Global Ethics


Nスぺ「きのこ雲の下で何が起きていたのか」を見て下さい by limitlesslife
August 8, 2017, 7:24 pm
Filed under: ヒロシマ
                          杉浦公昭
昨年10月11日, (火 )私の尊敬する吉田収元東洋大学教授より、
一昨年一度は放映され、昨年8月4日午前5時8分から再度放映されたNHKスベッシャル原爆投下3時間後の広島の写真「きのこ雲の下で何が起きていたのか」を紹介され、世の中に拡散させて頂いてきました。
それから約1 年経ちました。この原爆投下72年目のこの時期に再び皆さんに見て頂けたらと、ここに吉田収さんから紹介されたビデオのURLを記しますので、是非時間を作ってご覧下さい。
https://youtu.be/nnCaNsxd5lc
お時間のある方はアマゾンから売り出されている動画のトップカスタマーレビューをお読みください。
5つ星のうち 5.0全人類必見
投稿者 Blacktaper 投稿日 2016/8/6 形式: DVD
原爆の悲惨さを伝える時、想像力を働かせとよく言われる。だが、想像力とはなんとも頼りないものである。なぜなら、所詮それは自分の経験知識の枠からはみ出るものではないからだ。このドキュメンタリーを観ると、原爆の被害はまさに想像を絶するものであったことがよく分かる。
広島への原爆投下後まもなく写された、現存することが知られているたった2枚の写真。その中に、黒い何かを抱きながら走っているような恰好をした女性と、頭髪が爆発したような女性が写っている。その2人と周囲の人々がどのような状況にあったのか、当時この場所(御幸橋)に実際にいた目撃者の証言や専門家の見解も交えながら、徹底的に検証が行われる(ちなみにこの写真の中には、今年5月に広島を訪れたオバマ大統領と握手した坪井直氏も写っている。なんという偶然であろうか)。
圧巻は、写真の中の人物をCGとして動かす場面だろう。それは決してドラマのようなオーバーアクションではなく、あくまで証言に基づいた動きのみであり、それぞれが単調な挙動をするにすぎない。しかし、だからこそ、かえって真実味が増し、原爆被害の実相が強烈に実感できるのだ。
NHKスペシャルはこれまでいくつも見てきたが、これほど圧倒的なインパクトを持ったものはかつてなかった。昨年はじめて観た時から忘れがたかったが、今回、英語音声・字幕も付けられてDVD化された。まさに世界中の人々に観てもらいたい内容である。
Advertisements


ヒロシマが忘れられない by limitlesslife
August 8, 2017, 11:48 am
Filed under: ヒロシマ

Hiroshima Haunting

Hiroshima Haunting

Remarks at Hiroshima-Nagasaki Commemoration at Peace Garden at Lake Harriet, Minneapolis, Minn., Aug. 6, 2017

Thank you for inviting me to speak here. I’m grateful and honored, but it is not an easy task. I’ve spoken on television and to large crowds and to important big shots, but here you are asking me to speak to hundreds of thousands of ghosts and billions of ghosts in waiting. To think about this subject wisely we must keep all of them in mind, as well as those who tried to prevent Hiroshima and Nagasaki, those who survived, those who reported, those who forced themselves to remember over and over in order to educate others.

Perhaps even more difficult is thinking about those who rushed to make all those deaths and injuries happen or who went along unquestioning, and those who do the same today. Nice people. Decent people. People superficially similar to you. People who do not abuse their children or their pets. People perhaps like the commander of the U.S. Pacific Fleet who was asked last week if he would launch a nuclear attack on China if President Trump ordered him to. His response was a very principled and reasonable yes, he would obey orders.

If people don’t obey orders, the world falls apart. Therefore one must obey orders even when they rip the world apart — even illegal orders, orders that violate the U.N. Charter, orders that ignore the Kellogg-Briand Pact, orders that annihilate forever all existence of or memory of every beautiful childhood memory and every child.

In contrast, Jeremy Corbyn, the head of the Labour Party in the U.K., and the next prime minister if current trends continue, has said he would never use nuclear weapons. He was widely denounced for being so unreasonable.

We can and must eliminate nuclear weapons from the face of the earth before they are intentionally or accidentally used. Some of them are thousands of times what was dropped on Japan. A small number of them could create a nuclear winter that starves us out of existence. Their proliferation and normalization guarantees that our luck will run out if we do not eliminate them. Nukes have been accidentally launched in Arkansas and accidentally dropped on North Carolina. (John Oliver said not to worry, that’s why we have TWO Carolinas). The list of near misses and misunderstandings is staggering.

Steps like the new treaty advanced by most of the world’s nations to ban possession of nuclear weapons must be worked for with everything we’ve got, and followed with campaigns to divest all funding, and to extend the process to nuclear energy and depleted uranium.

But bringing the nuclear nations, and in particular the one we are standing in, to join the world on this will be a major hurdle, and it may be insurmountable unless we take steps not only against this worst of all weapons thus far manufactured but also against the institution of war itself. Mikhail Gorbachev says that unless the United States scales back its aggression and military dominance with non-nuclear nations, other nations will not abandon the nuclear missiles that they believe protect them from attack. There is a reason that many observers view the latest sanctions against Russia, North Korea, and Iran as a prelude to war on Iran, and not on the other two.

It is the ideology of war, as well as the armaments and agencies of war, that condemns Jeremy Corbyn while applauding a man who professes blind obedience to an illegal order. One wonders whether such good soldiers and sailors view Vasili Alexandrovich Arkhipov as a degenerate or a hero. He was of course a Soviet Navy officer who refused to launch nuclear weapons during the Cuban missile crisis, thereby quite possibly saving the world. As enjoyable as we may find all the lies and exaggeration and demonization directed at Russia by our elected and unelected officials and their media outlets, I think erecting statues of Vasili Arkhipov in U.S. parks would be much more useful. Perhaps next to statues of Frank Kellogg.

It’s not simply the ideology of war we have to overcome, but parochialism, nationalism, racism, sexism, materialism, and the belief in our prerogative to destroy the planet, whether by radiation or by fossil fuel consumption. This is why I have misgivings about something like a March For Science. I have yet to hear of a march for wisdom or a rally for humility or a demonstration for kindness. We even had a rally for Nothing, in opposition to rallies, organized by a comedian in Washington, D.C., prior to ever having had one demonstration for these other important causes.

There’s a line in a book and movie by Carl Sagan called Contact that has the main character sagely wanting to inquire of a more technologically advanced civilization how they made it past the stage of “technological adolescence” without destroying themselves. But this is not technological adolescence we are in. Technology will continue to produce more and more dangerous devices as time goes by. Technology will not become mature and begin producing only helpful stuff, because technology is not a human being. This is MORAL adolescence we are in. We empower delinquents who urge police to crack heads and their buddies to assault women, and who try to solve problems with giant walls, junior-high-level propaganda, denial of healthcare, and the frequent firing of people.

Or we empower equally adolescent prom-king characters like the U.S. president who went to Hiroshima a little over a year ago and declared quite falsely that “Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man,” and who urged us to resign ourselves to permanent war with the words: “We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations and the alliances that we form must possess the means to defend ourselves.”

Yet a dominant militarized nation gains absolutely nothing defensive from nukes. They do not deter terrorist attacks by non-state actors in any way. Nor do they add an iota to the U.S. military’s ability to deter nations from attacking, given the United States’ ability to destroy anything anywhere at any time with non-nuclear weapons. They also don’t win wars, and the United States, the Soviet Union, the United Kingdom, France, and China have all lost wars against non-nuclear powers while possessing nukes. Nor, in the event of global nuclear war, can any outrageous quantity of weaponry protect the United States in any way from apocalypse.

We must work to eliminate nuclear weapons, President Barack Obama said in Prague and Hiroshima, but, he said, probably not in his lifetime. We have no choice but to prove him wrong about that timing.

We need to evolve beyond what our leaders tell us about nuclear weapons, including what our schools tell our children about Hiroshima and Nagasaki. Weeks before the first bomb was dropped, Japan sent a telegram to the Soviet Union expressing its desire to surrender and end the war. The United States had broken Japan’s codes and read the telegram. President Harry Truman referred in his diary to “the telegram from Jap Emperor asking for peace.” Japan objected only to surrendering unconditionally and giving up its emperor, but the United States insisted on those terms until after the bombs fell, at which point it allowed Japan to keep its emperor.

Presidential advisor James Byrnes had told Truman that dropping the bombs would allow the United States to “dictate the terms of ending the war.” Secretary of the Navy James Forrestal wrote in his diary that Byrnes was ‘most anxious to get the Japanese affair over with before the Russians got in.’ They got in the same day Nagasaki was destroyed.

The United States Strategic Bombing Survey concluded that, “… certainly prior to 31 December, 1945, and in all probability prior to 1 November, 1945, Japan would have surrendered even if the atomic bombs had not been dropped, even if Russia had not entered the war, and even if no invasion had been planned or contemplated.” One dissenter who had expressed this same view to the Secretary of War prior to the bombings was General Dwight Eisenhower. The Chairman of the Joint Chiefs of Staff Admiral William D. Leahy agreed: “The use of this barbarous weapon at Hiroshima and Nagasaki was of no material assistance in our war against Japan. The Japanese were already defeated and ready to surrender,” he said.

The United States needs to stop lying to itself and start leading a reverse arms race. This will require humility, deep honesty, and openness to international inspections. But as Tad Daley has written, “Yes, international inspections here would intrude upon our sovereignty. But detonations of atom bombs here would also intrude upon our sovereignty. The only question is, which of those two intrusions do we find less excruciating.”



キューバの『チェ・ゲバラが広島に立つた日』 by limitlesslife
August 5, 2017, 4:33 am
Filed under: ヒロシマ

『チェ・ゲバラが広島に立つた日』

2017年08月04日


「革命という言葉を軽々しく使わないで」

 共産・小池氏朝日新聞デジタル8/3() 19:25配信

 ■小池晃・共産党書記局長(発言録)
 内閣改造があったが、革命という言葉をね、軽々しく使わないでほしいと思います。人づくり革命(担当相)と。革命っていうのはもう政治権力が変わるわけですよ。ある階級からある階級に政治権力が変わるような重い言葉だと思う。
 人づくり革命なんだったら、やっぱり政権交代するしかない。共産党が政権についてこそ本当の人づくり革命なんじゃないですか。(記者会見で)

- ———————————-

 小池さん。さすがに革命政党だけあって、革命と言う言葉に誇りをもって、きちっとした指摘をされますね。安倍氏はそんな深い意味とも知らずに、印象操作に役立てばと軽い気持ちで使ったと考えられますね。

  ———————————–
    伊藤 千尋さんのカミーロ・ゲバラと私

カミーロ・ゲバラと私(伊藤 千尋)

 今日はカミーロ・ゲバラ氏を取材しました。
 あのチェ・ゲバラの長男です。50分の単独会見でした。彼は9日から写真展を東京で開催するために初めて来日したのです。父親の記憶はまったくないのですが、実は・・・という話が出ました。未公開の話です。
 この10月9日がゲバラの死から50周年に当たります。

会見の内容は週刊金曜日などに書く予定です。10月にピースボートでキューバに行きますが、そのさいにゲバラ研究所を訪れ、その「実は・・・」に触れてきます。

——————————————–

写真展 写真家、チェゲバラが見た世界

日時:89日から27()11時へ20

場所:恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム

     



8・6ヒロシマ国際対話集会の案内 by limitlesslife
July 22, 2017, 4:53 am
Filed under: ヒロシマ

核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)の沢田です。重複ご容赦ください。
HANWAが毎年8月6日に開催する「8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2
017」の案内です。多くの方の参加をよびかけます。チラシを添付します。拡
散歓迎です。

8・6ヒロシマ国際対話集会―反核の夕べ2017
核兵器禁止条約から核廃絶へ ―今、私たちは何をなすべきか―

2017年8月6日(日)14:30~18:00 (開場14:00)
合人社ウェンディひと・まちプラザ(広島市まちづくり市民交流プラザ)
6F マルチメディア・スタジオ(広島市中区袋町6-36 電話:082-545-3911)
資料代 700円(学生無料)
パネリスト
●川崎 哲さん 核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)国際運営委員、ピースボート共同代表
●太田昌克さん ジャーナリスト 共同通信編集委員、論説委員兼務
●原田 浩さん 元広島平和記念資料館館長、被爆者
●高校生平和大使 第20代高校生平和大使(広島)
●ピーター・カズニックさん アメリカン大学教授
●森瀧春子さん 核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表(HANWA)
<コーディネーター>
●沢田 正 HANWA事務局長、日本ジャーナリスト会議会員(JCJ)
共催:核兵器廃絶をめざすヒロシマの会(HANWA)、NO DU(劣化ウラン兵
器禁止)ヒロシマ・プロジェクト(ICBUW-HIROSHIMA)
連絡先:090-7307-1862(沢田)

**********************
沢田 正
mail:fwky0862@nifty.com
携帯:090-7307-1862
FAX:082-231-5877
**********************



8月6日 被ばくの歴史・平和学市民研究交流集会 in 広島でお会いしましょう by limitlesslife
July 2, 2017, 1:31 am
Filed under: ヒロシマ

大変お世話になっております。被ばくの歴史・平和学市民コンソーシアム全国事務局の堀伸夫です。

8月6日(日曜)広島市の東区民文化センターで、荒木田岳(福島大学准教授)、高良鉄美(琉球大学大学院教授)、永田浩三(元NHKプロデューサー、武蔵大学教授)、田中利幸(元広島市立大学広島平和研究所教授)、望月衣塑子(東京新聞記者)、高橋博子(名古屋大学研究員)、林衛(富山大学准教授)、藍原寛子(ジャーナリスト)、西里扶甬子(ジャーナリスト)の各氏が登壇する研究交流集会が開催されます。
一堂に会することの困難なメンバーによる夏の白熱平和自由大学講座。
ぜひご参加ください。

集会名
被ばくの歴史・平和学市民研究交流集会 in 広島
集会公式ウェブサイト
http://peacestudies.jp
フライヤーダウンロード
https://1drv.ms/b/s!AnSYLgd5SVGYgyWB9xxjQIcM4cvw
メインテーマ
「核・戦争・基地の被害の《隠蔽》と学問・報道・言論の自由の《危機》」
サブテーマ
「軍学共同に抗し、非戦の歴史に学び、《広島》発の平和研究を問いなおす」

主催
被ばくの歴史・平和学市民コンソーシアム
http://chips.peacestudies.jp
事務局 〒737-0026広島県呉市神原町8-1堀伸夫
メールアドレス chips@peacestudies.jp
電話 080-4559-9216

日時 2017年8月6日(日曜)13時00分〜18時

会場 広島市・東区民文化センター大会議室+スタジオ2+大広間
アクセス地図
https://www.google.co.jp/maps/dir/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E9%A7%85/%E3%80%92732-0055+%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E5%BA%83%E5%B3%B6%E5%B8%82%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E6%9D%B1%E8%9F%B9%E5%B1%8B%E7%94%BA%EF%BC%91%EF%BC%90%E2%88%92%EF%BC%93%EF%BC%91+%E6%9D%B1%E5%8C%BA%E6%B0%91%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC/@34.3970016,132.4793612,16z/data=!4m8!4m7!1m2!1m1!1s0x355a9f53bc20533b:0x28413f32450be7eb!1m2!1m1!1s0x355a9f5a60db73d5:0xfffcb23945a7ea76!3e2

交通案内
○JRをご利用される場合
・広島駅下車後、新幹線口に出て、新幹線高架橋沿いに東方向へ徒歩で約10分です。
○路面電車を利用の場合
・「広島駅(終点)」で降りる。広島駅ビルにむかって右のJR線路に沿って進む。愛宕踏切を渡ってすぐの道を右に進む。 荒神陸橋のガード下をくぐって左に曲がる。目前に見える7階建て薄茶色の建物が東区総合福祉センターです。

参加費 1,000円(全日程通しパスポート。中学生以下無料、乳幼児のお世話の必要な方は無料の児童室が使えます)
※コンソーシアムの継続と報告集出版のためのカンパもよろしくお願い申し上げます。

登壇予定者
荒木田岳(福島大学准教授)、高良鉄美(琉球大学大学院教授)、永田浩三(元NHKプロデューサー、武蔵大学教授)、田中利幸(元広島市立大学広島平和研究所教授)、望月衣塑子(東京新聞記者)、高橋博子(名古屋大学研究員)、林衛(富山大学准教授)、藍原寛子(ジャーナリスト)、西里扶甬子(ジャーナリスト)、堀伸夫(被ばくの歴史・平和学市民コンソーシアム全国事務局担当世話人)

日程
13:00

①オープニングレクチャー
会場 1階 スタジオ2
司会・西里扶甬子さん(ジャーナリスト)
主催者あいさつ
田中利幸さん(元広島市立大学広島平和研究所教授、被ばくの歴史・平和学市民コンソーシアム顧問)
13:05
講演1
荒木田岳さん(福島大学行政政策学類准教授)
福島第1原発事故による放射能汚染と言論状況について体験からお話しいただきます。
1969年石川県金沢市生まれ。1999年一橋大学大学院社会学研究科修了。2000年より福島大学行政政策学類准教授。専門は、地方制度史、地方行政論。共著に『茨城の占領時代』(茨城新聞社)、『占領とデモクラシーの同時代史』(日本経済評論社)
13:55
講演2
高良鉄美さん(琉球大学法科大学院教授)
1953年に原爆展を開催したことなどを理由に琉球大学の学生が退学処分となった事件と現在の沖縄の言論状況についてお話しいただきます。
1954年那覇市生まれ、1984年九州大学大学院法学研究科博士課程(単位取得満期)、琉球大学法文学部赴任、1989年〜1991年8月 米国バージニア大学客員教授。著書に「沖縄から見た平和憲法」(未來社)、「僕が帽子をかぶった理由—みんなの日本国憲法」(クリエイティブ21)他。
14:45
ミニレクチャー
望月衣塑子さん(東京新聞社会部記者)
社会部記者としての取材経験から現政権下での情報公開、言論・報道の自由をめぐる状況についてお話しいただきます。
1975年、東京都生まれ。東京新聞社会部記者。慶応義塾大学法学部卒業後、東京新聞に入社。武器輸出問題のほか、森友学園・加計学園問題の取材でも注目されている。著書に「武器輸出と日本企業」(角川書店)、「武器輸出大国ニッポンでよいのか」(あけび書房)
15:00 休憩

15:10
②分科会 各90分
●第1分科会 1階 スタジオ2
「被ばく調査と核・武器開発の軍学協同史」
対談 望月衣塑子(東京新聞社会部記者)
高橋博子(名古屋大学研究員)
モデレーター 藍原寛子(ジャーナリスト)
●第2分科会 3階 大会議室
「日本社会はなぜ人間を守れないのか
ー原爆・イタイイタイ病・水俣病・原発震災などを事例に」
報告 林衛(富山大学准教授)
コメンテーター 荒木田岳(福島大学准教授)
モデレーター 西里扶甬子(ジャーナリスト)
●第3分科会 3階 和室の大広間
「平和四原則《全面講和・中立堅持・
軍事基地反対・再軍備反対》と1950年代の民衆史に学ぶ」
問題提起者 田中利幸(歴史学者、元広島平和研究所教授)
討論者 高良鉄美(琉球大学法科大学院教授)
永田浩三(元NHKプロデューサー、武蔵大学教授)
モデレーター 堀伸夫(全国事務局

※分科会のテーマに関連した自著論文・記事などがあり、分科会を中心に配布したい方は、各自50部以上ご持参ください。

16:40 休憩
16:50
エンディングディスカッション 3階 和室の大広間
各分科会からの問題提起を登壇者、参加者のみなさんからお話いただきます。
福島発のジャーナリスト藍原寛子さんから「松川事件の記憶遺産と共謀罪」について特別報告をお願いします。
会場のみなさんと平和学、被ばくの歴史の研究、学習の課題、歴史ジャーナリズムの課題についてディスカッョンします。
モデレーター 堀伸夫(全国事務局)

18:30頃から広島駅付近の居酒屋で懇親会
会費4,000円

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan 



17歳のとき広島で被爆されまして、2日間瓦礫の中に埋まっていた by limitlesslife
January 28, 2017, 9:48 pm
Filed under: ヒロシマ

岩村昇先生は、工業高校の生徒だった17歳のとき広島で被爆されまして、
2日間瓦礫の中に埋まっていたそうです、、、
すると先生は、「それはやめたほうがいい」と言われたのです、、、
現地の人々から助けてもらう「サンガイ・ジュウネ・コラギ」、、、
AHIとか、PHDとか、IHIとか、いろいろなNGOを起こしました。
2005年、10年前に78歳でお亡くなりになりました、、、
「君はネパールでなくて、バングラデシュに行きたまえ」と言ったのは岩村先生なので
す、、、

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaih/31/4/31_347/_pdf

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



NHKスペシャル きのこ雲の下で何が起きていたのか (DVD:英語字幕・音声付き) by limitlesslife
October 12, 2016, 2:25 am
Filed under: ヒロシマ
 商品の詳細

NHKスペシャル きのこ雲の下で何が起きていたのか

http://www.nhk-ep.com/products/detail/h21594AA

商品番号:21594AA
販売価格 4,104円(税込)
DVD

1945.8.6
Beneath the Mushroom Cloud

終戦から70年の2015年、あらためて戦争と平和をみつめてNHKが制作したNHKスペシャルをDVD化。

数量
カートに入れるお気に入り登録

原爆投下から70年。
残された写真が、時を経て語り始める。

原爆投下当日の広島を記録した写真が、わずか2枚だけ残っている。
原爆投下3時間後、爆心地から2キロの「御幸橋」の上で撮影されたものだ。
火傷で皮膚を剥がされた痛みに耐える人たち、うずくまる瀕死の人たち――被爆70年を機に、NHKがこの写真を初めて詳細に検証、科学的知見や生き残った被爆者の証言をもとに立体映像化。
原爆の悲惨さを映像で伝えるNHKスペシャル。
フランス公共放送F5との国際共同制作作品

【収録内容】
原爆投下直後の広島。
被爆70年の2015年、その惨状を撮影したわずか2枚の写真を、生き残った被爆者の証言をもとに、NHKが最新の映像技術を用いて立体映像化。
証言者が語る「地獄」とはどんなものだったのか―――
写真に写る人々の姿を、取材で得られた事実をもとに再現。
写真に焼き付けられた、きのこ雲の下の事実に迫る。

【封入物】
・リーフレット 番組スタッフによる制作後記(12P)

○2015年8月6日 NHK総合で放送

*収録時間:64分/16:9LB/ステレオ・ドルビーデジタル/片面一層/カラー

©2016 NHK

*英語音声・英語字幕機能付

[This disc contains English subtitles and audio.]

What happened under the Mushroom Cloud at Hiroshima 1945
The latest technology restores captured on the only remaining two photographs that were taken at locations close to the epicenter on the day of the atomic bombing.
The still images are brought to life with color and motion with the words and surveys of the survivors in the photographs which tells the facts discovered after 70 years for the first time.
New information reveals how the victims acted after the blast and about the intense heat which also affected the people together with the blast and radiation.