Global Ethics


高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見   by limitlesslife
March 3, 2016, 12:18 am
Filed under: ジャーナリズム, マスコミ(第四権力)
この件に関する追加情報。
【高市総務大臣「電波停止」発言に抗議する放送人の緊急アピール】
WJ動画
2016/02/29 田原総一朗氏、鳥越俊太郎氏、金平茂紀氏、岸井成格氏、青木理
氏、大谷昭宏氏らテレビ放送関係者が高市総務大臣の「電波停止」発言に「怒
り」の抗議会見!(動画)
※ただいま公共性に鑑み、全編動画特別公開中!
関連ですが、「放送法」についてよくまとめられています。
 ↓
2016.2.25そもそも総研 「放送法」
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************
知人からFacebookでお知らせが来てこの記事に気付きました。
メディアの現場の声、かなり深刻です。
☆THE PAGE 2016.02.29 19:39
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文1)会見の趣旨ほか
☆THE PAGE 2016.02.29 19:46
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文2)匿名の現場の声など
☆THE PAGE  2016.02.29 21:17
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文3・質疑応答1)
☆THE PAGE 2016.02.29 21:21
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文4/完・質疑応答2)
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************
Advertisements


「電波停止」にキャスターら抗議も…テレビ局ダンマリの怪 by limitlesslife
March 2, 2016, 2:27 am
Filed under: ジャーナリズム, マスコミ(第四権力)

2016年3月1日

怒りの抗議会見(C)日刊ゲンダイ
怒りの抗議会見(C)日刊ゲンダイ

 高市早苗総務相の「電波停止」発言を受け29日、ジャーナリストの田原総一朗氏やTBS系「NEWS23」でアンカーを務める岸井成格氏ら6人が、都内で抗議会見を開催。高市大臣の「停波」発言を真っ向批判した。

田原氏は、「(高市発言に対し)全テレビ局は抗議しないといけない。政権は図に乗るばかりだ」と発言。岸井氏も、「高市大臣は『政治的公平性』を重視しているというが、一般国民にとっての『公平性』とは全く異なるものだ。ジャーナリズムが権力の腐敗、暴走を止め、国民の知る権利を追求し続けなければならない」と訴えた。

異様だったのは会見の後半だ。記者から質問が出たが、なぜか質問は新聞社とネットメディアのみ。「停波」になれば、最も被害を受けるはずのテレビ局からの質問は一切なく、NHKは会見に参加すらしなかった。一体、テレビメディアは何を考えているのか。会見で質問していたジャーナリストの神保哲生氏はこう言う。

「そもそも、安倍政権は『停波』をできない。政権がテレビ局の放送内容の公平性を判断すれば、『違憲』とのそしりは免れず、世論の猛反発を食らいます。高市発言など無視すればいいし、むしろ、批判姿勢を強めるべきです。ところが、テレビ局をはじめとした大手既存メディアは、記者クラブ制度や軽減税率など、政権から“特権”を与えられ、優遇されている側面がある。だから忖度し、批判の手を緩めてしまうのでしょう。既存メディアは“特権”を返上するくらいの覚悟で臨まなければ、権力の暴走を止めることはできません」

やっぱり、今もテレビ局は「御用メディア」なのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事

  • 安倍自民党のテレビ支配強める NHK籾井会長の“延命懇願”

    安倍自民党のテレビ支配強める NHK籾井会長の“延命懇願”

  • <第14回>トランプの大躍進で共和党は分裂状態

    誰が勝つ 「米大統領選」核心リ…<第14回>トランプの大躍進で共和党は分裂状態

  • 権力と結託して“庶民イジメ”で利益を上げる大手メディア

    安倍政権に沈黙 大新聞テレビの…権力と結託して“庶民イジメ”で利益を上げる大手メディア

  • 上昇率20%超 金の輝きに負けない投資術

    鉄火場 バーゲン株ハンティング上昇率20%超 金の輝きに負けない投資術

  • <第32回>沖縄USJ撤回の衝撃

    新「政官業」研究<第32回>沖縄USJ撤回の衝撃

  • 消費増税反対に水差す…野党結集は野田前首相ら身内がネック

    消費増税反対に水差す…野党結集は野田前首相ら身内がネック

編集部オススメ

  1. 1

    社員を末期患者扱い 人材大手が作成“クビ切り手引き”の仰天

  2. 2

    東電旧経営陣3人強制起訴へ 勝俣元会長「有罪」の現実味は

  3. 3

    自民が警戒 小沢一郎氏「民主・維新」合流へのタイミング

  4. 4

    政治学者・中島岳志氏 「政治と宗教の接近」を強く危惧

  5. 5

    周囲もびっくり…参院選出馬決めた今井絵理子の“身辺事情”



高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見 by limitlesslife
March 2, 2016, 2:20 am
Filed under: ジャーナリズム, マスコミ(第四権力)
知人からFacebookでお知らせが来てこの記事に気付きました。
メディアの現場の声、かなり深刻です。
☆THE PAGE 2016.02.29 19:39
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文1)会見の趣旨ほか
☆THE PAGE 2016.02.29 19:46
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文2)匿名の現場の声など
☆THE PAGE  2016.02.29 21:17
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文3・質疑応答1)
☆THE PAGE 2016.02.29 21:21
高市氏の「電波停止」発言に対する抗議会見(全文4/完・質疑応答2)
*************************************
近藤 ゆり子  k-yuriko@octn.jp
*************************************


新聞社の身を切る改革は? by limitlesslife
August 1, 2015, 5:43 am
Filed under: マスコミ(第四権力)
新聞はほぼ無批判に「身を切る改革」としての国会議員定数の削減を宣伝しています。「国会議員は民主主義を支える…」との論調はほぼ皆無。国会議員よりも新聞社が大事だと。

民主党:軽減税率で新聞協会などから意見聞く – 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20150801k0000m010017000c.html
「新聞は民主主義を支える公共財。欧州では多くの国が新聞に軽減税率を適用している」(長谷部剛・日本経済新聞社専務取締役)

太田光征

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



TPPにしろ原発にしろ戦争にしろ、日米支配層の意向に反する「報道」をマスコミは例外なくしない by limitlesslife
M.nakata です。

メールをいつもありがとうございます。

____________

 

買収工作がなくてもメディアはプロパガンダ機関になる構造的な問題がある。

マサチューセッツ工科大学のノーム・チョムスキー教授はその原因として5つの理由を挙げる。

 

▼メデイア・リテラシーをベースの情報分析力を、市民運動は身につけていかねば、、としみじみ思います

<拡散歓迎>

”””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””

櫻井ジャーナル

 

http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201506280001/

 

2015.06.28

 

今年2月までNHKの経営委員を務めていた百田尚樹は「本当につぶれてほしい」新聞として朝日新聞、毎日新聞、東京新聞を挙げたという。この3紙の評価は上がったかもしれないが、日米支配層のプロパガンダ機関という点で読売新聞、産経新聞、日経新聞と大差はない。百田はリベラルを装いたい朝日新聞の回し者ではないか、と思われても仕方がないような発言をしている。

ジャーナリストのむのたけじは1991年に開かれた「新聞・放送・出版・写真・広告の分野で働く800人の団体」が主催する講演会の冒頭、「ジャーナリズムはとうにくたばった」と発言、その後、マスコミから疎んじられるようにようになったらしいが、この指摘は事実。(むのたけじ著『希望は絶望のど真ん中に』岩波新書、2011年)竹中労の表現を借りるならば、「言論」は「強権のドレイ」にすぎない。

 最近の「報道」を見ても、TPP/TTIP/TISAの問題点、例えばISDS条項の話は避けているほか、イラク、リビア、シリア、イラン、ウクライナなどでの戦闘に関する話はアメリカ(ネオコン)が作り上げた偽情報を垂れ流しているだけ。アル・カイダが何を意味しているのか、あるいはIS(イラクとレバントのイスラム首長国。ISIS、ISIL、IEIL、ダーイシュとも表記)にどのような歴史があるのかといったことは知らん振り。日米支配層にとって都合の悪い事実は決して伝えてこなかった。

IMFの元ギリシャ代表によると、IMFは自分たちに都合の悪い事実を隠し、都合の良いストーリーを広めるためにギリシャのジャーナリストをワシントンDCで訓練してきたそうだが、日本の記者も同じだという話を聞く。それだけでなく、国内では記者クラブという仕組みでシステム化されている。

ウォーターゲート事件を暴き、リチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだワイントン・ポスト紙を「言論の自由」の守護神であるかのように考え、信奉している人もいるようだが、その事件を実際に取材していたカール・バーンスタインは1977年にワシントン・ポスト紙を辞め、その直後に「CIAとメディア」という記事をローリング・ストーン誌に書いている。それによると、まだメディアの統制が緩かった当時でも400名以上のジャーナリストがCIAのために働き、1950年から66年にかけて、ニューヨーク・タイムズ紙は少なくとも10名の工作員に架空の肩書きを提供しているとCIAの高官は語ったという。(Carl Bernstein, “CIA and the Media”, Rolling Stone, October 20, 1977)

ちなみに、デタント(緊張緩和)へ舵を切ったニクソンが排除された後、ジェラルド・フォード政権ではドナルド・ラムズフェルドやリチャード・チェイニーを中心とする好戦派が主導権を握りデタント派は粛清された。ポール・ウォルフォウィッツなど後にネオコンと呼ばれる「イスラエル第1派」が台頭したのもこのとき。

 昨年8月にはドイツの経済紙ハンデスブラットの発行人、ガボール・シュタイガートは「西側の間違った道」と題する評論を発表したが、その中で軍事的な緊張が高まったのはロシアがクリミアを侵略したためだったのか、それとも「西側」がウクライナを不安定化したからなのかと問いかけている。

勿論、仕掛けたのはアメリカ。2013年11月に始まった反政府行動は翌年2月中旬から暴力的になるが、その中心グループはNATOの訓練を受けたネオ・ナチだった。2月18日頃からネオ・ナチはチェーン、ナイフ、棍棒を手に、石や火炎瓶を投げ、ブルドーザーなどを持ち出し、ピストルやライフルを撃つ人間も現れた。

2月21日にヤヌコビッチ大統領と反ヤヌコビッチ派が平和協定に調印したが、22日に狙撃で多くの死者が出始め、議会の議長を務めていたボロディミール・リバクは「EU派」の脅迫で辞任した。この日、後任のアレクサンドル・トゥルチノフを議会は大統領代行に任命するが、これは憲法違反。このクーデターを日本では「護憲派」も支持していた。

 事態を劇的に悪化させた狙撃を行ったのが反ヤヌコビッチ派だということはEUも知っていた。2月25日にキエフ入りして調査したエストニアのウルマス・パエト外相は翌日、キャサリン・アシュトンEU外務安全保障政策上級代表(外交部門の責任者)に対し、反政府側が実行したと強く示唆しているのだ

こうしたことを念頭に、シュタイガートは問いかけたということ。「西側」は戦争熱に浮かされ、政府を率いる人びとは思考を停止して間違った道を歩み始めたと彼は批判している。

西側の「ジャーナリスト」が事実に反する「報道」をする理由について、ドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング紙で編集者を務めていたウド・ウルフコテは、ドイツを含む多くの国のジャーナリストがCIAに買収され、例えば、人びとがロシアに敵意を持つように誘導するプロパガンダを展開していると告発している。

 そうした仕組みを作り挙げるため、アメリカの支配層はドイツの有力な新聞、雑誌、ラジオ、テレビのジャーナリストを顎足つきでアメリカに招待、そうして築かれた「交友関係」を通じてジャーナリストを洗脳していく。日本にも「鼻薬」を嗅がされたマスコミ社員は少なくないと言われている。

ウルフコテは今年2月、この問題に関する本を出しているが、その前からメディアに登場し、告発に至った理由を説明していたジャーナリストとして過ごした25年の間に嘘を教わったことは、嘘をつき、裏切り、人びとに真実を知らせないことだという彼が告発を決意したのは、ドイツやアメリカのメディアがヨーロッパの人びとをロシアとの戦争へと導き、引き返すことのできない地点にさしかかっていることに危機感を抱いたからのようだ。

こうした買収工作がなくてもメディアはプロパガンダ機関になる構造的な問題がある。マサチューセッツ工科大学ノーム・チョムスキー教授はその原因として5つの理由を挙げている

第1に、新聞にしろ放送にしろ、相当の資金力がないと情報を発信する体制を整えることができないため、中低所得層の立場から報道するメディアは少なくなる。巨大資本にしてみるとメディアを維持するコストは小さく、規制緩和でメディアは巨大資本に所有されるようになった。

第2に、主な収入源である広告主に逆らうことは困難だということ。手間ひまかけて内容のある報道をするよりも、当たり障りのない記事を書き、番組をつくって広告を取った方が「コスト・パフォーマンス」が良いと考えるマスコミ経営者は少なくない。2008年11月にはトヨタ自動車の相談役だった奥田碩は首相官邸で開かれた「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」で、「正直言ってマスコミに報復してやろうか。スポンサーでも降りてやろうか」と発言している。

 第3に、メディアは支配層とのトラブルを避けるためにも情報源を政府や大企業、あるいはそうした支配層からお墨付きを得た「専門家」たちに頼っていることがある東電福島第一原発の炉心溶融事故やイラク戦争で嘘を言っていたことが判明している「専門家」が今でもマスコミで重用されていることを見ても、マスコミが事実に興味がないことは明白だ。

第4に、支配層からの圧力や脅しへの恐怖がある。特に日本のマスコミ関係者はそうした圧力や脅しに弱い。

第5、「反コミュニズム」というイデオロギー大企業のカネ儲けシステムにとって障害になりそうな人物、団体、システムは「コミュニズム」のレッテルをはって攻撃してきた。ウクライナの問題では「反ロシア」、あるいは「嫌露」の感情が事実を封印している。事実を直視して分析するのではなく、感情を正当化するために事実をねじ曲げている人も少なくない。

もし、百田が本当に朝日新聞、毎日新聞、東京新聞を潰したいと考えているとするならば、彼は現状を把握できていないと言えるのだが、ほかの問題でも彼は事実を軽視しているので、自分が入り込んでいる妄想の世界に浸っているだけなのだろう。その妄想に合ったストーリーを語っている。フィクションの語り手としては優秀なのかもしれない。



外国人記者も激怒 沖縄2紙の猛反論に安倍自民党どう答える by limitlesslife

 自民党勉強会での「報道圧力発言」への批判がやまない。勉強会出席者が多数所属する首相派閥の細田派は2日、定例総会を中止した。メディアに問題を蒸し返されるのを嫌ったためとみられるが、相変わらず卑怯な政党だ。そんな中、「つぶさなあかん」と名指しされた沖縄の新聞2社の編集局長が上京して会見、あらためて反論した。自民党総裁・安倍首相はこれにどう答えるのか。

2日、外国特派員協会で会見したのは、沖縄タイムス編集局長の武富和彦氏と琉球新報編集局長の潮平芳和氏。通訳を含め、それぞれ20~30分にわたって、「報道圧力発言」に対して反論し、両新聞社の歴史と編集方針を語った。

問題発言をした自民党“3バカ”のひとり、長尾敬議員が「沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていくために」と言ったが、これにはこう反論した。

「戦後、沖縄には10以上の新聞があったが、今は2紙。米軍の圧政下にあっても常に民衆の側に立った報道をしてきたことが支持されてきた。沖縄の新聞社が世論をコントロールしているのではなく、世論に突き動かされて新聞社の報道がある」(沖タイ・武富和彦氏)

 

自民党トップの安倍首相にも直接、批判の矛先を向けた。

「安倍首相が一連の報道圧力問題で山口公明党代表に謝罪した。しかしタイミングと場所が間違っている。なぜ問題発覚後すぐに、国会で陳謝しないのか。国民の目に見える形で陳謝しなかったのか」(琉球新報・潮平芳和氏)

2人は自民党に対しケチョンケチョンだったが、ここまで反論できるのは、県民世論の強力な支持があるからだ。安倍自民は、沖縄の2紙をつぶしたいらしいが、今回の問題以降、両新聞社へはむしろ激励が殺到しているという。

「沖縄県内の企業が広告収入に圧力をかけるようなことは一切ない。県内有数の企業の経営者と那覇空港で会ったら、『頑張れ。つぶされるんじゃないぞ』と激励された。メールや電話、ファクスも7~8割が激励。兵庫県の商店街の人がわざわざ飛行機で沖縄の本社まで訪ねてきて、『商店街で沖縄の新聞を購読しようという運動を始めた』と、数十部の購読申込書を届けてくれました」(沖タイ・武富和彦氏)

 出席していた外国人記者は会見をどう見たか。仏テレビ局の特派員、ジョエル・ルジャンドル氏はこう言った。

「自民党の国会議員の発言は、あまりにもひどい。今回のことは、日本が民主主義国家ではないことを如実に表した。自民党総裁である安倍首相は、国民に謝罪すべきだと思います」

沖縄メディアだけでなく、外国人記者まで安倍政権にあきれている。



関西テレビゆうがたLIVEワンダー 自民メディア圧力発言の波紋 by limitlesslife

 永岡です、関西テレビのゆうがたLIVEワンダーで、百田氏や、大西氏によるメ
ディア圧力問題が取り上げられました。
国会でも民主の枝野氏が追及し、安倍総理の答弁は、答えになつていません。
(この件、昼のNHKでは枝野氏の発言を報じていません、まさに、安倍サマのNH
Kです)
誹謗中傷された沖縄タイムスと琉球新報の方が外国人特派員協会で講演し、百田氏
の暴言を引き出した、自民の問題と、沖縄タイムスの武富さんが指摘、辺野古には沖
縄の6割が反対しているのを、ゆがんでいると自民がデタラメを言ったことを批判、
自民に不利なことでも受け入れよと、当然のことを沖縄から発せられました。
それで、国会、枝野氏の追及に安倍総理ははぐらかして(おそらく、官僚の書いた
答弁を棒読み)、維新の下地氏も批判、会合内で批判の声が出なかったことを指摘し
ていますが、安倍氏、沖縄の負担軽減の実績と、また逃げています。
自民は戦争準備法案を維新の協力でゴリ押しの意図が、維新も反対して、難航して
います。
これについて、関西テレビの神崎デスク、百田氏の問題も大きいが、それを引き出
した、自民の国会議員がより問題(つまり、辺野古がなかなか進まないのは沖縄のメ
ディアのせい)と発言され、神崎さん、百田氏より、世論がゆがむと言うのはおかし
く、百田氏は民間人であるが、自民の議員が、世論がゆがみ、それを意に沿わないの
で沿うようにすると言うのは問題と指摘されました。
京大の藤井聡さん、この問題発生から1週間、「マスコミに対する弾圧は決してい
けない、批判と弾圧は全然異なり、マスコミは守るべきで、潰すと言う意図は問題」
と指摘され、「自民が自分たちの意に合うように持っていくのはおかしく、デマだと
いうのも言論弾圧、公権力者ならダメ」と言われました。
エッセイストの犬山紙子さん、百田氏の潰すはおかしく、議員のやることは、影響
力のある人がやるのは問題で、藤井さん、公権力のある人の暴力は問題で、神崎さ
ん、言論には言論で対抗すべきで、メディアは国民の知る権利にこたえるべきで、メ
ディアが政権に批判的なのは当然で、それを政権が自分たちの意に合うように力でや
るのはおかしいと言われました。
藤井さん、安倍氏の気持ちは複雑で、後ろから鉄砲を撃たれたと締めくくられまし
た。

この件、日刊ゲンダイに、沖縄タイムスと琉球新報の方の講演内容がありました。
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161408
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/161411

自民でこんなデタラメが起こったことはなく、安倍総理は自分の応援団の不祥事の
責任を取り、辞任すべきと思います(民間企業でこれだけの不祥事が起これば、社長
の首が飛びます)。以上、ワンダーの内容でした。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace