Global Ethics


小出先生 ラジオフォーラム2014/4/19のお話(ALPSでストロンチウムは除けない、放射能処理は処置なし)&事件と裁判の現実、江川紹子さんのお話 by limitlesslife

永岡です、第67回ラジオフォーラム、今週はジャーナリストの今西憲之さんの司会で放送されました。今日も朝のFMharoと夕方の三角山放送を聞きました。三角山放送で、小出先生のお話は毎回すごいので聞いてほしいとのスタッフの丸山さんのコメントがありました。…で、トラ大逆転!ゴメス、エエぞ!上本!エエぞ!(野球に興味のない人いつもすみません(笑))

今西さん、震災・原発を取材されて3年、復興というものの、なかなか復興せず、被災地が長期化し、原発事故は収束せず、日本は大丈夫なのかと言われました。日本でもこれほどの震災でも忘れられることに複雑だと言われました。しかし、震災は、忘れてはならず、追い続けるのです。

今週のゲストはジャーナリストの江川紹子さん、今西さんの大先輩で、事件捜査と裁判の真実、マスコミは何を伝えてきたかであり、前半にパソコン遠隔操作事件で逮捕された方のお話がありました。

江川さん、今西さんとは普段裁判所で会うのが多く、スタジオでのお話は珍しいのだそうです。いつも傍聴席でのことで、もともと江川さんがマスコミにかかわったのは、自分から選んだのではなく、消去法で、何が出来るのか、世の中を知らず、社会を見たいとなったもので、使命感ではなく、神奈川新聞の社会部に入り、当初毎日新聞を目指し、毎日は社内言論が自由で、しかし落ちて、神奈川新聞が女性を定期採用するので(雇用均等法前)、横浜の降水量、神奈川の河川など知らず、しかし受かり、ご縁であるのです。

神奈川に数年いて、フリーランスになり、借金なし、家族を養うのもなく、ネコもおらず(笑)のためで、主体性なし。社会問題を追われており、刑事司法の問題を取り上げられ、3つの問題(取調べの可視化、証拠開示、身柄拘束)があり、村木さんの事件もそうで、村木さんも取り調べの問題があり、調書に取られず、取調べを可視化、後から検証できるようにすべきで、検察がフロッピーを改竄したのがわかって村木さんは無罪になったが、検察は証拠開示が嫌で、身柄拘束も否認したらされて、保釈されない。これを直すべきなのです。

この3点セットの象徴がパソコン遠隔操作事件、被告の片山さん380日拘束され、江川さん週刊朝日で報じられ、この事件も身柄拘束、捜査が終わっても接見禁止、弁護士以外と会えないのは、検察も証拠があるのに、被告に証拠には手出しできるわけはなく、証拠隠滅など出来ないのにやられ、本人は可視化は、録音・録画があれば喋ると言うのに、警察・検察がやらないのはとんでもない。

この事件、パソコンの中身を民間に検察はさせて、鑑定書2通申請したのに、実際は3通あり、検察にマイナスなものは開示しない+江ノ島のネコの首輪にSDカードがあり、この写真を撮ったのが片山さんと検察は言うが、この写真をスマホで撮ったというが、スマホのSDカードが証拠になく、これを出せないのは問題。

村木さん事件も、冤罪が多数あり、その反省がなく、村木さんのように関係ない人を捕まえてごめんでは済まない。シロだった人を捕まえてごめんではなく、可視化、証拠開示をしないと、後から反省しても生きないのです。捜査は公平であるべきなのです。

 

小出裕章ジャーナル、小出先生のお話。

今日のテーマは福島の汚染水処理で、放射能を除くアルプス装置(ALPS)が期待された(1日750トン処理できる)のに、稼動させたら浄化されずで、苛酷な環境でちゃんとしたものは設置できず、難しい(泣)。

汚染水の放射性物質の中で特別に重要なのはセシウム、ストロンチウム、トリチウムの3種で、セシウムは過去にもそれなりに捕まえられたが、しかし捕まえる=消すではなく、粘土鉱物ゼオライトにつけただけで(永岡注:ゼオライトは鉱物で、表面積が大きく、吸着力があり、能力は冷蔵庫のにおいを取る活性炭に似ています。そのためこういう不純物除去に多用されます)、セシウムをゼオライトにつけたのみ、そのゼオライトもいずれ効かなくなり、セシウムのついたゼオライトを保管するにも何百度になり危険(泣)、放射線を出して保管自体が危険(泣)。

セシウムを除いても汚染水にはストロンチウム、トリチウムがあり、ALPSではトリチウムは全く除けない(永岡注:トリチウムは三重水素で、自然界では酸素とくっついて水になり、これは通常の水と性質はまったく同じなので、トリチウムのみ取り除くことは実質不可能です)。ALPSで取り除けるのはストロンチウム、東電は汚染水からストロンチウムを除いて法令濃度以下にして海に流すというが、それは出来ない。ALPSはまともに動かないし、動いてもダメ。汚染水に1cc当たり2億4000万ベクレルのストロンチウムがあり、環境に流していいのは1cc30ベクレル=海に流すにはストロンチウムを1/1000万にしないといけない(泣)。

小出先生も職場で廃液の放射性物質の処理をされて、汚染を1/1000にするのはOKと即答できる。1/1万も何とかなるが、1/10万は出来るかなと首をひねり、出来る出来ないというのは、被曝をしないで済むところでのきちっとした装置により作業が出来る場合の話で、しかし福島では被曝+不十分な施設+1/1000万は無理=いつか汚染水を海へ流さないといけなくなる日が来るのです(泣)。

ゼオライトは放射能に汚染され、これも隔離しないといけない(汚染水がゼオライトになっただけ(泣))。体積を小さくしないといけないので、今何十万トン汚染水があり、放射能を水→ゼオライトであるが、一定量の中の放射能が増えることになり、発熱して何百度になり、これは核分裂生成物の温度で、これの処理法は日本でも世界でも研究しても分からない(泣)。

日本は高レベル放射性廃棄物をガラスに固めて地下に埋める計画であるが、地震国では廃棄物の地下への保管はアウト。放射能の付いたゼオライトも高レベル廃棄物であり、処置なし(泣)。

ALPSが動いて浄化されても、根本的な、水で冷やすのを考え直さないとダメで、汚染水は今のやり方では増えるだけ、いずれ海に捨てるしかない。融け落ちた炉心がどこにあるか分からないが、水のやり方は諦めるべきなのです。汚染水問題は深刻です。以上、今週の小出先生のお話でした。やり取り全文は以下にあります。

http://www.rafjp.org/koidejournal/no67/

ここで音楽、かぐや姫の、お前が大きくなった時、でした(ユーチューブにライヴ映像がありましたhttp://www.youtube.com/watch?v=qlrAk9J4rRk )。

 

後半のお話は、江川さんのライフワーク、オウム真理教事件についてのお話がありました。

江川さんオウムを取材され、坂本弁護士の事件から関わられ、江川さんも毒ガスを撒かれて、オウムはサリン、VXなどの毒ガスを作っていたが、失敗も多く、くだらない失敗も多く、ホスゲンも効き目が薄く、江川さん被害は少なくて済んだのです。

平田被告、逃亡して懲役9年、オウム事件の全容解明への影響は、平田被告は下のメンバーで幹部ではなく、彼が犯罪にかかわったのは地下鉄事件の直前で、それまでの経緯は知らず、メディアではオウム事件の真相をわかっていないというが、しかし裁判でいろいろわかり、村井幹部の殺害のことも分からず、証言も対立し、しかしかなりの部分は分かり、仮屋さん拉致に平田被告はどれだけ関与していたのか、新しいことは出ないが、オウム事件のことに光を当てて、当時はオウムにはまらず、そこから出た人が、事件から19年、当時の自分を振り返る証言もあり、オウム解明には大事な裁判であったのです。

平田被告に仮屋さんの息子さんが質問し、これは初のこと(裁判員裁判、被害者参加制度もオウムでは初)、息子さんお父さんの亡くなった真相を問い、死刑囚と面会し、オウム幹部とも会い、新しいことは法廷では出ないと思ったが、仮屋さんに、真相は新事実だけでなく、納得できることが大事で、本当のことと納得することが大事といわれるのです。

5月より菊池直子被告の公判も始まり、菊池被告は後から逮捕された3人では特異で、サリン事件では起訴されず、VX事件で逮捕されたが起訴されず、爆発物(都庁)で逮捕されても、これの主犯ではなく幇助罪での起訴で、サリン事件の公判で菊池被告の名前は出ず、サリンは菊池被告は関与していないのに、メディアはサリンからみで菊池被告を報じているのはおかしい。愛と逃走の物語で報じており、菊池被告、走る爆弾娘とメディアはいい、爆弾事件、強制捜査の後でのオウムの抵抗で、菊池被告が爆弾を運んだことが問われ、しかし指示したのは中川死刑囚、菊池被告は何かも言わずやっており、事件との関連性は低く、無罪の可能性もあり、無罪主張になり、菊池被告の関与、警察の対応も見ないといけないのです。

今西さんも平田被告の裁判を傍聴して、昔取材した信者が傍聴に来ていると感じられ、今アレフに所属する人もあり、今も信仰している人の気持ちはどうかと問われて、江川さん、一連の事件と切り離し、冤罪という人もあるが、警察・マスコミの主張に異もあり、しかし辞めた人にも、あの事件はひどく、お布施がサリンになったことを悔いる人もあり、教団とのかかわりの薄い人は、青春の思いでもあり、人間関係もある。

オウムに興味を持ち、ファンもある。上祐ギャルも当時いたし、熱いまなざしで被告人を見ており、悲劇を若い人に伝えて欲しいと江川さんも国会などで言われ、カルトの怖さ、被害を伝えて欲しいとしたのに、オウム事件は刑事事件、公安のことで終わり、高校では現代社会もあり、宗教もやるのにオウムは出てこない。

若い世代に、悲惨なこと、蟻地獄のように抜けられず、人生をめちゃくちゃにして、自分の人生もムチャクチャにされるものだと言われました。今西さんも、オウムには若者が比較的ハードルの低いところから入り、凶悪事件にかかわったと言われて、江川さん、今も信者、ファンもある背景はオウムの悲劇が伝わっていないと言われました。今西さん、江川さんに悲劇を伝え続けて欲しいと言われました。以上、江川さんのお話でした。

 

みんなジャーナル、今週はリスナーからのお便りの特集です。普段紹介できないものを紹介です。

福島の50代の女性より、2月2日の毎日でこの番組を知り、過去の番組もHPから聞いて、テレビとは異なり、忌憚ない発言があり、ネットで聞けて、批判でなく批評の視点で取り上げて欲しいという声がありました。

京都の40代の男性より、小出先生のお話、マスコミから年々外され、真実を隠したい企業・国の意図を感じ、しかしKBS京都での放送で小出先生の健在に心強いとの声がありました。

今西さんも、ある京大の先生とお話をされ、原発と関係ない仕事をしているが、原発のトピック、批判したら目を付けられる、何の研究をされるとプレッシャーを付けられ、原発ダメの意見はメディアでは通らないと言われて、原発をやるべきとの意見があれば検証して放送するが、しかしそういう話は今来ていないと言われました。東電、政府の方でも放送するので、反原発だけしかラジオフォーラムはやらないのではないと今西さん言われました。

 

今週は江川さんがゲストで、オウムについて詳しく聞かれて、死刑判決を受ける事件なのに、風化して忘れられ、東日本大震災もそうで、ジャーナリストは取材して現場を見続けるべきと今西さん言われました。以上、今週のラジオフォーラムでした。

 

おまえが大きくなった時  かぐや姫

 

Advertisements


朝日放送おはようコール 中川譲がオウム裁判を語る by limitlesslife
 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院客員教授の中川譲さんのお話でした。
 今日はオウム平田被告の裁判で、中川死刑囚(松本死刑囚の側近)の証人尋問が行われました。法廷は厳戒態勢の模様であり、私も行政裁判は無数に傍聴しましたが、こんな法廷は経験はありません。平田被告が拉致のことを知っていたかについては明確な証言はありませんでした。これについて中川さん、異例な法廷で、物々しい警備は、あの事件がどれだけ社会に影響を与えたかであり、被害者が助けてと言っても殺したこと、極悪な犯行なのに被告に罪悪感なし、ポア(懐かしい言葉だ…)といって正当化しているのが以上であり、かれらは松本死刑囚とは無縁であり、しかし松本死刑囚と今も関係のある人があり、残った信者に早く目を覚ませといっても良いと言われました。
 そして、消えた年金資金24億円、長野県での資金横領で起訴され、坂本被告、東京で豪遊しており、2億円散在したというのです(ちょっと金銭的についていけません…)。24億円を着服したというのですが、厚生年金基金(老後のためのお金)を横領し、その上AIJで100億円損失!聞いていて、あまりの金額に唖然です(私がサラリーマン時代にいた部署で会社の金を横領していた人物がいましたが、それでも100万円くらいです)。これについて中川さん、バブル時の企業はこんなことをして、問題は坂本被告、長野の人の老後の備えを食いつぶし、これをチェックする人もいなかったのか?24億のうち中身が分かったのは2億のみで、これはちゃんと解明して欲しいと言われました。
 さらに、JR大阪駅に隣接する伊勢丹が売り場を縮小するというのです。大阪・梅田にはたくさん百貨店があり、伊勢丹の知名度が関西で低いので伸び悩んだらしいのです。伊勢丹の名前変更もあり得るということで、スタジオでも伊勢丹はあまり行かないとの声がありました(東京では伊勢丹、いつも満員とのことです)。中川さん、東京は新宿のメンズなどターゲットを絞ったから成功したもので、関西ではそれがなく、そういうターゲットの絞込みが関西で出来るかが勝負と言われました。
__________________________________
Comment: Satyam eva jayate. (Truth only wins. 真理のみ勝つ:ウパニシャッド)


関西テレビニュースアンカー 鈴木哲夫 名護市長選ととオウム裁判を語る by limitlesslife
 
 永岡です、関西テレビのニュースアンカー、火曜のゲストは政治ジャーナリストの鈴木哲夫さんと、女優で脚本家の中江有里さんでした。
 
 名護市長選、石破氏、末松氏が勝てば500億円やると言って、稲嶺氏が勝ったのでやらないとセコイことを石破氏、言っています。その上工事の入札を言い出し(中止される工事の入札に誰が来るか!)、安倍総理も基本方針に乗ってやるというのです。しかし稲嶺氏が勝ったので、自民の言い分は筋が通りません。稲嶺氏も、市長の権限で辺野古を阻止すると言っています。政府与党は多額の振興策でやってきて、仲居真氏は辺野古埋め立てを承認したものの(裏切り者!)、それで仲居真氏、末松氏を応援してこの敗北です。つまり、500億円の効果はなかったのです(これ、買収になりませんか?)、石破氏の応援演説、今見たらギャグです(敗北翌日の会見は辺野古を承認したら500億と言い出し、これ、500億円、猪瀬前知事の問題の1000倍ですよ!)。
 中江さん、この選挙結果、終盤戦での石破氏の500億円を聞いて、お金でひっぱたかれるのに抵抗を感じた人もあり、これは基地のためのお金で、しかも税金、扱いが軽い。地元の意思を活かしていない、地元も基地反対であり、基地とともに生きていた土地であり、原発と同じ構図。生活を壊す原発は要らないのと似ており、政治は強行にやるのではなく、市民の意見を汲み取るべきと言われました。
 それで鈴木さん、自民への影響は、自民は選挙が厳しいと分かっており、簡単に勝てない。保守が最初分裂し、だからこそ仲居真氏に選挙前に辺野古を認めさせた。負けてもいいとは言わないが、ともかく辺野古の認可を名護市長選の前にやり、スケジュールどおり。仲居真氏は認可したが、しかし工事は氏の許可がいり、道路で資材を運ぶことなどで、工事は稲嶺氏が認めない。政府は進めるというが、政府は進めるというしかない。
 で、鈴木さん、自民の政調幹部が「当分手がない」と鈴木さんの取材に言っており、反対の市民が座り込んでそれを排除できない、何十年前の話で(成田空港のこと?)、認可はされても工事は不可能というのが自民の受け取り。鈴木さん、スケジュールは遅れ、無理にやったら流血。だから、500億やるから認可せよはなく、名護市長選は政局になり、またこの敗北、自民に与える影響は大きく、4000票差、自民と連立する公明は自主投票であり、公明は県外移設を訴えており、公明が名護で5000票持ち(これは雨が降ろうが槍が降ろうが投票に行くもの)、これが自民に行けば勝っていたのに、しかし公明は末松氏を応援せず。安倍自民、靖国、憲法改正と公明と違うことをやり、これで公明が安倍自民に抵抗を持ってこの始末。公明が協力しないと勝てない、思い知ったかであり、鈴木さん、これで公明の幹部も思い知り、これで自民は公明なしでやれない=これから安倍自民は公明の協力なしで何も出来ない、自公連立にもこの結果は微妙なものを投げかけたと言われました。
 
 
 そてし、オウム平田被告の裁判員裁判で、中川死刑囚の証人尋問が行われました。死刑確定囚が証人になるのは異例だそうです。
 中江さん、オウムの事件は20年近く前で、記憶が薄れ、裁判員裁判で死刑囚の出廷は異例であり、裁判員の心理的な重みがあり、実際法廷の警備はすごいもので、生々しいやり取りを法廷で聞くのはプレッシャーがあり、裁判員でいいのかと言われました。
 そして鈴木さん、裁判員の問題もあり、裁判員裁判になじむのかといわれ、またオウム事件はこの拉致事件だけではない、犯罪史上に残るもので、なぜ起きたのか?巨大な事件を総括するもので、裁判員が考えるのは重荷であり、事実関係、報道をするものがオウム事件とは何か(個別の事件ではない)と問うべきと言われました。法廷で取材する記者にサリン事件を知らない人も今はあり、それを考慮すべきと言われました。
 
_______________________________
 
コメント:公明は名前の通りなら「秘密保護法」を認めるべきでなかったし、消費税値上げ、靖国参拝、原発問題、憲法問題等々しかり。