Global Ethics


安保法制・私はこう考える:米追従では嫌われ者に ジャーナリスト・西谷文和さん(54) by limitlesslife
June 4, 2015, 10:29 pm
Filed under: アベノミス, アメリカ合衆国(米国), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 脱(成長・汚染・差別・搾取・破壊・殺戮・原発・暖化・絶滅・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発事故・責任・補償, 基地, 安倍晋三, 安保法案(戦争法案、・・・), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 従軍慰安婦, 徴兵制度, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 核廃絶, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 人権, 侵略・占領・殖民・支配・, 信>食>兵

毎日新聞 2015年06月04日 東京朝刊

ジャーナリスト、西谷文和さん
ジャーナリスト、西谷文和さん

安倍晋三首相や中谷元防衛相の国会での答弁を聞くと、「この人たちはリアルな戦争の現場を知っているのだろうか」と疑問に思えてくる。

例えば、自衛隊による米軍や他国軍への後方支援は「現に戦闘行為が行われている現場」以外で行うとしているが、アフガニスタンやイラクでは、比較的安全とされた地域が急な情勢の変化で最も危険な地域になることがあった。その時に「日本は撤退します」と抜けることができるのか。そんなことは他の国が許さないだろう。

国連平和維持活動(PKO)協力法の改正案では自衛隊が治安維持任務に就くことも可能とされているが、アフガン戦争後の治安維持に当たった国際治安支援部隊では3400人以上が亡くなっている。不審な車両が近付いてきた時には、相手を撃たなければ自分が殺される。それが現実だ。政府は「そんな場所へは派遣しない」と言うが、米国からすれば、危険な任務を他国にも分担させたいというのが本音だろう。

そもそも、9・11後の対テロ戦争はすでに破綻している。アフガンやイラクの市民を巻き添えにした末に、新たなテロリストを生んだだけだった。米国はすっかり中東の嫌われ者になった。

いま必要なのは、紛争で荒廃した地域の人々に食料や毛布、テントを届ける「太陽政策」で人心を静めることだ。希望が生まれれば新たなテロリストは生まれない。日本は、米国に追従して嫌われ者になってはいけない。【聞き手・遠藤孝康】=随時掲載

==============

■人物略歴

 ◇にしたに・ふみかず

大阪府吹田市在住。フリージャーナリストとしてアフガニスタンやイラク、シリアの戦地を取材。医療支援や難民支援も行う。

_______________________

コメント:安保法制委員会で保守・与党推薦の学者も含めて「違憲」と明言する「安保(実は戦争)法案」は憲法違反の上に日本国会・国民が反対している法案を「夏まで成立」を日本国会・国民を無視して米国国家・国民に約束する一見「国粋主義者」の事実(戦争・基地・原発・TPP・・・)「売国実行者」のアベコベ・アベノクー!!!

Advertisements


日本はアジアの次の独裁国家になるのか? by limitlesslife
April 4, 2015, 8:55 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), サンゴ礁(破壊、白化、・・・), ジャーナリズム, ジュゴン, テロ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), ナチズム, ネオコン(ネオ・コンサーバティブ、・・・), バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), バブル(弾ける), ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, ファシズム, ブラック企業, プルサーマル(高浜原発・・・), プルトニウム(祭猛毒・原爆材料), ヘイトスピーチ(錯誤・差別・殺戮・・・), マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), メデイア, リニアー・モーターカー, 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無人機(錯誤、差別、殺戮、・・・), 特高(警察、・・・), 特区(国家戦略ー、・・・), 特攻(神風特別攻撃隊、殺人、国家、美化、・・・), 献金(賄賂、買収、, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 生物(多様性、絶滅、・・・), 生命か戦争か, 生態系(生命系、命連鎖、命帝網、・・・), 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), DNA(遺伝子、血統、同族意識、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 首相不信任, 軍事(優先), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, MOX燃料(輸送、再処理、利用、), NHK(日本放送協会), TPP, 公明党, 労働(労働者、労働差別、労働被災、労働搾取、、、), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 原発事故・責任・補償, 君が代, 命(対金), 国家(主義), 国家安全保障会議, 国家戦略特区, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地球温暖化(異常気象、海面上昇、海没島嶼・都市、環境破壊、種絶滅、・・・)、, 地震・津波・原発事故, 基地, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍内閣, 安倍晋三, 安保法制懇, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 帝国支配(米国支配), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 政治屋(商売、・・・), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日露, 日韓, 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 権利(侵害), 権力, 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 死の商人, 汚染, 沖縄, 一極集中(金字塔、・・・), 三毒(貪欲・怒り・無智:貪瞋痴), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 侵略・占領・殖民・支配・

日本はアジアの次の独裁国家になるのか?
FEB 20, 2015 9:00
By Noah Smith
今年初め私は世界各国における政権の反自由主義的な動きと、人権軽視という心傷む傾
向につい書いた。残念ながら、日本はこの危うい流れに追いつきつつある。
これは奇妙な言いがかりに聞こえるかもしれない。というのは、安倍晋三首相はこれま
でいくつかの自由主義な政策(女性労働者への平等な扱いの推進など)を実行してきて
おり、移民受け容れにも前向きな姿勢を示してきたからである。日本社会は、全般的に
見ると、過去数十年にわたって、より自由主義な方向に向かってきた。裁判員制度の導
入もその一つだし、クラブにおける長年のダンス禁止も無効にされたのもその一つであ
る。
しかし、こういったことは安倍の政党が日本国憲法を彼らの思い通りに変更した場合に
は、ほとんどが意味のないものになってしまうだろう。
日本の自由民主党(現存するうちで最も実体と異なる党名をもつ政党の一つ)は戦後史
のほぼ全時期、短期的な中断をはさんで、日本を支配し続けてきた。この政党の実質的
な部分は哲学的にも、組織的にも、またしばしば遺伝学的にも、日本軍国主義時代の政
治的支配者の流れを汲んでいる。それゆえに、当然ながら、アメリカ占領期に日本にお
しつけられた自由主義な価値観をこの党派はまったく内面化することがなかった。かつ
ては少数派であったこの党派が、現在では自民党内の支配的な勢力となっている。
自民党は現在、アメリカが起草した憲法を廃棄し、代わりに自主憲法を制定しようとし
ている。
自民党の改憲草案は「現行憲法の条項のいくつかは自然権についての西欧的な理論に基
づいており、そのような条項は変更されねばならない」と謳っている。この考えに基づ
いて、自民党改憲草案では、国は「公益及び公の秩序に違背する場合」には、言論の自
由、表現の自由を規制することができるとされている。また、宗教集団に国家が「政治
的権威」を賦与することを禁じた条項も廃絶される。つまり、政教分離原則が放棄され
るのである。
さらに悪いことに、草案は国民が従うべき六つの「義務」をあらたに付け加えた。
「憲法擁護義務」や家族扶養義務のようにあいまいで無害なものもあるが、「国家国旗
に敬意を払う義務」を国民に求めるようなアメリカにおける保守派が推進している憲法
修正と同趣旨のものもある。
他の三つの「義務」はあきらかに反自由主義と独裁制を目指している。
「国民は責任と義務は自由と権利の代償であるということを自覚せねばならない」「国
民は公益および公の秩序に従わねばならない」「国民は緊急事態においては国家あるい
はその下部機構の命令に従わねばならない」
これは中国やロシアであれば憲法に書かれていてもおかしくないだろうし、「緊急事態
」についての条項は、多くの中東諸国で弾圧のために利用されている正当化の論拠と同
じものを感じさせる。
残念ながら、この自民党改憲草案のきわめて反自由主義的な本質は欧米ではほとんど注
目されていない。欧米の人々は改憲というのは日本国憲法の一部、軍隊を保有すること
を禁じた現行憲法九条の改定のことだと思っているからである。
自民党改憲草案が九条廃絶をめざすのは事実だし、九条廃絶が安倍の改憲の主要な目的
であることも事実である。けれども、われわれががこの問題を非武装という論点にだけ
焦点を合わて見るのは、重要な論点から目をそらせることになる。
たしかに、九条廃絶はデリケートな問題である。日本はすでに軍隊を保有している(名
前は「自衛隊」だが)。そして、九条の非武装条項はかなりゆるく解釈されているから
、ここで九条を廃絶してみても事態はほとんど変わらない。憲法が改定されたからと言
って、日本が他国に侵略を始めるということはほとんど考えられない。日本はただ、そ
の事実上の軍隊をふつうに軍隊と呼ぶようになるというだけの話である。
しかし、九条問題に気を取られていると、われわれは自民党草案が日本国民の自由にど
のような打撃を与えることになるのかを見落としてしまう。
日本国民はもちろん反自由主義的な国で暮らすことを望んではいない。
日本国民の80%以上は安倍政権が最近採決した「特定秘密保護法」に反対したし、憲
法改定手続きを容易にする自民党の企てにも反対した。日本国民は過去70年間きわめ
て自由な空気の中で生きてきた。それがもともとは外国勢力によって与えられた自由で
あったにせよ、それを享受してきたことに変わりはない。
われわれが危険だと思うのは、日本国民が彼ら自身の自由をみずから進んで手放すよう
に欺かれているように見えることである。
欧米のジャーナリストと同じように、日本国民もまた九条の廃絶だけに論点を絞り過ぎ
たせいで、改憲草案が人権を「義務」に置き換えるためのものだということに気づいて
いない。日本の野党が弱く、分断され、統治能力がないこと、それに比べて安倍政権は
経済再生の最後の希望であるということで許される話ではない。
まずもう少し冷静になってみよう。憲法は所詮は一片の紙切れに過ぎない。すべての国
がアメリカのように自分たちの憲法を杓子定規に守っているわけでもない。
日本の指導者たちが非自由主義的な国家を作り出そうとすれば、アメリカが1947年
に書いた憲法には彼らを引き止める力はないだろう。事実、自民党内の歴史修正主義者
たちは自分たちの改憲草案をこの国の「ほんとうの」法律だと暗黙のうちにみなしてい
る。改憲草案のすべてが非自由主義的というわけではない。性別、人種、宗教的な理由
による差別の禁止は原稿憲法のまま残されるし、健常者障害者の差別禁止にまで拡大さ
れている。
しかし、自民党の新しい憲法には真に危険なものが含まれている。
第一に、これが自民党による市民社会抑圧の企ての一部だということである。
この動きは経済の低迷と福島原発事故の後、一層物騒なものになってきている。特定秘
密保護法とその他の出版の自由に対する弾圧はその危険を知らせる徴候である。国境な
きジャーナリストが発表した報道の自由ランキングで、日本は2010年の10位から
2015年には61位にまで転落した。
第二は自民党改憲草案を採択した場合、それが国際社会にもたらすマイナスの影響であ
る。もし日本がトルコやハンガリーのような非自由主義的な民主政体に向かって舵を切
った場合、それはアジア地域において日本がこれまで保持してきた、中国という抑圧的
な国家の対抗軸としての特性を打ち消すことになるだろう。その結果、日米同盟も弱体
化する。日米両国はこれまで価値観の共有によって一体化してきたわけだが、それが失
われるからである。これから先、アメリカは非自由主義的な中国と、かなり非自由主義
的な日本の双方に対して、これまで以上に中立的な立場を採択することになるだろう。
日本にとっての最適解はたぶん九条を廃絶して、残りの条項は手つかずに残すことであ
る。しかし、このトリックが政治的に何を意味するかはすぐ見破られるだろう。自民党
が九条に手を着けた場合、どのようなやり方でそれを成し遂げようと、それは独裁主義
的な「義務」と人権の弱体化に向かうドアを開くことに変わりはないからである。
だから、日本にとって現実的な最良の解は現行憲法にはいろいろ瑕疵があるが、その改
定をできるだけ先送りして、いまだに1940年代のマインドをとどめているような人
々が政権の座にとどまり続ける日が終わるのを待つことである。
日本はいま歴史的な転換点に立っている。
日本にはこれまで以上に自由主義的な社会になる可能性もあるし、これまでよりずっと
自由主義的でない社会になる可能性もある。
より自由主義的な社会をめざすことこそが賢明であり、かつ道徳的な選択である。

http://blog.tatsuru.com/2015/02/25_1234.php

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

______________
コメント:民衆の我利を刺激して独裁者の我利を徹底させる方法:
国粋・排外・帝国・軍産・政官・学メ(メデイア)・権力・法律・教育・恐怖・金権等)


朝日バッシングは日本社会が歪み、変質する中で起きた歴史的事件 by limitlesslife

朝日バッシングは日本社会が歪み、変質する中で起きた歴史的事件
青木理
http://i.imgur.com/PXPgBYU.jpg

イスラム国事件 安倍首相は中東を理解していない
「トルコ政府は人質交換のシナリオも用意していた」
交換するならトルコの飛び地しかなかった
内藤正典(同志社大大学院教授)
http://i.imgur.com/qQn9Kxa.jpg

テロだからと黙っていたら戦前と同じ状況に 古賀茂明
http://i.imgur.com/itFJ8SQ.jpg

日本の大新聞は権力者の側に立って国民を見下ろしている
国の根幹が変わるのに新聞が反論を載せない異常
ごく一部の人が管理し動かしている日米同盟
マーティン・ファクラー
http://i.imgur.com/3RUjQ50.jpg

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



オバマ米大統領:「対テロ教育必要」 若者の洗脳防止 by limitlesslife

毎日新聞 2015年02月19日 東京夕刊

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は18日、米政府がワシントンで開催中の「暴力的過激主義対策(CVE)サミット」で演説し、過激派組織「イスラム国」(IS=Islamic State)などが若者を洗脳することを防ぐには、その主張に対抗する正しいメッセージを打ち出す取り組みが必要だと強調した。また、テロ組織が経済的、政治的不満につけ込んで要員募集を図っているとして、教育や職業訓練への投資、民主化・自由化の推進が必要だとの考えを示した。

オバマ大統領は、ISが自らを「イスラムの正統な代表」と強調し、米欧がイスラム教徒との戦争状態にあり、「イスラムを守る聖なる戦士」が必要といった主張を展開して、若者を過激化させて要員募集を図っていると指摘。「こうした主張はうそであり、絶対に受け入れてはならない。彼らはイスラム教徒でなく、テロリストだ」と批判した。また、穏健派イスラム教指導者に対し、過激派の主張を否定する発言を強化するなどの取り組みを求めた。

オバマ氏は、若者が過激化する原因として、教育が不十分で就職が困難といった経済問題や、人権侵害や宗教的自由がない圧政など政治的問題を指摘。こうした環境の改善がテロ組織によるイスラム教の悪用を阻止すると主張した。

また、若者の過激化を早期に察知して介入できる存在として家庭や学校、宗教的指導者や地域共同体などを挙げ、自衛のための取り組みを率先して行うよう要請した。さらに、オバマ氏は「イスラム教徒も米国人だ。消防士、軍人として貢献してきた」と述べ、色眼鏡で見ずに信頼を築くことの重要性を強調した。

この日のサミットでは、主に米国内で地方自治体などが取り組んでいる過激化防止策に関して意見交換が行われた。ISやソマリアのイスラム過激派「アルシャバブ」に地元の若者が参加した米中西部ミネアポリスや、2013年に過激化した移民の若者らによるマラソン大会を狙った爆弾テロ事件が起きた東部ボストンなどの代表団が参加。警察と教育機関、宗教指導者、非政府組織(NGO)などの間の情報交換や若者支援プログラムなどを発表した。

_____________________

コメント:絆創膏で癌は治せない! 癌体質・生活そのものを直す必要がある!! 人工一方向金字塔墓場が政治・経済・社会・文化・生態・環境全ての全体病根(虚偽錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮)!!! 自然円循環命帝網組織の全体健全(真実覚醒・自由・平等・博愛・平和)への根本的枠組み転換が必要!!!!!



本日1/21 夕方5時 大阪府連自民党前で抗議行動します! イスラム国の拉致糾弾!安倍首相は対テロ戦争支持を撤回しろ! by limitlesslife

 永岡です、後1時間ですが、大阪自民党前での抗議行動のご案内です。
<以下、転送>
こんにちは。

1月21日(水)夕方17時から17時30分 大阪自民党本部前で抗議行動を行います。
参加できる方はお願いします。

※大阪自民党本部前(〒540-0012 大阪府大阪市中央区谷町2-9-3 ガレリア大手前ビル12F)

★イスラム国の拉致糾弾!
★安倍首相は対テロ戦争支持を撤回し、集団的自衛権行使・戦争国家づくりをやめろ!
★アメリカ・NATOはイラク・シリア攻撃をやめろ!

●「イスラム国」による日本人2人の拉致・殺害予告を断固糾弾し、即時釈放を強く求める。同時にイラク・シリアでのイスラム国による市民への虐殺を今すぐ中止するよう強く求める。

●安倍政権は対テロ戦争支持を今すぐ撤回し、戦争国家路線をやめ、人質救出・平和外交を行え。

2014年6月におこった「イスラム国」のイラク市民虐殺・モスル制圧に対するアメリカ軍の空爆(8月)を皮切りに、フランス、イギリス、オランダ、ベルギー、オーストラリア、カナダ、デンマークなどがイラクへの空爆を行い多数の市民の犠牲を出しつづけている。同時にアメリカはシリア空爆を行い多数の市民を殺害している。集団的自衛権の閣議決定強行をした安倍政権はアメリカのイラク空爆直後に「対テロ戦争支持」を表明し、この第三次イラク戦争・シリア空爆を支援し続けてきた。11月には対イスラム国を想定した中東・ペルシャ湾での機雷掃海訓練に参加、そして2015年1月16日からエジプト、ヨルダン、イスラエル、パレスチナを企業40社の幹部と、トップセールスマンとして中東を回った。同時にアフリカ北東アデン湾に面するジブチ共和国の自衛隊基地を岸田外務大臣が訪問、自衛隊の海外侵略拠点としてさらに増強しようとしている。
アメリカ・NATOのイラク・シリア攻撃は石油をはじめとする利権をイスラム国に奪われないための軍事攻撃であり市民の犠牲を出し続けている。
イスラム国壊滅と銘打って共同作戦を行うイラク政府軍は腐敗しきっており、5万人もの架空の兵士が登録され年間3億8000万ドル(約450億円)が不正に支払われた事が発覚している。

安倍政権の対テロ戦争への支持と支援はテロと腐敗国家を増強し、市民の犠牲を増やすばかりである。
安倍政権は人質救出に専念し、対テロ戦争支持を撤回しろ!
戦争国家づくりを強行し、戦争とテロ拡大に加担してきた安倍政権は退陣しろ!

★今すぐ抗議の声を送ろう!
首相官邸   TEL 03-3581-0101  FAX 03-3581-3883
外務省・中東アフリカ局   TEL 03-5501-8314  FAX 03-5501-8306
よびかけ:イラク平和テレビ局inJapan  http://peacetv.jp/
          ZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)http://www.zenko-peace.com/



毎日放送ちちんぷいぷい ヤマヒロさん、太田元沖縄知事と語る by limitlesslife
October 29, 2014, 9:53 pm
Filed under: アベノミス, イラク戦争, オスプレイ, オリンピック, カジノ(賭博、破産、破壊、・・・), グアム(島、基地、文化、チャモロ、・・・), ジュゴン, テロ, ナガサキ, ナショナリズム(ウルトラ・愚か・短気=損気・・・), ナチズム, バブル(通貨膨張・インフレ・投機・崩壊), パレスチナ, ヒロシマ, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, マスコミ(第四権力), メデイア, リニアー(新幹線、・・・), ロシア, CIA:Corruption In America (from comment), Climate change, 災害(避難、補償、復興、), 為替(操作、円安:資産減:購買力減:輸入高、・・・), 無知・無駄・無理, 特区(国家戦略ー、・・・), 犯罪(利己、無智、無恥、・・・), 独裁, 環境(劣化、汚染、破壊、・・・), 福祉(切捨て), 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 経済(不振、膨張、破裂、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 自民党, 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 領土問題, 被災(地震・津波・原発・・・), 首相不信任, 財政(危機、破綻、改革、・・・), 貧困(格差、政策、予算、・・・), 軍隊(暴走・暴挙・暴利・・・), 軍事力(協定、支配、金字塔、1%、・・・), 辺野古, NHK(日本放送協会), nuclear power, nuclear radiation, Occupy, radiation, TPP, 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発危機, 原発事故・責任・補償, 原子力規制, 原子力協定, 原子力委員会, 国家安全保障基本法, 国家安全保障会議, 在特会(在日特権を許さない市民の会:ザイトク、・・・), 地震・津波・原発事故, 地位協定, 基地, 安倍内閣, 安倍晋三, 川内原発(審査、再稼動、安全、避難、・・・), 差別(人種、民族、宗教、。。。), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(犠牲者・救済・求償・・・), 拉致(誘拐、・・・), 放射線汚染・被曝, 政治:利己・害他・無責任(原発利権・事故・稼動), 教科書(国定・国家主義・裁判・・・), 日米, 日露, 日韓, 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 朝日新聞, 東京電力(東電:TEPCO), 武器輸出三原則, 三権分立(立法・行政・司法), 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 侵略・占領・殖民・支配・, 信>食>兵

 永岡です、毎日放送のちちんぷいぷいで、昨日に続いて司会のヤマヒロさんこと山本浩之さんが、沖縄、辺野古問題を取材され、今回は元知事の太田昌秀さん(89歳)のお話を取られました。
太田さん、沖縄の痛みは本土の痛みであると、喜屋武真栄元参院議員(きゃん・しんえい)さんの言葉を引用されました。
さらに、沖縄の基地、これはアメリカはグアムなどに移したかったのに、日本政府がやめてくれと言った(沖縄のメディアが大きく報じましたが、本土のメディアは無視)ことを指摘され、これは沖縄が、アメリカがソ連・中国から日本を守る、冷戦時の大義名分から、テロとの戦いのためにこちらを選択したのに、しかし日本がいてくれと言ったことを引用されました。
太田さんは、沖縄の知事は、日本政府だけでなく、アメリカにも働きかけて、沖縄の痛みを除くべきと言われました。
那覇には、広大な商業施設があり、これは米軍基地を返還させて、そこに商業施設を作り、基地の時よりも今は繁栄しています。これから、沖縄の選択があるのです。
これを見て、毎日放送の石田英司元デスク、基地に反対というのは、この振興策や、基地経済に依存する中、大変なことであると付け加えられました。
沖縄県知事選は、決して一地方の問題ではなく、日本の問題でもあります。

これを聞いて、私は、基地と原発が瓜二つであることを知り、また、皆様には釈迦に説法ですが、沖縄の米軍基地は、アメリカが日本を守るためのものではなく、それを大義名分に、ベトナム戦争、湾岸戦争、アフガン戦争、イラク戦争と、アメリカがアジア、中東に侵略戦争をするための拠点です。そして、それを必要としているのは、戦後日本体制の、いわゆる「安保村」という連中です。
そもそも、私の所感では、太平洋戦争は、日本がアメリカの奴隷になるためにやったとしか思えません。アメリカに沖縄と言う大軍事拠点を差し出し、また広島・長崎に原爆を落とされましたが、アメリカは原爆の開発に天文学的な金を使っており、もし原爆が完成しても、日本が降伏して使えなかったら、アメリカは間違いなく財政破綻していたでしょう、それが、広島と長崎に原爆を落とし、アメリカは戦後の覇権を一気に握ったのです。勝てるはずのない戦争をやり、結果としてアメリカの奴隷と化した(沖縄の現状を見たら、明白でしょう)、当時も、今も日本の支配者たちは途方もないバカなのです。
日本の誇るヒーロー、ウルトラマンを作った脚本家の、金城哲夫さんは、沖縄の魂に立ってヒーローを作りました。その中で、ウルトラセブンの、ノンマルトの使者という名作は、沖縄を日本人と、米軍が侵略したことを告発した作品です。
ウルトラマンのふるさと、M78星雲は、本当は沖縄なのです。しかし、現実には、M78星雲はアメリカと、日本の安保村の連中に占領されています。そして、日本には、仮面ライダーの悪役、ショッカーの現実化である在特会、極右組織が跋扈しています。
沖縄の問題は、日本全体の問題であり、沖縄から基地がなくならないと、日本に真の平和はないと、このヤマヒロさんと大田さんの対談を見て、感じました。



by limitlesslife

はびこる排外主義、侵略の定義、内田樹の研究室

はびこる排外主義、侵略の定義、内田樹の研究室

はびこる排外主義とレイシズムに日の丸が泣いている
http://diamond.jp/articles/-/34875 より:

「在特会」(在日特権を許さない市民の会)などによる異常デモが、東京・新大久保(
2月9日)、大阪・鶴橋(2月24日)で行われました。そこでは「朝鮮人首吊レ毒飲メ飛
ビ降リロ」「よい韓国人も悪い韓国人もどちらも殺せ」「ハヤククビツレチョウセンジ
ン」(新大久保)「鶴橋大虐殺」(鶴橋)などが主張され、「殺せ殺せ朝鮮人」といっ
たシュプレヒコールが繰り返されました。3月31日には「新大久保排害カーニバル」な
るデモが再び行われる予定です。韓国や北朝鮮との間でいくら国際問題があろうとも、
在日韓国・朝鮮人に対して殺人教唆する行為は、公共の平穏を乱し、人間の尊厳を傷つ
けるもので、決して許されるものではありません。ここに国会議員有志が抗議集会を行
い、排外主義、レイシズム(人種差別)の広まりを押しとどめる意志を表明いたします

侵略の定義も知らない知的退廃 – Die Zeit des Rechts
http://d.hatena.ne.jp/asobitarian/20130428/1367161300 より:

「歴史は常に再解釈されているとはいえ、事実というものがある。日本は朝鮮を占領し
、満州を占領し、続いて中国のその他の各地を占領した。マラヤに侵攻し、侵略を行っ
た。 ドイツが歴史と誠実に向き合うことで欧州においてその地位を確固たるものにし
てから何十年も経つのに、日本ではなぜ一部の者にとっては事実を認めることがこれほ
ど難しいのだろうか。(中国や韓国が国内の政治目的のために反日感情を煽ったり、中
国が自国の歴史を歪曲しているといったこと)はいずれも、安倍氏が陥った自壊的な歴
史修正主義の言い訳にはならない」

憲法記念日インタビュー (内田樹の研究室)
http://blog.tatsuru.com/2013/05/04_0814.php より:
、、、
―占領下の米国による「押しつけ憲法」であることも改憲論の根拠になっています。
それならまず憲法を「押しつけた」ことについての歴史的謝罪を米政府に求めるのが筋
でしょう。そうしないと話の筋目が通らない。
米国からすれば日本国憲法は一種の贈り物です。独立宣言以来の民主主義の理念を純化
させ、当時の世界の憲法学の知見を結集して作った「100点答案」です。これを「出
来が悪いから変える」というのであれば、日本国民のみならず、まずは「押しつけた」
米国に対して、そして国際社会に対して、日本国憲法のどこが不備であるのかを説明す
る責任があるでしょう。
、、、
改憲のせいで東アジアに緊張が高まれば、いずれ米国が調停に出て来ざるを得ません。
、、、
米国がどたん場になって「余計なごたごたを起こすな」といって改憲にクレームをつけ
てくる可能性は高い。すると「米国に押しつけられた憲法を改正しようとたら、米国に
『止めろ』と言われたので止めました」というまことにみっともない話になる。