Global Ethics


朝日放送ラジオ 堀江政生のほりナビクロス(2017/2/7) 谷口真由美 トランプ氏に対抗するには弱いものに寄り添うことを続けよ!&毎日放送VOICE 学費無償化の問題 by limitlesslife
February 7, 2017, 11:36 pm
Filed under: トラウマ

 

永岡です、朝日放送ラジオの、堀江政生のほりナビクロス、火曜日のレギュラーは大阪国際大の谷口真由美さんでした。

 

その前に、毎日放送VOICEで、大学無償化について、民進党の辻元氏、自分たちが政権の時はばらまきといい、憲法改悪の威信の言うことに賛成はご都合主義と批判して、ただし、LINEのアンケートで、大学無償化に賛成44%、反対56%であり、経営コンサルタントの小宮さん、大学が多すぎる問題もあると言われて、記者の奥田信幸さん、背景に親の年収の低下で、日本経済の成長しないこと、そして大学進学率も横ばい状態、大学改革と合わせてと、司会の西靖さん言われて、そして大学無償化に3兆円言うと言うのですが、でんでん政権のバラマキを止める、軍事費を削ったらすぐ出る額であり、そもそも、日本には資源がなく、人材が枯渇したら終わりで、ところが、私がサラリーマン時代から、学生の学力低下が言われて、教育にお金をかけないと、国は滅びます。

また、大阪万博について、松井知事、経団連の榊原氏に協力を要請して、西さん、本来は関経連が行くべきと言われて、小宮さん、関西経済の低迷で、東京に頼らないとだめと言われました(なら、東京で万博やったら?要するに、維新に憲法改悪で協力してもらうため?)。

 

そして、谷口真由美のドタバタ!?会議、トランプ大統領のことを二つのコラムから語られました。

ヘイトスピーチの問題、例題があり、谷口さん、ネットでも実際の社会でも、人間が人間に言っていることの重大さを語られました。また、トランプ氏、自分に不利な情報を嘘と言うのは、谷口さん、どっきりカメラみたいと言われました。

谷口さんのお話、全日本おばちゃん党の代表代行、トランプ氏のこと構っていられない?日本も国会でツッコミどころがあり、谷口さんも国会に突っ込みたいが、トランプ氏の影響は日本だけでなく、世界にもおよび、危機感はトランプ氏の支持不支持はさておき、トランプ氏が核のボタンを、切れやすい人が持っている=切れたら核発射、気に入らないものは排斥の人間が核のボタンを持っていることの意味を谷口さん考えようと言われて、トランプ氏はいかれたのを演じているのか、それともまじか、国連の常任理事国のトップが感情をあらわにすることへの危惧、怒りのエネルギーを発する、それも言うことを聞かない人には、聴くようにさせてしまい、回りは意識せざるを得ず、子育てで子供が親の顔色を見て、トランプ氏の元で働く人たちが、ボスを忖度して、ヤクザのつかいっぱしりになったらエライことで、谷口さんが怖いと思うのは無関心の空気と、トランプ氏に乗り気な空気も恐ろしく、谷口さんメリル・ストリープさんのスピーチを取り上げられて、障害のある記者をトランプ氏が侮辱して、強大な力を持つものが人に屈辱を与えたいとしたら、他人にそれをしてもいいとなり、侮辱、暴力の連鎖、権力の弱いものいじめだと市民は負けてしまい、権力が暴走しないために三権分立、メディアもあって、メリル・ストリープさんはメディアにお金を出そうと言い、しかし、既存のメディアが頑張っても、トランプ氏のツイッター発信は世界に行って、影響を与えて、司法長官をトランプ氏が解任し、イスラム7か国の入国禁止も、記者会見せずツイッターでやり、これも谷口さん怖い、140字で表現したら、過激な発言になり、トランプ氏、司法長官を解任したことは、大統領の仕事になっても、公式な文章で裏切り者と侮蔑して、激しい言葉で罵っており、皆さん、トランプ氏を見て、自分の周りにあんなオッサンはいないか考えてほしい、悪口を言ったらついて来る人はいないか、トランプ氏の取り巻きがイエスマンになり、トランプ氏の攻撃しているのが、大阪弁のかしこ、大学の先生、対立する政治家、司法長官代理など、あるいはハリウッドスター、攻撃をしても、庶民が手を出せない人たちに、トランプ氏の攻撃に乗りたい人もあり、そういう付和雷同が出てくる危惧が谷口さんして、弱いものいじめ、映画の沈黙にも関与して、監督は、人間は弱いものというのを描きたい、自分自身かも知れないと、堀江さん紹介されて、遠藤周作さんもその弱さの集まったものを人間=弱いものに目を向けようというものと紹介されて、谷口さん、人権のことを教えたら、偽善だと、エセだと言われて、なぜそんなに人間の尊厳を傷つけるのか、ヘイトスピーチもそうで、弱いから、自分が標的にされたらかなわない、自分もしんどく、鬱憤を、強いものを通して晴らすものを指摘されて、谷口さん人権を教えて、嫌いな人はたくさんあり、嫌いな人はいても良い、誰とも仲良くすべきとは思わないものの、性別、出自、人種で差別するのはヘイト、しかしトランプ氏はそれで宗教などでヘイトスピーチして、単なる嫌がらせ、谷口さんがある人が嫌いで、社会的な付き合いはするが、プライベートで食事を一緒にはせず、しかし、人権は嫌いな人がいても、嫌いな人が倒れていて、それで助けられるかが問題で、困ったら手を放すのではなく、なぜイスラム教徒をそんなに叩くのかと立ち上がるのが人権、沖縄の基地問題もたれらの好き嫌いではなく、沖縄の皆さんの人権を考えるべきで、嫌いだから入国禁止と、権力を使ってやることの怖さを知るべきで、市民は何をすべきか、イスラム教の人も日本で排斥されて、その人たちを助けられるか、その腹をくくれない限り、我々は負け続ける「弱いものの味方が出来るか」、迎合するばかりの人がトップになり、核のボタンを持ち、そして日本の権力者の暴走を、どうやって止められるか考えるべきと言われて、堀江さんトランプ氏は子供じみて、敵を作り攻撃して、それに弱い人たちの力を利用していると言われて、谷口さん、アメリカのホロコーストの教えに、人権の軽視、性別で差別の蔓延、メディアの統制、国家安全保障の把握、政治と宗教の井戸が、ホロコースト記念館にあり、今はまずい、では何ができるか、発信するものは、メディア統制に立ち向かうべきで、トランプ氏のような上司に、どうやって立ち向かえ宇迦、職場でも同じであり、日々、腹で、頭でどう考えるかトレーニングしておかないと、いざという時に対応できず、アメリカで谷口さんのような立場の人は大変で、トランプ氏の移民排斥に賛成する人が多いからあきらめてはならず、政治家はそれを利用して「数が多い=正義ではない」と、谷口さん締めくくられました。

私も、サラリーマン時代、トランプ氏と同じタイプのトップがいて、右翼やヤクザの力をかさにデタラメ、まさに太平洋戦争と同じことをやっており、トランプ氏に太平洋戦争をさせてはなりません!以上、ほりナビクロスの内容でした。

Advertisements


<熊本地震>子供の心、深い傷…乱暴な言葉、赤ちゃん返りも by limitlesslife
May 21, 2016, 10:15 pm
Filed under: トラウマ
子供の心は繊細です。

不合理なほど右翼的な方の心理はこうなのかな、とも思います。

太田光征

<熊本地震>子供の心、深い傷…乱暴な言葉、赤ちゃん返りも

毎日新聞 5月21日(土)8時30分配信

トラウマを負った子のケアに詳しい井上登生(なりお)医師(発達行動小児科学)の話 心に恐怖を抱えると、自分を勇気づけるため攻撃的な言動をよく取るし、赤ちゃん返りや逆に頑張りすぎる子も。周りの大人が余裕を持って、大丈夫だよというメッセージを送り続ければ、時間はかかるが次第に症状は治まっていく。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace