Global Ethics


英国保管のプルトニウム、核兵器500発分の急増 by limitlesslife
November 11, 2016, 8:42 am
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料)

核情報
の田窪です。
 
英国保管のプルトニウム、核兵器500発分の急増
 隠ぺいか無能力か、どちらも問題だ
もんじゅの廃炉を検討するが、再処理政策は続行するという日本政府。今回のサイクル維持の方針の基礎だという「2014年エネルギー基本計画」検討過程で抜け落ちていた英国保管のプルトニウム4トン強。2005年原子力政策大綱策定過程でも言及がない。隠ぺいか無能力か、どちらも大問題。以下、核情報と原子力情報室で11月2日のこの問題について開いた記者会見の資料を紹介します。
 
詳しくは核情報をご覧下さい。


TBSラジオ 荒川強啓デイ・キャッチ 崎山敏也 プルトニウム返還を語る&小西克哉 オバマ大統領キューバ訪問を語る by limitlesslife
March 23, 2016, 3:20 am
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料)

 永岡です、TBSラジオの、荒川強啓デイ・キャッチ、火曜日のレギュラーは国際ジャーナリストの小西克哉さんでした。

政府が戦争準備法案の施行を29日に決定して、戦後禁じられてきた集団的自衛権の行使が可能になり、去年9月に市民が国会を包囲してから半年であり、関連する法令26も発布、PKOに司令官を派遣することになり、また防衛大の卒業生の任官拒否、リスナーより自衛官にならないなら金を返せともあり、防衛大の学生には金銭も支給されて、小西さん、これについて、これは今日のニュースの1位ではあるが実務的なものであり、成立するまでが問題、取り消すには政権交代しかなくそれが有権者のやり方であり、防衛大は自衛隊の幹部を養成するところで、任官拒否は問題、自衛隊が魅力的なものではなく、安倍政権は議会で法案を通しても、幹部候補生に自衛隊の魅力がないと感じられて、強啓さんは閣議決定でのものはおかしく、小西さん、米軍の艦船防衛は本来の防衛なのか?南スーダンへの派遣も、選挙の前は論じないのが見えており、本来極東防衛の法律がいるのに、アフリカ、中東は日本の防衛と異なり、拡大、水増しと言われました。

 

また、プルトニウムのアメリカへの返還、核兵器40発分であり、これは強啓さんが気にされて、TBS記者の崎山敏也さんの報告、プルトニウムが日本にある理由、これは自然に存在せず、原爆や水爆の材料で核保有国は持っていて、しかし日本は核兵器を持たないのに、もんじゅで作ると70年代に持ち、もんじゅの前の前の前の実験のため(=核兵器を作らないとして)にアメリカ、イギリスにもらったもの、冷戦時で同盟国としてもらったものであり、しかしアメリカはカーター政権の核不拡散、核物質の拡散を防ぐもの+スリーマイルでアメリカの原発が増設できず、ロン・ヤス時代、アメリカと日本が蜜月時に、アメリカは日本がプルトニウムを持つのを許し、プルトニウムの拡散を常任指揮者以外に許さない中、日本はプルトニウムを実験用に当時もらい、これは昨年の核安全サミットで、アメリカはプルトニウムの拡散を懸念して、核兵器材料だけでなく燃料用も返し、しかし日本にプルトニウムは48トンあり、兵器級の、原爆を作れるものではない燃料用のプルトニウムを日本が持ち、今回運ばれなかったものに、東海村で扱われた水溶液にプルトニウムがあり、水溶液のプルトニウムは危険で、規制委は固形にして少し安全にしろとしたが、この水溶液をよく事故なく保管できたものであり、プルトニウムは形状により5kg50kg集まると自然に爆発するので、運ぶコンテナはものすごい安全管理が要り、強啓さん、この出港を言ってよかったか(=テロリストに取られないか)と言われて、小西さん、冷戦後旧ソ連の核物質が闇に流されているとも言われて、崎山さん、プルサーマルでやるとしても原発は動かず、日本のプルトニウム保有を中国と韓国が怒り、日本が核兵器を持つことを懸念して、これは大きな問題だと崎山さん締めくくられました。

 

小西さんのデイキャッチャーズボイス、アメリカ・キューバの首脳会談であり、オバマ氏がキューバに行き、現地で演説、現地で生中継されて、しかし本当の生中継かは不明、アメリカだと2030秒遅れの中継で、日本もおそらくそうであり、首脳会談は今日の未明で、テレビでも流れているが、現職大統領がキューバに行くのは88年ぶり、質疑応答もして、米中会談でも質疑はせず、その中で人権問題をアメリカの記者が聞いて、カストロ氏は名前を言ったら釈放するとしており、そういうやり取りがあり、アメリカはキューバに対して、国交正常化だけでなく忌憚なく言うとアメリカは出して、オバマ氏は議会に対して強いことを言っているとしており、しかしアメリカが本気になり外交問題を言ったら何もできず、中国の人権問題を無視しているダブルスタンダード、しかしキューバには医療も教育もあり、バイオテクノロジーも進歩して、やり取りを聞くと、成熟した関係になり得て、アメリカとキューバの関係は、米中関係より良く、日米関係でも本音は言わず、アメリカとキューバはここから始まり、この背景にはローマ法王の意図+中国へのアメリカの焦りがあり、本来は中国に対して出たいのに、冷戦終了後、キューバに支援したのは中国、南米やアフリカに中国が影響力を持ち、そこに戦術核も意図して、中国は、韓国にサードを入れるなら、キューバに核を置く=キューバ危機の再来、アメリカとキューバは東京と伊豆の距離、キューバは中国の兵器導入を拒否しているが、アメリカの議会が問題で、経済制裁の解除は大統領だけで出来ず、議会の承認が必要で、議会を民主党と共和党のどちらが取るかで変わり、歴史でも、止めるとして改善するのに20年かかり、ベトナムもそうであり、本当の関係改善は何世代も要り、今回は商売の素地を作り、中国のインフラ企業がキューバに先に来ることを牽制しており、光ファイバーを入れたら良く、アメリカはそれらを虎視眈々と狙い、アメリカ財界はキューバへの投資を望み、キューバは教育レベルが高く、市場として魅力的であり、早く売り込みたいのだと言われました、以上、デイ・キャッチの内容でした。



【賛同署名募集中】 核セキュリティー・サミットに向けた安倍総理大臣宛公開書簡への賛同のお願い by limitlesslife
March 11, 2016, 10:56 pm
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), 核廃絶

みなさま、

お世話になっております。原子力資料情報室の松久保と申します。

現在、核セキュリティー・サミットに向けた安倍総理大臣宛公開書簡への賛同を募集しています。

賛同いただける方はお名前(ローマ字表記も)と肩書き・所属(英語がある場合はそれも)を3月22日までに原子力資料情報室の以下のアドレス宛にお送り下さい。

contact@cnic.jp (原子力資料情報室、ケイト・ストロネル宛)

何卒よろしくお願いいたします。

—————————————————-
2016年3月4日

皆さん、

日本は、六ヶ所核燃料再処理工場の運転を2018年に開始して、年間最高8000kgものプルトニウムを分離することを計画しています。日本は、すでに約4万8000kgのプルトニウムを保有しています。これは、国際原子力機関(IAEA)の一発当たり8kgという計算方法に従えば、6000発分に相当する量です。

さらに、日本政府は、日本が実質的に永遠に使用済み核燃料の再処理にコミットすることを意味する法案を国会に提出しました。法案の目的は、4月から電力小売市場が自由化された後の競争的環境において原子力発電をする電力会社が破産しても使用済み燃料が間違いなく再処理されるようにすることにあると説明されています。この法律は、原子力発電会社に対し、使用済み燃料発生の段階でその再処理費用を再処理に責任を持つ政府管理下の新法人に払い込むことを義務付けようというものです。再処理で出てくるプルトニウムを消費する原子炉がなくなっていてもプルトニウムの分離を確実に進めようというわけです。法律は、六ヶ所再処理工場の運転だけでなく、第2再処理工場の建設をも義務付けてしまいます。

添付の安倍総理大臣宛公開書簡「世界の核セキュリティー強化に貢献するためのプルトニウム分離中止要請」をご覧下さい。私たちは、諸団体や著名人の署名を得て、この書簡を2016年3月25日に発表することを計画しています。3月31日-4月1日にワシントンDCで開催予定の核セキュリティー・サミットを前にしてのタイミングです。

ご署名頂けるなら、お名前(ローマ字表記も)と肩書き・所属(英語がある場合はそれも)を3月22日までに原子力資料情報室の以下のアドレス宛にお送り下さい。

contact@cnic.jp (原子力資料情報室、ケイト・ストロネル宛)

他の団体への転送歓迎致します。

敬具

伴英幸 原子力資料情報室共同代表

藤本泰成 日本原水爆禁止国民会議(原水禁)事務局長

川崎哲 ピースボート共同代表

田巻一彦 ピースデポ代表

—————————————————-

総理大臣 安倍晋三様

2016年3月25日

要請:プルトニウムの分離を止めることによって世界の核セキュリティー強化に貢献すること

下に署名した私たちは、安倍晋三総理大臣と日本政府に対し、六ヶ所使用済み核燃料再処理工場運転の無期限延期を発表することにより、核セキュリティー・サミットに大きな貢献をするよう要請します。

オランダのハーグで2014年に開かれた第三回核セキュリティー・サミットにおいて、安倍晋三総理大臣とバラク・オバマ大統領は以下の通り合意したことを発表しました。

「日本にある日本原子力研究開発機構(JAEA)の高速炉臨界実験装置(FCA)から,高濃縮ウラン(HEU)及び分離プルトニウムを全量撤去し処分する」

そして両者は、次のように宣言しました。

「この取組は,数百キロの核物質の撤廃を含んでおり、世界規模でHEU及び分離プルトニウムの保有量を最小化するという共通の目標を推し進めるものであり、これはそのような核物質を権限のない者や犯罪者、テロリストらが入手することを防ぐのに役立つ」

FCAの331kgのプルトニウムは、米国サウス・カロライナ州にあるエネルギー省のサバンナリバー・サイトに送られることになっています。FCAを運転する日本原子力機構(JAEA)によると、このプルトニウムのほとんど(236kg)は、元々英国からのもので、93kgが米国、残り(2kg)がフランスからのものです。

サウス・カロライナ州の人々に、警備の不十分なJAEA東海村施設における盗取の可能性から世界を守るためこのプルトニウムを受け入れるようお願いする一方で、日本は2018年に、同じく保安態勢の不確かな六ヶ所再処理工場の運転を開始することを計画しています。日本の使用済み核燃料から最高年間8000kgのプルトニウムを分離するよう設計されているこの工場は、現在、核兵器を保有していない国にある唯一の再処理工場です。

米国国家核安全保障局(NNSA)の世界脅威削減イニシアチブ「撤去プログラム概観」(2014年12月3日)によると、FCAの331kgのプルトニウムは、処分のために米国に送られる物質に関する次のようなプログラム要件を満たしているとのことです。

「その物質は、また、国家安全保障に対する脅威であり、即席核爆発装置で使われる可能性があり、高いテロリスト脅威を有し、盗取または転用に対するセキュリティーを保証する他の合理的な道がないものでなければならない」

NNSAは、この危険性を減らすために努力してきているが脅威がまだ残っていると述べ、世界の民生用分離済みプルトニウム問題に対する注意を喚起し、次のように強調しています。

「世界の民生用プルトニウムは過去20年間で急激に増えて」おり、「プルトニウムの蓄積を止め、その量の削減を開始するために更なる国際取り組みが必要である」

第61回「科学と国際問題に関するパグウォッシュ会議――長崎の声:人間性を心にとどめよ」(2015年11月1-5日 長崎)の後、パグウォッシュ会議評議会は、同じ危惧を持って、次のように宣言しました。

「プルトニウムを分離する再処理は、それがエネルギー目的であれ兵器目的であれ、すべての核兵器国を含め、すべての国で止めるべきである。原子力計画における高濃縮ウランの使用は止めるべきである。国際安全保障に与える影響に鑑み、各国は、核燃料サイクルに関する主権に対する制限について相互に合意しなければならない」

2014年末現在、日本は、4万7800kg(47.8トン)の分離済みプルトニウムを保有しています。日本に1万800kg、英国に2万700kg、フランスに1万6300kgです。「核分裂性物資に関する国際パネル(IPFM)」によると2014年末現在の世界の民生用プルトニウムの量は約27万kg(270トン)です。三つの核保有国(フランス、英国、ロシア)と日本がこの分離済みプルトニウムのほとんどを保有しています。米国は約5万kg(50トン)の兵器用余剰プルトニウムの処分に手を焼いています。核兵器利用可能物質のこれ以上の蓄積は、国際社会にとって、また、日本の隣国にとって懸念事項です。隣国は、なぜ日本が核兵器直接利用可能物質をこんなに大量に分離しているのか訝っています。分離済みプルトニウムはセキュリティー上のリスクです。また、他の国が日本の例に倣えば、核拡散リスクを高めることになります。実際、韓国は、日本と同じプルトニウムを分離する権利を認めるよう米国に要求しています。

安部総理大臣とオバマ大統領は、331kgのプルトニウムを米国に輸送する計画を発表した際、続けて、次のように述べています。

「高濃縮ウラン(HEU)とプルトニウムの最小化のために何ができるかを各国に検討するよう奨励する」

2014年3月のこの時点での計画では、六ヶ所再処理工場の運転が、ちょうどもうすぐ開かれる核セキュリティー・サミットの頃に始まることになっていました。この通りに行けば、非常に皮肉なタイミングになっていたでしょう。この予定は、その後、2018年に延期されました。福島事故の後設立された原子力規制委員会の定めた新しい安全性基準を再処理工場運転事業者が満たせていないからです。日米原子力協力協定を2018年に自動延長させることに米国が同意するよう日本政府が望んでいる状況において、計画延期が実質的に日本のプルトニウム分離の注目度を下げることになることを密かに願っているものがあるかもしれません。協定では、米国型の原子力発電所で使われた使用済み燃料からプルトニウムを分離する権利を米国が日本に認めているからです。

私たちは、日本に対し、ワシントンDCで2016年3月31日-4月1日に開催される核セキュリティー・サミットにおいて、世界の分離済みプルトニウムの存在量を最小限にするという日米両国の目標に向かって進むために、六ヶ所再処理工場運転開始計画の無期限延期を発表するよう要請します。そうすれば、核セキュリティー強化のための世界的な取り組みに対する大いなる貢献となることでしょう。

To: Mr. Shinzo Abe

Prime Minister of Japan

March 25, 2016

Subject: Call to help strengthen worldwide nuclear security by stopping plutonium separation

We, the undersigned, call on Prime Minister Shinzo Abe and the Government of Japan to make a strong contribution to the Nuclear Security Summit by announcing the indefinite postponement of the operation of the Rokkasho spent nuclear fuel reprocessing plant.

At the third Nuclear Security Summit held in The Hague, the Netherlands, in 2014 Prime Minister Shinzo Abe and President Barak Obama announced their agreement to:

“remove and dispose of all highly-enriched uranium (HEU) and separated plutonium from the Fast Critical Assembly (FCA) at the Japan Atomic Energy Agency (JAEA) in Japan.”

They declared that:

“this effort involves the elimination of hundreds of kilograms of nuclear material, furthering our mutual goal of minimizing stocks of HEU and separated plutonium worldwide, which will help prevent unauthorized actors, criminals, or terrorists from acquiring such materials.”

331 kilograms of plutonium from FCA are to be brought to the U.S. Department of Energy’s Savanna River Site in South Carolina. According to the Japan Atomic Energy Agency (JAEA), which operates the FCA, most of the plutonium (236 kg) is originally from the United Kingdom with 93 kg from the U.S. and the rest (2 kg) from France.

While asking the people of South Carolina to accept this material to protect the world from the possibility of theft from the JAEA’s lightly guarded Tokai-mura site, Japan is planning to begin to operate in 2018 its equally insecure Rokkasho Reprocessing plant, which is designed to separate annually up to 8,000 kilograms of plutonium from Japan’s spent nuclear fuel. The plant is currently the only reprocessing plant in a country that does not already possess nuclear weapons.

According to the US National Nuclear Security Administration’s (NNSA’s) Global Threat Reduction Initiative “Removal Program Overview” (December 3, 2014) the 331 kg of plutonium at FCA satisfies the program’s requirements for material to be sent to the United States for disposition, that:

“it must also pose a threat to national security, be susceptible to use in an improvised nuclear device, present a high risk of terrorist threat and have no other reasonable pathway to assure security from theft or diversion.”

While NNSA has been working hard to reduce this danger, it says threats still remain and calls for attention to the world-wide civilian separated plutonium problem emphasizing that:

“Global civilian plutonium inventories have risen sharply over the last 20 years” and that “Further international engagement is needed to stop plutonium accumulation and start drawing down inventories.”

After the 61st Pugwash Conference on Science and World Affairs, “Nagasaki’s Voice: Remember Your Humanity” (1-5 November 2015, Nagasaki, Japan) the Pugwash Council, sharing the same concern, declared:

“Reprocessing to separate plutonium should end in all countries, including all nuclear weapon countries, whether for energy or weapon purposes…In view of the international security consequences of fuel cycle decisions, countries need to mutually agree to restrictions on their national sovereignty in making nuclear fuel cycle decisions.”

As of the end of 2014 Japan had 47,800 kilograms of separated plutonium: 10,800 kg in Japan, 20,700 kg in UK, and 16,300 kg in France. According to the International Panel on Fissile Material (IPFM) the amount of civilian separated plutonium worldwide as of the end of 2014 is about 270,000 kg. Three nuclear weapons states, France, the U.K., and Russia, and Japan account for most of this separated plutonium. The United States is faced with a difficulty trying to dispose of about 50,000 kg of surplus weapons plutonium. Further accumulation of nuclear-weapon-usable material is a concern for the international society and for Japan’s neighbors, who wonder why Japan is separating such huge quantities of directly weapon-useable material. Separated plutonium is a security risk. If other countries followed Japan’s example, it would increase proliferation risks. In fact, South Korea has been demanding that the United States acknowledge that the ROK has the same right as !
Japan to separate plutonium.

When Prime Minister Abe and President Obama announced the plan to transfer 331kg of plutonium to the U.S., they went on to:

“encourage others to consider what they can do to further HEU and plutonium minimization.”

At that time, in March 2014, operations at the Rokkasho reprocessing plant were to begin just around the time of the coming Nuclear Security Summit. This would have been a very ironic timing. The date subsequently was postponed to 2018, due to the inability of the plant’s operator to satisfy the new safety rules set by the Nuclear Regulation Authority created after the Fukushima accident. Some might be secretly hoping that this might effectively lower the profile of Japan’s plutonium separation program at a time when Japan’s Government hopes that the U.S. will agree to automatically extend, in 2018, their Agreement of Cooperation on the Peaceful Uses of Atomic Energy, which includes the U.S. acceptance of Japan’s right to separate plutonium from spent fuel irradiated in U.S. designed nuclear power plants.

We call on Japan to announce, at the Nuclear Security Summit to be held in Washington DC. March 31-April 1 2016, an indefinite postponement of its plan to start the Rokkasho reprocessing plant in order to further the mutual goal of Japan and the U.S. to minimize global stocks of separated plutonium. That would be a great contribution to the worldwide effort to strengthen nuclear security.

——————–
原子力資料情報室
<cnic@nifty.com>このアドレスは各スタッフが共用しています
================================
特定非営利活動法人 原子力資料情報室 (CNIC)
Citizens’ Nuclear Information Center
〒162-0065 東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
TEL.03-3357-3800 FAX.03-3357-3801
URL: http://cnic.jp/
MAP: http://cnic.jp/map.html
=====================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
無料メールマガジン “CNIC EXPRESS”
http://www.mag2.com/m/0000066670.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



元米政府高官ら軍事用余剰プルトニウム利用(MOX)計画中止要請第2弾 by limitlesslife
March 10, 2016, 1:27 am
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料)
核情報
の田窪です。
 
元米政府高官ら軍事用余剰プルトニウム利用(MOX)計画中止要請第2弾
 
2月25日、対日政策に大きな影響力を持ち、駐日大使候補にもなったジョセフ・ナイ元国防次官補を含む13人の元エネルギー・国家安全保障関係米政府高官・専門家らが、米エネルギー省長官に対し、軍事用余剰プルトニウムをMOX燃料として処分する計画を中止するよう要請する書簡を送りました。彼らは昨年9月にも同様の書簡を出していました。今回の書簡は、オバマ大統領が2017年予算案でMOX燃料製造工場建設計画中止を発表した後、議会の計画擁護派が予算復活を目指して圧力を掛けているのを受けてのことです。六ヶ所再処理工場の運転開始計画や中国・韓国の再処理計画を止めるためには米国のMOX計画も止めるべきと主張です。
 
詳しくは核情報をご覧下さい。


プルトニウム輸送船もう一隻が米国に到着 by limitlesslife
February 17, 2016, 7:39 pm
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料)

核情報
http://kakujoho.net/
の田窪です。

プルトニウム輸送船もう一隻が米国に到着
茨城県東海村の「高速炉臨界装置(FCA)」に警備体制の不十分な形で置かれている331kgのプルトニウムの輸送に使われる可能性のある船のうちの1隻と見られていたパシフィック・ニュークリア・トランスポート(PNTL)社運用のオーシャニック・ピンテイル(INS所有)が米国サウス・カロライナ州チャールストン港に入っていたことが2月15日(現地時間:14日22:22)に確認されました(その後停泊してから翌日出港)。SRS監視グループのトム・クレメンツはドイツとスイスのプルトニウムを近くのサバンナ・リバー核施設(SRS)で保管するために運んできたと推測します。積荷を降ろした後、それまで切られていた船舶自動識別装置(AIS)がオンになったということのようです。同社の4隻のうち他の2隻は2月6日にパナマ運河を通過して日本に向かっています。後の1隻(廃棄物輸送船)は神戸港に停泊中です。

詳しくは核情報をご覧下さい。

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



幽霊船2隻パナマ運河を通過──東海村331kgのプルトニウム回収隠密行動と増産計画 by limitlesslife
February 11, 2016, 1:37 pm
Filed under: プルトニウム(祭猛毒・原爆材料)

核情報
http://kakujoho.net/
の田窪です。

幽霊船2隻パナマ運河を通過──東海村331kgのプルトニウム回収隠密行動と増産計画

茨城県東海村の「高速炉臨界装置(FCA)」に警備体制の不十分な形で置かれている331kgのプルトニウムを米国に輸送すると見られる2隻の英国籍の船が2月5日から6日にかけ、パナマ運河を通過しました。早ければ2月末にも日本に到着と見られています。パナマ運河に設けられたウエブカメラが恐らくは通過に合わせてすべて「故障」したため姿が見られませんでしたが、逆に、1月19日に英国のバロー港を出てから切られていた船舶自動識別装置(AIS)がオンに。このAIS情報により2隻の通過が確認されました。

このプルトニウムは、『日本のプルトニウムお断り─米サウスカロライナ州地方紙が怒る「不条理劇」』で紹介したとおり、2014年の核セキュリティー・サミットで米国への輸送を発表したものです。3月31日から4月1日にワシントンDCで開かれる核セキュリティー・サミットで輸送実施中との発表がされるのでしょうか。

このような「隠密行動」はプルトニウムの危険性を再確認するものとなります。「隠密行動」が取られる一方、すでに50トン近くのプルトニウムを保有しながらさらに年間8トンもの分離能力を持つ六ヶ所再処理工場の運転を早期開始しようとする日本の政策の矛盾が、サミットでの発表により国際的に注目されることになるでしょう。

詳しくは核情報をご覧下さい。

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan



日本のプルトニウムお断り ─米サウスカロライナ州地方紙が怒る「不条理劇」 by limitlesslife
核情報
http://kakujoho.net/の田窪です。

日本のプルトニウムお断り
─米サウスカロライナ州地方紙が怒る「不条理劇」
『サウス・カロライナ州の世界に向けたメッセージ──「ノー・モアー・プルトニウム」』と題された社説が新年早々同州地方紙に掲載されました。1月2日のこの社説は、米国エネルギー省が昨年12月末に「外国の国々から最大900kgのプルトニウムを最終処分までの間の貯蔵・処理のためにサウス・カロライナ州のサバンナ・リバー・サイト(SRS)に搬入しても重大な影響はないとの結論」を発表したのを受けてのことです。「結論」は、東海村の「高速炉臨界装置(FCA)」に警備体制の不十分な形で置かれている331kgのプルトニウムを3月末にワシントンで開かれる核セキュリティー・サミットの前にSRSに運び込むことを可能にするためだと見られています。このプルトニウムの日本からの搬出に関する日米合意が、
前回のサミットで発表された主要成果の一つだったからです。

詳しくは核情報をご覧下さい。

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan