Global Ethics


公務員の労働組合は形だけか・公務員は内部告発できないのか by limitlesslife
April 3, 2017, 12:27 pm
Filed under: 公務員(公僕、憲法遵守義務、・・・)
(情報記載石垣)

2017.42

公務員の労働組合は形だけか、

公務員は内部告発できないのか

 今回の森友学園と官・政の不正は誰が見ても明らかである。

しかし、公務員は不正と分かっても黙々と政治家の指示に従うのか。

「勘ぐれ」と命令されないうちに「忖度(そんたく)」するのか。

自分の出世の為に、不正とわかっても仕事を進めるのか。

裁判官は「ヒラメ」と言われても、黙って「違憲訴訟」を棄却するのか。

「自衛隊の日報、森友問題の記録隠し、廃棄処分」は違法ではないのか。

もし公務員の労働組合があるなら、少なくても声明ぐらいは出せるであろう。

 戦後民主主義は破壊されて来ている。このままいけば戦時中の暗黒社会となる。

公務員は「安倍首相から賃金(俸給)を支給されているのではない」国民・市民が

税金を納め、賃金として支払っているのである。

公務員は国民・市民の為に勇気をもって行動して欲しい。

「声明文」を既に出している公務員労組等があったらぜひ紹介されたい。

           石垣敏夫



佐賀に続き道知事選で惨敗も 終わらない自民vs農協バトル by limitlesslife
February 12, 2015, 11:30 pm
Filed under: アベノミス, アメリカ合衆国(米国), オスプレイ, ガイドライン(日米防衛協力の指針、改定・・・), テロリズム, ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ, 生活保護・保証, 異常気象(温暖化、エルニーニョ、・・・), 真理:平和:非虚偽:非暴力:非人為:非権力, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 翁長雄志(沖縄知事、辺野古、・・・), 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 公務員(公僕、憲法遵守義務、・・・), 原発ムラ(利権マフィア), 原発輸出, 原発(ゼロ、稼動、・・・), 命(対金), 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 放射線汚染・被曝, 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日韓, 日中, 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮), 村山談話(意義、継承し発展させる会、・・・), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 武器(製造・使用・販売・輸出・・・), 歴史, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化

 JA全中(全国農業協同組合中央会)が政府・自民党に押し切られる形で決まった「農協改革案」。安倍政権が決着を急いだのにはワケがある。議論が長引けば、自民候補が惨敗した佐賀県知事選のように、4月の統一地方選で農協の“反撃”に遭う――。中でも、注目は「農業王国」北海道知事選(4月12日投開票)の行方だ。

道知事選は現時点で、4選を目指す高橋はるみ知事(61)と、元北海道放送アナウンサーで、フリーキャスターの佐藤のりゆき氏(65)が立候補を表明。高橋知事は前回(2011年)、約185万票を獲得し、次点に130万票もの大差で勝利した。自民道連は早々と高橋知事の推薦を決定。今回も圧勝と思われたが、昨年末の沖縄、今年1月の佐賀の両知事選に続き、野党が猛烈に巻き返している。

「佐藤支持派は当初、道内で強い影響力を持つ『新党大地』だけでしたが、佐藤氏が北電泊原発の再稼働に反対を表明、共産党が支援に動き出した。さらに独自候補擁立を断念しつつある民主党も支援に回る可能性が高い。大地の鈴木宗男代表の長女、貴子衆院議員も昨年末の総選挙で民主で当選していますからね」(北海道政担当記者)

■野党一本化で拮抗

昨年末の衆院選で、比例北海道の各党の得票数は自民が約75万、公明が約31万。対する民主は約69万、共産が約30万で、野党が一本化すれば与野党の票数は拮抗する。そこで勝敗のカギを握るのが「農協票」なのだ。

JA北海道は、全国のJA組合数の4分の1を占める大所帯で、組合員数は約34万人に上る。JA北海道の政治団体「北海道農協政治連盟」は「(知事選対応は)何も決まっていない」というが、佐藤支持に回れば、形勢は一気に逆転する。

「『農協改革が農家の所得増加につながる理由が分からない』といった批判は依然として根強く、JA北海道が佐藤支援に回る可能性は十分あります。農業王国の北海道で野党候補が勝利すれば、政府の『農協改革法案』にも当然、影響が出る。審議もままならなくなります」(政治評論家の山口朝雄氏)

「安倍政権vs農協」の火ダネはまだくすぶり続けている。