Global Ethics


命を奪った者の責任とは by limitlesslife
February 6, 2015, 8:53 am
Filed under: 事故(責任、補償、UN,・・・)

みなさん


バングラデシュで衣料品を製造する8階建てのスウェットショップ(搾取工場)が崩壊し、数千人が生き埋めになりました。この大惨事を教訓に、企業に責任を課すため画期的な補償制度が設置されました。ですが、世界的にも有名なファッション大手・ベネトンは補償金を支払わず、私たちがキャンペーンを展開し、ブランドイメージを損なわない限り、今後も支払いに応じないでしょう。クリックして、至急ご署名ください:

嘆願書に署名

わずか90秒間で、バングラデシュにあった8階建てのスウェットショップ(労働者を低賃金・劣悪な条件で働かせる労働搾取工場)の工場ビルは崩壊しました。事故では、1134名の人々が亡くなりました。中には、自分の手足を切断することで脱出し、一命を取り留めた人もいます。この大惨事を教訓に、国連は企業に責任を負わせ補償の支払いを課す画期的な制度を設置しました。制度はすでに効果的に機能しています — ですが、補償に応じないある企業に支払いを求めるため、被害者たちは私たちの支援を必要としています。

イタリアのファッション大手ベネトンは、被害者たちに自社製品を製造させていたにもかかわらず、補償の支払いに応じていません。事故との明白な関連がありながら、補償を支払わない唯一の大手グローバルブランドです。今日に至るまで、同社は被害者への対応を放棄し、ブランドイメージを損なわないのであれば、特に何もする必要は無いと踏んでいるのです。さあ、そんなときこそ、私たちの出番です。

ベネトンは、ミラノファッションウィークに向け準備を進めています。イタリアのファッション界で最も重要なこのイベントは、スキャンダラスな意見広告を展開する絶好のチャンスです。クリックして、直ちに補償金の支払いに応じるるようベネトンに求め、労働者のための救済制度を存続させましょう。100万人分の署名が集まり次第、きらびやかなファッションショーが繰り広げられる中、同社に私たちのメッセージを突きつけ、これ以上責任逃れできないよう働きかけます。至急、ご署名お願いします:

https://secure.avaaz.org/jp/benetton_pay_up_loc/?bQFbdbb&v=53174

ラナプラザの事故が起こるまで、このような大きな事故が起きるたび、多国籍企業はいとも簡単に責任を放棄してきました。ですがもう、そんなことはさせません。国連の労働機関が議長を務め設立されたラナプラザ合意のもと、初めてバングラデシュ政府や製造業者、世界各国の小売業者、そして労働関連団体などの主要機関が集まります。そして、この取り組みが成功すれば、企業責任、サプライチェーンの監視、世界中の労働者の権利に大変革をもたらすことになるでしょう。ですが、ベネトンがこの合意に従わないのであれば、その他の企業もそれに続き責任を免れ、事故の被害者たちに正義をもたらすこのチャンスを逃してしまうことになります。

ベネトンは、倒壊した工場ビル「ラナプラザ」との関係が立証されたにもかかわらず、合意に署名していない唯一の大手グローバルブランドです。事故が起きた同年、同社は130億ユーロ(約1.86兆円)もの利益を挙げたにもかかわらず、地元の慈善団体に寄付したことを理由に責務を果たしたと主張し、その金額すら公表していません。ですが、寄付金と支払うべき補償金とを混合させてはなりません。そもそも、この崩壊事故は企業の怠慢が引き起こした不祥事であり、本来ならば補償金の支払いは義務であるべきですが、義務づけることができなくとも最低限、この人災に関わった企業には、任意の補償制度に資金を提供させるべきです。

ベネトンやその他の小売り大手にとって、ブランドイメージはすべてです — だからこそ、彼らにとって最も痛いところを突くのです。私たちの中から一人でも多くが署名すれば、このメッセージはいっそう大きくベネトンCEOの耳に届くでしょう。ラナプラザ事故の生存者たちに正義を勝ち取るため、至急ご署名の上、キャンペーンをお知り合いのみなさんにもシェアしてください:

https://secure.avaaz.org/jp/benetton_pay_up_loc/?bQFbdbb&v=53174

私たちは、どうすれば大手企業が動くのかを知っています。ビル倒壊事故後、私たちコミュニティは総動員で働きかけ、H&Mをはじめとする世界トップブランドに工場の防火や安全対策の強化を課した協定に署名させました。さあ、今再び力を合わせ、助けを待っている被害者やその親族のために補償金の支払いに応じるよう求めましょう。

希望を込めて

ダリア、オリバー、エミリー、リサラート、メーズ、リッケン、そしてAvaazチーム

関連情報

ラナ・プラザの惨事から1年、そして、これから(CSRコミュニケート/日本語)
http://www.csr-communicate.com/global/20140508/csr-27562

バングラデシュのビル崩壊事故、補償進まず(WSJ ウォールストリート・ジャーナル/日本語)
http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304523904579154500453579332

ヒューマンライツ・ナウ声明 : バングラデシュ縫製工場の搾取的労働が今も続いている(レイバーネット/日本語)
http://www.labornetjp.org/news/2014/1407473289730staff01

ラナプラザ事故を繰り返さないために(Business of Fashion/英語)
http://www.businessoffashion.com/2013/09/op-ed-preventing-another-rana-plaza.html

ラナプラザ協定 – 寄付金提供企業(公式サイト/英語)
http://www.ranaplaza-arrangement.org/fund/donors

世界人権デー ラナプラザ事故への補償をベネトンに求める(Clean Clothes/英語)
http://www.cleanclothes.org/news/press-releases/2014/12/10/benetton-targeted-over-rana-plaza-compensation-on-international-human-rights-day

Avaazコミュニティを支援してください!
私たちは政府や企業による資金提供は受け取らず、全面的に寄付金によって運営しております。Avaazの小規模なオンラインチームは、どんなに少額の寄付金であっても大いに役立てられるよう取り組んでいます。