Global Ethics


朝日放送おはようコール 小西克哉が大隅さんノーベル賞受賞と大阪での外国人わさび問題を語る by limitlesslife
October 5, 2016, 12:40 am
Filed under: ノーベル賞

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!NEWS、今朝は国際ジャーナリストの小西克哉さんのお話でした。

 今朝の朝刊一面トップは、すべてノーベル賞についてです。

 

 日本人が3年連続でノーベル賞受賞、東京工大の大隅良典さん、自然科学分野では29年ぶりの単独受賞であり、オートファジーが受賞理由、これについて小西さん、テレビでは3分でわかるとか1分でわかるのは学者さんに失礼ともいわれて、オートファジー=自ら食べるであり、人間の細胞が飢餓状態になったら、古いたんぱく質をアミノ酸に分解して栄養として再利用する、リサイクルするもので、これのメカニズム解明が理由で、しかしオートファジーによるがん細胞、アルツハイマー対策にもなり、スタジオでもなかなか難しいとの声があり、小西さん、このところ毎年ノーベル賞で、今回は分かりやすいもので、ファジー選択肢、ファジーはあいまいという意味ではなく、英語のスペルが異なり、たんぱく質を自分の中で新しいものにする、すごいことであり、体の無数の細胞が変化して、1年たつと去年と体は変わるもので、顔は同じでも中身は変わり、哲学的な要素もあり、細胞の壊し方がいい加減だとアルツハイマーもあり、これらの端緒は知られていても、今回大隅さんが解明して、原理的なところと応用まであり、それゆえの単独受賞であり、大隅さん東大の教養学部におられて、1020年研究にはかかるのに、日本では研究費を21世紀になり減らしており、88年からの研究が評価されて、今後大隅さんのような人が出るのか、直観的な世界で、発想はユニーク、人のやらないものをやってのものであり、みんながやっているからでは拓けない世界だと言われました。

 

 外国人客にのみわさびを大量に入れた大阪・ミナミの寿司屋の店長がABCの取材に応じて、わさび増量はサービスからであり、店長は外国人に多く入れろと指示はしておらず、しかし韓国のSNSではわさびを入れられて嘲笑された、中国のSNSでもまずいとの書き込みがあり、スタジオでもどちらが正しいかわからず、言葉の壁があるともあり、しかしわさびはたくさん入れられて、世界的に日本食ブームで、海外の日本食レストランも激増して、これについて小西さん、どちらも正しく、わさびは世界で通じる言葉であり、異文化の誤解には両方の言い分があり、日本人と中国、韓国人にコミュニケーションがなく、しかしサービスはあり、わさびをたくさん入れてくれは、アジアの店では良くあり、この国だからわさびを多くはおかしく、会話が必要であり、好きな人とそうでない人もあり、コミュニケーションを各国語でやるのが本当のおもてなしであり、サービスのことを考えるべき、外国のサイトにも証拠はなく、一つのことだけで根拠のないことをフレームアップするのはおかしく、どのようにわさびを入れるか、聞いたら問題はない、店もいきなり謝るのも良くないと言われました。

 

 毎日の記事で、太陽の塔の内部見学会を募集したら応募が殺到して(定員500人に4万)、今年秋に改修工事であり、小西さんは何回も見られて、岡本太郎さんのデザインであり、産経の記事で、ソフトバンクも同性パートナーを認めたとあり、多様な人材の確保、海外からも確保であり、小西さん、これはノーベル賞がないともっと大きなニュースになり、自治体もこれをやるべきで、アメリカだとLGBTの方の所得は高いものだと言われて、毎日の記事で、経営再建中のシャープがしゃべりかけて答える家電を発売であり、AIを搭載するもので、小西さん、iフォンの進化形、関西弁もやったシャープのもので、起死回生になってほしいと言われました。以上、小西さんのお話でした。



朝日放送おはようコール 中川譲が薬の税制改正と野坂昭如さん死去を語る   by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝は帝塚山学院大学客員教授の中川譲さん(元朝日編集委員)のお話でした。

今朝の朝刊一面は、朝日が軽減税率、読売も軽減税率、毎日も軽減税率(官邸の参院選対策)、産経は靖国事件です。

 

与党は税制改革で、薬局で市販薬を12000円以上買うと所得税が下がる(控除対象になる)、スイッチOTCという薬が対象で、スイッチOTCは医師の処方が必要なものを薬局のカウンター越しに接客販売するもので、背景には医療費を抑えることと、市販薬での治療を促すものであり、中川さん、国の政策は、体の具合が悪くなっても医師にかからず市販薬で治せと言うもので、薬は規制緩和もあるものの、薬には副作用もあり、これのことを無視して規制緩和は問題で、これには待ったをかけるべきで、薬局現場の体制は整っているのかと言われました。

 

作家の野坂昭如さんが85歳で亡くなられました、直木賞作家で、政治家にもなり、そして生涯反戦を貫き、また歌手としても活動し、火垂るの墓で直木賞、映画化されて今も親しまれています。83年に参院選に出て、しかし辞職、田中角栄氏の対抗馬で出て落選し、反戦・反権力で活躍されました。二度と飢えたものを見たくないと言われており、亡くなる直前も戦争の危機を説かれて、中川さん、野坂さんはハチャメチャではなく、戦争への思いと、それが迫る危機を説かれて、こんな人は二度と出ない、中川さんも平和を愛してそれを脅かすものに抵抗し、火垂るの墓は野坂さんの頂点で、そして一見ハチャメチャなものもあるが戦争に反対して、惜しい方を亡くされたと言われました。

 

ノーベル賞、日本人受賞者が参加し、今(日本時間で朝6時)は晩餐会であり、しかし日本の受賞者はアメリカより少なく、中川さん、ノーベル賞は英文の論文で決まり言葉の壁があり、また基礎研究が大事で、日本初の受賞者が湯川秀樹さんで、しかし日本の教育は金になるものに投資しているものの、将来を見据えてやるべきだと言われました。

 

ドローン規制が始まり、改正航空法のためで、中川さん、ルールがなかったのが問題、ドローンで経済も上がると言うのに法的なものはなく、官邸にドローンも落ちるなどあり、泥縄であり、規制が守られるかと言われました。

 

 



朝日放送おはようコール 二木啓考が第3次ビチビチ改造内閣とノーベル街道を語る by limitlesslife
October 8, 2015, 2:01 pm
Filed under: アベノミス, ノーベル賞

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。

今朝の朝刊は、全て第3次ビチビチ改造内閣のことです。

 

その、第3次ビチビチ改造内閣、来年の参院選に向けての守りのもので、最年少は丸川珠代氏が環境大臣、目玉は1億総活躍大臣に加藤氏、しかし、このポスト、何をやるか未定で、年内に対策を立てるというのです。未来への挑戦と言うものの、スタジオでもインパクトなしとの声です。

これについて二木さん、「つまらない改造」と言われて、新3本の矢はどこへ行った?GDP600兆など、的が遠く、新経済政策のために顔ぶれを揃えていて、加藤氏も何をやるか決まっておらず、目玉は党内批判派の河野太郎氏が入り、無駄を指摘した河野氏、規制改革が維新から意見を言われて、その受け皿が河野氏であり、岸田氏や石破氏は留任、岸田派が5人→1人になり、ポスト安倍の岸田氏で、これが減った分ビチビチの派閥から出て、総裁選をしなかったツケ。

石破氏は留任、断る選択肢もあったが、石破氏は冷や飯を食わされ、ポスト安倍には厳しい結果と言われました。

そして、GDP600兆にするというのは、100兆上げるのは困難で、経済成長は2%いるのに今年はマイナスで困難、出生率を上げるには、若い人たちが安心して子供を産めるようにすべきなのに、若者の雇用は不安定で、介護離職も多く、待機老人は15万、施設が必要で、これも困難、地方活性化は、1億総活躍は都市部ではなく地方で、待ったなしなのに具体的なものはなく、聞こえはいいのに具体策なしばかりと言われました。

(まるで、太平洋戦争で日本がアメリカに勝つと言うようなものじゃないか?)

 

名古屋~富山の国道41号線はノーベル賞街道と呼ばれているそうです。梶田さん、物理学賞が決まり、ノーベル賞受賞者を生み出すのが国道41号、梶田さんを含む4人がここ縁で、2002年に正式にノーベル賞街道と命名され、90kmの間に、ここで学生時代を送った人がノーベル賞を受けて、今注目されています。教育熱心なところと言われます。富山は学力テストで理科が1位、ブリを出荷した出世魚街道、ノーベル賞受賞者は24人で、二木さん、ここはブリ街道と言われて、偶然であるが、ブリは出世魚で、偶然としたら面白いと言われました。

 

芦屋市で、広告規制条例で、市役所にある市のマークを取り外すのです。景観を守るために、日本一厳しい規制になり(ネオン、アドバールンだめetc)、屋上広告に市章が当たると言うのです。スタジオでも、芦屋はいいイメージの町で、しかしこれはなぜか、市役所と分かるもので、広告かとの声がありました。

二木さん、市の方が条例で、問題になる前に先回りしていて、市章は目印で、倉敷も厳しい規制があるが、広告の効果は大きく、企業にはダメージとも言われました。京都では景観を保つためにやり、二木さんは看板も要ると言われて、市章を外すと支障を来すと、ダジャレで締めくくられました。

 

 



定時制教員から一念発起 ノーベル賞・大村さん“波乱の人生” by limitlesslife
October 6, 2015, 10:20 pm
Filed under: ノーベル賞

 日本の医学・生理学界で3人目の快挙だ――。

北里大学の大村智特別栄誉教授(80)のノーベル医学・生理学賞受賞が決まった。5日夜、大村氏は会見を開き、「なにか人の役に立つことはないかと絶えず考えている。そういうことが今回の賞につながった」と喜びを語った。

大村氏はアフリカや中南米に広がる熱帯病のオンコセルカ症(河川盲目症)やリンパ系フィラリア症(象皮症)の特効薬である「イベルメクチン」を開発。これまで世界中で3億人を救ったといわれている。04年にガーナを訪問したときは現地の子供たちに「イベルメクチンのおかげで失明することがなくなった」と感謝された。野口英世に匹敵する人物だが、その経歴がすごい。

大村氏は中学、高校の理科教員を目指して山梨大学芸学部に入学。同学部は現在の教育人間科学部の前身で、大村氏は58年の卒業と同時に都立墨田工業高校の定時制で理科と体育の教員を務めた。そのかたわら、東京理科大大学院で理学修士課程を修了した苦労人だ。

「4都道府県の教員試験を受け、都立高校だけに合格したそうです。定時制だから生徒の大半は昼間働いている。大村氏は彼らの手が油で汚れているのを見て、“自分はこのままでいいのか”と思い、東京理科大の大学院に進んだといいます。都立高校は週に1日研修日があって授業を休めるため、研修日と土日を利用して理科大に寝袋を持ち込み、泊まり込みの研究を続けました。スポーツ万能で大学時代はスキーの国体選手に選ばれたほどの腕前。東京教育大(現・筑波大)の入学試験に落ちて山梨大に進んだが、体育の選手として試験を受けていたら間違いなく合格したといわれています」(関係者)

理科大を修了したあと山梨大の助手を経て、北里研究所に入所。イベルメクチンの開発でも苦労が続いた。大村氏をよく知る東京医科歯科大名誉教授の藤田紘一郎氏はこう言う。

「大村氏は79年、静岡県川奈のゴルフ場近くで採取した土壌から新種の放線菌を発見したのです。ところが日本の学界と製薬会社は見向きもしなかった。その大村氏に手を差し伸べたのが米国のメルク社でした。メルクと北里、大村氏の3者で研究を進めてイベルメクチンの開発に成功。年間に15億円の特許料が入り、特許が切れるまでに250億円を手にした。ただし北里研究所が全額を受け取りました」

大村氏は韮崎大村美術館の館長を務めるなど美術の造詣も深い。科学、スポーツ、芸術とマルチな才能を発揮する異能ぶり。紆余曲折の生き方を含めてマスコミをにぎわせるのは間違いない。



by limitlesslife

「平和憲法を保持してきた日本と中米コスタリカの両国民に共同で2015年度のノーベル平和賞を」――コスタリカ国会満場一致で特別決議

紅林進です。
◆コスタリカ国会が満場一致で 「平和憲法を保持してきた日本と中米コスタリカの両国民に
共同で2015年度のノーベル平和賞を――コスタリカ国会はこの特別決議を採択し、すでに
アピール声明をノルウェーのノーベル委員会に提出した。」と報道がありました!
(以下、「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会ニュース9号より転載)
ご賛同くださっている皆様へ
いつもご賛同・ご支援・ご協力心から感謝申し上げます。
たくさんの皆様の多大なるご支援・ご協力のおかげで、署名(紙面+ネット) 50万人を突破しました!
「憲法9条」が世界で共有される日を目指して、引き続き平和を願うひとりひとりの小さな声と力を合わせていきましょう!
◆ニュース9号とシンポジウム特集を発行しました!evernoteのログイン画面はスキップできます。)
◆憲法9条の精神を世界中に広げるために、 国連加盟国の代表者宛ネット署名にご協力お願いします!
いかなる理由があろうとも戦争はしないでください。
話し合いで平和的に解決してください。仲裁に努めてください。
     ネット署名サイト ⇒ http://chn.ge/1rmw6X4
                                   (随時、宛先を追加していきます。)
            どうかご支援・ご協力の程、よろしくお願いいたします。
◆コスタリカ国会が満場一致で 「平和憲法を保持してきた日本と中米コスタリカの両国民に共同で2015年度のノーベル平和賞を――コスタリカ国会はこの特別決議を採択し、すでにアピール声明をノルウェーのノーベル委員会に提出した。」と報道がありました!
「憲法9条」が世界で共有される日を目指して、引き続きお力添えの程よろしくお願い申し上げます。
平和への願いと感謝をこめて
「憲法9条にノーベル平和賞を」実行委員会

ネット署名:http://chn.ge/1bNX7Hb
ツイッター:https://twitter.com/9_npp


小出先生 ラジオフォーラム2015/2/28のお話(IAEAは核保有国のエゴのための組織)&ジャーナリストの危険地帯取材はどうあるべきか、志葉玲さんのお話 by limitlesslife
February 28, 2015, 10:49 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラエル, イスラーム国(ISIS, イラク戦争, テロリズム, ノーベル賞, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), マスコミ(第四権力), メデイア, CIA:Corruption In America (from comment), 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 福島原発事故, 秘密保護法, 籾井勝人, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 言論(自由、弾圧、・・・), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, IAEA (International Atomic Energy Agency) 国際原子力機関, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, TPP, 利己主義, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原子力規制, 安倍晋三, 小出裕章, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国主義, 平和, 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日本(自主:平和・人権・主権在民:自治), 核(武装、戦争、破局、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死(関連死、・・・), 殻廃絶, 沖縄, 主権(回復、切捨て、・・・), 人質, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

永岡です、第112回ラジオフォーラム、今週はジャーナリストの石丸次郎さんの司会で放送されました。今週もFMharoと三角山放送局を聞いて、三角山放送局で、退官された小出先生の話をぜひ聞いて欲しいとのコメントがありました。

1~2月、暗澹たる事件が続き、フランスの新聞襲撃、そしてイスラム国日本人人質殺害事件、シリア、イラクで何十人殺されています。テロという文字をメディアで見ない日はないほどです。テロがなぜ起こり、現場はどうなのか、これを取材する人間がいるから、分かるのです。

今週のテーマはイスラム国日本人人質事件関係、イラク戦争、パレスチナ、福島原発の取材もされたジャーナリストの志葉玲さんが、危険地帯取材のことを語られました。パレスチナはこの10年取材され、これがテーマです。

前半のお話、後藤さん事件について志葉さんは衝撃で、ジャーナリストが拘束されるのは珍しくなく、しかし劇場的+殺害は日本人に衝撃を与えたと言われました。後藤さん、シリアで拘束され、アサド政権と内戦状態→難民流出で、イスラム国が台頭し、支配し、イラク取材より、拘束・誘拐の危険性は、日本人人質事件は2004年にもあり、3人のボランティアが拘束され、その後ファルージャに志葉さん行かれて、当時は現地の人は、米軍占領に抵抗して、日本人の話は通じて、現地の指導者へのインタビューも出来た。

現地で影響の大きい人の仲介もあったためで、しかし外国人ジャーナリストが目の前で拘束されるのもあったのです。

誘拐、拉致の危険はイラク戦争後続き、しかしなぜジャーナリストは危険地帯に行くかであり、政府に迷惑をかけるという声もあるのですが、志葉さんはパレスチナ・ガザ(2000人殺された)に行ったのは、現地に知り合いがあり、そしてアメリカ・イギリスなどからジャーナリストがガザに行き、報道することで、イスラエルが虐殺したのを、撤退させたのは報道の力で、ジャーナリストが入り、イスラエルのガザ攻撃を抑えられた。

報道により助かる命もあり、現地のガザで、ジャーナリストの宿泊するホテルに滞在され、ホテルにいるジャーナリストは、自国の大使館に、イスラエルに攻撃させるなと言ったものの、近くへの空爆はあり、ガラスは割れた。

なぜ、危険地帯に行くのか、自分の身は自分で守り、安全対策は、重要なのは、現地で信頼できるパートナーのレベルが重要で、現地のことは現地の人が一番知り、その人に従うべきで、しかし、なぜ危険地帯も取材するのかを問われたら、日本の国の政策もあるが、世界の戦争に日本も関係し、イスラエル軍は民間人も殺し、安倍総理はイスラエルと軍事連携を進めているので、兵器の共同開発もあるが、それの意味は、イスラエルが何をやっているか、日本人は知るべきで、そのため、取材がいるのです。

 

小出裕章ジャーナル、今週の小出先生のお話は、IAEAとは何かなのです。

福島原発の廃炉で、これに向けて日本の取り組みを、IAEAが2月9日に訪日し、世界の技術を結集するというものの、IAEAは国連の機関で本部がウィーン、4000億/年の予算(2012年度)、職員2200人(核査察官250人)いて、その実態、もともと核技術は核兵器から始まり(民生用を最初は想定していない)、原爆をアメリカが作り、世界に拡散し、その中で、核保有5カ国=国連常任理事国=ほかの国に核兵器を絶対持たせない意思。

しかし、アメリカは核開発で大変なお金を使って施設を作ってしまい、大変な負債になり、これの元を取るために、核の平和利用(1953年のアイゼンハワー)の美名の元に、核施設を金儲けのために悪用=世界に原発を売りつけて儲けたいが、核の平和利用とは言っても、核の独占が崩れる(原発保有=核兵器所持)ので、そのため、アメリカがIAEAを作り、つまり(1)原発を世界に売って儲けるが、(2)核兵器をほかの国に持たせないというエゴのために作られた組織なのです。

IAEAは2005年にノーベル平和賞を受賞したが、佐藤栄作氏、イスラエル首相、オバマ氏ももらう「政治的な思惑でもらうもの」で、小出先生はおかしいと思われて、IAEAも原発で儲けて核兵器拡散を防いだ政治的な功績での受賞と小出先生言われました。

IAEAと日本の関係は、250箇所が査察対象、京大原子炉実験所ももちろん対象で、原爆に転用できる高濃縮ウランもあるからで、それが軍事用に転用されないか、頻繁に、外国の査察官が来て、実験所の核物質の量は小出先生も教えられない超機密!で、機密を知る職員が、ちゃんと軍事用にしていないと査察官に見せているのです。

小出先生はいかなる核兵器に反対するものの、世界は公平であるべきで、5カ国のみ核兵器を持っていい理念はおかしく、核を減らすべきだが、世界は不均衡で、アメリカ他の支配が強められ、ところが「核兵器保有国はIAEAの監視対象外!」で(原発は査察対象、軍事関係は査察対象外)、話にならない不公平なのです。これを聞いて、石丸さん驚かれました。

つまり、「IAEAは核兵器保有国のエゴのための組織」で、世界の矛盾の集約がIAEAであり、今のトップは日本人の天野氏です。以上、今週の小出先生のお話でした。やり取り全文は以下にあります。

http://www.rafjp.org/koidejournal/no112/

小出先生は、昨日最終講義をされて、映像もありました。

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE000000000000007048.shtml

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015022701002101.html

ここで音楽、レーモン・ルフェーヴルの夜間飛行です。これも、ユーチューブにありました。

https://www.youtube.com/watch?v=2w85koKdpYA

 

後半のお話、志葉さんはなぜ危険地帯に行くのか、戦争をとめたいからで、ジャーナリストの命は現地の人の命より重いのか、戦争は一番弱い人が真っ先に殺され、安全なテレビのスタジオで政治家、評論家が語るのではなく、戦場の現地に立つ必要がある。

しかし、この11年間で6人の日本人ジャーナリストが戦場で殺され、中東・アジアで殺され、こういう事件が重なり、後藤さんが殺される場面が晒されて、今日本社会に、ジャーナリストが危険地帯に行くのは迷惑、政府に迷惑をかけているという空気があり、これについて志葉さん、危険と隣りあわせで、日本のジャーナリストが殺された、運命の分かれ道が何であったか、検証すべきなのです。

橋田さん、小川さんの際には志葉さんも現地におられて、当時現地で、橋田さんは車で襲撃され、武装勢力の活発な時間に行ってしまい、時間がなく無理なスケジュールを組んだためで、ミャンマー(ビルマ)で殺された長井さん、ビデオ撮影時に軍に殺され、長井さんを石丸さんも知っておられて、長井さんはミャンマー軍の危険性を知られず、それで、石丸さん、後藤さんに判断ミスがあったと指摘され、志葉さんは、後藤さんは慎重な方で、しかし今回は湯川さんを助けに行き、通常の取材でしない無理をしてしまったと指摘されました。

これで、フリージャーナリストに、世間の批判があり、政府の統制、杉本さんがシリア行きで旅券を取られた件、外務省が行くなというものであり、志葉さんは、外務省は報道の自由は認めない、志葉さんは外務省の退避勧告を何回も受けたが、そんなことをしたら取材にならない。

退避勧告は従うべきものではなく、外務省の注意喚起のはずなのに、政府の命令になったのはおかしい、外務省のお願いで、これはアメリカにも、外国にもあるが、命令ではない。

しかし、後藤さんは外務省の勧告を無視したと世間は批判したが、志葉さん、外務省が旅券を取り上げるのは戦後初のもので、杉本さんの会見を聞いて外国の記者は驚き、アメリカ、イタリア、フランスの記者もこんなことはあり得ないといい、旅券を政府の都合で取り上げることはなく、報道の自由は民主主義の根幹で、これは国民の権利剥奪。旅券は権利で、お上の許可ではない。

ジャーナリストは、個人で勝手にやるのではなく、知る権利のためにやり、警官も危ないからと現場から逃げることはない、ジャーナリストも同じ。杉本さんはシリアの取材を計画され、石丸さん、外商がシリア全体が危ないというのは大雑把と指摘され、外国人の入国の問題ないところもあり、それを制限するのは政府の越権行為。

どこを、何を取材するかを、政府が決めるのはとんでもないと石丸さん指摘され、基準は報道側が考えるべきで、政府の制限はおかしい+メディアにも、朝日がシリアのクルド人勢力地帯の取材をしたことを、読売と産経が誹謗中傷し、メディアの自粛を石丸さん指摘され、志葉さんはメディアの自殺、報道の自由は必要で、現地に行かないと取材できず、こんなことをメディアが批判したらおしまい。

政府の退避勧告で、行くなといわれるのは、おかしいと石丸さん言われました。

 

みんなジャーナル、日本が中東で出来ることは何か、前朝日新聞中東アフリカ総局長でフリージャーナリストの川上泰徳さんのお話がありました。

危険地帯とは中東で、中東での日本の役割、川上さんは20年以上中東を取材されています。イスラム国の処刑に日本人も衝撃を受け、イスラム国が跋扈した原因は、イラクとシリアの政治的混乱で、アルカイダの流れを汲むが、アフガンなど政治が混乱しているところで台頭し、アメリカの勝手な戦争で、イラク・アルカイダが入り、内戦が続き、イラクのアルカイダが、イスラム国になり、内戦・混乱により起きたこと。

アメリカのイラク戦争が原因で、武力で体制を倒したら混乱になり、アメリカの占領がイラク国民の支持を得られず、拷問などしてイラク人の反発をシーア派、スンニ派からも受けて、その背景でイスラム国が膨張した。

中東で、アラブの春があり、しかしより不安定化して、安倍総理はテロと戦うとぶち上げたが、日本が中東のためにできることは、混乱の中でイスラム国が伸び、入る若者は希望がなく、中東は強権体制で、腐敗し、政治家、裁判官も腐敗し、経済界もそれで、大学で勉強しても、職がない格差があり、これがイスラム国を支えている。

安倍総理のテロとの戦いは、混乱に日本が加担することで、日本人がテロにあう可能性、現地はイスラム国を評価しないものの、欧米が中東を植民地にしたツケで、日本が欧米の支援をするのは、現地は求めず、社会、経済の支援で、中東の未来のために尽くすべきで、格差のない社会を作るべき。

中東の情勢は、世界の未来がかかっているのです。以上、川上さんのお話でした。

 

今週はジャーナリストの危険地帯取材で、命がけでなぜ取材するかと石丸さんも聞かれるが、命はかけないが、人生はかけると言われて、志葉さんも、自分の生き方として曲げられないが、安全を考え、命がけではないと言われて、しかし、ジャーナリストへの世間の目は厳しくなっています。以上、今週のラジオフォーラムでした。

 

 

Attachments area

Preview YouTube video 夜間飛行_レイモン・ルフェーブル

夜間飛行_レイモン・ルフェーブル

 



コスタリカ立法府は日本とコスタリカ両国を2015年ノーベル平和賞に指名 ― 安倍信三:日本の平和憲法を救え!ニュース更新 by limitlesslife

Costa Rican Legislative Assembly Nominates Jointly the People of Japan and Costa Rica for Nobel Peace Prize 2015 – Update on “Prime Minister Shinzo Abe: Save Japan’s Peace Constitution”

Petition update
Global Article 9 Campaign just posted an update on the petition you signed, Prime Minister Shinzo Abe: Save Japan’s Peace Constitution.

Costa Rican Legislative Assembly Nominates Jointly the People of Japan and Costa Rica for Nobel Peace Prize 2015

Feb 24, 2015 — Following an unanimous vote of the Legislative Assembly, its president sent a formal letter to the Nobel Peace Committee, developing the rationale supporting the joint nomination…. Read more
Read more
The person (or organization) who started this petition is not affiliated with Change.org. Change.org did not create this petition and is not responsible for the petition content.Contact us   ·   Privacy policy© 2015 Change​.org · 548 Market St #29993 · San Francisco, CA 94104-5401 · USA

 

__________________

コメント:軍隊の無い教育重視で幸福指数一位・平和省を持つ国コスタリカの快挙!!!

〔下記コメントは平和省創設グループのMLでのコメント):

みなさん、
飜訳しないままでごめんなさい。
コスタリカの爪のあかでも煎じてのませたい。
だれに?
言わずとしれたこと。
ひこ

limitless life

Petition update
Global Article 9 Campaign just posted an update on the petition you signed, Prime Minister Shinzo Abe: Save Japan’s Peace Constitution.

Costa Rican Legislative Assembly Nominates Jointly the People of Japan and Costa Rica for Nobel Peace Prize 2015

Feb 24, 2015 — Following an unanimous vote of the Legislative Assembly, its president sent a formal letter to the Nobel Peace Committee, developing the rationale supporting the joint nomination…. Read more
Read more
The person (or organization) who started this petition is not affiliated with Change.org. Change.org did not create this petition and is not responsible for the petition content.

Contact us   ·   Privacy policy

© 2015 Change​.org · 548 Market St #29993 · San Francisco, CA 94104-5401 · USA

View original post