Global Ethics


NYで若いホームレスが急増。行き詰まった米国経済に大転換の足音 by limitlesslife
January 12, 2018, 3:43 am
Filed under: アメリカ合衆国(米国)

高城剛 アメリカ経済 崩壊 基軸通貨

 

世界の基軸通貨「米ドル」が大きな曲がり角を迎えているようです。以前お伝えした米ポートランドだけでなく、あのNYでも若者のホームレスが激増しているという米国経済のショッキングな現状を明かしたのは、メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者でクリエイターの高城剛さん。同メルマガでは、米国の基軸通貨の歴史を振り返りながら日本円と米ドルとの関係性を分析。そこから見えてきたのは、数年以内の「金融政策の歴史的大転換」という大胆な予測でした。

2018年にアメリカは大きな金融政策の転換を実行する

現在、基軸通貨を持つ米国の経済状況は、大きな曲がり角を迎えています。

以前、このメールマガジンでもポートランドの人口およそ1%がホームレスになり、いままで見たことがないティーンエイジャーホームレスを、僕は「サードウェーブ・ホームレス」と呼ぶほど、町の様相が激変して衝撃的だったとお伝えしました。

● 全米憧れの街・ポートランドに非常事態。ホームレス急増で街が激変

AFP通信によれば、現在、ニューヨーク市でホームレスの児童の数が増加し、小学生の7人に1人以上の割合に達する可能性があると報じられています。

富とジェントリフィケーション(再開発による地区の高級化)の偏在が加速し、「ゆっくりした時間のなかで、幸せに生きる」ような「普通の物語」を生きることは、もはや不可能なのが米国の現在であり、今後、日本でも同じような光景になることが予測されます。

そこで、米国の基軸通貨の歴史を振り返りながら、日本円との関係性を考えたいと思います。

国際為替市場で中心に扱われる通貨のことを基軸通貨(キーカレンシー)と言います。

基軸通貨としての機能を果たすには、

  • 軍事的に指導的立場にあること
  • 発行国が多様な物産を産出していること
  • 通貨価値が安定していること
  • 高度に発達した為替市場と金融・資本市場を持つこと

などが挙げられます。

しかし、歴史の移り変わりとともに、基軸通貨も移り変わります。

第一次世界大戦まで英国のポンドが基軸通貨でしたが、欧州各国は経済が疲弊し、逆にアメリカは戦争特需で経済が急成長したため、基軸通貨が英ポンドから米ドルへ移りかわりました。

その後、第二次世界大戦を経て、アメリカがIMF体制の下で各国中央銀行に対して米ドルの金兌換を約束したことで、米国は基軸通貨の地位を揺るぎないものとします。

その後、「金兌換を約束」は、反故にされることになります。

ここで、ドルと円の歴史を振り返りましょう。

いまから70年近く前の1949年に、1ドル=360円が米国政府の決定で定まります。

その後、1971年に「ニクソン・ショック」として 360 円の固定相場制が一方的に転換し、「金兌換を約束した事実は葬られました

そして、1979年にボルカーFRB(米連邦準備制度理事会)議長のインフレ対応の高金利政策でドル高に転換 。

1985年には、「プラザ合意」でレーガン米大統領がドル安政策に舵を切り、日本はバブル経済がはじまります。

それから十年後の1995年、ゴールドマンサックス出身のルービン米財務長官が「ドル高は米国の国益」と発言し、米国内の製造業保護が打ち切られ、金融立国へ向かい、ドル高転換します。

この時の産業構造の転換が、今日まで続くあらゆる二極化を生み(95年がニューエコノミーと二極化のスタート)、2007年に米国サブプライム問題が顕現化して、火急的にドル安へと再び転換 。

その後、リーマンショックの本質的問題を浮上させないため、QE(量的緩和)がもたらした資産価格上昇とバブル崩壊に対する懸念から、再びドル高へと向かいました。

このように、ドル円相場は、常に米国の政策次第となり、また、交互にドル安政策、ドル高政策を繰り返しながら、バランスを取るというより、米国は問題を先送りにし続けています(日本は従属しています)。

言い換えれば、社会問題により米国の国体が揺らぎそうになった際、金融政策を大きく転換させてきたと言えます。

この社会問題とは、戦争のこともあれば、現在の二極化のようなことまで様々で、体制が揺らぎそうになると都度に政策を転換して延命を図っているとも言えます。

ですので、マクロ経済や様々な指標を見るのではなく、実態社会をみなければ、次の行方はわかりません。

現在、米国は過去70年間でもっとも疲弊しています。

ジニ係数を見てもわかりますが、貧富の差が広がるどころか、富の偏在がロングテール化しており(まさにインターネットによる弊害)、QEによるインフレにより、生きていくのが困難になっている人たちが続出しています。

つまり、大きな金融政策の転換が近づいていることを、知らせています。

その転換とは、単なる現在のドル高からドル安政策へのシフトとは限りません。これから遅くとも数年以内に歴史的大転換が起きるかもしれません。なぜなら、それほど米国社会は、行き詰まっているからです。

2018年、米国は大きな金融政策の転換を実行するでしょう。

image by: Shutterstock

Advertisements


朝日放送おはようコール(2017/12/18) 伊藤惇夫が民進党と野党の行方と朝鮮民主主義人民共和国とアメリカの関係他を語る by limitlesslife

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、月曜日のコメンテイターは政治アナリストの伊藤惇夫さんでした。司会は横山太一アナウンサーでした。

 

金井宣茂さんが宇宙への旅、日本人12人目の宇宙飛行士を乗せたソユーズ宇宙船が打ち上げられて、ロシア人とアメリカ人を乗せて、地上から400km離れた宇宙ステーションISSとドッキングの予定、打ち上げ前日、金井さんは3人の結束を語り、5か月宇宙で医薬の開発、タンパク質に無重力の与える影響を調べて、伊藤さん、金井さんは海上自衛隊出身の医師、無重力状態だと老化が早まり、金井さんは追加合格で入り、夢をあきらめないのが大切、先輩2人のサポート、帰還したら結婚されるとのことでした。また日米露、宇宙では仲良くしていて、しかしISSは今後どうするのか、日本は1兆円投資しており、トランプ大統領は月に基地を作ると言うが、宇宙では戦争はして欲しくないと言われました。

 

国連安保理、閣僚級会議に朝鮮民主主義人民共和国も出席、世界最強の核保有国を目指すと、議長国日本の呼びかけで開催されて、ティラーソン氏は前提条件なしで共和国と対話すると言っていたものが軌道修正、共和国の大使は従来の主張を繰り返すのみ、河野外相も失望、共和国が国連に出てくる異例の場で、ティラーソン氏の発言は、対話の前に挑発行為を止めろとして、共和国はアメリカの核に対抗する核保有国として、伊藤さん、緊張緩和はなく、共和国が安保理に出るので期待したが、世界へのアピール、なぜ共和国が出てきたか、制裁が効いているとみられていたが、中国とロシアは裏で共和国を支えて、共和国の国民は大変、しかしアメリカの方が大変で、共和国の政策がぶれて、ティラーソン氏の発言がぶれて、トランプ大統領と周辺のすり合わせが出来ておらず、怖いのはトランプ大統領の地位が危なく、ティラーソン氏が外れると暴走の危惧があり、バノン氏が日本にきて何をするのかと言われました。

 

民進党の蓮舫氏が立憲民主党入り、枝野氏は受け入れるというものの、党名変更、現状維持等前途多難で、伊藤さん、民進党がどうなるかよくわからない、民進党から政策が異なるので立憲民主党に分かれたものであり、今更統一会派を作ると言うのは無理であり、そして野党がバラバラでは安倍政権は当面安泰で、この原因を作ったのは小池氏で、小池氏が希望の党を作ったことで衆院の民進党を結局バラバラにしてしまったと言われました。

 

本日の気になる新聞記事、朝日6面、アメリカの国防総省がUFOの調査をしていた件、今も調査は続いており、伊藤さん、いたら面白いが見間違えだと言われました、以上、伊藤さんのお話でした。



米国選挙違法(投票人切捨・集票機不正・権力不正介入):ゴア・ケリー・クリントンがどうやってトランプを大統領にしたか by limitlesslife
OpEdNews Op Eds 

How Gore, Kerry and Clinton Put Trump in the White House

By        Message Harvey Wasserman     Permalink

 (Page 1 of 5 pages)
Related Topic(s): Add Tags Add to My Group(s)

opednews.com Headlined to H2 10/12/17
Author 1642
Become a Fan
(19 fans)
From Truthdig

From flickr.com: White House {MID-175385}
White House
(Image by Tom Lohdan)
   Permission   Details  DMCA

 

Amidst the hellish chaos of the Donald Trump catastrophe, it’s more essential than ever to understand how he got into the White House and who put him there. Then we need to make sure it doesn’t happen again.

In her recent blame-everybody-else-while-doing-nothing screed, “What Happened,” Hillary Clinton fingers James Comey, the Russians and Bernie Sanders.

But, in fact, Hillary Clinton, Al Gore and John Kerry put this madman in office.

This trio of multi-millionaire corporate Democrats won the presidential races of 2000, 2004 and 2016. Then they lay down, said hardly a word and did even less as they let George W. Bush and Donald J. Trump rule the land.

All three presidencies were stolen by stripping large numbers of black, Hispanic, Asian-American and young citizens from the voter rolls, and then electronically flipping the vote count. In 2000 and 2016, the thefts were finalized by the Electoral College.

Along the way, the United States House, Senate and a thousand state, federal and local offices also have been flipped. The Supreme Court has come along for the ride.

The impacts — eight years of George W. Bush and an eternity of Donald Trump — have been somewhere between catastrophic and apocalyptic.

We will recover only if we do what the corporate Democrats have not: Face up to how our entire electoral system has been become a sham and then change it.

Let’s start with Al Gore and Florida 2000.

In 2000, Gore was duly elected president of the United States. He won the popular vote nationwide by more than 500,000 ballots. Later, independent assessments showed he rightfully won Florida, which would have given him a majority in the Electoral College.

Officially, Gore lost Florida by 537 votes. In its infamous 5-4 Bush v. Gore decision, the Supreme Court stopped the recount that might have given Gore the presidency. The deciding vote was cast by Clarence Thomas. Gore, as a U.S. senator, had voted to put him on the bench.

But then-Gov. Jeb Bush, George’s brother and son of the former head of the Central Intelligence Agency, actually prevented the legitimate citizen votes that would have won Gore the presidency. In shifting Florida from Gore to George W. Bush, Jeb Bush used a wide array of strategies perfected by their father at the CIA for overthrowing Third World regimes that American corporate interests deemed inconvenient. Florida 2000 was the logical follow-up.

As Greg Palast reported, Jeb used the ChoicePoint computer program to strip some 90,000 mostly black and Hispanic citizens from the voter rolls. As reported by activist Bev Harris, some 20,000 votes were electronically bounced around in Volusia County and elsewhere. At critical points on election night, they kept Bush2’s chances alive.

About 50,000 votes were tallied for the great consumer activist Ralph Nader in Florida 2000. Corporate Democrats still scream at him for daring to run at all. That pubic assault has shifted the focus away from how the election was actually stolen while undercutting America’s most effective corporate critic. In the perennial war waged by corporate Democrats against social democrats, this has been the new millennium’s centerpiece.

But had Nader not run, and had all who voted for him tried to vote for Gore, Bush still would have become president. With computerized stripping of the voter rolls, and electronic flipping of the vote count, Jeb Bush and Katherine Harris showed that a governor and secretary of state can take any reasonably close statewide vote and engineer whatever outcome they want.

Until very recently, Al Gore never publicly challenged the existence of the Electoral College, which was originally formed in part to empower slave owners. He was the fifth presidential candidate to rightfully win an election but lose the White House.

After 17 years, Gore still has not confronted publicly the issue of Jeb Bush’s stripping the voter registration rolls or flipping the electronic vote count. Gore has never used his considerable public persona or immense personal wealth to open a public dialog about that election’s corrupted outcome — or to work to make sure it doesn’t happen again.

Indeed, while presiding over the U.S. Senate as vice president, Gore crushed a legitimate challenge to Florida’s stolen Electoral College delegation that put the GOP in the White House.

Gore has since got a Nobel Prize for his work on climate change. But his actions were the first inconvenient steps to a Trump administration now making climate chaos infinitely worse.

Four years later, John Kerry followed suit.

In Ohio 2004 — as in Florida 2000 — the voter rolls were stripped and the electronic vote count flipped. This time, the prime perpetrator was GOP Secretary of State Kenneth Blackwell, today a member of Trump’s “election integrity” commission.

Working with Bush2, Karl Rove and Dick Cheney, Ohio’s first African-American secretary of state unleashed a veritable barrage of dirty tricks to take the Buckeye State — and the presidency — away from John Kerry.

In Democratic urban strongholds and college towns, precincts were riddled with chaos that was distinctly lacking in rural Republican regions. Incorrect addresses were posted on the state’s official website, and polling stations were shorted on voting machines. While Blackwell spread confusion about the weight of the paper stock required for ballots, he refused to send usable ones to precincts short on voting machines. As a result, thousands of Ohioans — many students and people of color — simply could not vote.

Official letters were also sent to “ex-felons” threatening criminal prosecution if they dared to vote, even though ex-felons can legally vote in Ohio and many who were threatened weren’t ex-felons anyway. At least 300,000 citizens were stripped from the voter rolls, nearly all in heavily Democratic urban areas. Some absentee ballots in southern Ohio were sent out missing Kerry’s name.

In some Democratic strongholds, voters who pressed Kerry’s name on touchscreen machines saw Bush’s name light up. Some who chose Kerry saw that their choice had disappeared by the time they got to the end of the ballot.

There was much, much more, which Bob Fitrakis and I have documented in “How the GOP Stole America’s 2004 Election,” at freepress.org.

On Election Day, Bush and Rove made one trip out of Washington, D.C. — to check in with Blackwell. They made no public appearances and didn’t bother with Ohio’s GOP governor, Bob Taft.

At 12:20 on election night, despite mass chaos and huge lines (up to five hours long) in Democratic precincts, CNN showed John Kerry winning Ohio — and thus the presidency — by 4.2 percent of the vote. The projected margin was well over 200,000 ballots.

Somehow, a “glitch” stopped the tally. The “problem” was in a server in Chattanooga, Tenn., where the email accounts of Karl Rove and the national Republican Party also resided. They were all managed by Michael Connell, a Bush family high-tech consultant running Ohio’s vote count under a no-bid contract from Blackwell. [Editor’s note: Connell died in a small plane crash in Ohio in 2008, after recently being subpoenaed to testify in a lawsuit alleging vote rigging in the 2004 Ohio election.]

When the flow resumed at 2 a.m., all was flipped. Bush somehow won by 2.5 percent — a 6.7 percent shift. Scholars such as Ron Baiman deemed this change a “virtual statistical impossibility.” Bush’s Blackwell-approved Ohio margin was a beyond-improbable 118,000-plus votes, much of it from three southwestern counties riddled with chaos.

Kerry’s staff was thoroughly briefed on the likely fraud. At noon the next day, with 250,000 votes still uncounted, Kerry conceded. Then he went windsurfing.

Kerry has yet to say a public word about what happened in Ohio 2004, or in other states that year where election theft was blatantly obvious. The fraudulent tactics the GOP “test marketed” in 2004 have been used full force right through the “Trump triumph” of 2016, flipping an untold number of critical elections along the way.

Like Gore and Kerry in 2000 and 2004, Hillary Clinton was the designated winner in 2016. And like them both, she has said and done nothing about the third theft of the U.S. presidency in the first five presidential elections of the new millennium.

Clinton won the national popular vote by at least 2.9 million, despite a massive Jim Crow vote-stripping fraud perpetrated by GOP governors and secretaries of state in about 30 states. Parallel to ChoicePoint in Florida 2000, they used a program called Interstate Crosscheck, spread by Kansas Secretary of State Kris Kobach. As reported by Greg Palast, Crosscheck stripped voter rolls on the pretext that citizens were double-registered, even if their names did not match from one state to the other.

Palast estimates that at least 1 million voters were denied their ballots in this way, most of them likely Clinton voters who were black, Hispanic, Asian-American, Muslim and young. As featured in Palast’s book and movie “The Best Democracy Money Can Buy,” Kobach chairs the White House commission aimed at stripping registration rolls in upcoming elections. Clinton mentions Kobach briefly in “What Happened,” but offers no meaningful discussion of how his Jim Crow disenfranchisement campaign might have turned the 2016 outcome — or how to prevent it from happening again.

Clinton also briefly mentions the Electoral College that cost her the White House, but — like Gore and Kerry — gives no indication she plans to do anything significant about abolishing it.

She also fails to explore the fact that she won the exit polls in Florida, North Carolina, Pennsylvania, Michigan and Wisconsin — more than enough to give her an Electoral College victory. In all those states, the official vote count was deeply tainted with massive registration stripping and widespread electronic flipping.

But she harshly assaults Green candidate Jill Stein, echoing Democrat party-line attacks on Nader.

Trump’s total alleged margin in Wisconsin, Michigan and Pennsylvania was under 100,000. As in Florida 2000, Clinton counts Stein’s votes and complains that had they all gone to her, she could have won.

But she never mentions that she stiffed Stein’s attempts to investigate the obvious fraud in all three states. As Palast has reported, more than enough Wisconsin voters were stripped from the registration rolls using new photo ID requirements to flip that key state to Clinton. In lawsuits filed on behalf of the Stein campaign, Bob Fitrakis has established that Wisconsin also failed to provide transparent electronic voting machine source codes, as required by law.

In Michigan, where Clinton allegedly lost by about 10,000 votes, some 70,000 ballots were recorded without a presidential preference. In the face of obvious manipulation, Clinton has never questioned the absurd presumption that tens of thousands of Democratic voters in Detroit and Flint would slog through long lines and official abuse to cast ballots without marking a choice for chief executive.

In fact, Clinton killed Stein’s attempt to force a recount in Michigan. When a judge ruled Stein lacked standing, but that Clinton had it, Clinton’s lawyers refused to support the recount. They also stonewalled Stein’s investigations in Pennsylvania and Wisconsin.

None of this is mentioned in “What Happened” or in Clinton’s public appearances. The candidate who rightfully won the 2016 election never mentions the obvious stripping and flipping that defined her losses in the three states that put Trump in the White House. Like Gore and Kerry, she has never indicated anywhere that she intends to do anything to stop this from happening again.

Clinton does, however, famously attack former FBI Director James Comey and the Russians for allegedly derailing her campaign at crucial moments.

Comey’s announcement of an investigation of her emails did, in fact, put a crimp in Clinton’s campaign. She still won the popular vote and the exit polls in the five key states that could have won her the Electoral College.

The Russians may or may not have hacked our electronic voting machines. But it’s abundantly clear, 17 years after Florida 2000, that those machines can be hacked with ridiculous ease, and that the likeliest culprits will always be local officials whose access is universal, quick and predictable.

The Russians may or may not have also released emails showing that Clinton’s cronies on the Democratic National Committee wrongfully sabotaged the Bernie Sanders campaign.

Again and again, Clinton contemptuously assaults Sanders for his allegedly lukewarm support of her candidacy. But she completely ignores the massive grass-roots social democratic uprising that continues to make him America’s most popular politician.

Instead, she locked up her boring, uninspired candidacy behind the mighty fortress of corporate Democrats who seem to fear the social/green democrats to whom the party must ultimately belong if it’s ever again to take power. She let her personal hatred of Vladimir Putin convince even many of her followers that she might well spark a new Cold War with Russia.

Thus, she still misses and disses the activist nation that nominated Barack Obama in 2008 and 2012, helped him survive the GOP’s strip-and-flip assaults, and thus escape the Electoral College death trap.

In 2016 the grass-roots “Hope and Change” tidal wave segued into the “Sandernista” uprising. It became the most powerful grass-roots movement for eco-social democracy in modern U.S. history. The latest incarnation is now in a desperate struggle to take the Democratic Party back from the “Clintonista” corporate elite that has gutted it. Its agenda is to turn the party into a force for peace, social justice and ecological sanity that can actually win elections.

Had Clinton lowered herself to embrace it, she might well have overcome a thoroughly corrupted electoral system and kept Trump out of the White House.

But as of now, there is no indication that either she, Al Gore or John Kerry are awake to the power of that movement, or to the need to confront an electoral system that strips millions of citizens from its registration rolls, flips electronic vote counts, and has used the Electoral College twice in this century to elect the likes of Bush and Trump as president.

With the corrupt remnants of the Clintons’ corporate-owned Democratic Leadership Council (which Hillary praises in “What Happened”) still in control of the party machinery, more than a thousand federal, state and local offices have slipped to the Republicans since 2000. Much of that clearly stems from grass-roots disgust with a party run by a dull, tone-deaf corporate cabal whose agenda on war, trade, welfare and more, is often indistinguishable from that of the GOP.

But much also has to do with the death grip Republican governors and secretaries of state have on the electoral apparatus. In 2016 and 2018, six U.S. Senate seats went to Republican candidates who lost in the exit polls, a virtual statistical impossibility. With those races went control of the upper House — and the Supreme Court.

Trump’s federal commission on “voter fraud,” headed by Kobach, with Blackwell by his side, is escalating the Jim Crow assault on our voter rolls. Easily hacked electronic voting machines guarantee flipped outcomes. The Electoral College still lets small red states deny the duly elected presidential candidates rightful access to the White House.

The reforms we need to our electoral apparatus include universal automatic voter registration, transparent poll books to guarantee duly registered citizens can actually vote, a four-day holiday for voting, easily accessible polling stations, and, above all, universal hand-counted paper ballots, to stay where they are cast in translucent containers with clear chain of custody until they can be tallied in full daylight, with open national oversight.

We also need an end to gerrymandering, the death of the Electoral College and an end to corporate money in campaigns.

All this seems beneath the corporate Democrats. But without such reforms, it’s a sad illusion that the Congress can be retaken in 2018, or that the GOP rampage through state and local legislatures can be reversed.

As for 2020, with the current electoral claptrap, a progressive presidency is almost certainly out of reach.

It will be up to the grass-roots sequel to the Sandernista movement to end this nightmare.

If “What Happened” and their timid inaction are any indicator, Hillary Clinton, John Kerry and Al Gore still don’t get it. That they opened the door for Donald Trump will be their most profound collective legacy.

“Truth!” shouts Jack Nicholson at the end of the legendary film “A Few Good Men.” “You can’t handle the truth!”

Until they can, these three biggest losers — and their moribund corporate Democrats — are destined for the scrapheap of history.

The sooner, the better.

 

Harvey Wasserman edits  www.nukefree.org . His SOLARTOPIA! OUR GREEN-POWERED EARTH is at  www.solartopia.org . The Solartopia Green Power & Wellness Show airs at  www.progressiveradionetwork.com .

HARVEY WASSERMAN’S HISTORY OF THE US is available at http://www.harveywasserman.com/, as is A GLIMPSE OF THE BIG LIGHT and clues to the whereabouts of the Holy Grail.

OpEdNews Member for 595 week(s) and 5 day(s)

134 Articles, 8 Quick Links, 0 Comments, 0 Diaries, 0 Polls

Articles Listed By Date   List By Popularity

Page 1 of 3    First   Back  Next  2  3     View All

White HouseThursday, October 12, 2017 (7 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

How Gore, Kerry and Clinton Put Trump in the White House Trump’s federal commission on “voter fraud,” headed by Kobach, with Blackwell by his side, is escalating the Jim Crow assault on our voter rolls. Easily hacked electronic voting machines guarantee flipped outcomes. The Electoral College still lets small red states deny the duly elected presidential candidates rightful access to the White House.Image created from image creditingMonday, September 25, 2017 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

It’s A Lousy “Anthem” Anyway Words to the Star Spangled Banner were written by Francis Scott Key, a slaveowner. He commemorated the failure of the British to conquer Baltimore in the War of 1812, an utterly useless conflict. The Brits had just burned our nation’s capital, partly in response to our burning their Canadian headquarters at York, now Toronto.Image created from image creditingSunday, September 24, 2017 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

How to Reform the Corrupted U.S. Electoral System We are being robbed of universal health care, decent public education, renewable energy, environmental protection, accountable policing, basic human rights, nuclear disarmament and much, much more because unelected billionaire corporatists control our government instead of dedicated, accountable public servants. The Jim Crow stripping of our voter rolls has denied millions their most basic right.St. Lucie Nuclear Power Plant photo D Ramey LoganThursday, September 21, 2017 (4 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Nuclear Plants Plus Hurricanes: Disasters Waiting to Happen Harvey and Irma threatened six reactors with catastrophic failure, and all of us with apocalyptic disaster.Image created from image creditingSunday, March 19, 2017     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Trump’s Budget Assault on the Environment Packs a Wallop The administration’s budget cuts $2.4 billion from the EPA’s operating funds — roughly 31 percent — taking the agency’s annual budget from $8.1 billion to $5.7 billion, the smallest since it was formed in 1970. These cuts will cripple regulation of air and water quality, strip oversight of a wide range of land management programs, and loosen restrictions on chemical emissions from industrial facilities.Replace Insecure http://resize.tegna-media.com/remote/content.wusa9.com/photo/2017/01/21/WomensMarch2_1485009304244_7870614_ver1.0.jpgSunday, January 22, 2017     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

We Are Mourning — But We Are Marching and Organizing for Democracy and the Earth Trump has brought home the infection: imperial, greedy, misogynist, incompetent, uncaring, egomaniacal, sociopathic, a destroyer of the Earth. This is what we’ve been imposing on the rest of the world for so many decades. He is part of the price we pay for corrupting other countries and wrecking the lives of so many innocents within them.Central Intelligence Agency SealSunday, December 11, 2016 (71 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Electoral College Must Not Confirm Trump Until His Possible Involvement in Russian Hacking is Investigated As the CIA has reported it, such foreign meddling in an American election is unprecedented—and illegal. If Trump or any of his staff or associates conspired with the Russians to thus win the US Presidency, it would clearly be an impeachable offense. The legal ramifications would ignite a Constitutional crisis even before Trump could take office.Nuclear power protest in Derby, UKTuesday, September 27, 2016 (52 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

How Nuclear Power Causes Global Warming Supporters of nuclear power like to argue that nukes are the key to combatting climate change. Here’s why they are dead wrong.Bonnie Raitt.Tuesday, August 16, 2016 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Bonnie Raitt Just Keeps Getting Better I continue to be amazed by the level of professionalism, heart and freshness Bonnie Raitt brings to the halls. There is never a dull moment in her shows, never a lag or a lapse. She is humble, conscientious and committed to her audiences. She laughs, she banters, she is on top of things.Golden Rule.Tuesday, June 14, 2016     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

The Iconic Peace Ship Golden Rule Is Hit by a Police Boat! Some 58 years after its maiden voyage, this legendary little boat is once again at center stage in the global struggle against the nuclear madness. In a nation bristling with atomic weapons and reactors, where innocent civilians are regularly gunned down en masse, this graceful vessel represents an ark of civility, nonviolence and hope.Image created from image creditingMonday, June 6, 2016 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

What Will Finally Shut Down Diablo Canyon Nukes? Could a Bernie Win Help? Since the Diablo license is soon up for renewal, and its operations depend on federal subsidies (most importantly for liability insurance), a Sanders victory in Tuesday’s California primary might mark a step toward shutting Diablo. But far more important is that Sanders’ supporters stick with the issue. To make a real difference, Sanders voters in California and elsewhere must escalate their activism after they vote.Paul Ryan RepublicanSaturday, May 14, 2016 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

How the Electoral College Could Make Paul Ryan President in 2016 Just when you thought you’d heard everything about this year’s chaotic race for the presidency, you might want to go back and look at the 12th Amendment. It could, among other things, make Paul Ryan president.Paul Ryan CaricatureSunday, April 10, 2016 (12 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Are You Ready for President Paul Ryan? Why We Desperately Need a Plan C The Democratic party is teetering on the brink. The green/peace/social justice community needs a Plan C. The Republicans have one. The Democrats don’t. The impacts could be catastrophic.Obama and CastroWednesday, March 23, 2016 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

America’s Astounding Human Rights Hypocrisy in CubaFrom opednews.com/populum/uploadphotos/s_300_opednews_com_1_s_300_opednews_com_4387_23704311533_a5163d8de7_n_764_888.gifFriday, March 18, 2016     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Run Bernie, Please Keep Running We all win when Bernie Sanders runs. We need him to continue through the Democratic Convention and beyond.New Hampshire PrimaryMonday, February 8, 2016 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

New Hampshire is the Birthplace of Electronic Election Theft As the New Hampshire primary lurches toward the finish line, the reality of electronic election theft looms over the vote count. This year in New Hampshire, we have Bernie Sanders rolling into Election Day with a very strong lead. Barack Obama did much the same (though with far smaller margins) in 2008, and emerged the loser. Could a similar outcome follow for Bernie?Ukraine's Rivne Nuclear Power Plant in the country's northwest.Wednesday, November 25, 2015 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Nuclear Reactors Make Isis an Apocalyptic Threat As you read this, a terror attack has put atomic reactors in Ukraine at the brink of another Chernobyl-scale apocalypse. Transmission lines have been blown up. Power to at least two major nuclear power stations has been “dangerously” cut. Without emergency backup, those nukes could lose coolant to their radioactive cores and spent fuel pools. They could then melt or explode, as at Fukushima.legalize freedomMonday, November 2, 2015 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Will Ohio Legalize Pot on Tuesday? By all accounts the Drug War has had little impact on drug consumption in the US, except to make it more profitable for drug dealers. It’s spawned a multi-billion-dollar industry in prison construction, policing, prison guards, lawyers, judges and more, all of them invested in prolonging the drug war despite its negative impacts on public health.6.11 NO NUKES Shinjuku Tokyo 13Saturday, October 3, 2015 (7 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Why Bernie and Hillary Must Address America’s Dying Nuke Reactors Fukushima and Germany’s transition to renewables have escalated the energy debate to a new level. Hillary Clinton and Bernie Sanders need to address nuclearPeople gather at Marion Square near AME church in Charleston, SCSunday, June 21, 2015 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

A Fitting “Life Penalty” for the Charleston Murderer The cries for the death of the Charleston murderer are already mounting. But we can do better.Replace Insecure http://ecowatch.com/wp-content/uploads/2015/06/sanandreas650.jpgSunday, June 7, 2015     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

‘San Andreas’ Blockbuster Has Huge Radioactive Omissions Acknowledgement that the actual San Andreas could turn Diablo Canyon nukes into a seething heap of radioactive rubble could have been mentioned in the blockbuster San Andreasrain forestMonday, April 13, 2015 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Randy Hayes: 9 Planetary Boundaries to Ensure a Healthy Planet Nine great Planetary Boundaries. If we work hard enough, they just might help us survive “Ohio Gov. John Kasich tilts at Solartopia.Wednesday, April 1, 2015 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

How Ohio’s Energy Economy Became a Radioactive 19th Century Relic Today Ohio’s fossil-fueled, landlocked capital city is the western world’s largest with neither internal commuter light rail nor access by passenger train service from anywhere else. After being at the cusp of major solar & wind power advances, the state has all but killed the prospects for any large new green energy projects. The state may now miss one of history’s biggest and most profitable technological transformationsthree mile islandSunday, March 29, 2015 (4 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

36 Years of Three Mile Island’s Lethal Lies …and Still Counting The lies that killed people at Three Mile Island 36 years ago on March 28, 1979 are still being told at Chernobyl, Fukushima, Diablo Canyon, Davis-Besse ” and at TMI itself. As the first major reactor accident that was made known to the public is sadly commemorated, and as the global nuclear industry collapses, let’s count just 36 tip-of-the iceberg ways the nuclear industry’s radioactive legacy continues to fester:Diablo_canyon_nuclear_power_plant.jpg: Diablo canyon nuclear power plantTuesday, February 24, 2015 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Landmark Federal Court Decision: Will It Speed Diablo Nuke’s Demise? In a rare move, Washington DC’s Federal U.S. Court of Appeals will hear a landmark challenge to their continued operation.Image created from image creditingTuesday, January 20, 2015 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Ohio’s Anti-Green Suicide The Ohio Public Utilities Commission may soon gouge the public for $3 billion to subsidize two coal burners and America’s most dangerous nukeSlain cartoonists at Charlie Hebdo were allies of anti-nuclear movement. Here's a cover from the September-October 2012 Tuesday, January 13, 2015 (4 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Terror Attack on Charlie Hebdo Ignites Fear of Global Nuclear Disaster – EcoWatch The terror attack on the French magazine Charlie Hebdo must now face a terrifying reality: It’s a horrible thing when an organ of free speech is assaulted and journalists die.Vermont Yankee Nuclear ReactorMonday, December 29, 2014     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Activists Permanently Shut Down Vermont Yankee Nuke Plant Today Throughout the world, nukes once sold as generating juice “too cheap to meter” comprise a global financial disaster. Even with their capital costs long-ago stuck to the public, these radioactive junk heaps have no place in today’s economy–except as illegitimate magnets for massive handouts.Ferguson Protest, NYC 25th Nov 2014Saturday, December 6, 2014 (28 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

The Brown/Garner Killings are about a Larger State of Official Terror we are all in the shoes of Michael Brown and Eric Garner. Those who think themselves somehow above it all by virtue of race or class are simply not paying attention.Wednesday, November 5, 2014 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

An Election—and a Nation—Lost in Afghanistan & Vietnam The GOP/corporate coup d’etat is nearly complete. The Republicans now control the major media, the Supreme Court, the Congress and soon the presidency. Think Jeb Bush in 2016.Image created from image creditingTuesday, September 23, 2014 (11 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Gorgeous global march shows how to win the climate fight The magic of today’s New York minute was its upbeat diversity, sheer brilliance and relentless charm.Ebola_virus_virion.jpg: Ebola virus virionThursday, September 18, 2014 (19 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Corporate Personhood Is the Ebola Virus of Climate Chaos But nothing truly lasting will happen until we eradicate the virus that’s killing us all–the unrestrained corporate power over our lives and planet. The core engine of our economy must at last be made directly accountable to humankind and our Mother Earth.Image created from image creditingSaturday, September 13, 2014 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Let’s Bury King C.O.N.G. at People’s Climate March The corporate beast that’s killing us all draws its power from a lethal mutation with no basis in law or sanity. Without a free and open internet to bring it down, our struggle to survive is in serious jeopardy. We can win. But to do so we must preserve net neutrality, transform the corporation and bury King C.O.N.G. in the Solartopian compost heap.Image created from image creditingMonday, July 21, 2014 (4 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Fukushima’s Children are Dying Some 39 months after the multiple explosions at Fukushima, thyroid cancer rates among nearby children have skyrocketed to more than forty times (40x) normal.NRC Team in Japan visits the Fukushima Daiichi 3Tuesday, June 3, 2014 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

News Flash: Fukushima Is Still a Disaster The corporate media silence on Fukushima has been deafening even though the melted-down nuclear power plant’s seaborne radiation is now washing up on American beaches.Image created from image creditingWednesday, April 9, 2014     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Fighting Our Fossil-Nuke Extinction Our choice is not between nuclear power and fossil fuels. Either is sufficient to kill us outright or strand us alone on a dead planet. We can no more survive on a planet burned and poisoned by fossil fuels than we can on one mutated and heated by atomic energy. Time is short and the two movements must make their peace. We have the means. Now we need the will.Three Mile Island nuclear power plant, where U.S. suffered its most serious nuclear accident in 1979, is seen across SusTuesday, April 1, 2014 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

The Nuclear Omnicide Burning coal spews still more radiation into our air, along with mercury and other lethal pollutants. Fracking for gas draws toxins up from the earth’s crust. Industry apologists say reactors can moderate the climate chaos caused by burning those fossil fuels. But fighting global weirding with atomic power is like trying to cure a fever with a lethal dose of X-ray. The larger biospheric clock is ticking. We need to act.//www.flickr.com/photos/9968740@N07/10654218764/: USS Ronald ReaganThursday, March 6, 2014 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

The USS Reagan Is Fukushima’s Unlucky Dragon Fifty-seven years before the USS Ronald Reagan was swept with radiation from the Fukushima meltdown, a similar, terrible fate befell the crew of a small Japanese fishing boat called the “Lucky Dragon.” – 2014/03/04//www.flickr.com/photos/30808846@N08/12278603383/: USS Ronald Reagan - Nimitz class nuclear carrierThursday, February 27, 2014 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Documents Say Navy Knew Fukushima Dangerously Contaminated the USS Reagan A stunning new report indicates the U.S. Navy knew that sailors from the nuclear-powered USS Ronald Reagan took major radiation hits from the Fukushima atomic power plant after its meltdowns and explosions nearly three years ago.Replace Insecure http://files.cdn.ecowatch.com/wp-content/uploads/2014/02/solarornukes.jpgThursday, February 20, 2014 (6 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Obama’s Nuke-Powered Drone Strike on America’s Fiscal Sanity So the “all the above” energy strategy now deems we dump another $6.5 billion in bogus loan guarantees down the atomic drain. Energy Secretary Ernest Moniz has announced finalization of hotly contested taxpayer handouts for the two Vogtle reactors being built in Georgia. Another $1.8 billion waits to be pulled out of your pocket and poured down the radioactive sink hole. A nuke-powered drone strike on fiscal sanity.//www.flickr.com/photos/89251656@N00/6412885897/: Rest in RadioactivityMonday, February 3, 2014 (8 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

50 Reasons We Should Fear the Worst from Fukushima This “see no evil, pay no damages” mindset dates from the Bombing of Hiroshima to Fukushima to the disaster coming next … which could be happening as you read this. Here are 50 preliminary reasons why this radioactive legacy demands we prepare for the worst for our oceans, our planet, our economy … ourselves.Image created from image creditingSaturday, January 11, 2014 (20 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Toll of U.S. Sailors Devastated by Fukushima Radiation Continues to Climb The roll call of U.S. sailors who say their health was devastated when they were irradiated while delivering humanitarian help near the stricken Fukushima nuke is continuing to soar. So many have come forward that the progress of their federal class action lawsuit has been delayed.//www.flickr.com/photos/69383258@N08/8269893050/: NRC Officials visit Fukushima Dai-ichi Complex, Dec. 13, 20Monday, November 4, 2013 (9 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Pro-Nuke Scientists Should Go To Fukushima The four scientists who have advocated more nuclear power as a solution to global warming should go to Fukushima. Atomic energy is a failed technology & the radiation now constantly gushing from that stricken site is already harming us all. The Tokyo Electric Power Company is incapable of handling this worsening crisis. The Japanese government must turn the site over to a global task force of the world’s best scientistsMonday, October 28, 2013 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Robert Stone must film Fukushima now, before Japanese Censorship Kicks In We are in desperate need of documentary filmmakers at Fukushima. The Japanese government is about to pass a national censorship law clearly meant to make it impossible to know what’s going on there.Replace Insecure https://www.truthdig.com/images/eartothegrounduploads/shutterstock_92878072-shutdown-nukes-300.jpgFriday, October 18, 2013 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Thousands of Nuclear Regulators Sent Home During Shutdown All of this has hurt the nuclear industry. A long, drawn-out shutdown would have gone further, killing the re-licensing process and the endless flow of rubber-stamped regulatory exceptions on which the industry thrives. An unmanageable accident in the midst of this shorthanded mess would have been another chime in a chorus of death knells.Wednesday, October 2, 2013 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

The demand for a global take-over at Fukushima has hit critical mass The petitions circulating through the Internet ask that the United Nations take over. They ask the world scientific and engineering communities to step in. The signatures are pouring in from all over the world. By November, they will be delivered to the United Nations. The corporate media has blacked out meaningful coverage of the most critical threat to global health and safety in decades. The Rootsaction petition also askSaturday, September 21, 2013 (17 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Humankind’s Most Dangerous Moment: Fukushima Fuel Pool at Unit 4. “This is an Issue of Human Survival.”Overall, more than 11,000 fuel assemblies are scattered around the Fukushima site. According to long-time expert and former Department of Energy official Robert Alvarez, there is more than 85 times as much lethal cesium on site as was released at Chernobyl.Replace Insecure https://www.truthdig.com/images/eartothegrounduploads/Flag_of_Syria-nukes-300.jpgFriday, September 13, 2013 (4 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Five Ways a Wider Syrian War Could Go Nuclear Should DU weaponry be used yet again, this time in Syria, the contamination would be widespread and irreversible. Many thousands of innocent people — including the countless unborn — would suffer greatly. As with all radioactive fallout, the lethal effects will stretch through the generations.Replace Insecure https://www.truthdig.com/images/eartothegrounduploads/5532513013_6378f195f8_z.jpgWednesday, August 28, 2013 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Dr. Hansen, We Need You at Fukushima and Diablo Canyon When you draw a line from Three Mile Island through Chernobyl and Fukushima, what comes next? At the very least — before anyone spends time and money on still more atomic pipe dreams — we need a unified global scientific community to put an end to the escalating radioactive horror that’s with us now.//commons.wikimedia.org/wiki/File:San_Onofre_2001.jpgFriday, June 7, 2013 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Massive Grassroots Activism Victory: San Onofre Is Dead & So Is Nuclear Power From his California beach house at San Clemente, Richard Nixon once watched three reactors rise at nearby San Onofre. As of June 7, 2013 , all three are permanently shut.//commons.wikimedia.org/wiki/File:San_Onofre_2001.jpg: San Onofre 2001Thursday, May 16, 2013 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Grassroots Activism Brings San Onofre to the No Nukes Brink In January, it seemed the restart of San Onofre Unit 2 would be a corporate cake walk. With its massive money & clout, Southern California Edison was ready to ram through a license exception for a reactor whose botched $770 million steam generator fix had kept it shut for a year. But a funny thing has happened: a No Nukes groundswell has turned this routine rubber stamping into an epic battle the grassroots might winMonday, April 29, 2013 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Los Angeles to San Onofre: ‘Not So Fast!’ There is a deep-rooted public opposition to resumed operations at reactors perched in a tsunami zone near earthquake faults that threaten all of southern California & much of the Southwest.//www.youtube.com/watch?v=ifT_bDokv_ESunday, March 10, 2013 (12 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Fukushima is already harming our children Thyroid abnormalities have now been confirmed among tens of thousands of children downwind from Fukushima. They are the first clear sign of an unfolding radioactive tragedy that demands this industry be buried forever.Friday, February 15, 2013 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Our Atomic Dominoes Are Falling Every promise the nuclear energy industry has made—from “too cheap to meter” to “reactors don’t explode” to “radiation is good for you”—has turned toxic. Green technology can save us from all this.Monday, November 12, 2012 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

An Election Protection Agenda for 2016 Winning all this will require the usual blood, sweat and tears of a long, hard national grassroots campaign. Since Florida 2000 and Ohio 2004, this movement has made great strides in exposing the corrupt nature of an all-too-vulnerable electoral system. But the hard work has just begun. If we are to live in a democracy, we have no choice but to win. So let’s do it!Friday, November 9, 2012 (1 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Romney would have won if it had all come down to Ohio Had this election been closer,your media days would now be filled with breathless bloviators perched here in Columbus,searching for hanging electronic chads.We would be in the throes of yet another losing Constitutional crisis,courtesy of an Electoral College whose roots are in slavery,and electronic registration and voting systems that should have been abolished long ago.If any of that is still in place in 2016,shame on us.Saturday, November 3, 2012 (2 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Will America’s 2012 Election Be Stolen? National Press Club, Monday, November 5 Press conference will focus on the ownership, programming, operation and management of America’s electronic vote count, an on-going threat to the verifiability of our national vote count. Lisagor Room, National Press Club, 12:00 PM on Monday, November 5, 2012. With Green Party Presidential Candidate Jill Stein and authors of WILL THE GOP STEAL AMERICA’S 2012 ELECTION, Bob Fitrakis and Harvey WassermanThursday, November 1, 2012 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Why we fight to prevent stolen elections in 2012 and beyond Pay very close attention to what happens in this election, following with a powerful social movement that will deliver real democracy to this country.Which candidate gets your vote is not our concern here.As Americans,we agree on one thing: all citizens must have their right to a ballot and to have it counted.In the long run,our one best hope for a sustainable future is the power of a fully enfranchised people.Monday, September 24, 2012 (3 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Will 9 GOP governors put Romney in the White House? Republican governors of the nine key swing states above have the power to flip the election without significant public recourse. Except for exit polls there is no established way to check how the official electronic vote count might square with the actual intent of the electorate. And there is no legal method by which an electronic vote count can be effectively challenged.Thursday, September 6, 2012 (5 comments)     

Share on Google Plus Submit to Twitter Add this Page to Facebook! Share on LinkedIn Pin It! Add this Page to Fark! Submit to Reddit Submit to Stumble Upon

Will the GOP steal America’s 2012 election? For those working on the 2012 election, and for democracy in general, it will take an extraordinary commitment to protecting the registered status of millions of Americans, getting them to the polls, guaranteeing their right to vote once there, and making sure there is an accurate vote count — electronic and otherwise — once those votes are cast.



 朝日放送 おはよう朝日土曜日です(2017/10/7) なぜ銃規制ができないのか ロバート・エルドリッジさんのお話 by limitlesslife
October 7, 2017, 10:39 am
Filed under: アメリカ合衆国(米国)

永岡です、朝日放送の、おはよう朝日土曜日です、情報アップデート、ラスベガスのアメリカ史上最悪の銃乱射事件と、アメリカはなぜ銃規制をしないのか、ニュージャージー州出身のロバート・エルドリッジさん(トモダチ作戦の立案者)のお話がありました。ラスベガスで50人以上亡くなられて、ホテルの32階からの銃撃、エルドリッジさんは、無差別事件で悲しいと指摘されて、しかし銃の乱射事件は繰り返されて、昨年もフロリダ州で40人以上死者、アメリカでは年間3万人!以上毎年銃で犠牲者が出て、乱射は4人以上の犠牲者のもので、毎日事件が起きて、社会的に大きな問題になり、トランプ大統領はラスベガスで、銃規制をしないというもの、エルドリッジさん、政治的な話をトランプ大統領はせず、哀悼の意に終わるもので、そこから進まず、銃の論議は、規制は消極的、なぜしないか、3つの理由、(1)憲法で銃を持つ自由があり、民兵、220年前の建国時に、政府も軍隊もなく、国民により編成される民兵、今では個人の銃の保有が許可されて、アメリカ人にとって銃は独立の象徴、(2)銃が簡単に手に入る、エルドリッジさんは買ったことはないものの、ネバダ州は規制が弱く、州により手続きは違うものの、書類、身分証明書により手に入り、50州のうち45州は規制なしで簡単に手に入り、アメリカ人のスタジオゲストの方も、ボーイスカウトで銃があったとコメントして、アメリカには車は2億7千万台、しかし銃は3億丁!アメリカにあり、一人一丁!であり、(3)強い影響力を持つ団体、全米ライフル協会、南北戦争時に出来て、政治家への圧力と政治献金、ブッシュ大統領も一因で、チャールストン・ヘストン氏もメンバー、政治献金を共和党にして、共和党の9割は政治献金をもらい、民主党も1割が政治献金をもらい、銃の規制にどの政治家が動くかを監視して、銃の規制をしない政治家にたくさん献金して、もちろんトランプ大統領もたくさんもらい、エルドリッジさん、銃の規制はアメリカではできず、パンドラの箱を開けてしまったもので、銃の数、220年の歴史で銃は権利と誤解している国民どころか裁判所も判決で、しかしアメリカ国内でも、レディー・ガガさんやアリアナ・グランテさんは銃の規制を主張して、ライフル協会も規制を言うものの、これはパフォーマンス、ある程度の規制はやむを得ず、エルドリッジさんは、公民権運動のような流れでないと動かず、来年の国会議員の選挙の争点にしないとダメと、国民の団結をしないとダメで、政治問題にしないと動かず、ライフル協会は政治力はあるが、政治家を選ぶのは最終的に国民で、アメリカが安心、安全の社会になるべきと締めくくられました。以上、エルドリッジさんのお話でした。

 



北朝鮮との外交は機能してきたし再び未来もそうありうる。 by limitlesslife

    Peace Philosophy Centre


ティム・ショロック「北朝鮮との外交は可能」Tim Shorrock: Diplomacy With North Korea Has Worked Before, and Can Work Again

Posted: 19 Sep 2017 02:20 AM PDT

 1990年代初頭に始まった北朝鮮核開発疑惑が、1994年の米朝枠組み合意、1997年に始まるミサイル実験、2003〜2007年の六者会合、2006年から始まった核実験を経て、現在の危機的状況に発展するまで、米国と北朝鮮の間ではどのような交渉が行われていたのだろうか。この間に北朝鮮は金日成から金正日、金正恩と指導者が交代し、米国はクリントンからブッシュ、オバマ、トランプと大統領が代わった。クリントン政権下の枠組み合意にはカーター元大統領の外交も関わっている。北朝鮮が一貫して求めてきたのは、敵国扱いを止めて関係を正常化することだった。この外交交渉は成功の一歩手前まで到達していた。枠組み合意は実際に北朝鮮の核開発活動を10年以上にわたって止めていた。しかしアメリカが石油支援を予定通り実行しなかったことで北朝鮮はミサイル実験を開始した。ミサイル協定を調印するはずだったクリントンは、ブッシュ対アル・ゴアの大統領選で米国に釘付けされてしまった。ブッシュ政権以降のネオコンの台頭で「悪の枢軸」と名指しし、北朝鮮の核実験に米韓軍事演習で対抗して関係はこじれていく。オバマの戦略的忍耐はさらに状況を悪化させただけで、トランプはこの全ての結果に向き合っている。ここまで関係が悪化した責任の半分は米国にある。いま、北朝鮮を一方的に敵視するのではなく、交渉が成功していた過去の歴史に学ぶ必要がある。
米国のジャーナリズムの中でこの問題について十分な情報と現地での観察をもとにバランスの取れた発言を続けるティム・ショロック氏が、『ザ・ネイション』に寄稿した記事を翻訳して紹介する。

原文:https://www.thenation.com/article/diplomacy-with-north-korea-has-worked-before-and-can-work-again/

(前文・翻訳:酒井泰幸)

★翻訳はアップ後、修正する場合があります。

過去に成功していた北朝鮮との外交、再び成功の可能性はある

1994年枠組み合意のような過去の交渉が効果を上げなかったというタカ派の言説は誤りだ。

ティム・ショロック著
2017年9月5日

2017年8月は、最も恐ろしく危険な冷戦の日々を思い起こさせた。この1カ月というもの、ドナルド・トランプと金正恩(キム・ジョンウン)は激しい舌戦を繰り広げ、これが報復的な軍事力の誇示へと発展し、最後には互いに大量破壊を行うぞと脅した。この緊張が頂点に達したのは9月3日、北朝鮮が6度目で過去最大の核実験(今回は強力な水素爆弾)を実施し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)に核爆弾を搭載する能力を手にしたという驚くべき発表だった。危機は制御不能となって、ここ数ヶ月トランプの外交政策チームが約束していた外交と交渉のチャンスは、日に日に遠ざかっていくように見えた。

皮肉にも、事件の連鎖は8月15日の明るい兆しから始まった。このとき金正恩(キム・ジョンウン)は、米軍が駐留するグアム島に向けて弾道ミサイルを打ち上げるという大々的に報道された計画を、柄にもなく撤回した。金正恩の突然の決定は、トランプだけでなく米国の外交提案の最前線にいるレックス・ティラーソン国務長官からも、賛意を引き出した。ティラーソン国務長官は、金正恩の「自制」が米国の出した対話の条件(核爆弾とミサイルの実験停止)を満たすかもしれないと提案した。この条件は、ティラーソン国務長官が最近ウォール・ストリート・ジャーナルに寄稿した、ジェームズ・マティス国防長官と共著の論説で明らかにしたものだった。

だが金正恩(キム・ジョンウン)は、米国が「敵視政策と核による脅し」をやめなければ交渉に応じないと言い、「もしもヤンキーどもが極めて危険で無謀な行為に固執するなら」ミサイル実験を再検討すると警告していた。彼が言っていたのは8月21日に開始された米韓軍事演習のことで、報道によれば、そこには北朝鮮に対する先制攻撃の予行演習と、コンピューター上の核戦争ゲームが含まれていた。この威嚇行動に対抗するため、北朝鮮は短距離ロケット3発の試射に続いて中距離ミサイルを1発、北海道を飛び越えて発射した。

案の定、金正恩(キム・ジョンウン)の行動は米国の対抗措置に拍車をかけ、グアムに配備されたB1-Bランサー超音速爆撃機が、日本の米国海兵隊岩国基地から飛び立った4機のF-35B新型ステルス・ジェット戦闘機に護衛されて、朝鮮半島上空で爆撃演習飛行をした。数日後、北朝鮮はICBMに搭載可能な水素爆弾を開発したと発表し、予告通りすぐにそれを実験して大規模な地下爆発を起こした。トランプはツイートで北朝鮮を「ならず者」国家と非難して応酬した。続いてトランプは文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮との関与(エンゲージメント)を優先する姿勢を「宥和政策(ゆうわせいさく:譲歩することで摩擦を回避する外交政策)」と呼んで韓国を侮辱し、文大統領の側近が模索する外交を明らさまに妨害した。

マティス国防長官はその前の週に「我々は決して外交的解決策が尽きてしまったわけではない」と記者らに語っていたが、すぐに朝鮮半島問題では米政権の足並みは揃っていると請け合った。9月3日に行われたホワイトハウスでの緊急会合のあと、マティス国防長官はカメラの前に立ち、トランプはさらなる脅威に「大規模な軍事行動で対応」し、それは「効果的かつ圧倒的」なものになるだろうと言った。米国は北朝鮮の「完全な壊滅を望んでいるわけではなく」、核開発計画を終わらせたいだけだと、マティス国防長官は不吉に言い添えた。これを受けてニッキー・ヘイリー国連大使は9月4日に、北朝鮮は「戦争を請い願って」いるので、「可能な限り強力な制裁措置」を受けるべきだと、国連安全保障理事会で演説した。だがヘイリー国連大使は対話の門戸を閉ざすことはせず、「我々は遅きに失する前に持てる全ての外交的手段を最後まで使う時が来た」と語った。

状況の重大さが米国政府に理解され始めるにつけ、マティス国防長官とヘイリー国連大使による言葉はあまり頼りにならないとは言え、外交と交渉のが僅かにでも開いていることを示しているように見えた。「現政権がイデオロギー的に交渉に反対しているとは思わない」と、ブッシュ政権の元当局者でソウル駐在米国大使に間もなく指名されるビクター・チャは、9月5日にザ・ネーションに語った。だがそこにあるのは大きなジレンマだ。

北朝鮮との対話は、米国政府では無理な相談なのだ。多くの当局者や専門家の間で支配的な見方は、北朝鮮は信用できないから直接交渉は悪い考えだというものだ。このような否定論者が真っ先に口にするのが、悪評高い「枠組み合意」だが、ビル・クリントン大統領と金正恩(キム・ジョンウン)の父である金正日(キム・ジョンイル)との間で交わされたこの合意は、北朝鮮との最初の核危機を1994年に終結させた。64人の民主党議員が先ごろティラーソン国務長官に送った書簡では、将来の対話の模範として引き合いに出された

「クリントン政権はこの協定を交渉したが、北朝鮮政府はすぐにこれを破ったのだ」と、CNNのジョン・キングが視聴者に向けて自信たっぷりに説明したのは、北朝鮮が米国を攻撃できるICBMを試射した直後の7月5日のことだった。キングが一片の証拠も示さずにその日何度も繰り返したこの見解が、CNNやその他のネットワーク系テレビ局での基本路線となり、関与が過去に成功していたという声を一貫して遮っている。この見解は、厳しい制裁措置と政権交代を支持する人々の合言葉にもなった。

「関与ですって?私はそこにいて、それを実行し、Tシャツをもらったけれど、全ては失敗でした」と、元CIA当局者で右派ヘリテージ財団のブルース・クリンガー北東アジア担当上級研究員は、ワシントンで先月開かれた公開討論会で、北朝鮮当局者との短時間の接触について語った。2007年から2008年の「六者会合」でブッシュ政権側に立って交渉したクリストファー・ヒル元ソウル駐在米国大使でさえ、対話否定派の論陣に加わり、これ以上の交渉は「ならず者政権の支配力を強化する」だけだと宣言した。同様の主張を、米国元当局者3人が先週のニューヨーク・タイムズとの対談で行った。

だがもしこの予測が正しくなかったら、もし公式な筋書きが間違いだったらどうだろうか?枠組み合意がなし得たことは一体何だったのか、なぜどのように壊れてしまったのか?いま多くの共和党議員が主張するように、本当にクリントン大統領の合意が北朝鮮に核爆弾を与えたのか?64人の民主党議員が、合意の成功を「再現するために誠心誠意努力する」ようティラーソン国務長官に訴えたとき、何を意図したのだろうか?1994年合意と、北朝鮮政府との交渉で幅広い経験のある米国元当局者らへの聴き取りを注意深く見直すと、合意が崩壊した責任は米国と北朝鮮が等しく負うべきものだということが明らかになる。これは一般的な見方ではないが、今我々が直面するリスクはあまりにも高いので、この枠組み合意をめぐっては正しい理解をすることが重要だ。

1994年合意で米国が対応しようとした地域政治的危機の発端は、その年に北朝鮮が核拡散防止条約から脱退する意思を表明したことだった。この条約は核兵器の開発や取得を決して行わないという同意を非核国に求める。北朝鮮は核兵器を保有していなかったがプルトニウムを製造しており、このことで米国はプルトニウム施設に対する先制攻撃を開始する寸前まで行っていた。

この戦争を回避したのは、ジミー・カーター元大統領が平壌を電撃訪問し、北朝鮮の創始者で当時の指導者、金日成(キム・イルソン)に面会した時だった。(金日成はその数ヶ月後に死去し、権力は息子の金正日(キム・ジョンイル)が世襲した。)合意枠組みは1994年10月に調印され、「非難の応酬と、膠着状態、瀬戸際外交、武力による威嚇、軍事的圧力、張り詰めた交渉が、断続的に続いた3年間」が終結したと、パク・クンヨン教授(韓国カトリック大学校で国際関係が専門)は2009年に出した交渉史の中で書いた。

この合意では、寧辺(ニョンビョン)で運転中だった北朝鮮で唯一の原子炉を閉鎖するとともに、北朝鮮は大型原子炉2基の建設も中止したが、「これら合計で毎年核爆弾30発分のプルトニウムを作り出す能力があった」と記すのは、1994年枠組み交渉を支援したレオン・V・シーガル(国務省の元当局者)で、彼はニューヨークの社会学研究委員会で北東アジア安全保障プロジェクトを指導している。この合意において米国にとって最も重要だったのは、北朝鮮が核拡散防止条約に留まることだった。

北朝鮮の譲歩と引き替えに、米国は毎年50万トンの燃料用重油を北朝鮮に供給するとともに、北朝鮮が使っていたソビエト時代の重水炉施設よりも「核拡散しにくい」と考えられる商用軽水炉2基を提供することに同意した。新たな原子炉は朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)と呼ばれる日米韓の共同事業体によって2003年に建設される予定だった。(しかし、この原子炉が完成することはなかった。)

ソビエト連邦崩壊後に経済が荒廃していた北朝鮮政府にとって最大のご褒美は、米国が北朝鮮を敵国のように扱うのを止めると約束したことだった。具体的には、両国は全面的な外交経済的正常化に向け可能な限り速やかに行動することを合意した。実際の展開は次のようなものだった。

第一に、枠組み合意は北朝鮮のプルトニウム型核兵器計画を10年以上にわたって停止させ、核爆弾100発分以上のウラン濃縮を諦めさせた。「よく知られていないのは、北朝鮮は1991年から2003年までいかなる核分裂性物質も作らなかったことです」とシーガルはいう。(国際原子力機関(IAEA)は1994年に、北朝鮮が3年前からプルトニウムの製造を停止していたことを確認した。)北朝鮮をめぐる「この一連の経緯のかなりの部分が空想とされているのです」と、シーガルはため息交じりに付け加える。

第二に、枠組みはブッシュ政権になっても効力を保っていた。1998年に米連邦議会で、国務省のラスト・デミングは「枠組み合意のどの面でも基本的な違反は無かった」と証言し、4年後にブッシュ政権当時のコリン・パウエル国務長官が同様の宣言をしている。「米連邦議会の人々が、合意にはそれが印刷されている紙ほどの価値も無いと言うのを聞くと、私は本当に腹が立つ」と語るジェームス・ピアースは、ロバート・ガルーチ北朝鮮核問題担当大使が率いる国務省のチームで枠組み交渉を担当した。「結論を言えば、1994年合意には有効だった部分がたくさんあり、長年にわたって継続しました。それを北朝鮮がすぐに破ったという主張は、いまや金科玉条となっていますが、断じて真実ではありません。」

第三に、枠組みとその結果生じた継続的な関与のおかげで、ウィリアム・ペリー国防長官が率いるクリントン政権は、一連の目覚ましい対話を開始することができ、北朝鮮との関係を打開する寸前まで行っていた。交渉が進展すると、金正日(キム・ジョンイル)は驚くような提案をした。敵視政策を止めることと引き替えに、北朝鮮は全ての中長距離ミサイルの開発、実験、配備を中止する用意があるというのだ。だが合意が完遂されることはなかった。(マデレーン・オルブライト国務長官の下で参事官を務めたウェンディ・シャーマンは、両国は「じれったいほど接近していた」と後に書いた。)「実際、彼らは(米国との)関係改善のためならミサイル計画を引き替えにしても良いと思っていました。そして、これは北朝鮮が核を持つ前に起きたことなのです!」とシーガルは私に語った。

第四に、北朝鮮にとって合意の最も重要な部分だった、米国からの石油の供給と政治経済的関係の全面的な正常化を遅らせたことで、米国自身が枠組みに違反した可能性がある。米国が約束した石油の供給が遅く、敵視政策を止めるという誓いは立ち往生しているとして、北朝鮮は1997年までに激しく苦情を申し立てていたとシーガルは回想する。米国によるそれらの約束が、そもそも金正日(キム・ジョンイル)が合意に署名した理由だったからだ。1998年の下院公聴会でガルーチ北朝鮮核問題担当大使は、米国政府が石油供給について「やると言ったことを、責任を取って」やらなければ失敗すると警告した。「北朝鮮が1998年に(他の軍事的選択肢を)模索し始めたのは、このような背景によるものだった。米国は約束を果たしていないという北朝鮮政府の確信が高まったのだ」と、元CNN記者で『メルトダウン:北朝鮮核危機の内幕』の著者マイク・チノイは、先日『ザ・サイファー・ブリーフ』の痛烈な記事に書いた

最後に、枠組みが2003年に崩壊したのは、合意について重大な疑いを持って就任したブッシュ政権が、1990年代の米国機密情報を蒸し返し、北朝鮮が原爆への第二の手段として高濃縮ウラン計画を開始していたと非難した後だった。(北朝鮮は後に使うために濃縮装置を世界中で探し回っていたが、実際にはまだ持っていなかった。)ブッシュは枠組み合意を破棄し、1年前の2002年1月に彼が北朝鮮を「悪の枢軸」の一翼と名指しして火が付いた関係悪化を、さらに深刻なものにした。これに対抗して北朝鮮はIAEA査察官を国外追放し、同国初の核爆弾の製造を開始して2006年に完成させ、今日まで続く第二の核危機を引き起こした。「北朝鮮は(我々を欺いて)両面作戦をとっていたのだと思います。なぜなら我々も北朝鮮を欺いていたからです」と、2002年にコリン・パウエル国務長官の首席補佐官だったローレンス・ウィルカーソンは、先日リアル・ニュース(テレビ放送ネットワーク)で語った

言い換えれば、この話の全体像は複雑で、責任はどちらの側にもあると言うことができる。だがその結果は悲惨なものだったと、元国務省当局者のシーガルが、彼の見事な米朝交渉史の中でまとめている。(これは韓国統一研究院とコロンビア大学ロースクールから昨年出版された。)

「ブッシュ大統領が就任したとき、それまでの外交が成果を上げて、北朝鮮は長距離ミサイルの実験を停止していた」とシーガルは書いた。「核爆弾1発分以下のプルトニウムしか持っておらず、もう製造していないことは検証されていた。その6年後、米国の約束違反と金融制裁の結果、核爆弾7から9発分(のプルトニウム)を保有し、長距離ミサイルの試射を再開し、思う存分核兵器の実験を行った。」そのとき以来、「どちらの側も誓約を守らず交渉を継続しなかった」ので「どんな成果も長続きしなかった」と、彼は先日の解説で指摘した

2008年の大統領選でオバマは北朝鮮の指導者と対話すると公約したにもかかわらず、交渉を再び軌道に乗せることをしなかったので、実際にはオバマ政権下で状況は悪化した。トランプはこれらの失策が残したものに取り組んでいるのであり、8月9日に直接対話の考えをしぶしぶ支持したとき、彼はこのことを理解していたようだった。トランプは記者たちに向かってこう言った。「これまで25年間交渉してきました。クリントンをご覧なさい。彼は交渉に負けたのです。彼は弱腰で無能でした。ブッシュ政権で起きたことを、そしてオバマ政権で起きたことをご覧なさい。オバマは、これを口に出すことさえ望みませんでした。でも私は話します。タイミングの問題です。誰かがやらなければならないのです。」

トランプの言う事実はいつものように的外れだが、対話が必要だという彼の結論は妥当なものだ。しかし、それを実行するためには、彼の政権は枠組み合意を沈没させたのと同じような政治的攻撃に対処しなければならない。そして今回は、北朝鮮との外交が成功したことなど一度もないと信じる外交政策の強硬派から反対が出てきそうだ。

枠組み合意を語る歴史の多くは、ある重要な事実を見逃している。調印の1ヶ月後、共和党が40年ぶりに米連邦議会で多数を占めたのだ。「合意が締結されるや否や共和党が上下院を掌握し、合意を危機にさらした」と、シーガルは米朝交渉史に書いた。署名のインクも乾かないうちに、ニュート・ギングリッチら共和党指導者、特にジョン・マケイン上院議員が枠組みを攻撃し、これが本質的には核拡散に関する国際法に従うよう北朝鮮に賄賂を渡して米国をさらなるリスクにさらす裏切り行為だと非難した。「カーター大統領時代の、宥和(ゆうわ)政策に逆戻りしているのです」と、マケインは1994年10月にPBSテレビのマクニール・レーラー・ニュースアワーで語った。

合意の過程で、共和党はKEDOと燃料油の鍵となる資金提供を遅らせたので、クリントン政権は他に資金源を探さざるを得なくなり、供給の遅れは著しく、「ときには数年」にもなったと、元CNN記者のチノイはいう。このことで、合意の条件を実行に移すため北朝鮮と直接向き合った米国外交官は困難に直面したと、ピアースは回想する。彼は長期間を平壌で過ごし、北朝鮮に到着した燃料油がどこへ流れていくかを、北朝鮮当局者と共同で監視した。「我々が(資金を)かき集めたのは、米連邦議会から追加の予算はこれ以上もらえないことが分かっていたからです。それでも自力で引き渡すほかありませんでした」と彼はいう。

米国の連邦議会と行政府が対等な力を持っていることを良く心得ていた北朝鮮政府は、この遅れを1994年に締結した合意の破棄とみなした。その怒りにもかかわらず、父の死から間もなく権力基盤を固めた金正日(キム・ジョンイル)政権は、IAEA査察下で寧辺(ニョンビョン)に貯蔵されていた使用済み燃料の再処理や、原子炉の再稼働を試みることはなかった。だが防衛手段として北朝鮮が開始した中長距離ミサイルの建造は、それまでの交渉に含まれていないものだった。1997年までに北朝鮮は2発を試射し、米国防省は恐怖に身を震わせた。

1998年に、米国の敵視政策を終わらせるよう説得する必死の試みで、北朝鮮はミサイル計画を交渉のテーブルに乗せることを提案した。クリントンが難色を示すと、北朝鮮政府はテポドンと呼ばれる3段式ロケットを打ち上げ、人工衛星を宇宙に送ろうと試みたが失敗した。これが引き金となって、クリントンはペリー国防長官を平壌への特命使節に指名してミサイル交渉を開始し、膠着状態を脱する寸前まで行った。

再び交渉に入るという金正日(キム・ジョンイル)の決断の鍵となった要因は、韓国の大統領、金大中(キム・デジュン)との緊張を緩和する努力が実を結んでいたことだった。韓国野党の元指導者が1996年に政権について以来、北朝鮮に向けた新たな「太陽政策」を支持し、朝鮮半島の分断を政治・経済・文化的関与を通じて解消することを目指した。2000年に、非武装中立地帯(DMZ)の両側に住む何千万人もの韓国朝鮮人に希望を与えた類い希な光景の中、2人の金(キム)は史上初の南北首脳会談で面会し、朝鮮半島を非核化すると宣言した。

これらの展開が米朝の対話に弾みを付けた。南北首脳会談から程なく、北朝鮮の高官で金正日(キム・ジョンイル)の副司令官だった趙明禄(チョ・ミョンロク)元帥は、ワシントンD.C.を訪れ、クリントン大統領や他の米国高官とホワイトハウスで面会した。シーガルによれば、二人は米朝の緊張を完全に終わらせることを意図した共同声明に調印し、朝鮮戦争を終結させた1953年の停戦協定を「恒久的平和協定」に転換することを含め、二国間関係を「公式に改善する」ために対話を開始することを誓った。その後間もなく、オルブライト国務長官が平壌に飛び金正日と面会した。

このミサイル協定には、全ての製造と実験を中止する金正日(キム・ジョンイル)の約束が含まれていたが、クリントン自身が平壌を訪問して締めくくる予定だった。だが彼はこの訪問を行わなかった。その理由で最大のものは、民主党のアル・ゴアと共和党のジョージ・W・ブッシュが争って紛糾した2000年の大統領選をめぐる、アメリカを揺るがした法的混迷の間、クリントンの顧問が彼をワシントンに引き留めたからだった。北朝鮮ミサイル計画の一時停止措置は2007年まで続いたが、合意が調印されることはなかった。「あの時が、全てが違う方向に進むかもしれないと思われた瞬間でした」と、ペリー元国防長官は1999年対話についての先日のポッドキャストでニューヨーク・タイムズに語った

次にネオコンが現れ、対話はすっかり消え失せた。「ブッシュ大統領の下で、時計の針は戻され、(枠組み合意は)クリントンの過ちということになり、無効化し撤廃すべきものということになった」と、韓国カトリック大学校で国際関係が専門のパク教授は書いた。

枠組み反対派の代表格はブッシュ政権の国防長官ドナルド・ラムズフェルドだった。クリントン時代には、彼が議長を務める連邦ミサイル防衛委員会は北朝鮮とイランを危険な「ならず者国家」と特定し、強圧政策と、当然ながら堅固なミサイル防衛システムが必要とされた。その一方で、国務省では強硬な反対派のジョン・ボルトンが軍備管理担当国務次官として枠組みの条件を激しく批判した。(彼は現在、米国が北朝鮮の核開発計画を廃絶することは「北朝鮮を抹殺する」ことによってのみ可能だと言っている。)

政権初期にホワイトハウスで金大中(キム・デジュン)と面会したとき、ブッシュはクリントンの朝鮮半島外交に対して不快感を示した。まだ2000年の金正日(キム・ジョンイル)との南北首脳会談の満足感にひたっていた金大中は、交渉を継続すべきことをブッシュに説得できると期待していた。だが金大中は屈辱を受けた。ブッシュは、北朝鮮を信用せず金大中の「太陽政策」を支持するつもりはないと、テレビ生放送で告げたのだ。

数ヶ月後、コリン・パウエル国務長官の下、国務省の現実主義者が再検討の後で北朝鮮との対話の再開を決断したとき、ボルトン国務次官が率いる強硬派が枠組みの沈没を狙って、1998年のウランの「発見」に飛びついた。「枠組み合意は死んだという決定的な結論が欲しかった」と、ボルトンは後に説明した。

2002年10月に、ブッシュはジェイムズ・ケリー国務次官補を平壌に送り、北朝鮮に最後通牒を渡した。ケリーはディック・チェイニー副大統領とボルトン国務次官からいかなる交渉にも応じないよう厳命されていた。北朝鮮の対談者たちはウラン計画を実施中であるとの疑いは否定したが、その非難については議論しようと提案した後でさえ、ケリー国務次官補はこの命令に従った。「ケリーには副大統領事務局とジョン・ボルトンの参謀の両方から目付役が付いていました」と、国務省情報研究局の元北東アジア課長ジョン・メリルは回想する。「ケリーはこの問題について最初から調べにいくようなつもりはありませんでした。彼は北朝鮮の発言がウラン計画の存在を認めたものと決めつけて帰国しました。」

この説明によれば、北朝鮮はウラン計画の「権利」を有するが、ミサイルについては、より広い交渉の一部としてこの問題を議論する意思があると、ケリーに語った。だが、政権内の強硬派はこの提案を拒否し、枠組みの打ち切りを決定した。数ヶ月のうちに、北朝鮮はIAEA査察官を追放し、核拡散防止条約を脱退し、寧辺(ニョンビョン)核施設を再稼働させ、最初の核爆弾に向けて突き進んだ。

コンドリーザ・ライス元国務長官はブッシュ政権での自らの経験を綴った回顧録で、米国が高濃縮ウラン計画について北朝鮮との対話を拒否したことは、大きな間違いだったと記した。「(ケリーの)指示があまりにも拘束的だったので、ジミー・カーター元大統領は(核)計画を交渉のテーブルに載せるとしたら突破口は何なのか十分に探ることができなかった」とライスは書いた。後の2008年にヒラリー・クリントンが大統領に立候補したとき、彼女はこのことに気付き、ブッシュ政権が高濃縮ウラン計画を枠組み合意無効化の口実に使ったことを激しく非難した。「(枠組みが)破棄されると、全てを帳消しにされた北朝鮮が猛烈な勢いでプルトニウムの処理を始めたことは、議論の余地がありません」と彼女はワシントン・ポストに語った。

それ以来、2002年に北朝鮮が実際に本格的なウラン型核兵器計画を持っていたかどうかについて、多くの分析家が疑問を投げ掛け、むしろ本当にあったのはウラン濃縮の実験計画で、「したがって米国の安全保障に深刻で差し迫った脅威を与えることはなかった」ことを示唆したと国際関係学者のパク教授はいう。ウラン計画の存在についてCIAは「中程度の確実性」しか持っていなかったと2007年に米情報機関高官が米連邦議会で語ったことで、このことは裏付けられたようだった。(最終的に北朝鮮は核兵器を開発し、2010年には核施設を米国の科学者に公開した。)

それでも、北朝鮮はあきらめなかった。2003年10月にクリントンやペリー国防長官とともに練り上げたのと同様の文言を使った不可侵条約に、もし米国が調印するなら、北朝鮮は核兵器計画を放棄すると提案した。だがこれはブッシュにとって遠すぎた橋だった。「我が国は協定を結ばない。それは交渉の対象外だ」と彼は言った。2006年までに、北朝鮮は核爆弾を作るのに十分なプルトニウムを処理し、同年には初の核爆発装置を起爆させた。(米朝対話の詳しい経緯は、軍縮情報機関のアームズ・コントロール・アソシエーションが公表した年表を参照。)

だがブッシュ政権下でネオコンが非常に大きな影響を持っていたにもかかわらず、北朝鮮との対話は米国だけでなく、六者会合のもと中国、ロシア、日本、韓国との間でも継続した。驚くべきことに、1980年代から米国が食い止めようとしてきた「レッド・ライン」である核実験を2006年に北朝鮮が実施した3週間後に、ブッシュは六者協議の一環として北朝鮮との直接対話の開始に同意した。

この対話は、特定の条件が満たされれば北朝鮮は核兵器を放棄し核拡散防止条約に復帰する用意があるという、2005年の宣言の結果だった。膠着状態と危機が2006年の核実験に至った後、2007年2月に北朝鮮は核実験を停止し原子炉の運転を止めた。その数ヶ月後、北朝鮮は寧辺(ニョンビョン)のプルトニウム施設の無効化に同意した。これと引き替えに、米国は制裁措置を緩和し北朝鮮をテロ支援国家のリストから外すことを約束した。だが、北朝鮮政府のウラン濃縮とプルトニウム処理活動の検証の問題をめぐって、この合意は間もなく破綻した。

クリントンの2000年合意と同様に、ブッシュの交渉は2007年10月に行われた2回目の南北首脳会談など朝鮮半島内での進展に助けられた。だが首脳会談から間もなく、韓国では革新派の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に代わって、太陽政策に断固反対する右派の李明博(イ・ミョンバク)が就任した。李明博を支援した日本の新たな保守政権も関与を拒否し、李明博は書面による検証制度を要求し、これをブッシュはすぐに承認した。

しかし北朝鮮はこの要求が盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府の調印した2005年協定に違反しているとして激しく反発した。これに対抗して、日韓両国は北朝鮮へのエネルギー支援を打ち切ったので、六者会合は宙に浮いた。(李明博の強硬政策は、後継者の朴槿恵(パク・クネ)にも引き継がれたが、北朝鮮との緊張を大幅に高めて現在の危機の到来を招いたと、現在の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は5月に『ザ・ネーション』の対談で私に語った。)

しかし、六者会合はオバマ就任後の数ヶ月まで崩壊しなかった。シーガルの詳細な交渉史によると、オバマ大統領とアジア担当最高顧問のジェフリー・ベイダーは2009年に、北朝鮮に要求している検証計画を受け入れさせるため、エネルギー支援の差し止めを圧力として使うという李明博(イ・ミョンバク)大統領の提案を受け入れることを決定した。李明博はオバマ大統領との緊密な友好関係という強みもあったが、ニューヨーク・タイムズはこれを「大統領レベルのマン・クラッシュ(男同士の憧れの感情)」と見なした

オバマは2008年大統領選で支持していた北朝鮮との直接対話という考えを捨て去った。シーガルによれば、米国の政策は「交渉のない圧力だけの政策」となった。公式には、この政策は「戦略的忍耐」として知られているが、その背後にあったのは北朝鮮が崩壊に向かっているという前提だった。オバマと李明博(イ・ミョンバク)の圧力戦術は緊張を高めただけで、その結果、北朝鮮はさらに核爆弾とミサイル実験を行っただけでなく、2010年には危うく軍事衝突に発展しそうになった砲撃事件も発生した。

状況が悪化すると、オバマは韓国と一連の軍事演習に乗り出し、その規模と頻度はオバマ政権の間に増大して、現在では金正恩(キム・ジョンウン)との緊張関係の中心になっている。それでもなお、対話はシーガルなど米国元当局者のルートを通じて散発的に続いている。

2010年に、米国が北朝鮮に対し「敵意を持たない」ことを誓うことと引き替えに、北朝鮮は兵器級のプルトニウム製造の主原料である核燃料棒を第三国へ搬出することを、このルートを使って提案した。だがオバマ政権は「聞く耳を持たなかった」と会談に参加した元交渉担当者のジョエル・ウィットはいう。2015年に、敵対に終止符を打つ平和条約に向けた包括的提案を北朝鮮が行ったが、これも直ちに拒絶された。

デイビット・サンガーがタイムズ紙の年代記に書いたように2016年末までに、オバマは電子的攻撃を使って北朝鮮のミサイルとその供給網を「妨害する」攻撃的なサイバー戦略を決定した。オバマが退任してトランプがホワイトハウスに来たときには、関係はほとんど修復不可能なまでに悪化していた。

今年の4月に、一連のミサイル実験を受けてトランプは勢いを増し、それからの緊張は天井を突き破った。しかし、私が『ザ・ネーション』で報告したように、北朝鮮は米国が、1994年枠組み合意で捨てると言っていた「敵視政策」を捨てなければ交渉は不可能だという考えにしがみついている。

現在、トランプ政権は北朝鮮に対する制裁措置を中国への圧力と組み合わせ、北朝鮮を交渉のテーブルに着かせようとしている。これはある程度まで成功したかもしれない。8月14日に金正恩(キム・ジョンウン)が身を引いたのは、中国政府が北朝鮮からの石炭、鉄鋼、海産物の輸入を即時禁止すると発表した数時間後のことだった。この決断は中国が8月に国連安全保障理事会が課す厳しい制裁措置に異例の支持票を投じたことを受けたものだった。

だが、ジェームス・クラッパー元米国国家情報長官など米国元当局者が提唱したように、ある時点で米国は金正恩(キム・ジョンウン)の代表者たちと交渉のテーブルに着き、北朝鮮を非核化への道に乗せるため何らかの合意を目指す必要に迫られるだろう。さもなければ、北朝鮮を核兵器保有国と認め、北朝鮮の計画の沈静化を目指すことになる。(過去の交渉担当者の中には意見を異にする者もいる。)北朝鮮は米国が核開発計画を承認すれば外交の道が開けると語ったことを、先週CNNのウィル・リプリーが報告した

今週、国連で中国とロシアが再び主張したのは、北朝鮮をここまで激怒させた大規模な米韓軍事演習を停止または規模縮小するかわりに、北朝鮮が核爆弾とミサイルの実験を停止するという、「凍結には凍結を」政策こそ、対話を開始する最も良い方法だということだ。この交換条件をトランプ政権は拒否した(ヘイリーはこれを「侮辱的」と呼んだ)が、米国の元交渉担当者は、クリントンが韓国での米国「チームスピリット」演習を停止したことが、枠組み合意を承認させる上で「不可欠」だったということを、先日行われた秘密の電話会談で朝鮮半島問題専門家たちに思い出させた。同時に、先日の世論調査では、米国民の60%が北朝鮮との交渉による解決に賛成であることを示している

1994年の時点で、妥協点は敵対関係を終わらせることと平和を見出すことの間に来るはずだった。この交渉史のどこかに、ティラーソン国務長官とトランプ大統領は、1945年の冷戦の夜明けまで遡るこの紛争を解決する鍵を見つけるかもしれない。だがそれは、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が何度もトランプに念を押しているように、韓国の全面的強力を得て行わなければならない。「だれも韓国の合意なしに朝鮮半島で軍事行動を行う決断を下すことは許されるべきではない」と文在寅は珍しく率直な8月15日の声明で宣言した。制裁措置と圧力の目的は「北朝鮮を交渉のテーブルに着かせることであり、軍事的緊張を高めるためではない」と彼は付け加えた。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で韓国外交通商部の長官として文在寅(ムン・ジェイン)とともに働いた尹永寛(ユン・ヨングァン)は、9月5日にワシントンで行われた米韓関係に関する会議で、この意見を補強した。現在のような緊張が続く間は、「我々は外交ルートを開いておき、可能なことを模索しなければならない」と彼は言った。

彼は、米朝の政治経済的関係の正常化に関する1994年枠組みの条項を指していた。「北朝鮮はそれを強く期待していた。我々は彼らに(交渉の)動機を何か与えなければならない」と彼は言った。歴史家のブルース・カミングスが数週間前に思い起こさせたように、トランプが周知の通り8月9日に脅したような「炎と怒り」の戦争が再び起きることは、問題外なのだ。

(本文終わり)

著者:

ティム・ショロックはワシントンD.C.に本拠を置くジャーナリスト でSpies for Hire: The Secret World of Intelligence Outsourcing (『雇われるスパイ:諜報活動の密かな外注化』)の著者。

関連投稿:
「北朝鮮」を悪魔のように言う日本の人たち、この歴史を知っていますか:ブルース・カミングス「朝鮮半島の血塗られた歴史」



米朝の争い、直ちに中止せよ。 by limitlesslife

 

転送可・情報記載(石垣)

米朝の争い、直ちに中止せよ。

 

中止しない時の制裁は両国に課すべきである

マスコミはこのことを報道せよ

*戦争は始まったらすぐには止められない(むのたけじ)

 

米国は

1 <挑発>米韓合同演習を止めよ

2 「核兵器不使用宣言」を発表せよ

 

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)は

1 <挑発>ミサイルの発射を止めよ

2 核開発を中止せよ

 

両国は速やかに話し合いのテーブルに着き

平和協定を結ぶこと。



日米は、なぜ北朝鮮に武力による脅ししか考えないのか? by limitlesslife
知人友人の皆さんへ
       杉浦公昭
平和こそ我が命

  日米は、北朝鮮になぜ武力による脅ししか考えないのか?

杉浦公昭

昨日、北朝鮮がまたミサイルを発射しました。

どうして日米は、国際紛争解決の手段として、武力による脅ししか考えないのでしょうか? (それは、人殺しの兵器生産で儲けようとしているからと考えます。)

その結果は、今直面しているように、脅された北朝鮮が、脅しから逃れるために核兵器を開発することになります。

もし、誤って核ミサイル発射ボタンを押せば、米朝ばかりか、日本や韓国も巻き添えを食い、滅亡することになるでしょう!

国際紛争の解決法は、根気よく外交による対話を追及する以外にありません。日本国憲法は、この道を指し示しています。

戦争と干ばつの続くアフガンで井戸を掘り水路を引いて人々の命を守るために奮闘している中村医師は、「武器によっては身の安全は保障されません。命を大切にするために自分は何ができるか考え見付け実行する中にこそ平和があリます。」と述べています。

私は、命を守るために人殺しの基地を造らせないと沖縄の辺野古の座り込みに行ったり、陸海空軍その他の戦力は保持しないと謳った憲法を改悪させない運動に参加する中で、平和に生きる権利を不断に守っています。

一年前、元自衛官で、防空ミサイル部隊所属の故泥憲和さんは、「ミサイル防衛は、『銃弾を銃弾で撃ち落とす』様なもので、全くと言っていいほど不可能です。」と述べていました。

  一年前に見た原子力空母レーガンは、数日前、北朝鮮を脅すために日本海に向けて出港していきました。

 日米とも愚かな政治を行っています。 政治を市民の手に取り戻しましょう!