Global Ethics


ブラック企業大賞 電通に(NHKも放送) by limitlesslife
December 26, 2016, 7:01 am
Filed under: ブラック企業
紅林進です。
12月23日(金・休)に発表された電通が大賞となったブラック企業大賞2016ですが、
NHKニュースでも放送されました。NHKとしては異例の放送ではないでしょうか。
紅林進です。
私は出席できなかったのですが、12月23日(金・休)に【ブラック企業大賞授賞式&シンポジウム】
が在日本韓国YMCAアジア青少年センター9階 国際ホールで開催され、大賞には株式会社 電通が、
業界賞にはディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)と株式会社プリントパックが、そして
ブラックバイト賞にはDWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)、特別賞には日本郵便
株式会社、またウェブ投票賞には同じく日本郵便株式会社が選ばれたとのことです。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
 
(以下、拡散歓迎)

ブラック企業大賞2016 受賞企業決定いたしました

 2016年12月23日、第5回ブラック企業大賞2016授賞式を行いました。各賞と授賞理由は以下の通りです。

●大賞:株式会社 電通

 電通で働いていた24歳の新入社員・高橋まつりさんは2015年12月25日に自殺した。時間外労働が月105時間という超長時間労働に加えて、上司からのパワハラによって精神的に追い込まれた結果だった。
 彼女のツイッターには、「はたらきたくない。1日2時間の睡眠時間はレベルが高すぎる」といったものがあるのとともに、亡くなる数日前には「ブラック企業大賞2015」を報道したツイートをリツイートもしていた。
 彼女は、亡くなる直前に母親にメールを送っている。「大好きで、大切な母さん、さようなら、ありがとう、人生も仕事もすべて辛いです。お母さん自分を責めないでね。最高のお母さんだから」。
 電通においては、「殺されても放すな。目的完遂までは・・・」などという社訓『鬼十則』に象徴される異常な精神論が蔓延し、パワハラ・セクハラなどが日常化している。13年前にも入社2年目の男性社員の自殺が過労死と認定され、3年前にも30歳の男性社員の病死が過労死と認定されている。
 電通は、このような過酷で人権侵害的な労働環境をまともに改善することもなく放置し続けた。何人もの労働者がこの企業によって殺された。
 電通は、日本を代表する大企業である。それは輝かしい意味でではない。社会的に決して許されない人権侵害を続けた代表的企業である。ここに、強い怒りを込めて「ブラック企業大賞2016」の大賞を授与する。
●業界賞:ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
 大手デイサービス企業である株式会社日本介護福祉グループが運営する茶話本舗のフランチャイズ店(ディスグランデ介護株式会社)ではサービス提供を行う介護労働者が過酷な労働環境で働かされていた。
 その事業所では人手が少なく、日勤では10人近い利用者を2人で見ることもあるため、利用者の入浴や排泄があれば、1人で残りの利用者に対応しなければならなかった。そのため勤務中はまともに休憩を取ることができなかった。夜勤は1人体制で、呼び出しもあるため十分な仮眠を取れず、日中できなかった事務作業を行なっていた。こうした状況の中で、未払い賃金や休憩が取れないなどの違法状態が広がり、労働基準監督署から是正勧告が出された。
 少子高齢化が進む日本社会において、介護サービスを提供する業界の社会的責任は重要性を増している。この介護業界の社会的重要性と、それを担う労働者が安全に働ける職場環境の構築は急務である。よって、貴社が自らの社会的責任に気づき、労働者を過酷な労働環境で働かせることのないように警告する意味を込め、ここに業界賞を授与する。
●業界賞:株式会社プリントパック
貴社は2010年に新入社員が印刷機に巻き込まれて死亡する労災事故を起こした。当時、この凄惨な死は貴社によって「機械の不具合」による業務遅延として発表された。その後、自らも月80時間前後の「過労死ライン」と見られる残業を繰り返し強いられていた労働者が、労働組合(全印総連ユニオン京・プリントパック京都分会)を結成したが、貴社は組合員に対する配転命令や、残業時間の長さを会社への貢献度と査定し、一時金などを支給しないなどの組合員差別を行った。
同労組が京都府労働委員会に救済を申し立てたところ、2016年7月19日、府労委は、貴社による不当労働行為を認め、賃金や賞与の差額を支払うよう命じた。府労委の尋問で会社取締役は「組合員の異動はストライキを回避するための予防措置」「定時に退社することは、会社に対する抗議行動であり、ストライキと一緒である」と発言し敵意をむき出しにしたという。
ブラック企業の存在によって、労働者を公正に雇用し、責任あるビジネスモデルで応えようとしても営業自体が成り立たない企業は増加している。業界の安易な低価格競争に警鐘を鳴らし、貴社が労働者を大切に扱うことを勧告する意味を込め、ここに「ブラック企業大賞2016」の「業界賞」を授与する。
●ブラックバイト賞:DWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)
 貴社は、学生アルバイトに対し過酷な労働を強いたのみならず、店長の夫である元従業員が同学生に暴力行為を行うなどし、その職場環境は極めて劣悪なものであった。この元従業員の暴力行為は、その後、逮捕・略式起訴されるに至った。
 この店舗でアルバイトをしていた学生は、4か月連続勤務や20万円以上の自腹購入を強いられており、学生は「辞めたい」と店長に訴えた。ところが、当時の店長は学生に対し「懲戒解雇にする。懲戒解雇となれば就職もできない」「店が潰れたら4000万円の損害賠償を請求する」と脅し、学生は辞めることができなかったという。その結果、学生は前期の単位を全て落とし、学業を脅かされてしまった。
 大学学費の高騰や経済的背景から、アルバイトをせざるを得ない大学生が増加しているなか、アルバイト先で学業に支障をきたすほど過酷な労働を強いる「ブラックバイト」が増加していることは周知のとおりであるが、貴社は、これに犯罪行為(暴行行為)まで加わるなど、その中でも極めて悪質なものと認めることができる。よって、ここに、ブラックバイト賞を授与する。
●特別賞:日本郵便株式会社
 貴社は201112月心疾患で亡くなった男性従業員に対し、生前パワハラを行い、鬱病を悪化させた。また近年、貴社が運営する郵便局で従業員の自殺が相次ぎ、いずれも遺族はパワハラが原因と指摘している。貴社で起きる事件で、これほど「パワハラ」という言葉が聞かれるのは、異常な事態といえる。
そもそも貴社は、年賀状などの販売で一人数千枚、一万枚など理不尽なノルマを課し、その結果従業員が高額の自腹購入を強いられていると度々報じられている。貴社は「強制ではない」などと否定するが、多くの不満の声が上がっていることは事実である。また、2011年には14000人もの非正規従業員を雇い止めにした。
 ウェブ投票でも、貴社は圧倒的な勢いを見せ、2位にダブルスコアをつけ、独走状態での1位獲得となった。これこそ、貴社への怨嗟の声が渦巻いていることの証左である。
 よって、貴社には、パワハラや自爆営業など、深刻な問題があると認め、ここに特別
賞を授与する。
 おりしも師走である。貴社が現場の従業員たちを酷使しないよう、警告する意味も込める。
●ウェブ投票賞:日本郵便株式会社
 貴社は、第5回ブラック企業大賞における一般市民からのウェブ投票において、
5,967票(ウェブ投票5,958票、授賞式会場での直接投票9票)と、他企業と
比べ圧倒的に多い票数を得ました。これも貴社の労働者へのひどい仕打ちがイン
ターネット等を通じ、全国に知られることとなり、多くの人たちからの批判が生
まれていることの結果です。ここにウェブ投票賞を贈呈するとともに、一日も早
い改善を求めます。
Advertisements


ブラック企業大賞2016 受賞企業決定(2016年12月23日)   by limitlesslife
December 25, 2016, 1:12 pm
Filed under: ブラック企業

紅林進です。
私は出席できなかったのですが、12月23日(金・休)に【ブラック企業大賞授賞式&シンポジウム】
が在日本韓国YMCAアジア青少年センター9階 国際ホールで開催され、大賞には株式会社 電通が、
業界賞にはディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)と株式会社プリントパックが、そして
ブラックバイト賞にはDWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)、特別賞には日本郵便
株式会社、またウェブ投票賞には同じく日本郵便株式会社が選ばれたとのことです。
詳しくは下記サイトをご覧ください。
 
(以下、拡散歓迎)

ブラック企業大賞2016 受賞企業決定いたしました

 2016年12月23日、第5回ブラック企業大賞2016授賞式を行いました。各賞と授賞理由は以下の通りです。

●大賞:株式会社 電通

 電通で働いていた24歳の新入社員・高橋まつりさんは2015年12月25日に自殺した。時間外労働が月105時間という超長時間労働に加えて、上司からのパワハラによって精神的に追い込まれた結果だった。
 彼女のツイッターには、「はたらきたくない。1日2時間の睡眠時間はレベルが高すぎる」といったものがあるのとともに、亡くなる数日前には「ブラック企業大賞2015」を報道したツイートをリツイートもしていた。
 彼女は、亡くなる直前に母親にメールを送っている。「大好きで、大切な母さん、さようなら、ありがとう、人生も仕事もすべて辛いです。お母さん自分を責めないでね。最高のお母さんだから」。
 電通においては、「殺されても放すな。目的完遂までは・・・」などという社訓『鬼十則』に象徴される異常な精神論が蔓延し、パワハラ・セクハラなどが日常化している。13年前にも入社2年目の男性社員の自殺が過労死と認定され、3年前にも30歳の男性社員の病死が過労死と認定されている。
 電通は、このような過酷で人権侵害的な労働環境をまともに改善することもなく放置し続けた。何人もの労働者がこの企業によって殺された。
 電通は、日本を代表する大企業である。それは輝かしい意味でではない。社会的に決して許されない人権侵害を続けた代表的企業である。ここに、強い怒りを込めて「ブラック企業大賞2016」の大賞を授与する。
●業界賞:ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)
 大手デイサービス企業である株式会社日本介護福祉グループが運営する茶話本舗のフランチャイズ店(ディスグランデ介護株式会社)ではサービス提供を行う介護労働者が過酷な労働環境で働かされていた。
 その事業所では人手が少なく、日勤では10人近い利用者を2人で見ることもあるため、利用者の入浴や排泄があれば、1人で残りの利用者に対応しなければならなかった。そのため勤務中はまともに休憩を取ることができなかった。夜勤は1人体制で、呼び出しもあるため十分な仮眠を取れず、日中できなかった事務作業を行なっていた。こうした状況の中で、未払い賃金や休憩が取れないなどの違法状態が広がり、労働基準監督署から是正勧告が出された。
 少子高齢化が進む日本社会において、介護サービスを提供する業界の社会的責任は重要性を増している。この介護業界の社会的重要性と、それを担う労働者が安全に働ける職場環境の構築は急務である。よって、貴社が自らの社会的責任に気づき、労働者を過酷な労働環境で働かせることのないように警告する意味を込め、ここに業界賞を授与する。
●業界賞:株式会社プリントパック
貴社は2010年に新入社員が印刷機に巻き込まれて死亡する労災事故を起こした。当時、この凄惨な死は貴社によって「機械の不具合」による業務遅延として発表された。その後、自らも月80時間前後の「過労死ライン」と見られる残業を繰り返し強いられていた労働者が、労働組合(全印総連ユニオン京・プリントパック京都分会)を結成したが、貴社は組合員に対する配転命令や、残業時間の長さを会社への貢献度と査定し、一時金などを支給しないなどの組合員差別を行った。
同労組が京都府労働委員会に救済を申し立てたところ、2016年7月19日、府労委は、貴社による不当労働行為を認め、賃金や賞与の差額を支払うよう命じた。府労委の尋問で会社取締役は「組合員の異動はストライキを回避するための予防措置」「定時に退社することは、会社に対する抗議行動であり、ストライキと一緒である」と発言し敵意をむき出しにしたという。
ブラック企業の存在によって、労働者を公正に雇用し、責任あるビジネスモデルで応えようとしても営業自体が成り立たない企業は増加している。業界の安易な低価格競争に警鐘を鳴らし、貴社が労働者を大切に扱うことを勧告する意味を込め、ここに「ブラック企業大賞2016」の「業界賞」を授与する。
●ブラックバイト賞:DWE JAPAN株式会社(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)
 貴社は、学生アルバイトに対し過酷な労働を強いたのみならず、店長の夫である元従業員が同学生に暴力行為を行うなどし、その職場環境は極めて劣悪なものであった。この元従業員の暴力行為は、その後、逮捕・略式起訴されるに至った。
 この店舗でアルバイトをしていた学生は、4か月連続勤務や20万円以上の自腹購入を強いられており、学生は「辞めたい」と店長に訴えた。ところが、当時の店長は学生に対し「懲戒解雇にする。懲戒解雇となれば就職もできない」「店が潰れたら4000万円の損害賠償を請求する」と脅し、学生は辞めることができなかったという。その結果、学生は前期の単位を全て落とし、学業を脅かされてしまった。
 大学学費の高騰や経済的背景から、アルバイトをせざるを得ない大学生が増加しているなか、アルバイト先で学業に支障をきたすほど過酷な労働を強いる「ブラックバイト」が増加していることは周知のとおりであるが、貴社は、これに犯罪行為(暴行行為)まで加わるなど、その中でも極めて悪質なものと認めることができる。よって、ここに、ブラックバイト賞を授与する。
●特別賞:日本郵便株式会社
 貴社は201112月心疾患で亡くなった男性従業員に対し、生前パワハラを行い、鬱病を悪化させた。また近年、貴社が運営する郵便局で従業員の自殺が相次ぎ、いずれも遺族はパワハラが原因と指摘している。貴社で起きる事件で、これほど「パワハラ」という言葉が聞かれるのは、異常な事態といえる。
そもそも貴社は、年賀状などの販売で一人数千枚、一万枚など理不尽なノルマを課し、その結果従業員が高額の自腹購入を強いられていると度々報じられている。貴社は「強制ではない」などと否定するが、多くの不満の声が上がっていることは事実である。また、2011年には14000人もの非正規従業員を雇い止めにした。
 ウェブ投票でも、貴社は圧倒的な勢いを見せ、2位にダブルスコアをつけ、独走状態での1位獲得となった。これこそ、貴社への怨嗟の声が渦巻いていることの証左である。
 よって、貴社には、パワハラや自爆営業など、深刻な問題があると認め、ここに特別
賞を授与する。
 おりしも師走である。貴社が現場の従業員たちを酷使しないよう、警告する意味も込める。
●ウェブ投票賞:日本郵便株式会社
 貴社は、第5回ブラック企業大賞における一般市民からのウェブ投票において、
5,967票(ウェブ投票5,958票、授賞式会場での直接投票9票)と、他企業と
比べ圧倒的に多い票数を得ました。これも貴社の労働者へのひどい仕打ちがイン
ターネット等を通じ、全国に知られることとなり、多くの人たちからの批判が生
まれていることの結果です。ここにウェブ投票賞を贈呈するとともに、一日も早
い改善を求めます。


ブラック企業大賞2015総括(内田聖子)大賞は 株式会社セブンイレブンジャパンに by limitlesslife
December 5, 2015, 1:40 am
Filed under: ブラック企業
紅林進です。
私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)の
PARCメール通信【Vol.32】より「ブラック企業大賞2015総括」ほか
の報告・案内を転載させていただきます。
以下転送・転載歓迎
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【1】ブラック企業大賞2015総括(内田聖子)
┃   大賞は 株式会社セブンイレブンジャパンに
http://blackcorpaward.blogspot.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
今年で4回目を迎える「ブラック企業大賞」。
11月29日に授賞式が行なわれました。
10月にノミネートした企業は6社。
そのうち、今回大賞他、各賞を受賞した企業は以下の通りです。

●ブラック企業大賞: 株式会社セブンイレブンジャパン
●WEB投票賞 : 株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)
●ブラックバイト賞 : 株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)
●特別賞 : 暁産業株式会社
●アリ得ないで賞 : 株式会社引越社関東(アリさんマークの引越社)

大賞を受賞したセブンイレブンについては、実行委員会は
次のような文言の「表彰状」を差し上げました。

『貴社はフランチャイズに加盟する店主たちの「見切り販売」
の権利を永年妨害し、二〇〇九年公正取引委員会から
排除措置命令を受けました。この時、貴社は表向きには
命令を受け入れましたが、その後も非公式に加盟店の権利を
妨害していたことは、一三年八月の高裁判決と
一四年一〇月の最高裁判決で証明されました。

近年コンビニ業界におけるブラックバイトの問題が
深刻化していますが、その背景に、貴社に代表される
フランチャイズ本部による加盟店搾取の構造があることは
店主らが証言するとおりで す。
セブン&アイ・グループでは好業績が続き、社員たちがベア、
定期昇給など恩恵を受けている一方で、加盟店とそこで働く
従業員たちは、辛酸を嘗めさせられ続けています。

私たちブラック企業対象実行委員会は、貴社が作り出した
この支配構造は類のない歪さであり、
その負の影響も絶大であると判断しました。
よってここに、第4回ブラック企業大賞を授与し、
貴社が言うところの「セブン-イレブン・ファミリー」が真の意味で
共存共栄できるよう、抜本的な対策を講じるよう求めます。』

コンビニに関する最大の問題の一つが、
このフランチャイズ制度です。本部にのみ利益が確保され、
各店舗は見切り販売なども不可能、ひたすら利益が吸い上げられて
いくシステムです。このしくみはいくつかのルポなどでも指摘され、
また今回も授賞式で発言してくださった現場の当事者の方々の声も
挙げられていますが、改善されていません。

さらにセブンイレブンはマスメディアにも絶大な影響力を
持っているため今回のノミネート・受賞式も、マスメディアで
取り上げられることはほぼありませんでした
(フリーランスの方や、スポーツ紙、ネットメディアは取材して
くださいました)。こうしたことにも問題の根深さが感じられます。

またアリさんマークの引越社については下記のような理由で
受賞しました。

『貴社は「アリさんマークの引越社」としてテレビCMを放映するなど、
大変著名な引越会社です。貴社のみならず、引 越社、引越社関西と
グループ会社を有し、全国展開をしています。
こうした大企業であり、かつ、我が国有数の引越会社でありながら
貴社の労務管理は驚くものがありました。

貴社は、同社従業員で元は営業職であったA氏を
シュレッダー係に配転した上、突如としてA氏を懲戒解雇し、
さらに、その懲戒解雇の事由を「罪状」などと記載し、
A氏の顔写真を入れた書面(通称「罪状ペーパー」)
を作成、これをグループ内の全国の店舗に掲示しました。

貴社は、A氏から裁判を起こされると懲戒解雇の理由が
あまりにもお粗末だったため、すぐにこれを撤回しましたが
この罪状ペーパーを貼り続けました。
これに対するA氏所属の労働組合の抗議行動に対して、
貴社幹部ら が、
「おい、こらぁ!」
「なにしとんねん、われえ!」
「言うてみい、こらぁ!」
などと発言する動画も話題となりました。
このほか、貴社に対しては、引越荷物の破損等に対する損害を
従業員に負わせて給与から天引きしていたことから、
全国各地でこれを取り戻す裁判が頻発しています。
こうした貴社の労務管理はブラック企業と称するに十分であり、
通常企業ではあり得ないことの頻発でしたので、
ここにアリ得ないで賞を授与いたします。
一日も早く真面目にやってもらうことを求めます。』

授賞式には、当事者であるAさんが出席してくれ、
ご自身の経験や思いを率直に語ってくださいました。
しかし一方、授賞式の前に、「日刊SPA!」というインターネッ ト
メディアにて、引越社の副社長の「ブラック企業大賞は企業いじめ」
というインタビューが掲載されました。

同社がAさんにした行為は棚に上げ、根拠のない反論を
次々と語る同社に対してブラック企業大賞実行委員会は、
ネットメディア「リテラ」のインタビューに
応えるという形で対応しました。
http://lite-ra.com/2015/11/post-1738.html

ここまでひどいことを社員やアルバイトにしておいて、
どうして平気で、「会社は悪くない、悪いのはそれを批判する側だ」
・・と言えるのでしょうか。
本当に理解に苦しみますが、私たちは今後も当事者が声をあげて
いけるよう、また声をあげた当事者を応援していけるような
取り組みを続けていきたいと考えています。
(内田聖子)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【2】Fair Finance Guide Japan 2016年版スコアを改訂
┃   さらに、労働問題のケース調査を発表!
┃大手金融機関からブラック企業に3000億円近くも投融資が!?
http://fairfinance.jp/news/2015/20151129/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
◆Fair Finance Guide Japan 2016年版 スコア公開◆

世界の金融機関を経済性だけでなく社会性で格付けする
ウェブサイト「Fair Finance Guide」もうご覧いただいた
ことはありますでしょうか?
http://fairfinance.jp/

オランダのNGOらが5年前に始めた金融機関の社会性格付けが
日本の金融機関にも導入されてから2年目に入り、
2016年版のスコアが先月公開されました。

EUでは倫理銀行、GLSコミュニティ銀行やトリオドス銀行
など、社会的に責任ある投融資を謳った銀行が
いくつかあり、厳しい融資基準を設けているところも
あります。例えば、労働問題を起こした企業へは
融資を控える、あるいは厳しくするなどの基準を
持っている銀行もあるのです。

しかし、日本の金融機関は環境破壊や人権侵害に加担する
企業に対する投融資を控えるような運用基準を持っていない
ところがほとんど。新しいスコアも国際的に比較すると
相変わらず、とても低いです。& amp; amp; lt;br>
とはいえ、この一年間で多くの市民の監視の目が
金融機関に突き刺さったのか、昨年に比べると大きく
スコアを伸ばした銀行もあります。

是非2016年版のスコアをご覧ください。

また、自分の銀行のスコアが悪ければ、
Fair Finance Guideのウェブサイトから
銀行にメッセージを送ることもできます。
しっかりとした投融資基準を持ち、
次年度のスコアをよりよくするように銀行に求めましょう!

◆STOP「ブラック企業」融資キャンペーン◆
日本の銀行の多くは労働問題を起こしている企業に対する
厳しい投融資基準を持っていません。
そこで、実態をFair Finance Guideが調査してみたところ、
やはりというかなんというか、
日本の大手金融機関から2011年から2015年8月までの間に
「ブラック企業大賞」でも受賞あるいはノミネートされた
企業4社に対して3000億円近くものお金が流れていることが
判明しました。

ワタミ、ゼンショー、ヤマダ電機、そして大庄の4社に
日本のメガバンクからとてつもないお金が
流れていたのです。

これら企業にとって銀行から融資を受ける、
あるいは株を保有してもらうことは生命線に直結します。
銀行にはこれら企業に対して早急に経営方針を改めるように
求める絶大な力と責任があるにも関わらず、
そんなことよりも利益が優先であるかのように、
湯水のごとくお金を流しています。

Fair Finance Guide Japanのウェブサイトから
銀行にメッセージを送り、「ブラック企業」への
投融資を今後STOPさせましょう!

詳しくはキャンペーンサイトへ
詳細な報告書(12P)もダウンロード可能です。

http://fairfinance.jp/news/2015/20151129/

※PARCはFair Finance Guide日本版の運営団体として、
ウェブサイトの運用の他、実態調査の実施、執筆などに
協力しています。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【3】12月21日(月)
┃ 【年忘れ!PARCスペシャル大トークライブ! 】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
年の瀬がせまってまいりました。
毎年恒例のPARC忘年会、今年は少し趣向をかえて
N.Yから帰国中の映画監督想田和弘さんを筆頭に
豪華ゲストによるトークライブ&交流会として開催いたします。

師走のご多忙の時期とは存じますが、
どなたにも参加いただける会ですので、
是非たくさんの方にお越しいただき、
行く年来る年を飲みながら食べながらトコトン
語りあえたらと思います。
美味しい雑穀料理、ワーカーズコレクティブの
皆さんの手作り料理世界各国の銘酒を取り揃えて、
スタッフや理事一同みなさまのご参加を
お待ちしております!
楽しい楽しい三線ライブもありますよ♪

●日時:2015年 12月21日(月)18:00~21:30
※途中参加ok
●場所 韓国YMCA 9F 国際ホール
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-5-5
TEL:03-3233-0611
地図:http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/
●参加費 4000円(1ドリンク、食事代込み)
※予約者優先
予約申込みフォームはこちら
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html
お電話、メール、faxでもお受付しております。
※遅いお時間からのご参加の場合はお料理が
なくなっている場合もございます。ご了承ください。

【トークライブ 1】
《2015年の問題総決算!課題を超えて話そう!》
2015年はまさに民主主義が問われた年。安保法制、原発再稼働、
TPPと、あらゆるイシューで「アベ政治」との闘いが
繰り広げられました。それぞれ運動に取り組んできた方々に、
NYから帰国したばかりの想田和弘さんをスペシャルゲストに
加え、この一年を、政治、経済、そしてこれからの運動を
語り尽くします!
●想田和弘さん(映画監督)
●ミサオ・レッドウルフさん(首都圏反原発連合)
●内田 聖子(PARC事務局長)
ほか調整中

【トークライブ 2】
《「都市農業の魅力》
自由学校で大人気!畑のクラスの講師お2人に
都市農業の楽しさ、魅力についてトコトンお伺いします。
明日から耕したくなること間違いなし!
●白石良孝さん
(PARC自由学校「東京で農業クラス」講師
江戸時代から300 年続く農家)
●清水誠市さん
(PARC自由学校「はじめてみよう オーガニック菜園
ベジタランド清水)

【トークライブ 3】
《「農、食、エネルギー」これからの日本を明るく変える!》
千葉、茨城、埼玉の各所で地域に根差し、さまざまな活動に
取り組む方々にお話をお伺いいたします。

●コーディネーター:大江正章(PARC共同代表理事、
コモンズ代表)
●ハッタケンタローさん(環境エンタメ★デザイナー
プロデューサー)
●斎藤博嗣さん(一反百姓「じねん道」)
●東光弘さん(NPOグリーンタートルズ代表
市民エネルギーちば合同会社代表社員
アースデイちば実行委員会代表)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【 4】PARC・ニューエコノミクス研究会 第5回
┃   連帯経済とコンヴィヴィアリズムの展望
┃   ~ヨーロッパ国際会議参加報告~
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/151214.html
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
今年秋に、ニューエコノミクスに関する二つの国際会議が
ヨーロッパで行なわれました。
一つはドイツのベルリンで行なわれた連帯経済に関する国際会議
もう一つはフランスのレンヌで開催された
コンヴィヴィアリズム(分かち合い主義:convivialisme)
に関する国際会議です。

前者では連帯経済の現状と可能性、および国際的なネットワーク化の
展望について、 後者では分かち合いの社会の理論的・実践的展望に
ついて活発な議論が行なわれました。

経済・金融危機や多文化共生・社会的結合の理念の危機など、
重層的な構造的問題を抱えるヨーロッパで、
経済の民主化のための戦略と社会発展の新たな展望が
市民社会主導で議論された意義は大きいといえるでしょう。

当研究会では、これらの会議に出席された田中滋さんと
中野佳裕さんに、それぞれが参加した会議の内容を報告して
もらいます。

■日 時:2015年12月14日(月)18:30~21:00
■会 場:PARC自由学校 2F教室
※アクセスはこちら
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html
■参加費
一般:500円
PARC会員・2015年度自由学校受講生:無料
※どなたでもご参加いただける研究会です。
※当日入会・受講の申し込み行うこともできます。
■報告
田中滋(PARC事務局スタッフ)
中野佳裕(国際基督教大学社会科学研究所、PARC自由学校講師)
◆お申し込み 下記のフォームにて送信いただくか、
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃【5】今後のPARC主催・共催・協力・出展イベント一覧
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
★12月14日(月)18:30~21:00
PARC・ニューエコノミクス研究会 第5回
■会 場:PARC自由学校 2F教室
■参加費
一般:500円
PARC会員・2015年度自由学校受講生:無料
※どなたでもご参加いただける研究会です。
※当日入会・受講の申し込み行うこともできます。
———————————————————–
★12月20日(日)9時30分開場
国際有機農業映画祭2015
於:武蔵大学江古田キャンパス1号館B1、1002教室。
●参加費:一般前売り 1500円/当日 2000円|25歳以下
●前売り 500円/当日 1000円。
http://www.yuki-eiga.com/
———————————————————–
★12月20日(日) 13:30~16:30(開場 13:00)
シンポジウム:エシカルケータイのつくり方
-オランダ発フェアフォンの事例をもとに-
http://www.ethical-keitai.net/news/151220symposium
【場 所】ソラシティ カンファレンスセンター 2階Terrace Room
http://solacity.jp/cc/access/index.html
———————————————————–
★12月21日(月)18時~21時
PARC大忘年会&スペシャルトークライブ
●場所 韓国YMCA 国際ホール
●参加費 4000円(1ドリンク、食事代込み)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
年の瀬の、寒さの身にしみる季節となりました。
何度かメール通信でもお知らせさせていただきましたが、
今月の21日にはPARCでも忘年会を企画しています。
気になるお酒のラインナップ。
自由学校日本酒クラスの面々がとっておきのお酒をチョイスして、
皆さんにお注ぎするご予定です。
お料理は雑穀をふんだんに使った美味しいお料理。
もしかしたら、自由学校ミツバチクラスコーディネーターが
チョイスしたとっておき3種類の蜂蜜も販売されるかもしれません。
不安にさせられるニュースの相次いだ2015年度ではありますが、
今後の運動の展望も語りつつ、楽し く締めくくりましょう。
みなさんのご参加も、お待ちしております。
(参加される方はご予約お願いいたします♪↓)
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

PARCスタッフ 浅田麻衣
┏…………………………………………………………………┓
◆お問い合せ先◆

 アジア太平洋資料センター(PARC)事務局
 〒101-0063 東京都千代田区 神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455  FAX.03-5209-3453
E-mail: parcfs@parc-jp.org http://www.parc-jp.org/

PARC会員になりませんか?(年会費12,000円~)
▼ 雑誌『オルタ』が届く!
▼ PARC制作ビデオが常に2割引に!
▼ 自由学校の講座への単発受講が可能に!
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_02.html



11/29(日)「ブラック企業大賞2015 授賞式」@在日本韓国YMCA(水道橋)  by limitlesslife
November 27, 2015, 11:35 pm
Filed under: ブラック企業
紅林進です。

今年で4年目を迎えるブラック企業大賞ですが、その授賞式が
明後日11月29日(日)に東京・水道橋の在日本韓国YMCAで
開催されます。
なおブラック企業にノミネートされた6つの企業の中から、
ブラック企業大賞にふさわしい問題企業を選ぶウェブ投票も
現在やっておりますので、ぜひ投票ください。
投票は下記サイトから。(明日11月28日(土)まで)
これまでの投票結果は下記。
(以下転送・転載歓迎)
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
┃★ブラック企業大賞2015 授賞式は11月29日!★
http://blackcorpaward.blogspot.jp/
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・
今年の「ブラック企業大賞2015」を発表する授賞式は
下記日程に決定しました。

●日時:2015年11月29日(日)14:00~17:00 (開場13:30)
●会場:在日本韓国YMCA 9F国際ホール

 JR 水道橋駅徒歩6分/御茶ノ水駅徒歩9分/地下鉄神保町駅徒歩7分
 ※アクセスマップ  http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/map1.htm
●プログラム予定
14:00 開会
14:05 ノミネート企業発表
14:15 現場・当事者からの声
※今年のノミネート企業のうち、当事者の方や関係者が発言します。
14:45 休憩&投票タイム
15:00 【企画①】受賞企業のBefore/After
※過去の受賞企業がその後どうなったのか?報告をします。
15:20 【企画②】現在、闘っている案件
※ノミネート企業以外で、現在働く人たちが声をあげ、
改善のため闘っている事例を紹介します。
15:30 国際的な取り組み紹介
15:40 受賞企業発表
16:00 まとめと講評
*佐々木亮
*竹信三恵子
*坂倉昇平
進行:河添誠
16:50 終了

★ブラック企 業大賞 実行委員会★
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
アジア太平洋資料センター(PARC) 気付
TEL.03-5209-3455 FAX.03-5209-3453
E-mail: office@parc-jp.org
http://blackcorpaward.blogspot.jp/

★実行委員★
古川琢也(ルポライター)
河添 誠(都留文科大学非常勤講師)
佐々木亮(弁護士)
坂倉昇平(NPO法人POSSE雑誌編集長、ブラックバイトユニオン事務局長)
松元千枝(レイバーネット日本)
内田聖子(アジア太平洋資料センター〈PARC〉事務局長)
須田光照(全国一般東京東部労組書記長)
水島宏明(ジャーナリスト・法政大学教授)
竹信三恵子(ジャーナリスト・和光大学教授)
土屋トカチ(映画監督)



【要申込】明日9/14(月) PARCワンコイン・トークサロン 「ブラック企業に泣き寝入りしない! 」 by limitlesslife
September 14, 2015, 3:31 am
Filed under: ブラック企業

紅林進です。
私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)
では、PARC制作のDVDを上映するとともに、そのDVDの
テーマと関連したトークも行う【PARCワンコイン・トークサロン】
を隔月で開催していますが、今月9月は、明日9月14日(月)
に、『ブラック企業にご用心!就活・転職の落とし穴』とその続
編『ブラックバイトに負けない!クイズで学ぶしごとのルール』
の2本のDVDの上映と両作品を監督をされた映画監督の
土屋トカチさんをゲストに迎えて、作品の解説をしていただく
とともに、解雇撤回闘争を闘ったご自身の体験も踏まえて、
語っていただきます。
どうしたらブラック企業に対抗できるか本音で語り合いましょう!
お申し込みは、下記申し込みフォームからお願いいたします。
以下ご案内を転載させていただきます。

※以下転送・転載歓迎※
_________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
9/14 【PARCワンコイン・トークサロン】
ブラック企業に泣き寝入りしない!
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/150914.html
_________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
グローバル化の時代といわれて久しいですが、
私たちは世界の人たちの暮らしや生業、
その地で起こっている様々な問題について、
ほんとうに理解できているでしょうか?
例えば環境問題ひとつとっても、
今や一国・一地域だけで解決はできないように、
私たちは地球市民として多くの共通課題を持っているのです。

日本とアジア、世界の人びととつながり
これらグローバルな課題をともに解決することをめざすPARCは、
1980年代以降、国内外のネットワー クを生かし独自の調査を行い、
開発教育教材を制作してきました。開発、環境、貿易、貧困、ジェンダー・・・
テーマは多岐にわたりこれま約40本の作品をリリースし、
全国の大学・高校、社会教育の現場で活用されています。

この講座では映像作品を見た後、制作に深く関わってきた方のお話を聞き、
参加者とともにディスカッションを行います。
お互いの感想や意見を出し合いのびのびと語り合いましょう。

************************************************************
■日 時:2015年9月14日(月)19:00~21:30 (開場18:30)
■会 場:PARC自由学校教室
※アクセス:
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

■参加費:500円
■上映作品
「ブラック企業にご用心!就活・転職の落とし穴」

http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/black.html
「ブラックバイトに負けない!クイズで学ぶしごとのルール」
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/blackbaito.html

ワタミやウェザーニュースの過労死事件などをルポルタージュした「ブラック企業にご用心!」。
その続編「ブラックバイトに負けない!」はアルバイトの実態や
労働に関する法律 ・権利についての基礎知識をクイズで学ぶ作品。
ブラック企業とは何かを考え、 悪質な企業を生み出す社会的な背景を解き明かします。

■解 説
●土屋トカチ(映画監督)
今年4年目の「ブラック企業大賞」にPARCは実行委員会として参画してきました。
この取り組みから、劣悪な労働環境に苦しむ人たちを励まし、時には会社を辞め
るという選択肢も含めて「たたかう方法」をつたえようと生まれたのがこの2本
の作品です。委員会のメンバーでもある土屋トカチ監督は自身の解雇闘争をきっ
かけに労働の現状を描き続けてきました。皆さんの身近なところにも、あるいは
ご自身がブラック企業に苦しむ当事者かもしれません。 監督を交えてどうした
らブラック企業に対抗できるか本音で語り合いましょう。

■お申し込み
下記のフォームから入力されるか、
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail:office@parc-jp.org
URL:http://www.parc-jp.org/
********************************************



【要申込】9/14(月) PARCワンコイン・トークサロン 「ブラック企業に泣き寝入りしない! 」 by limitlesslife
September 9, 2015, 10:54 am
Filed under: ブラック企業
紅林進です。
私も会員になっていますアジア太平洋資料センター(PARC)
では、PARC制作のDVDを上映するとともに、そのDVDの
テーマと関連したトークも行う【PARCワンコイン・トークサロン】
を隔月で開催していますが、今月9月は、9月14日(月)に、
『ブラック企業にご用心!就活・転職の落とし穴』とその続編
『ブラックバイトに負けない!クイズで学ぶしごとのルール』
の2本のDVDの上映と両作品を監督をされた映画監督の
土屋トカチさんをゲストに迎えて、作品の解説をしていただく
とともに、解雇撤回闘争を闘ったご自身の体験も踏まえて、
語っていただきます。
どうしたらブラック企業に対抗できるか本音で語り合いましょう!
お申し込みは、下記申し込みフォームからお願いいたします。
以下ご案内を転載させていただきます。

※以下転送・転載歓迎※
_________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
9/14 【PARCワンコイン・トークサロン】
ブラック企業に泣き寝入りしない!
http://www.parc-jp.org/freeschool/event/150914.html
_________________________
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
グローバル化の時代といわれて久しいですが、
私たちは世界の人たちの暮らしや生業、
その地で起こっている様々な問題について、
ほんとうに理解できているでしょうか?
例えば環境問題ひとつとっても、
今や一国・一地域だけで解決はできないように、
私たちは地球市民として多くの共通課題を持っているのです。

日本とアジア、世界の人びととつながり
これらグローバルな課題をともに解決することをめざすPARCは、
1980年代以降、国内外のネットワー クを生かし独自の調査を行い、
開発教育教材を制作してきました。開発、環境、貿易、貧困、ジェンダー・・・
テーマは多岐にわたりこれま約40本の作品をリリースし、
全国の大学・高校、社会教育の現場で活用されています。

この講座では映像作品を見た後、制作に深く関わってきた方のお話を聞き、
参加者とともにディスカッションを行います。
お互いの感想や意見を出し合いのびのびと語り合いましょう。

************************************************************
■日 時:2015年9月14日(月)19:00~21:30 (開場18:30)
■会 場:PARC自由学校教室
※アクセス:
http://www.parc-jp.org/guidance/guidance_04.html

■参加費:500円
■上映作品
「ブラック企業にご用心!就活・転職の落とし穴」

http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/black.html
「ブラックバイトに負けない!クイズで学ぶしごとのルール」
http://www.parc-jp.org/video/sakuhin/blackbaito.html

ワタミやウェザーニュースの過労死事件などをルポルタージュした「ブラック企業にご用心!」。
その続編「ブラックバイトに負けない!」はアルバイトの実態や
労働に関する法律 ・権利についての基礎知識をクイズで学ぶ作品。
ブラック企業とは何かを考え、 悪質な企業を生み出す社会的な背景を解き明かします。

■解 説
●土屋トカチ(映画監督)
今年4年目の「ブラック企業大賞」にPARCは実行委員会として参画してきました。
この取り組みから、劣悪な労働環境に苦しむ人たちを励まし、時には会社を辞め
るという選択肢も含めて「たたかう方法」をつたえようと生まれたのがこの2本
の作品です。委員会のメンバーでもある土屋トカチ監督は自身の解雇闘争をきっ
かけに労働の現状を描き続けてきました。皆さんの身近なところにも、あるいは
ご自身がブラック企業に苦しむ当事者かもしれません。 監督を交えてどうした
らブラック企業に対抗できるか本音で語り合いましょう。

■お申し込み
下記のフォームから入力されるか、
メール、電話にてお名前申込人数をご連絡ください。
申込フォーム:
http://www.parc-jp.org/guidance/form06.html

********************************************
◆お問い合せ先◆
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)
東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL.03-5209-3455
E-mail:office@parc-jp.org
URL:http://www.parc-jp.org/
********************************************



「ブラック企業」は使うべきではない by limitlesslife
September 7, 2015, 5:46 am
Filed under: ブラック企業
坂井さん
お世話様
的確な指摘ですね。
極悪企業、極悪バイト(ブラックバイト表現も許されません)
「極悪」表現はいろいろな所で使えます。
           (さいたま市 石垣敏夫)
以下転載です
坂井貴司です。
転送・転載歓迎。
9月6日、福岡市で「憲法違反の安保法案の廃案を求める市民集会」に参加し
たあと、私が所属する郵政産業労働者ユニオン九州地方本部大会に出席しました。
大会の終盤で質疑応答が行われました。
私は、壁に貼ってある「ブラック企業を合法化する安倍政権の労働法制改悪を
許さない」と書いた全労連のポスターを指して言いました。
「ブラック企業なる言葉は人種差別です。
ブラックは英語で黒人を意味します。ブラック企業という言い方は、ブラック
という言葉を『悪』の意味で使っています。しかしブラックは、人種差別を受け
てきたアメリカの黒人が『我々はブラックだ』と尊厳ある人間としての意味を込
めて使い始めました。ブラックには、差別と闘ったアメリカの黒人の誇りが込め
られたいます。
そのブラックを現在の日本では、労働者を搾取する悪い企業と言う意味で『ブ
ラック企業』として使っています。これはブラックを尊厳ある人間という意味で
使ってきた黒人の努力を踏みにじる行為です。人種差別です。
私はブラック企業なる言葉は使うべきではないと思います。
労働者を搾取する企業は『極悪企業』と呼ぶべきです。
これは、東京で開催されたある労働者の集会で、『ブラック企業と言う言葉は
人種差別だ。極悪企業というべきだ』と提起されたことです。
現在、日本にはアフリカからかなりの数の黒人が働き、住んでいます。ブラッ
ク企業なる言葉はその人達を傷つけます。
労働組合は人種差別の言葉は使うべきではありません」
私の発言に対して、
「それはその通りだ」、「差別語を使うべきではない」、「何気なくブラック
企業という言葉を使ってきたけれど、人種差別になることは理解していなかった」
という声があがりました。
執行部は
「わかりました。労働組合が人種差別的な言葉を使うことは問題です。県労連に
提起します」
と言いました。
ブラック企業という言葉は定着したようです。しかし、ブラック企業という言
葉を聞く度に傷ついている人々はいます。
皆さん、人種差別の言葉を使うべきではないと、提起してください。
坂井貴司
福岡県
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。