠池氏と財務省の録音テープについて民進党に語り、私人が財務省と交渉するなら録音すべきと籠池氏は語り、田村氏は何度も「特例」と語り、契約に難色の財務省が2014年に態度を急に変えて、録音データの中の特例、財務省との賃料の交渉、ストライクゾーン、具体的な金額の提示→低い方にしてくれと籠池氏は求めて、安倍昭恵氏には交渉について報告しており、電話で昭恵氏に報告、10日に1度財務省に行き、この結果は昭恵氏に報告している。

昭恵氏の渡した100万円、籠池氏と詢子氏、昭恵氏、秘書の4人であり、昭恵氏が人ばらしてくれといい、秘書は席を外して、籠池氏はうれしく、男性の職員にも100万もらったと示し、昭恵氏の関与は、昭恵氏は私人と公人の立場があり、しかし公人として見られていると籠池氏は言い、昭恵氏に名誉校長になってもらうのは、土地についてスピーディーにやってもらった結果で、昭恵氏は籠池氏に、あなたたちのみに任せてすみません=便宜供与であり、昭恵氏は本件に極めて深い関係があり、スタジオでも、吉弥さん、籠池氏がオーバーにしゃべっているのか?冷静にならないかと言われて、武田さん、籠池氏は役者であり、しかし「音声データは物的証拠」、籠池氏の証言+物証で、昭恵氏の関与ははっきりして、籠池氏は2012/10頃から昭恵氏に相談、近畿財務局との相談が難航→昭恵氏が関与、隣の土地は豊中市が14億で買い、高い、何とかならないのかとして、これが定期借地になり、奥田さん、財務省は売るつもりで、この形にした。

籠池氏は10日に1度財務省に行き、逐次昭恵氏に電話orメールで話し、詢子氏と昭恵氏は何時間もしゃべり、武田さん、ASSが籠池氏をしつこいと言うのは、このことであり、ASSが本当のことを言っていない面もある。

奥田さん、財務省は、2014年夏に難色を示していたものを、特例として認めて、これは大きく、国側に物証があり、反論の余地が国になく、民進党は財務省にヒアリングしても、室長は出さず、財務省は協力拒否、武田さん、財務省の資料は数年補完するもので、捨てたと言う財務省の言い分はウソであり、武田さん、役人出身の議員は、資料を捨てたと言うのはあり得ないと指摘されて、物証が出た→財務省の記憶にないはもう通らない。

さらに、籠池氏、昭恵氏からの100万のことや、詢子氏と昭恵氏の関係、さらに録音データは他にもあると語り、奥田さん、録音データは全部ではなくても大半取っているもので、籠池氏は幼稚園、保育園を潰されそうであり、守るための材料でもあり、もし昭恵氏の100万の音声データが出たら大変なこと、これがあるかはわからず、武田さん、野党、民進党、共産党は昭恵氏に出てこい、しかし政権は昭恵氏をさらし者にできず、そして籠池氏の爆弾によると、昭恵氏の証人喚問→その後に籠池氏の新しい爆弾→内閣崩壊になり、昭恵氏を出したらエライことになる。

武田さん、森友学園問題の追及は本格的に再燃して、ASS政権への影響、役人の課長レベルではダメ、衆参予算委が予定されて、ASSは追及されて、追及は本格化するのか、GW明けでも国民は忘れることはないと、武田さん指摘されました。

さらに、自民の中で、失言しないように6つの心得が伊吹氏により紹介されて、あまりのあまりに、小学生に教えるようなもの、吉弥さん、東北でよかったというのは失言ではなく本音、ああいう人が復興大臣はおかしいと指摘されて、これについて武田さん、二階氏は今のトップなものの、伊吹氏はかつてのトップであり、また失言は旅先で、興奮したときに出るものとも言われて、またたとえ話は危険などの話をしており、これは私も見ていて唖然であり、6つの例にあてはまる失言が直近10年にあり、武田さん、政治家の失言は本音で、また伊吹氏は、人権はバターと同じで、おいしいが食べ過ぎるとメタボになるなどの失言もあったと指摘されました、以上、ちちんぷいぷいの内容でした。



文化放送ラジオ 大竹まことのゴールデンラジオ(2017/4/28) 金子勝 森友学園問題は昭恵氏の口利き決定、昭恵氏を喚問しろ!ASSのデタラメをメディアが追及しない、日銀願望レポートのデタラメを語る by limitlesslife

室井さん、加計学園は、週刊誌だと440億も値引きで、野党でちゃんとしているのは共産党のみと言い、金子さん、昭恵氏の証人喚問をしないと、この問題は収束せず、報道の自由度72位、OECDダントツ最下位、「今のメディアは間抜け」、室井さん、こんなことを言ったら金子さん仕事がなくなると(笑)言われて、金子さん、この放送で煽ると、室井さんそこまで言ったら危ないと室井さんに言われて(笑)、GWの閣僚の外遊、稲田氏は北朝鮮のことで止めたのに、11人の閣僚の外遊、10億の税金を浪費「本当に北朝鮮危機なのか?」と指摘されて、室井さん危ないなら取りやめよと言われて、しかし半分以上の閣僚が、ロシア、イスラエル、大臣の思い出作り、記者も取材してくれて、大竹さんこの時期に行くのとか指摘されて、11閣僚が外遊であり、金子さん、「閣僚はバカ」だと思われて、今村氏は辞めても、二階氏のマスコミ批判があり、室井さん東北の出身で、ASSは復興に取り組むと言うのに、名前を聞いていないと指摘されて、金子さん、吉野復興大臣は東電を擁護して「今村氏が辞めて金田氏、稲田氏、山本氏が辞めないのか?」、共謀罪を通すためで、大竹さんは議員をやめないのか、自民党のためではなく、国民に迷惑だと指摘されて、さらに、日銀の展望レポートについてもテーマで、願望ばかり、森友で危ない→北朝鮮問題、日銀が大本営発表、願望レポート、海外の成長が高まると言うが、輸出も輸入も減り、国内の景気は良くなく、新聞はこれを批判しても、日銀は9年ぶりの拡大、デフレ脱却は言及されず、規制緩和を続けると言っても、物価も上がらない、海外も良くならない、東京オリンピックで良くなる、しかしスーパーは値下げ、大企業の一部の社員しか賃上げなし、室井さんも、原稿料もギャラも下がっていると締めくくられました。以上、今週の金子さんのお話でした。 永岡です、文化放送ラジオの、大竹まことのゴールデンラジオ、金曜日のレギュラーは慶応義塾大学の金子勝さんでした。パートナーは室井佑月さんでした。

大竹紳士交遊録、今週の金子さんのお話、最近ワイドショーでは北朝鮮一色で、森友学園問題が重大なのに、報じられず、財務省の嘘、10年の分割払いで契約の書類なしはあり得ず、会計検査院には権限なしであり、会計検査院は役人、決算報告を出すもので、職員はプロパーの人を取り、他の省庁から出向もあり、この会計検査院の問題、委員長はASS(abe Shinzo Shusho(c)想田和弘さん)と同じ山口出身、そして籠池氏へのファックスに出てきた田村室長と、籠池氏の面会の録音が出て、特例だからと、昭恵夫人からも貸すのは言われている=口利きであり、共産党宮本氏の追及もあり、8億の値引きは、専門家だと5億の過剰見積もり、定期借地権について、籠池氏は昭恵氏と連絡して、財務省と交渉しており「動かしようのない口利き」、昭恵氏が値引きに関与している。

 

 



籠池氏「昭恵氏に報告したので財務省が前向き」 by limitlesslife

民進党の「森友学園への国有地売却問題解明PT」によるヒアリングで話す、学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典氏=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2017年4月28日午前10時40分、宮武祐希撮影

民進党が国有地売却問題で籠池氏から聞き取り調査

 森友学園への国有地売却問題で、民進党は28日、籠池泰典前理事長への聞き取り調査をした。学園は当初、小学校開校に向け、大阪府豊中市の国有地の定期借地を希望していたが、籠池氏は「(国有財産を管理する)財務省に、(安倍晋三首相の妻)昭恵氏に報告していると伝えたら前向きになった」と説明。「昭恵氏に名誉校長になってもらい、土地問題がスピーディーに動いた」と述べた。

ニュースサイトで読む: https://mainichi.jp/articles/20170428/k00/00e/040/260000c?fm=mnm#csidx39852be9eecc4858a3d7980d342181b
Copyright 毎日新聞