Global Ethics


10/17(土)反貧困全国集会2015@田町交通ビル by limitlesslife
October 18, 2015, 2:37 am
Filed under: 一極集中(金字塔、・・・)

紅林進です。
明日10月17日(土)、東京・田町の田町交通ビルで開催されます
「反貧困全国集会2015」のご案内を転載させていただきます。
(以下、転送・転載歓迎)
反貧困全国集会2015
~死ぬのはイヤだ! 生きぬくためにつながろう!~
子どもの貧困が注目されてから大分時間が経った。
2月、中学生の男の子が遊び仲間に暴力を受け殺された。5人の
子どもを抱えたシングルマザーの母親は、朝から深夜まで働いて
いたという。
子どもだけじゃなく、高齢世代の貧困も深刻だ。
5月、川崎の簡易宿泊所で火災が発生し、10人が犠牲となった。
6月には、東海道新幹線で71歳の男性が焼身自殺。多くの乗客
が巻き込まれた。
働く世代も大変だ。国民生活基礎調査によると、「生活が苦しい」
と答えた世帯は62・4%と過去最高。派遣法も改悪されそうな今、
働く土台はどんどん崩れている。
国際的な最低賃金競争にさらされてすり切れる日々。グローバル
な生存競争に疲れ果てているのに、安倍政権は「戦争法案」を成立
させようとしているのだという。私たちのくらしは、これからどうなって
しまうんだろう…。
戦争は、大量の貧者を必要とする。貧困で、そして戦争で死ぬのは
イヤだ。
希望をつむごう。生きぬくために、つながろう!

日時:2015年10月17日(土)10:00~16:00
場所:田町交通ビル6階ホール(東京都港区芝浦3-2-22)
アクセス:JR田町駅「芝浦口」徒歩3分/都営三田線・浅草線 三田駅A4出口より徒歩5分

参加費:無料(どなたでも参加できます。当日カンパ大歓迎!)
主催:反貧困全国集会2015実行委員会

◇手話通訳あります
◇キッズコーナー&セイファー・スペースを設けます。ご利用の方は

受付までお申し付けください。
◇コーヒー、書籍、反貧困グッズ等の販売を予定してます。
◇昼食休憩は60分です。昼食は各自でご用意ください。

<プログラム>
午前の部(3部構成となります。お好きなプログラムにご参加ください。)
◆ホール(6階)◆
10:00~12:30 映画上映
『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(110分)、

『メトロレディーブルース・3』(40分)
12:30~13:10 全国反貧困ネットワーク活動報告会…反貧困をテーマに
活動している方々から報告をいただき交流します

◆分科会(5階・会議室A)◆
10:00~11:30 「子どもの今を支える」
コーディネーター 赤石千衣子(しんぐるまざあずふぉーらむ)、栗林知絵子(NPO法人豊島WAKUWAKUネットワーク)
11:40~13:10 「下流老人のリアル」
コーディネーター 藤田孝典(NPO法人ほっとプラス)

◆分科会(5階・会議室B)◆
「自分が貧困?なんでやねん」
10:00~11:30
第一部 コーディネーター 高野昭博、DJ MIX NOISE
11:40~13:10
第二部 コーディネーター 徳武聡子(生活保護問題対策全国会議事務局次長)

★ランチタイム 13:10~14:10★

午後の部
14:10~16:10 シンポジウム「死ぬのはイヤだ!生き抜くためにつながろう!」
開会の挨拶:宇都宮健児(反貧困ネットワーク世話人代表)
コーディネーター:雨宮処凛(作家・活動家)
トーク&当事者発言ほか
※集会の後、懇親交流会を予定しています(どなたでもご参加いただけます)。

 詳細は、当日ご案内いたします。

<上映映画>
■『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』
(2012年/110分/監督:入江悠 http://sr-movie.com/ )
驚異的なロングヒットを記録した青春映画『SR サイタマノラッパー』シリーズ第3作。
夢を追う田舎町の青年たちの姿を、ヒップホップ音楽にのせてシニカルかつ温かく描く。

■『メトロレディーブルース 3』
(2015年/40分/ビデオプレス http://vpress.ia.coocan.jp/
東京メトロ売店で働く契約社員の女性たちは、東京東部労組メトロコマース支部をつくり、

「差別撤廃」に向けてたたかい続けている。
2015年年春、彼女たちは、組合員の雇い止め阻止に向けて三たび立ち上がった。

<賛同金・カンパにご協力をお願いします>
個人一口1000円団体一口3000円。何口でも可。賛同頂いた方のお名前を公表させて頂きます(匿名ニックネーム可)
郵便振替:00170-5-594755
加入者名:反貧困ネットワーク
※通信欄に内訳(賛同金・カンパなど)名前の公表の可・不可ご記入ください

【問い合わせ】反貧困ネットワーク
〒113-0023 東京都文京区向丘1-7-8 コミュニティー・スペース「ほのぼの」内
TEL/FAX 03-3812-3724 E-mail:office@antipoverty-network.org
URL:http://antipoverty-network.org/



(声)安倍首相へ、道は一つではない by limitlesslife
April 12, 2015, 12:47 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, イスラーム国(ISIS, オスプレイ, ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジュゴン, テロ, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金権、, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 農業・食料・環境, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 国旗・国歌・国粋・国衰, 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 安倍晋三, 安全保障(安保)条約, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 年金(基金・流用、目減り、・・・), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 情報(アクセス、秘匿、統制、操作、、、、), 情報(収集、スパイ、漏洩、暴露、・・・), 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 教科書問題, 教育(学習、独立、真理、・・・), 日の丸・君が代(強制、処分、・・・), 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日韓, 日本(自主:平和・人権・主権在民:自治), 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 東京電力(東電:TEPCO), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 信>食>兵

2015年4月12日05時00分

 医師 森弘行(北海道 53)

経済政策は「この道しかない」。沖縄の基地問題は「唯一の解決策だ」。安倍政権の決めぜりふだ。本当にそうだろうか。

さまざまな政策課題を解決することを登山に例えれば、同じ頂に到達するための道はいくつもあるはずだ。近くても険しい道もあれば、時間はかかっても安全な道もあるだろう。場合によっては、新しい道を切り開いた方がよいかもしれない。

国家の安全と平和を求め続けるということは、政治課題の中で最も高く困難な山のひとつだろう。安倍晋三首相も山頂を目指している。ただ、私は別の道もあるのではないかと思う。

国の安全保障は、最終的には国民に選ばれたリーダーが決める。だが、先の戦争では間違った道に迷いこみ、あまりにたくさんの犠牲者が出てしまった。

リーダーは柔軟さも併せ持つべきである。唯一の道と訴えるだけでなく、他の道にも目を向けたうえで、なぜこの道を選ぶのか丁寧に説明してほしい。

高い山ほど天気の急変は付き物だ。リーダーには引き返す決断力と勇気も求められる。

_____________________________

コメント:「平和への道は無い。平和が道である。」はガンジーの言葉であるが、「真理把握」と「不傷害」を表裏一体とした彼はその後の平和運動の指針となっている。それは「無上正覚」と「涅槃寂静」を表裏一体とした釈尊の道であり以後の精神革命(特に宗教)の指針となっている。平和の為に戦争をするのは愚の骨頂である。その為に平和憲法を遵守せず、違法に解釈壊憲するのは悪の最低である。基地を無くすのが唯一の解決策である。原発を止めるのが唯一の道である。金権・バブル・国債・増税・増軍・減福祉・悪教育・歪曲史・秘密法によらない政策・生活・精神が唯一の道である。アベコベ・アベノクー・アベノミスは頂上への道ではなく地獄への穴である。



日本はアジアの次の独裁国家になるのか? by limitlesslife
April 4, 2015, 8:55 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジャーナリズム, ジュゴン, テロ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), ナチズム, ネオコン(ネオ・コンサーバティブ、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), バブル(弾ける), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, ブラック企業, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), メデイア, リニアー・モーターカー, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特高(警察、・・・), 特区(国家戦略ー、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生物(多様性、絶滅、・・・), 生命か戦争か, 生態系(生命系、命連鎖、命帝網、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 軍事(優先), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, MOX燃料(輸送、再処理、利用、), NHK(日本放送協会), TPP, 公明党, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発事故・責任・補償, 君が代, 命(対金), 国家(主義), 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地震・津波・原発事故, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政治屋(商売、・・・), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 汚染, 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三毒(貪欲・怒り・無智:貪瞋痴), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 侵略・占領・殖民・支配・

日本はアジアの次の独裁国家になるのか?
FEB 20, 2015 9:00
By Noah Smith
今年初め私は世界各国における政権の反自由主義的な動きと、人権軽視という心傷む傾
向につい書いた。残念ながら、日本はこの危うい流れに追いつきつつある。
これは奇妙な言いがかりに聞こえるかもしれない。というのは、安倍晋三首相はこれま
でいくつかの自由主義な政策(女性労働者への平等な扱いの推進など)を実行してきて
おり、移民受け容れにも前向きな姿勢を示してきたからである。日本社会は、全般的に
見ると、過去数十年にわたって、より自由主義な方向に向かってきた。裁判員制度の導
入もその一つだし、クラブにおける長年のダンス禁止も無効にされたのもその一つであ
る。
しかし、こういったことは安倍の政党が日本国憲法を彼らの思い通りに変更した場合に
は、ほとんどが意味のないものになってしまうだろう。
日本の自由民主党(現存するうちで最も実体と異なる党名をもつ政党の一つ)は戦後史
のほぼ全時期、短期的な中断をはさんで、日本を支配し続けてきた。この政党の実質的
な部分は哲学的にも、組織的にも、またしばしば遺伝学的にも、日本軍国主義時代の政
治的支配者の流れを汲んでいる。それゆえに、当然ながら、アメリカ占領期に日本にお
しつけられた自由主義な価値観をこの党派はまったく内面化することがなかった。かつ
ては少数派であったこの党派が、現在では自民党内の支配的な勢力となっている。
自民党は現在、アメリカが起草した憲法を廃棄し、代わりに自主憲法を制定しようとし
ている。
自民党の改憲草案は「現行憲法の条項のいくつかは自然権についての西欧的な理論に基
づいており、そのような条項は変更されねばならない」と謳っている。この考えに基づ
いて、自民党改憲草案では、国は「公益及び公の秩序に違背する場合」には、言論の自
由、表現の自由を規制することができるとされている。また、宗教集団に国家が「政治
的権威」を賦与することを禁じた条項も廃絶される。つまり、政教分離原則が放棄され
るのである。
さらに悪いことに、草案は国民が従うべき六つの「義務」をあらたに付け加えた。
「憲法擁護義務」や家族扶養義務のようにあいまいで無害なものもあるが、「国家国旗
に敬意を払う義務」を国民に求めるようなアメリカにおける保守派が推進している憲法
修正と同趣旨のものもある。
他の三つの「義務」はあきらかに反自由主義と独裁制を目指している。
「国民は責任と義務は自由と権利の代償であるということを自覚せねばならない」「国
民は公益および公の秩序に従わねばならない」「国民は緊急事態においては国家あるい
はその下部機構の命令に従わねばならない」
これは中国やロシアであれば憲法に書かれていてもおかしくないだろうし、「緊急事態
」についての条項は、多くの中東諸国で弾圧のために利用されている正当化の論拠と同
じものを感じさせる。
残念ながら、この自民党改憲草案のきわめて反自由主義的な本質は欧米ではほとんど注
目されていない。欧米の人々は改憲というのは日本国憲法の一部、軍隊を保有すること
を禁じた現行憲法九条の改定のことだと思っているからである。
自民党改憲草案が九条廃絶をめざすのは事実だし、九条廃絶が安倍の改憲の主要な目的
であることも事実である。けれども、われわれががこの問題を非武装という論点にだけ
焦点を合わて見るのは、重要な論点から目をそらせることになる。
たしかに、九条廃絶はデリケートな問題である。日本はすでに軍隊を保有している(名
前は「自衛隊」だが)。そして、九条の非武装条項はかなりゆるく解釈されているから
、ここで九条を廃絶してみても事態はほとんど変わらない。憲法が改定されたからと言
って、日本が他国に侵略を始めるということはほとんど考えられない。日本はただ、そ
の事実上の軍隊をふつうに軍隊と呼ぶようになるというだけの話である。
しかし、九条問題に気を取られていると、われわれは自民党草案が日本国民の自由にど
のような打撃を与えることになるのかを見落としてしまう。
日本国民はもちろん反自由主義的な国で暮らすことを望んではいない。
日本国民の80%以上は安倍政権が最近採決した「特定秘密保護法」に反対したし、憲
法改定手続きを容易にする自民党の企てにも反対した。日本国民は過去70年間きわめ
て自由な空気の中で生きてきた。それがもともとは外国勢力によって与えられた自由で
あったにせよ、それを享受してきたことに変わりはない。
われわれが危険だと思うのは、日本国民が彼ら自身の自由をみずから進んで手放すよう
に欺かれているように見えることである。
欧米のジャーナリストと同じように、日本国民もまた九条の廃絶だけに論点を絞り過ぎ
たせいで、改憲草案が人権を「義務」に置き換えるためのものだということに気づいて
いない。日本の野党が弱く、分断され、統治能力がないこと、それに比べて安倍政権は
経済再生の最後の希望であるということで許される話ではない。
まずもう少し冷静になってみよう。憲法は所詮は一片の紙切れに過ぎない。すべての国
がアメリカのように自分たちの憲法を杓子定規に守っているわけでもない。
日本の指導者たちが非自由主義的な国家を作り出そうとすれば、アメリカが1947年
に書いた憲法には彼らを引き止める力はないだろう。事実、自民党内の歴史修正主義者
たちは自分たちの改憲草案をこの国の「ほんとうの」法律だと暗黙のうちにみなしてい
る。改憲草案のすべてが非自由主義的というわけではない。性別、人種、宗教的な理由
による差別の禁止は原稿憲法のまま残されるし、健常者障害者の差別禁止にまで拡大さ
れている。
しかし、自民党の新しい憲法には真に危険なものが含まれている。
第一に、これが自民党による市民社会抑圧の企ての一部だということである。
この動きは経済の低迷と福島原発事故の後、一層物騒なものになってきている。特定秘
密保護法とその他の出版の自由に対する弾圧はその危険を知らせる徴候である。国境な
きジャーナリストが発表した報道の自由ランキングで、日本は2010年の10位から
2015年には61位にまで転落した。
第二は自民党改憲草案を採択した場合、それが国際社会にもたらすマイナスの影響であ
る。もし日本がトルコやハンガリーのような非自由主義的な民主政体に向かって舵を切
った場合、それはアジア地域において日本がこれまで保持してきた、中国という抑圧的
な国家の対抗軸としての特性を打ち消すことになるだろう。その結果、日米同盟も弱体
化する。日米両国はこれまで価値観の共有によって一体化してきたわけだが、それが失
われるからである。これから先、アメリカは非自由主義的な中国と、かなり非自由主義
的な日本の双方に対して、これまで以上に中立的な立場を採択することになるだろう。
日本にとっての最適解はたぶん九条を廃絶して、残りの条項は手つかずに残すことであ
る。しかし、このトリックが政治的に何を意味するかはすぐ見破られるだろう。自民党
が九条に手を着けた場合、どのようなやり方でそれを成し遂げようと、それは独裁主義
的な「義務」と人権の弱体化に向かうドアを開くことに変わりはないからである。
だから、日本にとって現実的な最良の解は現行憲法にはいろいろ瑕疵があるが、その改
定をできるだけ先送りして、いまだに1940年代のマインドをとどめているような人
々が政権の座にとどまり続ける日が終わるのを待つことである。
日本はいま歴史的な転換点に立っている。
日本にはこれまで以上に自由主義的な社会になる可能性もあるし、これまでよりずっと
自由主義的でない社会になる可能性もある。
より自由主義的な社会をめざすことこそが賢明であり、かつ道徳的な選択である。

http://blog.tatsuru.com/2015/02/25_1234.php

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

______________
コメント:民衆の我利を刺激して独裁者の我利を徹底させる方法:
国粋・排外・帝国・軍産・政官・学メ(メデイア)・権力・法律・教育・恐怖・金権等)


赤旗日曜版スクープ!三沢米軍機がイスラム国空爆&週刊現代に小出先生退官記事 by limitlesslife
March 13, 2015, 9:31 pm
Filed under: アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラーム国(ISIS, ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), テロ, マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 籾井勝人, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 小出裕章, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日本(投売り、評価低下、資産低下、・・・), 東京電力(東電:TEPCO), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 死の商人, 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

 永岡です、赤旗日曜版(3/15)に、大スクープ、青森県三沢基地にいるF16戦闘機が、イスラム国への空爆に参加していたと、編集部の調べで判明です。
http://www.jcp.or.jp/akahata/web_weekly/
 5面に詳細があり、三沢にいた第13戦闘飛行中隊が昨年5~10月まで中東に派遣され、昨年8~9月にアメリカはイラク、シリアへの空爆を開始、これに三沢のF16が加わっていると、アメリカの中央空軍は認めていますが、F16が配備された国名は明らかにしていません。
外務省は例により知らんのでコメントしない、在日米軍司令部は、こういうことを日本政府に通報する必要はないと抜かすのです。
これについて、軍事評論家の前田哲男さんは、安保条約でも、米軍は基地をどう使ってもいいわけではなく、目的は極東の平和・安全保持で、もちろん中東は極東ではなく、米軍のイスラム国空爆は、安保条約逸脱と指摘されています。
もちろん、在日米軍は、これまでアジア、中東でのアメリカの侵略行為をしてきたものの、これだけ明確な安保条約違反が明らかになったのは初めてで、安倍政権は米軍に抗議すべきだし、さらに、これを知らなかったとは、少なくとも外務大臣、防衛大臣は腹切りものです。
当然、安倍総理の責任問題にもなります。
この他、1,6,7面は下村文相の金銭スキャンダル、安倍総理も下村氏の2006年の後援会であいさつし、大問題、また、維新の党は企業団体献金廃止といっているものの、パーティー券は制限なしです(橋下氏が政治資金を斡旋で集めているためでしょう)。
作家の赤川次郎さんは、改憲・原発を批判(3面)、大阪都(実態はやくみつるさんの言われる大阪徒)問題(18~19面)とあり、橋下氏により、国民健保値上げ、市民病院廃止、敬老パス有料化…のサービス切り捨てラッシュです。
また、やくみつるさんの小言大言も冴えています(7面)。
これ、在日米軍がイスラム国空爆へ参加していたなら、日本はイスラム国との戦闘状態にあるわけで、日本が攻撃、テロを受けても文句はいえないのです。
私の師匠、故・蒔田董先生は、91年の湾岸戦争は、日本が戦後初めて参戦したもので、イラクに実力があったら日本が空爆されてもおかしくなかったと言われましたが、それ以上です。

そして、発売中の週刊現代3月21日号に、小出先生の退官の記事がありました(176~179ページ)、反原発を貫いた小出先生の姿勢に感服です。
同じ号の、古賀茂明さんのコラムで、古賀さん3・11当時経産省におられて、その際に経産省事務次官と三井住友銀行頭取の間で東電を倒産させないと密約が交わされ、さらに、汚染水はいずれ薄めて海に流すというのが、経産省ではささやかれていたと指摘、安倍総理のアンダーコントロール発言の嘘を糊塗するためにまた嘘、安倍総理の罪は重いと語られます。
ジャーナリストの青木理さんは、日本の報道の自由が61位に落ちたこと、秘密保護法+自民党のメディアへの圧力+メディアの政権への擦り寄りと指摘され、政治記者たちはジャーナリストではないと批判されています。
さらに、昨日の日刊ゲンダイでは、ニューヨークタイムス東京支局のマーティン・ファクラーさんが、民主国家でこんな一党独裁の国は他にないと指摘されました(日本がそもそも民主国家か、疑問はありますが)。

前代未聞の反動の安倍政権、これをこういうゲリラ的なメディアが批判しており、これらをお知らせいたしました。



辞任ドミノへ…望月環境相&上川法相も規正法違反疑い浮上 by limitlesslife
February 27, 2015, 11:24 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), グローバリゼーション, ストロンチウム, スパイ(偵察、情報収集、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リニアー・モーターカー, CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 犯罪(利己、無智、無恥、・・・), 独裁, 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生命か戦争か, 産経新聞(ドン:鹿内信隆:慰安所作り、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 米兵犯罪(暴行など), 籾井勝人, 経団連:(金儲団体:原発マフィア?), 経済(不振、不正、崩壊、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金融, 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 自衛隊(戦争参加、文民統制、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 虚仮・虚偽・虚妄・虚実・夢中夢・浮世, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 読売新聞(黄泉売り?オマル売り?・・・), 財閥(戦争、強制労働、解体、復活・・・), 財政(危機、破綻、改革、・・・), 貧困(格差、政策、予算、・・・), 賃金(値上げが先・何処も上げない資本主義・消費の70%), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, Global warming, Globalization, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 利己主義, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発(ゼロ、稼動、・・・), 原子力産業(関係、機関紙、、、), 国家(主義), 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地位協定, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 気候変動(異常気象、温暖化、・・・), 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三権分立(立法・行政・司法)

 安倍内閣の辞任ドミノが現実味を帯びてきた。今度の疑惑大臣は望月義夫環境相(67)。国の補助金の交付決定通知を受けた企業から1年以内に献金を受け取っていたことが発覚した。辞任した西川公也前農相の問題とほぼ同じ構図で、政治資金規正法違反の疑いが出てきた。

望月環境相が代表の自民党支部は2013年、総合物流会社「鈴与」(静岡市清水区)から140万円の寄付を受けたという。「鈴与」が望月大臣の「自民党静岡県第4選挙区支部」に寄付したのは2013年12月30日。「鈴与」はその4カ月前の13年8月19日に環境省所管の補助金1億7000万円、さらに9カ月前の13年3月15日に国交省所管の補助金4200万円を受け取っていた。寄付した時期が同年12月なので、いずれも補助金の交付決定通知から1年以内の政治献金を禁じる政治資金規正法に違反している。

27日の衆院予算委で、民主党からこの問題を追及された望月環境相は、「国ではなく一般社団法人が決定を行っているので、規正法が規定する補助金には当たらない」と答弁した。違法ではないとしながらも、今月26日に返金したという。西川前農相と同じやり方だ。

■上川法相も同企業から60万円

上川陽子法相(61)にも同じ疑惑が持ち上がっている。望月環境相が寄付を受けたのと同じ鈴与から、上川法相の政党支部が13年3月29日から12月まで計60万円の献金を受けていたという。

上川法相は衆院予算委で、「調査した上で対応し、説明責任を果たしたい」と答えた。

__________________________
コメント:構造的問題があるのではとの追求(維新の党):「金塗れ政権」ではないか?(民主党)―
その答えは:金字塔構造(金・オトモダチ)!?


(日曜に想う)「一強多弱」政局に潜む鳴動 特別編集委員・星浩 by limitlesslife
February 22, 2015, 1:44 pm
Filed under: 311, 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, アメリカ合衆国(米国), イスラエル, イスラーム国(ISIS, イラク戦争, ガザ, コミュニケーション, コミュニテイ〔共同体、地域力、・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジャーナリズム, ジュゴン, ストロンチウム, テロリズム, デモ(民意表出)・規制?, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ブッシュ(チェー二ー、・・・), プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 災害(避難、補償、復興、), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 独裁, 献金(賄賂、買収、, 環境・生態系, 生物(多様性、絶滅、・・・), 生命か戦争か, 真理=因縁生起=倫理, 社会保障(切り捨て、負担増、給付減、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(日本、世界、矛盾、破綻、・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 脱(成長・汚染・差別・搾取・破壊・殺戮・原発・暖化・絶滅・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 軍事(優先), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, nuclear discrimination, nuclear radiation, TPP, 公明党, 共生・共死, 共産党, 分割し統治せよ(漁夫の利を得よ、眼を逸らさせよ), 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 医療・介護, 医療保険(国民健康保険、・・・), 南京虐殺, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発事故・責任・補償, 吉田調書(フクシマ原発事故調書:政府秘匿:朝日スクープ、・・・), 命(対金), 国家安全保障会議, 国民主権, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球倫理, 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地震・津波・原発事故, 地方自治(地産地消、・・・), 基地, 大絶滅, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 子供達・世代(間倫理), 安倍晋三, 安全・安心・安寧(生命・平和vs軍備・戦争), 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 平和, 年金(基金・流用、目減り、・・・), 幸福(全体幸福指数), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 情報(アクセス、秘匿、統制、操作、、、、), 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政府(錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮), 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 教育:学習:修証, 日米, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 東電(東京電力:TEPCO), 枠組転換(金字塔から命帝網へ、・・・), 核(戦争、破滅、・・・), 核(武装、戦争、破局、・・・), 核廃物(死の灰、無期限放射能、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 死の商人, 民主党, 沖縄, 河野談話, 一極集中(金字塔、・・・), 三権分立(立法・行政・司法), 渡辺喜美 (みんなの党、裏金、・・・), 温暖化, 中東, 主権(回復、切捨て、・・・), 人質, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 人権, 企業(社会責任:CSR=Corporate Social Responsibility, 企業(善・悪・生・死・ブラック・ホワイト・・・), 信>食>兵

2015年2月22日05時00分

 通常国会は、来年度予算案の審議が始まり、与野党の論争が本格化してきた。安倍晋三首相優位の「一強多弱」政局はこのまま続くのか。問答形式で底流を探った。

表層君 安倍自民党は衆院選圧勝の勢いのまま、通常国会も押し切っていくのでしょうね。

深層氏 相変わらず、表面的な政局観だね。ところで、首相の大権とは何か、述べてみなさい。

表層君 まず、衆院の解散権。首相の専権事項です。小泉純一郎氏の郵政解散が典型。これによって、政局を一気に転換させました。次に閣僚や省庁の幹部、党役員などの人事権。これで政権内ににらみをきかせる。そして、予算編成権。どんな中身を盛り込むか、首相の判断が決め手になる。

深層氏 正解だ。では安倍政権に当てはめてみるとどうかな。解散はしたばかりだから、当分このカードは使えない。公明党は突然の解散を嫌うが、解散がないとなれば、強気に出てくる。安全保障法制をめぐる自民党との話し合いでも、簡単には妥協しないだろう。人事も組閣を終えた直後だから、早くとも秋の自民党総裁選まではない。予算編成は終わったばかりなので、この権限も当面は行使できない。

表層君 首相の三大大権は、しばらく封じられるのですね。それでも自民・公明の与党は圧倒多数です。

深層氏 衆院の各党勢力をみよう。与党は解散前とほぼ同じ。去年の今ごろは、野党でも安倍首相と親しい渡辺喜美氏がみんなの党を率いていたが、衆院選前に解党。自民党より保守を自任する次世代の党衆院選で19人から2人になった。安倍自民党の「友党」が激減したのに対し、民主党は選挙で62人から73人、共産党は8人から21人にそれぞれ増加。数の変化は与野党の攻防にも影響を与えるだろう。

表層君 首相にとって、対与党も対野党も意外に難しい。

深層氏 そう。首相が強引に権力を使って求心力を維持しようとすれば反発を招く。ここは、明確な論理と粘り強い説得で政策を進めていくしかない。その説得の場が国会であり、論争の中で首相の力量が問われる。

表層君 ところで、成長戦略の目玉と位置づけられた農協改革は進みそうな気配ですが。

深層氏 農協を束ねる全国農協中央会(全中)を一般社団法人に改めるとか、全中の監査部門を独立させるとかいった改革は農協の自立を促すための第一歩だが、これで強い農業が実現するかとなると、心もとない。族議員からは「この程度で首相が引っ込んでくれて安心した。農協の金融部門にメスが入るのではとヒヤヒヤした」といった本音が聞こえる。農林水産省の統計によれば、国内総生産(GDP)に占める農業の比率は1%程度。農業を成長戦略の柱に据えるのは荷が重いのではないか。製造業やサービス業の競争力を強めることが大切なのだけれど、円安株高で潤っている大企業には法人税を減税するという。そのあたりも国会でしっかり論じて欲しいね。

表層君 戦後70年の安倍談話も国会の論点ですね。

深層氏 この問題のキーパーソンは二階俊博自民党総務会長だ。安倍首相が「侵略」や「痛切な反省」といったキーワードにこだわらないと述べて野党の批判を受けたタイミングで、談話について共産党社民党を含めた野党とも話し合う必要があると言い放った。その前段として、自民党の最高意思決定機関である総務会の意向も踏まえるべきだと言いたいようだ。

小沢一郎氏らと自民党を離れ、自由党保守党にいた時は自民党と連立。復党後は、派閥会長の座にいる。大勢の支持者を引き連れて韓国や中国を訪れるのが得意だ。「策士」二階氏の視野にあるのは、自民党内の穏健派勢力の結集だろう。「一強多弱」政局も、耳を澄ませば鳴動が聞こえてくる。

____________________

コメント:「鳴動」は世界的・地球的で人工一方向金字塔墓場(金・力・物:金権・裏金・原発・原爆・戦争・武器・基地:虚偽錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)は個人・社会・文明・生態・環境を鳴動・破滅に導きつつある。自然円循環帝網体系(命・心・法:生命・生存・安全・安心・平和・博愛・自治:真理覚醒・自由・平等・博愛・平和)へと自然・生系・文化・共生・縁起が求道・(枠組)転換を促している。



オバマ米大統領:「対テロ教育必要」 若者の洗脳防止 by limitlesslife

毎日新聞 2015年02月19日 東京夕刊

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は18日、米政府がワシントンで開催中の「暴力的過激主義対策(CVE)サミット」で演説し、過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)などが若者を洗脳することを防ぐには、その主張に対抗する正しいメッセージを打ち出す取り組みが必要だと強調した。また、テロ組織が経済的、政治的不満につけ込んで要員募集を図っているとして、教育や職業訓練への投資、民主化・自由化の推進が必要だとの考えを示した。

オバマ大統領は、ISが自らを「イスラムの正統な代表」と強調し、米欧がイスラム教徒との戦争状態にあり、「イスラムを守る聖なる戦士」が必要といった主張を展開して、若者を過激化させて要員募集を図っていると指摘。「こうした主張はうそであり、絶対に受け入れてはならない。彼らはイスラム教徒でなく、テロリストだ」と批判した。また、穏健派イスラム教指導者に対し、過激派の主張を否定する発言を強化するなどの取り組みを求めた。

オバマ氏は、若者が過激化する原因として、教育が不十分で就職が困難といった経済問題や、人権侵害や宗教的自由がない圧政など政治的問題を指摘。こうした環境の改善がテロ組織によるイスラム教の悪用を阻止すると主張した。

また、若者の過激化を早期に察知して介入できる存在として家庭や学校、宗教的指導者や地域共同体などを挙げ、自衛のための取り組みを率先して行うよう要請した。さらに、オバマ氏は「イスラム教徒も米国人だ。消防士、軍人として貢献してきた」と述べ、色眼鏡で見ずに信頼を築くことの重要性を強調した。

この日のサミットでは、主に米国内で地方自治体などが取り組んでいる過激化防止策に関して意見交換が行われた。ISやソマリアのイスラム過激派「アルシャバブ」に地元の若者が参加した米中西部ミネアポリスや、2013年に過激化した移民の若者らによるマラソン大会を狙った爆弾テロ事件が起きた東部ボストンなどの代表団が参加。警察と教育機関、宗教指導者、非政府組織(NGO)などの間の情報交換や若者支援プログラムなどを発表した。

_____________________

コメント:絆創膏で癌は治せない! 癌体質・生活そのものを直す必要がある!! 人工一方向金字塔墓場が政治・経済・社会・文化・生態・環境全ての全体病根(虚偽錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)!!! 自然円循環命帝網組織の全体健全(真実覚醒・自由・平等・博愛・平和)への根本的枠組み転換が必要!!!!!