Global Ethics


福島でのオリンピックは危険(カウンター・パンチ紙) by limitlesslife
April 14, 2017, 2:33 am
Filed under: オリンピック, フクシマ

Fukushima’s Upcoming Olympics (BCC英文発信文)

皆様
米国の有力サイトCounterPunchのRobert Hunziker記者から寄せられた記事及び
これに関するBCC英文発信文をお届け致します。
史上最悪のメルトダウンを起こし、100% out of control の危険きわまりない福島での五輪競技
の開催を決めた責任が厳しく問われております。福島での継続するメルトダウンから関心をそらすのが
その狙いであると断じております。
 村田光平
(元駐スイス大使)
Dear Friends,
I am sending you an article in the Counterpunch sent to me by Mr.Robert Hunziker.
Its following excerpts are convincing.
Japan will hold soccer and baseball events in Fukushima Prefecture for the Tokyo 2020 Olympics. This is not a spoof.
—–It is absolutely true Olympic events will be held in Fukushima Prefecture, thereby casting aside any and all concerns about the ongoing nuclear meltdown,thereby casting aside any and all concerns about the ongoing nuclear meltdown; after all that’s history.
How could anybody possibly have the audacity to bring Olympic events to the backyard of the worst nuclear meltdown in history whilst it remains totally 100% out of control? Answer: Japan’s PM Shinzō Abe and the International Olympic Committee (IOC).
Chernobyl’s Exclusion Zone is 1,000 square miles (off limits for hundreds, maybe thousands, of years) because of an explosion in one nuclear power plant that is now under control whereas Fukushima has three nuclear meltdowns that remain, to this day and into the unforeseeable future, radically out of control and extremely hazardous.
Please allow me to count on your understanding and support.
With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Ambassador to Switzerland


朝日放送おはようコール 二木啓考がトランプ氏ゴタゴタと小池氏とオリンピックを語る by limitlesslife
January 12, 2017, 7:19 am
Filed under: アメリカ合衆国(米国), オリンピック

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

 

今朝の朝刊一面トップは、数時間前(日本時間朝5時現在)にあったトランプ氏の記者会見、朝日はサイバー攻撃にロシアが関与(私のところに来た分はシリア情勢が一面トップ)、読売も同じ、産経は雇用を生み出す、毎日は阪神・淡路大震災での借り上げ復興住宅の問題、日経はインターバル制を導入する企業(長時間労働対策)です。

 

オバマ氏がラスト演説、トランプ氏が初会見で、トランプ氏の組閣にはヤジも飛び、去り行くオバマ氏の目に涙、トランプ氏の閣僚人事の公聴会に反対派の市民が殺到して激怒、セッションズ氏はKKK、白人至上主義者もいて、反対の市民が様々な形で反対を示し、トランプ氏はクリントン氏を推したヴォーグ社も尋ねたものの、オバマ氏は民主主義を語り、会場からオバマ氏に続けてくれとの声もありそれはできないといい、そしてトランプ氏の初記者会見、サイバー攻撃はロシアがやったというもので、史上最も多くの雇用を生む、日本の自動車産業をやり玉に上げて、これについて二木さん、これほど劇的な大統領の交代はアメリカ史上初であり、トランプタワーに250人の記者が集まり、CNNに回答拒否、大統領選のサイバー攻撃はロシアがやったとしても、プーチン氏に選挙で助けられたとは言わず、そしてロシアがトランプ氏の不名誉な情報、ロシアがトランプ氏を5年以上支援して、トランプ氏のロシアでの性的なスキャンダルを握っているとCNNが報じて、二木さんはこれに驚き、これはトンデモ情報ではなく、ロシアの元情報機関の人間がイギリスの情報機関MI6に語り、それをCNNが報じたものであり、ロシアの情報機関からの証言はあまりに重く、トランプ氏はオバマ氏の泊った部屋でスキャンダル(複数の売春婦を呼んで放尿!)、トランプ氏はプーチン氏と仲良くしたく、中国とかはぐらかし、ロシアをトランプ氏は敵にしたくなく、サイバー攻撃は中国もやっているともいい、台湾の蔡総統とも会い、二つの中国で、トランプ氏はツイッターで発信して、株価も変動している、標的は日本である、国際情勢はぐちゃぐちゃになると言われました。

 

小池知事がオリンピック公式グッズ発売にご満悦で、風呂敷兼スカーフ、トートバッグも発売、和が売り物で高いものの外国人観光客向け、大会の総費用は1.8兆、組織委が5000億、グッズは160億の売り上げを見込むもので、これらの商品は高価なのに驚くべきことに完売、これについて二木さん、スカーフ、風呂敷は結構いいと言われて、オフィシャルグッズはいろいろ販売されており、組織委が販売して、二木さん、組織委が扱うものをなぜ小池氏が宣伝するのか、森氏が宣伝したら売れず、しかし缶バッジは付けている人が多く、小池氏が付けるもので、安倍総理に付けたのは裏がマグネット、売り上げより、盛り上げが重点というもので、しかし大会経費は莫大であり、東京都も払えず、安倍総理と小池氏が会見しても、今は仲が良くても、都議選で自民とバッティングして、都議選の結果がオリンピック費用の負担に関係し、自民の議員が減ったら国が予算を出さなくなる、これらの話は全て連動していると言われました。

 

本日の気になる新聞記事、朝日の記事で、ウェアラブル端末、運転中の居眠りを肌着から警告するもの、9万円、二木さん、事故を防ぐためにこれでも安全を確保すべきと言われて、朝日の記事で、おみくじで大吉の次は吉か?中吉か?これは神社、お寺によりバラバラとのこと、二木さん、大吉→花丸かと言われて、産経の記事で、米朝師匠の直筆台本発見、春団治さんのためのもので、親子茶屋のこと、二木さん、手書き台本を渡すのはあまりなく、米朝さんがこんなことを、1959年にコピーのなかった時代のことであると言われて、朝日の記事で、白い赤福が限定販売、縁起がいいと言われました、以上、二木さんのお話でした。

————–

永岡さん
お世話様
>トランプタワーに250人の記者が集まり、CNNに回答拒否、
これは言論封鎖でしょう、(石垣)

 



安倍総理宛メッセージ by limitlesslife
January 6, 2017, 1:10 am
Filed under: オリンピック, 福島原発事故
皆様
五輪疑惑も残り、このままでは世界は東京開催を認めず、
日本は世界の信用を失墜することになりかねません。
これは重大な国家的危機ではないでしょうか。
危機管理の段階の到来と思われます。
安倍総理に別添メッセージを発出しご尽力をお願いいたしました。
ご理解とご支援をお願い申し上げます。
村田光平
(元駐スイス大使)
Attachments area


問われる日本の信用ー国家的危機   by limitlesslife
January 3, 2017, 12:06 pm
Filed under: オリンピック, 福島原発事故
皆様
明けましておめでとうございます。
事故対応に途方にくれているとまでトップレヴェルの専門家に指摘されながら、福島の実状を隠蔽して
五輪を開催しようとしているとの批判に対して日本政府はどう釈明できるのでしょうか。
日本は世界の信用を完全に失墜しかねない重大な危機に直面しております。
政府が事実を隠蔽し秘密保護で公表を禁じ、企業は現場での作業を下請けに押し付け、
被害を表に出さないようにし、核燃料デブリにも放射能汚染水にも対応できない、
それを国民一般は認識できていないということは海外にも筒抜けです。
12月31日付ニューヨーク・タイムズ 紙までも小泉元総理が細川元総理とともに
「トモダチ作戦」兵士救済基金を起ち上げたことを大きく報じております。( http://nyti.ms/2hEFwgv
日本の官民全体が信用できないという、日本人全体への不信感を定着させる危険があります。
このままでは世界は東京開催を認めず日本は世界の信用を失墜することになりかねません。
日本の名誉にかかわる問題であリ、海外での日本の経済活動にも当然深刻な影響が及ぶことになリます。
これは重大な国家的危機と言えます。
国民に早くこの危機を認識させる必要があります。
マスコミの責任は誠に重大です。
“Under control”で招致した東京五輪に巨費を投じることを日本国民は認める筈がありません。
早急に事故対策に全力を挙げることでしかこの危機を乗り切ることは出来ません。
福島を抱えた日本による東京五輪の返上が急がれます。
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
村田光平
(元駐スイス大使)


福島隠しを厳しく糾弾 (EcoShock Radio) by limitlesslife
December 29, 2016, 10:55 pm
Filed under: オリンピック, フクシマ, 原発事故・責任・補償

皆様
福島の実情を度重ねて伝え評価されているRobert Hunziker記者
から寄せられた下記のラジオ・インタビューを伝える英文発信文を
お届けいたします。
福島隠しを厳しく糾弾し、東京五輪はこれに利用されていると
断言しております。いかに報道規制しても限界があることが示されたといえます。
同インタビューを聴取すれば福島は全世界の関与を必要とする地球環境問題である
と思い知らされます。
東芝、電通、もんじゅ等々の問題は、不道徳の永続を許さない天地の摂理の躍動を感じさせます。
大きな動きを感じる所以です。
トモダチ作戦参加米軍兵士による東電に対する訴訟の裁判は日本と米国のいずれで
行われるかで争われておりましたが、米国を主張する米地方裁判所の決定が
米最高裁に支持されたとのことです。
この度の茨木地震は震度7級の地震が福島に発生する可能性を想起させました。
最近浮上しつつある2号機問題が気になります。
最悪の場合東京が住めなくなると言われる問題です。
福島事故の対応に全力で取り組む体制の樹立が急がれます。
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。
 村田光平
(元駐スイス大使)
(英文発信文)

EcoShock Radio Interview- Fukushima Coverup

Dear Friends,
I am transmitting youEcoShock Radio Interview- Fukushima Coverup”
sent to me by Mr.Robert Hunziker,an American journalist who has written
many brilliant articles on Fukushima after 3/11.
After listening to it,you will be convinced of the absolute necccesity
for the whole world to cope with the ongoing Fukushima disaster.
This is also  the decisive testimony against the Tokyo Olympic 2020.
With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Sent: Wednesday, December 28, 2016 2:14 AM
Subject: EcoShock Radio Interview- Fukushima Coverup


朝日放送おはようコール 小西克哉が安倍総理の真珠湾訪問と東京オリンピック費用ゴタゴタを語る by limitlesslife
December 27, 2016, 1:50 pm
Filed under: アベノクー, オバマ, オリンピック

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの小西克哉さんのお話でした。

 今朝の朝刊一面トップは、朝日は違法残業の社名公表、過労死防止のため、読売は安倍総理の真珠湾訪問、毎日は孤独死の身元不明、推定される氏名が未公表、産経は関電のガスが大阪ガスより安い、日経はシンガポール系の物流施設が神奈川へ、です。

 

 安倍総理の真珠湾訪問、先ほど(日本時間朝5時過ぎ)ハワイに到着で、オバマ大統領と会談、沈んだアリゾナと、降伏文書に調印したミズーリ号とがあり、ここには年間200万の観光局が来るところ、日米トップの真珠湾訪問は初、安倍総理は戦争を繰り返さない、和解をと語っており、第2次大戦の敵国同士の和解の力を示すもので、安倍総理は謝罪せず、日米の和解と不戦の誓いとするもので、トランプ大統領就任を控えて、戦後政治の総決算と言い(これは中曽根氏とレーガン氏の関係が最初)、安倍総理の日程は、今日えひめ丸を見て、明日オバマ大統領と最後の会談、安倍総理とオバマ大統領は、昨年議会で演説、これについて小西さん、戦後の総決算の大詰めを安倍総理は掲げて、しかし戦後の歴史を改竄するとアメリカは危惧して、オバマ氏は靖国参拝や憲法改悪を画策する安倍総理を警戒して、安倍氏とオバマ氏は最初距離を置いて、戦後の日本はアメリカの意向で世界のプラスに、自由主義にしたのに、これを安倍総理が覆すとアメリカは危惧して、ある意味、安倍氏は極右の考えから、戦後の歴史修正より、オバマ大統領と和解への方向に行き、アメリカは安倍総理を上下両院で演説させて、オバマ大統領は今年広島に行き、その外交での返礼で、真珠湾に行っても返礼にはならない、戦後の和解を71年してやるのは、オバマ氏は敵国との和解をイランやキューバとして、アメリカは12月に真珠湾の慰霊をせず、次のトランプ氏への布石で、プーチン氏の来日の後であり、トランプ氏に替わり日本に軍事費をもっと出せとなるもので、真珠湾攻撃は20世紀の日本外交の最大のミス、必ず負けるという報告書が1940年に出て、ミスをしたと日本人は忘れてはいけないと言われました。

 

 東京オリンピックの仮設施設の費用はどこまで自治体が負担するのか、森会長は、立候補の際に、仮設の施設は組織委が負担としていたのに、2800億のうち組織委は800億しか負担せず、首都圏他の知事たちは反発しており、宮城の村井氏も反発、森氏の前での、小池都知事との会談でも、どこがお金を出すか揉めており、自治体との連絡体制は来年3月に結論を出すもので、小西さんオリンピックはグジャグジャと言われて、2013年の決定時、恒久施設は東京都が、仮設施設は組織委が作るはずが、組織委は2000億を開催自治体に負担しろと言い、組織委の森氏は文句を言うな、都の責任と言って村井氏が怒り、小池氏はスピード解決と言い、小西さん、小池氏の立場は、問題になったのは立候補のファイル、森氏は自分は関係ないと責任逃れ、他の関東・東北の知事が批判して、組織委が立候補ファイルに違う解釈をしている構図であり、森氏の発言も、おぜん立ては小池氏がしており、小池氏はフルオープンでメディアに出しており、森氏がある意味悪者になり、自治体はお金を出せと言われたら怒る、森氏への世論は厳しくなっていると言われました。

 

 部活で顧問の先生が飲酒運転をした件、小西さん、中学、高校の部活を先生が見るのはブラック労働、本来の授業に支障であると言われました。

 

 本日の気になる新聞記事、日経の記事で、ヤフーが新車をネット販売、来年春までに、電子商取引で車を始めて発売、スタジオでも車を実際に見ずに買うのかとの声があり、小西さん、試乗が要り、何百万もネットで買うのかと言われて、家電とか、ネットと店で価格を比較すると言われました。以上、小西さんのお話でした。

 

 



「月刊日本」の電通特集 by limitlesslife
December 25, 2016, 2:25 pm
Filed under: オリンピック
皆様
「月刊日本」新年号は別添の通り電通特集記事を掲載しております。
玉木雄一郎衆議院議員の厳しい指摘が注目されます。
五輪ビジネスの中核に位置する電通の正体が白日に晒された感があります。
東京五輪に影響を及ぼすことが予見されます。
 村田光平
(元駐スイス大使)
———————
月刊日本」新年号電通特集に掲載された玉木雄一郎衆議院議員の
記事をご参考までにお届けいたします。
村田光平
Attachments area
img260
img262
img263