Global Ethics


2・26(木)学術シンポジウム「マルクス研究の最前線」 -ミヒャエル・ハインリッヒとケヴィン・アンダーソンを迎えて-@立教大学池袋キャンパス  by limitlesslife

紅林進です。
2月26日(木)に立教大学池袋キャンパスで開催されます下記シンポジウムのご案内を転載させていただきます。
(以下転送・転載歓迎)
2・26学術シンポジウム「マルクス研究の最前線」 -ミヒャエル・ハインリッヒとケヴィン・アンダーソンを迎えて-
ケヴィン・アンダーソンの著書Marx at the Margins On Nationalism,Ethnicity,and Non-Western Societiesの邦訳
『周縁のマルクス――ナショナリズム、エスニシティおよび非西洋社会について』が社会評論社から刊行された
のを記念して開催される、「マルクス研究の最前線」をめぐる学術シンポジウム。
日時:2015年2月26日(木)18:00~20:30
会場:立教大学池袋キャンパス 12号館地下1階3・4会議室 (池袋駅西口下車)
アクセスマップ http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/direction/
キャンパスマップ http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/
報告者:ミヒャエル・ハインリッヒ(ベルリン技術経済大学教授)
ケヴィン・アンダーソン(カリフォルニア大学教授)
平子友長(一橋大学社会学部特任教授、哲学・思想史)「マルクス研究の新段階」について報告する。
使用言語:英語(日本語の資料配付、質疑応答は通訳あり)
主催:マルクス研究会 参加費無料・予約不要
『周縁のマルクス』の概要:マルクスは、植民地主義やエスニック・マイノリティの問題についてどのように考えたのか。
既刊の手紙、そして未刊行の抜粋ノートを含めた膨大な文献を渉猟し、思想的転換を遂げた晩期マルクスの未完の
プロジェクトの姿を描き出す。
ミヒャエル・ハインリッヒは、ドイツ・マルクス研究の潮流「マルクスの新しい読み方」の旗手。左翼理論雑誌『PROKLA』
編集委員。政治学・経済学者。その著書の邦訳『『資本論』の新しい読み方』が堀之内出版から刊行されている。
Advertisements


8/31われらの時代のマルクス主義――社会主義的民主主義、環境社会主義、現代政治の目標――   by limitlesslife
August 22, 2014, 12:52 pm
Filed under: マルクス主義(共産主義、・・・)

久野成章です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
われらの時代のマルクス主義

――社会主義的民主主義、環境社会主義、現代政治の目標――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●講 師:佐々木 力(中国科学院大学教授/環境社会主義研究会会長)

●日 時:8月31日(日)15時~17時
●場 所:広島市中区内
●参加方法:事前登録制(当日、参加費1,000円をお支払いください)
事前申込者に会場を通知します。
●主 催:環境社会主義研究会
(久野090-4740-4608)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

反動の時代(1907‐1910年)。ツァーリズムが勝利した。すべての
革命党と反政府党は粉砕されてしまった。衰退、士気沮喪、分裂、
離散、背教、好色文学が政治にとって代わった。哲学的観念論への
傾きが強くなる。神秘主義が反革命的な気分を隠す衣装となる。だ
が同時に、大きな敗北こそ、革命的諸政党と革命的階級に、ほんと
うの、きわめて有益な教訓、歴史の弁証法の教訓、政治闘争の理解
と政治闘争を行う手腕と技量についての教訓をあたえるものである。
不遇にして友を知る。敗軍はよく学ぶ。

これはレーニンが『共産主義内の「左翼主義」小児病』(1920年)において、ロシアの
ボリシェヴィズムの歴史を振り返って、1905年革命後の過酷な反動の時代について書い
ている有名な一節です。

パリ・コミューンの登場と、その鎮圧。ロシア革命勝利後のレーニンの死、トロツキー
のスターリンに対する敗北。ドイツ革命挫折後のナチズムの勝利。自由民権運動と明治
十四年の政変。大正デモクラシーからファシズムの登場。歴史においては、革命の後に
はいつも反革命が続いた。その「冬の時代」こそ、まさに次の春を準備する。暗闇が深
ければ深いほど夜明けは明るい、と言いたい。しかし、今日、そう楽観視することも許
されないほど、人類の文明は、生物界全体を巻き込んで滅び去ろうとしていると、神が
存在するなら神はそう見積もっているのではなかろうか。

現代資本主義による人類文明・生き物世界全体の破滅か、それとも環境社会主義の地球
的規模での勝利か、そのように問題は設定されていると考える。

学道が劣化する日本の学問界の中で、知性と良識を代表する数少ない知識人の一人、科
学史家・佐々木力が中国からの一時帰国の途上、広島に立ち寄り、語ります。

佐々木力さんは、『思想』の常連執筆者で『世界』にも書いてきました。『月刊社会民
主』2012年3月号には「東日本大震災と環境社会主義」を寄稿しています。これまで広島
市内で、以下のように講演会を開催してきました。1997年4月4日「ソ連論」、2010年1月
17日「科学史的観点からみた原爆・原発問題」「フランス反資本主義新党の歴史的意義」、
2011年2月19日「<講演と討論>人民中国はどこへゆく?―閉塞の時代に日中関係を考え
る-」、2012年2月26日「反原子力の自然哲学」、2013年2月15日「中国から見た危機の
さなかの日本政治」。

今回講演のポイントを紹介します。

1.私はどうしてマルクス主義思想を守ろうとしているのか?
2.社会主義的民主主義の重要性――旧来の「社会主義」はなぜ失敗したのか?
3.「環境社会主義」(Ecological Socialism)の基本的考え方
4.社会主義的民主主義をどのように実行してゆくのか?
5.戦争遂行内閣=安倍最右派政権の打倒を!
6.東アジア政治に根元的民主主義と環境社会主義の政綱を

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

略歴

1947年3月7日宮城県加美郡小野田町に生まれる.
1965年宮城県古川高等学校卒業, 69年東北大学理学部数学科卒業, 74年東北大学大学院
博士課程修了(数学専攻), のち東京大学教養学部研究生(科学史専攻)を経て,
76年から80年まで4年間, 米国プリンストン大学大学院(歴史学科, 科学史・科学哲学プ
ログラム所属)留学, Ph. D.(博士号)取得(学位論文:“Descartes’s  Mathematical Thought”).
1980年東京大学教養学部講師(科学史・科学哲学教室), 83年同助教授, 91年同教授.
2010年3月, 東京大学大学院総合文化研究科(数理科学研究科兼担)教授退任.
2012年9月~,中国科学院外国専家特聘研究員・中国科学院大学人文学院教授(科学史・科学哲学).
1993-2005 国際数学史委員会執行委員(Executive committee member of the International Commis-
sion on the History of Mathematics),
1995-2004日本科学史学会欧文誌編集委員長.
1997-2005 国際科学史・科学哲学連合 科学史部門 理事(International Union of History and Phil-
osophy of Science, Division of History of Science, Assessor),
専門は,数学史・数学の哲学,及び西欧・日本近代科学史.
学外の役職として,日本陳独秀研究会会長,環境社会主義研究会会長,日本オイラー研究所名誉所長.

主要著書

『科学革命の歴史構造』全2巻(岩波書店, 1985; 講談社学術文庫, 1995);
『現代数学対話』彌永昌吉との共編著(朝倉書店, 1986);
『科学史』編著(弘文堂, 1987);
『数学史対話』中村幸四郎との共著(弘文堂, 1987);
『科学史的思考』(御茶の水書房, 1987);
『近代学問理念の誕生』(岩波書店, 1992), サントリー学芸賞「思想・歴史」部門受賞;
『医学史と数学史の対話――試練の中の科学と医学』川喜田愛郎との共著(中公新書, 1992);
The Intersection of History and Mathematics, 共編著(Birkhauser, 1994);
『生きているトロツキイ』(東京大学出版会,1996);
『科学論入門』(岩波新書, 1996); ポルトガル語訳 Introducao a Teoria da Ciensia (Editora da Univer-
sidade de Sao Paulo, 2010);
『学問論――ポストモダニズムに抗して』(東京大学出版会, 1997);
『マルクス主義科学論』(みすず書房, 1997);
The Introduction of Western Mathematics in Modern Japan(University of Tokyo, 1999);
『科学技術と現代政治』(ちくま新書, 2000);
『二十世紀数学思想』(みすず書房,2001);
『デカルトの数学思想』(東京大学出版会,2003);
Descartes’s Mathematical Thought (Kluwer Academic Publishers, 2003);
『物理学者ランダウ――スターリン体制への叛逆』山本義隆・桑野隆との共編訳(みすず書房,2004);
『数学史入門――微分積分学の成立』(ちくま学芸文庫,2005);
『21世紀のマルクス主義』(ちくま学芸文庫,2006);
『数学史』(岩波書店,2010);
『ガロワ正伝』(ちくま学芸文庫,2011);
『東京大学学問論――学道の劣化』(作品社, 2014);
『東西科学文化的架橋――佐佐木力科学史論集』(北京大学出版社,2014).
ほかにラテン語からの訳書ヴィーコ『学問の方法』(岩波文庫,1986),
英語からの訳書トーマス・S・クーン『構造以来の道』みすず書房,2008,など, 編集解説, 論文多数.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━