Global Ethics


毎日放送ラジオ 上泉雄一のええなぁ(2017/7/20) 谷口真由美 ボランティア10か条を語る by limitlesslife
July 21, 2017, 3:58 am
Filed under: ボランティアー

永岡です、毎日放送ラジオの、上泉雄一のええなぁ、木曜日のレギュラーは大阪国際大学の谷口真由美さんでした。

しゃべりたいんやぁトピックス、夏休みで学生さんたちも被災地のボランティアに行く人もいるが、災害支援のボランティアには学生さんに気を付けてほしいことがあり、親御さんも気を付けてほしいものがあり、現地で空回りがあるが、友人の早稲田大学のボランティアの10か条、(1)ボランティア保険に入ってほしい、ボランティアは自己責任、助けるものであり、ボランティア保険は高くないでぜひ入ってほしい、(2)不眠不休でやったらダメ、気持ちが高まるとその後落ち込み、休息が必要、暑い中で熱中症の危惧もあり、塩昆布などが有用、体力的にしんどいものもあるが、目の前で大変な人を見て神経がハイになり続けると危険、(3)被災地では信頼できる人と行動し、単独行動はしない、2次災害でがれきの下などになった場合単独行動では助けられない、(4)被災者に、〇〇さんの分まで頑張れはダメ、被災者の視線で対応すべき、良かれと思ってアウトのことがあり、優先すべきは相手の感情、普段から高齢者の話を聞くなど必要、(5)被災者の出来る仕事を奪ってはいけない、ともかくサポート、伴奏、ボランティアは主役のランナーではない、(6)色々な状況、大災害は悲惨であり、被災者の感情があるが、ボランティアも感情がコントロールできなくなったらその場から去るべき、涙が止まらないなど心をコントロール出来なくなったらアウト、自分の感情を剝き出しにしたらアウト、(7)できないことはできないとはっきり断るべき、無償ボランティアでも責任はあり、泥かきをやってくれなかったとか恨まれて、出来ないことはできないとはっきり言うべき、被災者にはそれからの生活があることであり、(8)相手の感情に巻き込まれて過度の哀れみ、同情はダメ、上から目線ではなく、支援、サポートのためであるからで、(9)学者によくあるが、大人が出払っていたので子供と遊ぶというものがあるが、過度に興奮させて楽しませるのはダメ、ボランティアが帰った後に出来ないものは、あのお兄ちゃんのいたときは楽しかったと子供に思わせたらダメ、明日はお兄ちゃんおねえちゃん来ないだと現地の子供をかえって悲しませる、(10)被災地であり、非日常でボランティア活動になれていない人の批判をしない、指示が悪いからとか言わず、怒るのではなく、提案が必要で、言える環境か見るべき、と言われて、上泉さん、ボランティア活動の高い気持ちはあるが、行くなら覚悟が必要、やってあげたい欲のために行ったらダメと言われて、谷口さん、行く分の食料とトイレは自前でやり、現地で具合が悪くならないように、それこそ背中にテントを背負っていく気持ちで、現地でお世話になるのではなく、遠い被災地に行くのには覚悟が必要で、何なら今大変な九州より、まだまだ復興の進んでいない東北に行き、気持ちを聴くボランティアも必要、東北で困っている人たちの話を聞くのも必要で、九州で自衛隊、警察の大変なところに行ったら足手まといになる可能性があり、単なる善意だけでやってはダメと言われて、一時に比べて関心の薄れた東北などの支援も必要だと言われました。以上、谷口さんのお話でした。

 

 

Advertisements


ボランティアバスは違反 観光庁が是正通知 by limitlesslife
June 12, 2016, 2:06 am
Filed under: デモ(民意表出)・規制?, ボランティアー
いは、市民運動のバスかもしれません。
■注目ニュース■

NPOなどがボランティアを被災地にバスで派遣する「ボランティアバス」で、公募した参加者から参加費を直接集めるのは実費だけでも旅行業法違反として、観光庁が5月末、業者への委託など是正を求める通知を全都道府県に出していたことが分かった。ボランティアバスは東日本大震災以降、全国で広がり、事実上“黙認”されてきたが、一転して厳格化の方針を打ち出した。多くは法に抵触するとみられ、熊本地震への派遣を取りやめる動きも出ている。

▽旅行業法:ボランティアバスは違反 観光庁が是正通知
http://mainichi.jp/m/?BBd9je
▽ボランティアバス:黙認一転クロに戸惑い 復興庁も知らず(有料会員限定)
http://mainichi.jp/m/?OiqFfS
▽ボランティアバス:実態把握し現場の声を生かした施策を(有料会員限定)
http://mainichi.jp/m/?vOgCcl

________________________
田島さま、情報ありがとうございます。
>狙いは、市民運動のバスかもしれません。
これはすでに始まっています。
去年、関西で、京丹後市の米軍Xバンドレーダー配備反対運動の現地支援のために、行動に参加する人たちを運ぶバスをチャーターし、参加者にその実費負担をして貰ったことに関し、3人の不当逮捕、約20箇所の家宅捜索(弁護士の事務所も!)、という弾圧事件がありました。
以下参照:
今回の官公庁の通知、
現に行われているそうした弾圧の正当化-裁判所を説得する(丸め込む)-ために、「いえいえ思想弾圧しているのではなくて、粛々と旅行業法を適性に運用しているのです」という言い訳を作っているのではないか、という気がしました。
****************************
近藤ゆり子 k-yuriko@octn.jp
****************************

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



今年もお米どうぞ 長野・山谷農場 by limitlesslife
December 30, 2015, 12:29 pm
Filed under: ボランティアー
今年もお米どうぞ 長野・山谷農場

路上生活者などに炊き出しボランティアをしている団体に各地から寄せられた米や野菜
を供給している山谷(やま)農場(長野県小海町、主宰・藤田寛さん)は、今年も年越
し用の米の支援を行っています。
藤田さんは、「支援できる量などについては相談に応じます」と話しています。
また、郵送費として大量の切手が必要なために切手のカンパを訴えています。
山谷農場は、東京都内で炊き出しのボランティアをしていた藤田さんが「安定した供給
者が必要」と1999年に長野県で農作物の生産を始めたのがスタート。
藤田さんは「民主団体の取り組みを支援したい」と話しています。
問い合わせ先は、午後6時以降に090(1436)6334藤田さんへ。
切手の送り先は、長野県南佐久郡小海町大字小海3715 ヒルサイドコーポ102号
山谷農場。
【しんぶん赤旗 2015年12月30日】

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



サンテレビニュースPORT ひょうごボランタリープラザを率いる高橋さんの思い by limitlesslife
March 19, 2015, 10:40 pm
Filed under: ボランティアー

 永岡です、サンテレビのニュースPORT、今日の特集は東日本大震災関係、被災地にボランティアを派遣してきたひょうごボランタリープラザの災害支援アドバイザー、高橋守雄さん(66歳)が今月、退職されます。
ボランティアバスが宮城・名取を訪問しました。3月10日、神戸→宮城にバス、コミュニティの崩壊した被災地を、ボランティアが気遣い、雪も会って往路は20時間、津波にやられた名取市、754人が犠牲になり、復興住宅の建設も進まず、大半の被災者が未だ仮設暮らしです。
ボランティアバスは名取について、神戸からの灯りを名取に、高橋さん、ボランタリープラザの支援をされて、東日本大震災から4年、3月11日、竹灯篭に灯り、犠牲者に黙祷を捧げました。
高橋さんは、阪神・淡路がきっかけでボランティアにかかわり、阪神・淡路はボランティアに助けられ、今はお返しをしたいと、兵庫県の災害対策本部で指揮をして、全国から来たボランティアの皆さんへの感謝で、交通機関もやられた中、来てくれたボランティアの方への感謝のものです。
仙台での清掃活動も行い、現地の被災者から感謝されています。被災者には心の支援が必要で、仮設から出られず、その時期に会わせた、ソフト面の支援がいるのです。
仮設の集会所で、歌を歌い、交流もありました。
高橋さん、3月で現在の職を離れ、ボランティアバスの指揮はこれが最後、今後は、一ボランティアとして、被災地に寄り添うと高橋さん言われます。仮設で過ごす被災者には、まだ支援がいるのです。心も、体も許す限り、支援されるといいます。
神戸から東北へ、復興の思いが絶えることはなく、延べ6000人以上がボランティアに参加して、宮城県より感謝状も送られて、高橋さん、今後は大学の非常勤講師もされるというものです。
神戸から、東北の被災地への支援、サンテレビのニュースの内容でした。


1・18 震災ボランティア同窓会企画 by limitlesslife
January 13, 2015, 1:58 pm
Filed under: ボランティアー

 永岡です、阪神・淡路20年企画のご案内です。
<以下、転送>
【転載歓迎】
西口です。
新年あけましておめでとうございます。
今年も有益な情報を楽しみにしつつ
発信できるものがあるときは積極的に発信していければと思います。
今月17日に阪神淡路大震災から20年を迎えますが
翌日の18日、20年前のボランティアらで集まる「同窓会」が企画されておりして
私も個人的にお手伝いさせていただいております。
ぜひご参加ください。
また関心あられるであろう方々への拡散にご協力いただければ幸いです。
=================
「誰かに会える」・・・
震災ボランティアが20年ぶりに集まる場所として
symposium 1・18 開催のご案内
 1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災での被災者を救おうと、
国内各地はもとより世界中から多くの人々がその支援に駆け付け、
後にこの年は「ボランティア元年」と呼ばれることになりました。
 当時多かった若者のボランティア達も現在は40代以上がほとんどで、
各業種に就き活躍の世代となり、社会を支える立場になっています。
そして社会に巣立ったのちも、1.17の被災地に思いを寄せ、
多くの者が神戸などを中心に今も、
1月17日のその日を過ごすためにこのまちへと足を運んでいます。
 そればかりか東日本支援に関わる者達も、1.17の神戸からなにかを受け止め学び
今後に繋げようと、この地を訪れています。
 しかしそれぞれが思いを抱え追悼行事会場などに身を置きますが、
寒風の中で満足に旧交を育むことも叶わず、そのまま神戸を後にすることが多い
のが実状です。
 せめてあの日から20年のこのまちで、彼らの縁となるべき場を設け提供することで、
穏やかで和やかにボランティアが歩んできた20年を検証し、未来へと続く希望の1日を刻み、
共有したいと願っています。
◇    開催日時:2015年1月18日(日)
      OPEN 10:30  START 11:00  CLOSE 15:00
◇    会場:神戸cafe fish
     神戸市中央区波止場町2-8 ℡078-334-1820
◇    会費:3000円(受付にて精算)
◇    タイムテーブル
     10:30 開場 受付開始
 *来場者には20年前の被災地やボランティア活動での思い出の写真を持ってきてもらい、会場内の貼り出しスペースに貼っていただきます。
第Ⅰ部 ランチパーティ【軽食ビュッフェ 1ドリンクつき】
     ボランティア同窓会というなの異業種交流会。旧交をあたためるとともに新たな出会いが生まれることを期待しています。
     東京からのゲストによるアコースティックライブも予定
第二部 トークセッション「新聞・ラジオ・テレビ報道から見た20年」
     ボランティアと被災地のかかわりを報道してきた各報道機関から登壇していただき、
     それぞれの視点からボランティアの20年を振り返り未来への提言を考えます。
出演)室崎益輝氏(神戸大学名誉教授・防災計画学)、
   市村元氏(「地方の時代」映像祭プロデューサー、関西大学客員教授、元TBS)
   門前喜康氏(サンテレビジョン)
   磯辺康子氏(神戸新聞社)
   今城和久氏(NHK和歌山放送局)
   谷五郎氏(ラジオ関西パーソナリティ)
◇主催:1.18開催実行委員会
◇お申し込み
   人数把握のためなるべく事前に
   お名前と人数をこちらまでおよせください
   チーム神戸 start@topaz.ocn.ne.jp;


by limitlesslife

With 夜はラジオと決めてます ネットワーク1・17 東日本大震災被災地でのNPO活動について、ワールド・ビジョン・ジャパンの片山信彦さんのお話&今日のニュース(2013/2/12)

 永岡です、今日の夜ラジニュース、第855回ネットワーク1・17、千葉猛さんの報告、毎日新聞ほっと兵庫編集長の平野幸夫さんの案内で放送されました。今日は東日本大震災被災地でのNPO活動について、ワールド・ビジョン・ジャパンの片山信彦さんのお話がありました。元オリックスの田口壮さんも同席されました。

 東日本大震災2年、現地でNPOが活躍しており、被災地でなくてはならないもの、これは阪神・淡路で市民ボランティアが注目されて2001年に認定されたもので、行政と異なり、会社とも違い、利益を目的としない。NPOに知らないことも多く、毎日放送の東京支社に片山さん出られてのお話です。

 ワールド・ビジョン・ジャパンの活動、国際NGOで世界100カ国での団体の連合体。途上国での、貧しい人、子供たちのために働いており、第1に途上国の子供たちの自立、チャイルドスポンサーシップ、第2に災害・紛争の際の緊急人道支援、インドネシアの津波、ハイチ、中国の地震で保険、衛生を助ける、これを3月13日にチームが入り活動していたのです。何時間以内に現場に入らないといけないルールもあり、それに基づいてやったのです。

 被災地で、3月すぐは、第1期に緊急期(避難所、仮設への物資)、子供たちの安心できる場所を作る、食べるものも暖かいものを作る場所を作った。これは数ヶ月であり、第2期は復興支援、子供なら学校再開、文房具、教科書なしで、学校も資材が足りないのでそれを配り、また仮設住宅で、コミュニティを作る、お年寄りの孤独死のないようにする。福島では県外避難が多く、そのケアをする。防災、すぐに避難できる学校にソーラーパネル、井戸。親御さんたちの雇用確保も復興基金でやっているのです。

 震災直後から支援をして、現場に近く、そこで見えるニーズに早くこたえるのが大事なのです。迅速性、対応力がNPO、NGOに求められます。

 被災地では各種のNPOが活躍して、NPOは法人格を取っているもので、神戸のときに法人格なしで困ったので取った、少なくとも法人として、3000団体も被災地で活躍しているのです。平野さん、生活支援について、本来行政のやるべきことで、それについて聞かれて、片山さん、行政が被災し、働く人も亡くなり、家族も失い、行政の対応は酷であったと言われました。3000の団体の、横のつながりは、なかなか難しく、NPOは自由、いろいろな方面で対応でき、それを大事にすると、一つの方向にまとまりにくい。今回政府がNPOをまとめるボランティアセンターを作り、しかしこれがあまり機能せず、NPO全体の調整は難しかったのです。

 NPOは利益を求めず、最初は海外支援をしていたもので、国際的なグループもあり、老人、子供、障害者問題を扱い、緊急時には水、食べ物と全く違う分野のことをやり、なかなか統一感は出なかったのです。

 3000の団体の扱うこと、時期によりニーズが変わり、行政の復活、初期はガソリンなし、食べ物が対応し、今は仮設の中での働き、見守り支援。老人の代わりに買い物に行く、付き添って買い物に連れて行く、みんなでお茶を飲む場を提供する。障害者の対応、避難が難しく、その支援するNPOもあり、日本にいる外国人の援助をするNPOもあるのです。福島だと放射線測定のNPOもあり、ホールボディーカウンターの手配をするNPOもあるのです。雇用=漁業であり、大きな冷蔵庫を作るNPOもあったのです。

 NPOで活動する人は、NPOをやるにはいろいろな動機があり、海外の支援をする人は経験があり、国内の障害者、老人の問題に取り組む人は身内にそういう人がいたという、いろいろな背景の人がいるのです。

 平野さん、行政がNPOに頼りすぎているところはないかと聞かれて、片山さん、どこまでNPO、どこまで行政の線引きは難しく、行政の本格的な立ち上がり、社会インフラは行政がやるべきで、しかし仮設の老人のケアは行政に出来ない、その仕分け、NPOの方が良い支援ができる。行政の支援からこぼれた人をNPOが当たるのです。参加者は2年経ち、NPOの職員は、政府がお金を出して雇用資金があり、しかし大半はボランティア、阪神・淡路と比べて、初期は少なく、しかし2年経つとトータル200万人になった。ボランティアが細かいところをやり、今はボランティアも減っているものの、行政の出来ることは行政に、木目の細かいところはNPOのものなのです。

 田口さん、ボランティアセンターについて聞かれて、今もあり、社会福祉協議会にある。しかし、NPOに力のあるところも少なく、震災時に立ち上がった組織も多く、人的、資金的に難しい、連絡網は確立されているのではないのです。

 NPO、良く分からないというイメージもあることについて、片山さん、正直な感想で、NPO法人格は4万あり、千差万別、活動中止のNPOもある。組織運営になれないと問題も出る。NPOの動機は、人と人のつながりであり、一般の人がいいNPOと悪いのを選別して、NPO自身も自助努力、透明性担保が必要と言われました。運営の透明性はネット、HP、活動、財政内容を開示するものなのです。これのできていないところもあるが、税金逃れ、募金と称してお金を騙し取る可能性もあるのです。しかし、本来良い目的のNPOで、自助努力で透明性を発信して、成果を挙げていくべきと言われました。

 NPOスタッフから見て、被災地から遠いところに要る人へのメッセージは、片山さん、NPOの自助努力がいる、特別な資金も震災で出たが、資金難も出ると長続きしない。地域の人は、そういうNPOを認識、認知して、いいところを応援する気持ちを持って欲しいのです。まだ被災地にボランティアが必要で、資金的な援助(税の控除あり)もいる。行政との共同の働きが課題になり、どうやったらみんなが上手く行くかを応援して欲しいのです。平野さん、行政との連携、NPOのノウハウを行政も学ぶべきと言われました。30万人被災地から避難しており、NPOの役割は大変なのです。NPOについて、HPで会計報告しているNPOがいいところ、どういう事業をやっているか、子供関係、障害者関係で調べる。NPOを支援するNPO、NPOのネットワークも各県にあり、そこに問い合わせると良い例もあるのです。国際的にはNPOは当たり前、行政に頼らず良くしていこう、海外よりも30億円寄付があり、助け合いの精神の根付いている国が多く、それを日本にも根付かせたいのです。今日は、NPOのお話でした。

 ニュースは上田崇順さんの担当でした。引き続き、平野さんのコメントがあります。

 北朝鮮の核実験、3回目の成功であり、北朝鮮は人工衛星として、安全な実験で、小型化して、ミサイルに搭載できるというのです。韓国国防省は、アメリカ、中国に事前に通告し、実験の規模は2009年の8倍、過去2回はプルトニウム型、今回はウラン型の模様です。安倍総理は朝鮮総連の再入国禁止拡大。オバマ氏は、北朝鮮の核兵器を脅威として、アメリカの安保の脅威として非難しています。国連も北朝鮮を批判です。平野さん、中国も北の見方ではない、中国は厳しい姿勢で臨み、関係は悪化し、正月の祝電を中国は読まず、これは初。中国も国連の制裁に乗り出す。アメリカの食糧支援も狙っていたが、エスカレートして、長い目で見たら崩壊への一歩である。国民の数百万が餓死する最貧国、ミサイルにお金をかけて国はもたない。内部矛盾が深刻化しているのです。周辺国に助けを求めず、瀬戸際外交で、しかし振り上げた拳を下ろすところなし、いかに周囲が核を放棄させるか、制裁一辺倒ではダメ。中国のように改革開放のメリットを北の指導部に見せるかであるのです。

 福島事故で、東電が事実と異なる説明で事故調を欺いた件、広瀬社長を参考人招致で、平野さんあきれ返る、社長がミズから説明して、嘘を本来言うわけはないのに、意図的に隠しており、今回の事故で解明すべき最大のところ、証人喚問(参考人招致と異なり、拒否しただけで犯罪)も必要。非常用復水機が地震で壊れたかどうかが問題で、地震により壊れたなら耐震基準の見直しが要る。虚偽のことを部長が証言したのは錯覚ではなく、東電の社長、人を馬鹿にした答弁であり、東電は国有化しているのに経産省、安全委のチェックが要る、場合によると役員の退陣も必要と言われました。自民党が原発再稼動に舵を切り、なかなか難しいものです。部長の責任で回避するのではなく、部長、課長、現地の人の発言を検証したら分かるのです。

 大阪市の桜宮高校、体罰自殺の問題で顧問への対応を決めており、アンケートからも体罰の常態化があり、処分を検討、体罰が常習なら免職の模様です。大阪では体罰が理由の懲戒は過去にありません。バレーの柳本氏を改革に起用するものです。柳本氏、オリンピック選手で、監督もやり、指導方法をスパルタから変えた人であると、良い人選であると森本アナウンサーは言いました。

 いじめ、滋賀での自殺問題、いじめ対策の選任教師を置くのです。今までは生活指導と兼任しており、今度は専任の教師を起きます。

 茂木大臣、企業に賃上げを求める(個人消費を挙げるため)ものです。春闘は経営者側が難色を示しており、平野さん、安倍内閣の支持率が高いのは株の上がりであるものの、成長戦略と言っても効果が出るのは何年か先。賃金を上げるには、経済団体は賃上げしないとしており、賃金を上げるには内部留保を従業員に還流すべき、何百億円たまっており、麻生氏もこれがデフレの原因と言っており、過度に内部留保をする企業に課税を重くしないとダメ、経営者は内部留保をためる傾向にある+最低賃金を上げる政策が必要と言われました。

 今日の夜ラジニュースをお送りいたしました。