Global Ethics


【書評】「秘密保護法」生まれた背景も by limitlesslife

【書評】「秘密保護法」生まれた背景も

山岡淳一郎 (ノンフィクション作家) 本紙書評委員

2013年6月、米中央情報局(CIA)の元職員
エドワード・スノーデン氏は、英字紙上で米国家安全保障局
(NSA)が通信会社を介して世界的に盗聴をしている事実を告発した。
米政府はスノーデン氏のパスポートを無効にし、
彼は航空機の乗り継ぎ先のモスクワ空港にとどまった。

16年、著者の小笠原氏は留学先のカナダの大学で
ビデオ回線を使ってスノーデン氏にインタビューを行う。
本書は、その記録集だ。
前半の著者個人史は冗長だが、スノーデン氏の話は驚きの連続。
日本政府の米国への隷属ぶりには愕然(がくぜん)とする。

例えば、スノーデン氏は09年頃、東京市福生市の米空軍横田基地で
中国のハッキング対策に携わっていた。
そこに「日本側のパートナー(自衛隊の諜報(ちょうほう)機関員?)
が来ては米側のスパイ活動で得た情報をほしい、とねだる。
スノーデン氏らは日本の法律が望ましい形ではないので渡せない、
とじらす。
そして「もう少し小粒で別の情報で役に立ちそうなものを差し上げましょう」
「もしあなた方が法律を変えたなら、もっと機密性の高い情報も共有できます」
と誘う。
こうして生まれた法律が「特定秘密保護法」だと言う。

自国の法律が他国の軍事組織に仕切られて喜ぶ政府とは一体何者なのか。
この法律で政府が指定した「特定秘密」を公務員が漏らすと
最長で懲役10年の縛りがかかった。
つまり盗んだ情報を囲う柵ができた。
さらに昨年、通信傍受法が改正され、警察の盗聴捜査の枠が広がる。
今国会では、政府・与党が「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ
大幅な法改正を行おうとしている。

この間に、機密情報公開サイトのウィキリークスが
「ターゲット・トーキョー」と題して、NSAが経済産業省や
財務省、商社などの電話盗聴をしていたと暴く。
が、安倍首相は怒るふうでもなかった。
米国に監視されつつ国民を監視して情報を献上する。

かつて黒人詩人、リロイ・ジョーンズは
「現代の奴隷は、自ら進んで奴隷の衣服を着、首に屈辱の紐(ひも)
を巻き付ける」と書いた。
愛国の二文字がむなしい。

「スノーデン、監視社会の恐怖を語る」 小笠原 みどり著
(毎日新聞出版、1521円)

著者は1970年、横浜市生まれ。ジャーナリスト。
朝日新聞記者を経てフリーに。カナダ・クイーンズ大博士課程在籍。

信濃毎日新聞 2017年4月30日

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

———————————————————————-



テロ等準備罪は「憲法違反」・ 私たちは『監視と密告社会』を拒否します by limitlesslife
April 30, 2017, 9:19 am
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

(情報記載・一部再掲 石垣)

テロ等準備罪は「憲法違反」

私たちは『監視と密告社会』を拒否します

 

 メーデー5月1日(月)全労連系・全労協系各地 

 

(万国労働者は団結せよ・次年度は連合・全労連・全労協系の統一メーデーを)

 

◆5月3日 憲法集会

場所:有明防災公園 りんかい線・国際展示場下車・

ゆりかもめ有明下車
主催:5.3憲法集会実行委員会
集会内容: ※変更・追加がありますので、ご確認をお願いします。
11時30分~ ブース・イベント広場:
親子憲法ひろば/出店ブース/ミニSL
12時~ プレコンサート:
ユキヒロ/佐々木祐滋
【みんなでつくるステージ企画】「HEIWAの鐘」をユキヒロと一緒に歌おう
13時~ 集会: ※司会:橋本美香(制服向上委員会)
政党あいさつ:民進党、共産党、社民党、自由党、沖縄の風(予定) スピーチ:(五十音順)
池内了(名古屋大学名誉教授、世界平和アピール7人委員会)
/伊藤真(弁護士、伊藤塾塾長)
/植野妙実子(中央大学教授・憲法学)
/落合恵子(作家)
/坂手洋二(劇作家、演出家、燐光群主宰、日本劇作家協会前会長)
/ピーコ(ファッション評論家、シャンソン歌手)
/山田火砂子(映画監督)
特別ゲスト:李泰鎬(朴槿恵退陣緊急国民行動、参与連帯政策委員長)
14時45分~ クロージングコンサート:
制服向上委員会/中川五郎/PANTA
パレード: ※調整中

————————————————————
許すな!憲法改悪・市民連絡会
高田 健 <kenpou@annie.ne.jp>
東京都千代田区三崎町2-21-6-301
03-3221-4668 Fax03-3221-2558
http://web-saiyuki.net/kenpoh/
憲法審査会傍聴備忘録
http://web-saiyuki.net/kenpou/

 

 



共謀罪緊急学習集会のご報告   by limitlesslife
April 29, 2017, 9:56 pm
Filed under: 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)
各位
4・28文団連主催共謀罪緊急学習集会が無事終わりました。
緊急の集会につき人数は40人と少なかったですが中身のある学習集会となりました。
共産党の田村智子副委員長の国会報告とDVD視聴の後、岸松江弁護士のお話が1時間ありました。
その後文団連参加の以下9団体から発言がありました。
安保体制打破新劇人会議
詩人会議
新日本歌人協会
新俳句人連盟
日本のうたごえ全国協議会
日本民主主義文学会
日本映画復興会議
日本美術会
美術家平和会議
当日決議した声明を添付します。
各政党と各マスコミに送りました。
当日の内容につきましては途中からですがtwicas映像があります。
http://twitcasting.tv/kimihikoootsuru
以上です。


発電施設勉強会後、警察が情報収集 監視受けた住職、「共謀罪」反対 by limitlesslife
April 28, 2017, 2:21 am
Filed under: 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

☆西日本新聞 2017年04月27日 06時00分
発電施設勉強会後、警察が情報収集 監視受けた住職、「共謀罪」反対
****************************
近藤ゆり子 k-yuriko@octn.jp 090-8737-2372
〒503-0875 岐阜県大垣市田町1-20-1

「もの言う」自由を守る会
http://monoiujiyu-ogaki.jimdo.com/
徳山ダム建設中止を求める会事務局長ブログ
http://tokuyamad.exblog.jp/
****************************



「隣組」に密告され?父は3度も警察へ 半藤一利さん by limitlesslife
April 25, 2017, 9:54 pm
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

聞き手・岩崎生之助

2017年4月19日18時15分

[PR]

■問う「共謀罪」 作家・半藤一利さん(86)

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織的犯罪処罰法改正案が国会で議論されている。政府は「テロ対策に必要」との立場だが、捜査当局による乱用や「表現の自由」などの侵害を危惧する声もある。

子どものころ太平洋戦争を体験し、「日本のいちばん長い日」など昭和史を題材とした著作が多数ある半藤一利さんはどう考えるか。

戦争は昔の話。本当にそう言い切れるのだろうか

私が11歳のとき太平洋戦争が始まった。東京大空襲では、逃げている途中に川に落ちて危うく死にそうになる経験もした。

向島区(現・墨田区)の区議だったおやじは「日本は戦争に負ける」なんて言うもんだから、治安維持法違反で3回警察に引っ張られた。

当時は戦争遂行のための「隣組」があった。「助けられたり、助けたり」という歌詞の明るい歌もあるが、住民同士を相互監視させる機能も果たした。いつの世も、民衆の中には政府に協力的な人がいる。「刺す」という言い方もあったけれど、おやじを密告した人がいたんだろう。

歴史を研究してきた経験から言えるのは、戦争をする国家は必ず反戦を訴える人物を押さえつけようとするということだ。昔は治安維持法が使われたが、いまは「共謀罪」がそれに取って代わろうとしている。内心の自由を侵害するという点ではよく似ている。

治安維持法は1925年の施行時、国体の変革を図る共産主義者らを取り締まるという明確な狙いがあった。その後の2度の改正で適用対象が拡大され、広く検挙できるようになった。

政府は今回の法案の対象について「『組織的犯罪集団』に限る」「一般の人は関係ない」と説明しているが、将来の法改正によってどうなるか分からない。

私に言わせると、安倍政権は憲法を空洞化し、「戦争できる国」をめざしている。今回の法案は(2013年成立の)特定秘密保護法や、(15年成立の)安全保障法制などと同じ流れにあると捉えるべきだ。歴史には後戻りができなくなる「ノー・リターン・ポイント」があるが、今の日本はかなり危険なところまで来てしまっていると思う。

「今と昔とでは時代が違う」と言う人もいるが、私はそうは思わない。戦前の日本はずっと暗い時代だったと思い込んでいる若い人もいるが、太平洋戦争が始まる数年前までは明るかった。日中戦争での勝利を提灯(ちょうちん)行列で祝い、社会全体が高揚感に包まれていた。それが窮屈になるのは、あっという間だった。その時代を生きている人は案外、世の中がどの方向に向かっているのかを見極めるのが難しいものだ。

今回の法案についてメディアはもっと敏感になるべきだ。例えば、辺野古(沖縄県名護市)での反基地運動。警察が「組織的な威力業務妨害罪にあたる」と判断した集会を取材した記者が、仲間とみなされて調べを受ける可能性はないか。「報道の自由」を頭から押さえつけるのは困難でも、様々なやり方で記者を萎縮させることはできる。

法案が複雑な上、メディアによって「共謀罪」「テロ等準備罪」など様々な呼び方があり、一般の人は理解が難しいだろう。でも、その本質をしっかり見極めてほしい。安倍首相は法律ができなければ、「東京五輪を開けないと言っても過言ではない」と答弁した。それが仮に事実だったとしても、わずか2週間程度のイベントのために、100年先まで禍根を残すことがあってはならない。(聞き手・岩崎生之助)

はんどう・かずとし 「日本のいちばん長い日」「ノモンハンの夏」など昭和史関連の著作多数。「文芸春秋」の元編集長。



解釈次第で…法律は怖い 周防監督が語る「共謀罪」 by limitlesslife
April 25, 2017, 9:52 pm
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

金子元希

2017年4月18日19時38分

■問う「共謀罪」 映画監督・周防正行さん(60)

「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が国会で議論されている。政府は「テロ対策に必要」との立場だが、捜査当局による乱用や「表現の自由」などの侵害を危惧する声もある。痴漢冤罪(えんざい)事件を扱った「それでもボクはやってない」などで刑事司法をテーマにしてきた映画監督周防正行さんはどう考えるか。

自由を奪われることで、社会は安全になるのだろうか

映画「それでもボクはやってない」(2007年)で刑事司法のあり方を世に問うた。一審の有罪を覆し二審で逆転無罪を勝ち取った痴漢事件を新聞で知り、刑事裁判に興味を抱いたことが作品を撮ったきっかけだ。当時は、なぜこんな冤罪(えんざい)が起きるのかと疑問だった。

10年には大阪地検特捜部の証拠改ざん事件が発覚した。後に厚生労働事務次官となる村木厚子さんが逮捕されたが無罪になり、大きな社会問題となった。その後、刑事司法制度の改革を議論するための国の会議の一員になった。

警察官や検察官、裁判官と話して感じたのは、法律とは怖いもので、解釈と運用により、どうにでも使われてしまう。今回の法案は解釈の幅が広い。事件が起きてからではなく、それよりも前の段階で処罰されるため、犯罪になるのかどうかの線引きは捜査機関が判断する。政府は否定するだろうが、権力に都合の悪い運動や主張をする人を立件する武器を手に入れることになる。

時の政権に声を上げることがはばかられる社会になるだろう。表現をする立場には確実に影響が出る。例えば「反原発」や「基地問題」をテーマに、政府を批判する映画を準備するとどうなるのか。法案では「組織的犯罪集団」が捜査の対象とされる。撮影は監督を中心にスタッフが組織的に動く。「治安を乱すおそれがある」と、日常的に情報を集められるのではないか。

権力としては、新設する罪を使って有罪にしなくてもいい。「話を少し聞きたい」と任意の捜査をするだけで、萎縮効果は抜群だ。「私たちが何を考えているのか」を国家が絶えず監視する社会になる。密告や自白といった証拠に頼らざるをえず、冤罪は確実に増える。「映画監督としてどう思うか」の前に一人の人間として許せない法案だ。

政府は「一般人は対象ではない」とも言う。では、そもそも「一般人」とはどんな人か。誰でも犯罪をする可能性があり、誰でも「犯罪をした」と疑われる可能性がある。だから全ての人が対象になる。

警察は捜査の手段が増えた方がよいと考えるはずだ。権力側がその力を強くしようと動くのは宿命だ。その捜査機関に対しては裁判官がチェックするシステムだと政府は言う。だが、裁判官は人権を守る最後の砦(とりで)ではなく、国家権力を守る最後の砦と化している。

十数年前に「共謀罪」が議論された当時とは社会が変わった。世界でテロが多発し、東京五輪の開催を控える。「怪しい人は捕まえてほしい」と考え、社会がこの法案を許してしまうのではないかと心配している。自分には関係ないからと無関心でいれば、知らぬ間に自由が失われる。

運用が始まれば、捜査機関や裁判所による抑制やチェックに期待はできない。権力が新たな制度をつくろうとするときは、私たちが抑制をかけなければならない。民主主義の成熟度が問われているときだ。(金子元希)

すお・まさゆき 主な作品に「Shall we ダンス?」や痴漢冤罪事件を題材とした「それでもボクはやってない」など。



4・25金田法相辞任を!共謀罪はいらない!国会行動へ by limitlesslife
April 25, 2017, 12:40 pm
Filed under: アベノミス, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?)

東京の杉原浩司(「秘密保護法」廃止へ!実行委員会)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

直前のご案内となり恐縮ですが、25日(火)正午からの行動案内を転送し
ます。午前9時からは参考人質疑が行われます。ネット中継で見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

21日の審議では、質問を打ち合わせる民進党議員に対して、自民党の土屋
正忠議員が「今のはテロ準備行為じゃないか」と大声で叫びました。怒っ
た階猛議員が肩を叩いて聞いたところ、自民党議員が一斉に「手を出した、
暴力だ」と大騒ぎする事態に。共謀罪の本質が余すところなく露呈しまし
た。また、盛山法務副大臣が「一般の人が対象にならないことはないが、
ボリュームは大変限られる」と答弁。安倍首相や金田法相が繰り返してき
た「一般人は対象にしない」がウソだったことを認めました。

与党は議会のルールを踏みにじる禁じ手を繰り出しながら、5月連休明け
の衆議院通過を狙い、絶対に成立させる意志を露わにしています。この横
暴をはね返す取り組みが求められています。

———————————

みなさま

角田です。
安倍政権は、共謀罪の制定に向けて必死です。金田法相では野党の質問に
答弁できないと、議会のルールを無視して法務省刑事局長を委員会に毎回
参加させ、法相にかわって答弁させるという暴挙にうってでました。25日
には法務委員会で参考人質疑がおこなわれます。この4月の最後の週、5
月の連休明けが共謀罪をめぐる大きな山場になっています。話し合うこと
が罪になる共謀罪の制定にストップをかけましょう。
4・25共謀罪はいらない!国会行動にご参加ください。

<拡散歓迎!>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★答弁できぬ金田法相は辞任せよ!★
★4・25共謀罪はいらない!国会行動★
○とき  4月25日(火)12時~13時
○ところ 衆議院第二議員会館前
○挨拶  国会議員
○発言 田島泰彦さん(上智大学教授)
千葉 眞さん(安保法制に反対する学者の会、
国際基督教大学特任教授)
海渡雄一さん(共謀罪NO!実行委員会)
三澤麻衣子さん(共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会)
市民団体 ほか
○共催 共謀罪NO!実行委員会
戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
連絡先 共謀罪NO!実行委員会
・「秘密保護法廃止」へ!実行委員会(新聞労連 jnpwu@mxk.mesh.ne.jp
/平和フォーラム 03-5289-8222)
・解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会(憲法会議03-3261-9007/許すな!
憲法改悪・市民連絡会03-3221-4668)
・日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)  mic-un@union-net.or.jp
・共謀罪法案に反対する法律家団体連絡会(日本民主法律家協会 03-5367-5430)
・盗聴法廃止ネットワーク(日本国民救援会 03-5842-5842)
◆連絡先 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
・1000人委員会 03‐3526-2920
・憲法9条を壊すな!実行委員会 03‐3221-4668
・憲法共同センター 03‐5842-5611

MLホームページ: http://www.freeml.com/abolition-japan