Global Ethics


朝日放送おはようコール 二木宏孝がゼンショー経営問題と笹井氏自殺を語る by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のおはようコールABCのナットク!ニュース塾、今朝はジャーナリストの二木啓考さんのお話でした。今朝は冥府魔道の朝でした(泣)。

牛丼のすき屋(ゼンショー経営)は、深夜の一人営業(ワンオペ)を解消し、そのためコストがかかり赤字になり、値上げです。今まで過酷な労働環境が問題になり残業も平均100時間を越えて新入社員にも逃げられ(6割が3ヶ月で退職)、消費税増税なのにすき屋は値下げしており、そのしわ寄せが従業員に来て、二木さん、ゼンショーは全勝の意味で、社長が吉野家から独立して97年上場以来黒字で、黒字は過酷な労働で人件費を抑えていたためで、吉野家がライバルで、値下げもしていたが、黒字が人件費を抑えていた結果であり、こんなことでは出来ず、企業経営では、こんな企業は持たない、企業体質を変えるべきと言われました。

理研・笹井氏の自殺、背景に理研の組織防衛があったと言われています。生命科学の歴史を変えると言われたSTAP細胞、笹井氏は副センター長を辞めたいと3月に言い出し、その後次々疑惑が出たのに、申し出は受け入れられず、自分の職場で命を絶ちました。
二木さん、理研が態度をはっきりさせず笹井氏板ばさみになり、辞任させていたら結果は異なり、笹井氏は様々な顔を持ち、研究者の顔と、政府・理研に対するプレゼン(予算獲得)が上手くセールスマンで、こちらの方が大きく、神戸のポートアイランドに通称笹井ビルが出来、理研・企業・大学の共同研究でSTAP細胞をしようとして挫折し、毎日新聞の記者は負の連鎖としており、笹井氏は様々な計画を立てていたのに、これは理研にも責任があり打撃になると言われました。

佐世保の同級生殺害事件、実の母親も殺そうとしたと言っており、当初の供述と変わってきています。二木さん、当初からの殺意と異なり、これは97年の神戸事件と似ており、小動物から人を殺し、衝動殺人の傾向があり、自分の欲求を抑えられず、こういうことになったと言われました。

なお、私のところには明日来る赤旗日曜版で、沖縄・辺野古の工事を取ったのは本土のゼネコン、大成建設とのスクープ記事が載っているそうです、これも記事を見たらお知らせいたします。

Advertisements