Global Ethics


明日3/20(木)(12:10~) 国連特別報告者アナンド・グローバー氏院内勉強会@参議院議員会館 by limitlesslife
March 19, 2014, 5:32 am
Filed under: ヒロシマ・フクシマ
紅林進です。
福島原発事故後の人権状況を調査した国連「健康に対する権利」
に関する特別報告者のアナンド・グローバー氏を招いた院内勉強会
が明日3月20日(木)、参議院議員会館にて開催されるとのことです。
なお明日3月20日(木)には、18時~21時にもアナンド・グローバー氏
を招いたシンポジウムが明治学院大学で開催されるとのことですが、
こちらは事前申し込みが必要なようです。
また3月21日(金)には福島大学において、3月22日(土)には京都でも
シンポジウムが開催さるとのことです。
【グローバー氏招聘企画スケジュール】
●3月20日(木)  来日・東京での活動
10時半~11時半 記者会見   @日本外国特派員協会 http://hrn.or.jp/activity/event/320-2/
12時~14時    院内勉強会 @参議院議員会館 http://hrn.or.jp/activity/event/320-1/
18時~21時    シンポジウム @明治学院大学   http://hrn.or.jp/activity/event/320/
●3月21日(金)  福島での活動
13時~18時 シンポジウム@福島大学 http://hrn.or.jp/activity/event/321/
●3月22日(土)  京都での活動
9時半~18時半 シンポジウム@同志社大学 http://hrn.or.jp/activity/322/
(以下転載)
———————————————
日頃より大変お世話になっております。
ヒューマンライツ・ナウ事務局です。

3月20日、参議院議員会館講堂にて12:10から開催予定の
【国連特別報告者アナンド・グローバー氏招聘院内勉強会】
に出席する関係省庁が決まりましたのでお知らせいたします。
========================
国連特別報告者アナンド・グローバー氏招聘
院内勉強会のお知らせ
========================

【日程】 2014年3月20日(木)12:10~14:00(開場11:45)

【会場】 参議院議員会館 講堂 (定員300人)

【主催】 ヒューマンライツ・ナウ、市民科学者国際会議(CSRP)、ピースボート、
国際協力NGOセンター(JANIC)、子ども・被災者支援議員連盟、
原発事故子ども・被災者支援法市民会議(市民会議)、
CNRS-LIA フランス国立科学研究センター「人間防護と災害への対応」研究所

【協賛】 「原発事故子ども・被災者支援法」推進自治体議員連盟

【後援】 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

【参加費】 500円(当日支払い・申し込み不要)
※参議院議員会館入り口にて、スタッフが入館証をお配りいたします。
(11:45~12:10)

【内容】
第一部
基調講演 アナンド・グローバー氏 (国連人権理事会特別報告者・弁護士)
『グローバー勧告とは ~事実調査を経て出した勧告の内容と意義~』

関係省庁からの発言
・復興庁 佐藤紀明参事官
「子ども被災者支援法における支援対象地域の考え方」

・環境省 桐生康生参事官
「原発事故に伴う住民の被ばくと健康調査に関する日本の政策と
グローバー勧告が受け入れられない理由」

・原子力規制委員会 室石泰弘監視情報課長
「福島原発事故に伴う放射線モニタリングと住民の放射線防護措置」

・外務省 山中修人権人道課長 伊藤京子外務事務官
「グローバー勧告のフォローアップへの取り組みについて」

参加国会議員の挨拶

第二部 ディスカッション・報告者:市民団体・被災者・弁護士など
伊藤和子 (弁護士/ヒューマンライツ・ナウ事務局長)
岩田 渉 (市民科学者国際会議(CSRP))
河崎健一郎
(弁護士/福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN))
満田夏花 (FoE Japan 理事) ほか

以上です。

よろしくお願い致します。

ヒューマンライツ・ナウ
事務局長 伊藤和子
担当 喜多野・浅井

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ
〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブOne秋葉原ビル7F
電話:03-3835-2110 FAX:03-3834-1025
連絡先:info@hrn.or.jp ウェブサイト:http://hrn.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



by limitlesslife

佐村河内守 交響曲第1番「HIROSHIMA」

 永岡です、すでにご存知の方も多いと思われますが、作曲家佐村河内(さむらごうち)守さんの作品、交響曲第1番「HIROSHIMA」が話題になっています。
 佐村河内さんは被曝2世で、1963年広島生まれ、作曲を志し、しかし30代で聴力を失い、その後も作曲を行っています(聴覚障害の作曲家は、あのベートーヴェンがそうなのです)。交響曲も作曲し、その第1番「HIROSHIMA」は文字通り広島をテーマにしたもので、3楽章80分にも及ぶものであり、CDも2011年に録音され(大友直人指揮東京交響楽団)、この録音は東日本大震災直後、録音中に余震も起こったそうです。この作品、昨年来NHKの番組で話題になり、CDも大ヒットしていますが、27日の土曜日に、CDの録音も行った大友直人指揮、日本フィルハーモニー交響楽団の演奏会(交響曲全曲)がNHK教育テレビで放映されます。
 3月にNHKが佐村河内さんの特集を組み、佐村河内さん、東日本大震災の被災地に行き、レクイエムを作曲されました。いずれ、これもCDになると思います。
 佐村河内さんの作品は、今クラシック音楽界が不況にある中、ヒットしており、この交響曲第1番「HIROSHIMA」は6月から全国の都市で演奏会も行われます。テレビで話題の曲が放映されるので、一度ご覧ください。