Global Ethics


大阪都構想と地方分権  by limitlesslife
January 23, 2012, 11:51 pm
Filed under: 分権・協力 | Tags:

[uniting-peace][19006] たね蒔きジャーナル2012/1/23 大阪都構想と地方分権 関学 林宣嗣さんのお話

 永岡です、たね蒔きジャーナル、続いて、大阪都構想について、地方制度調査委員の関西学院大学の林宣嗣(よしつぐ)さんのスタジオでのお話がありました。

大阪都構想には制度を変えないといけない、その一つが地方調査委員会であり、林さん、橋下氏の行方を握っている人なのです。

地方制度調査会は初めて会合したのは去年の8月、大阪都については今年に入り論議し、大都市は論議になり、時間切れで今まで行かなかったのです。大都市、都市制度は大きいものの、合併、規模の大小で結論が出なかった、今回は初の論議です。

大阪都としての論議はしておらず、大都市は問題を抱え、大都市制度の論議が必要であり、道州制もある、大都市制度改革の一つが大阪都で、これのみ論議するのは難しいのです。時間がかかるのです。

平野さん、大阪の改正だけではなく、どこも抱えていると指摘し、林さん、どこまでを大都市と言うのかが論議で、昔は5大都市、しかし今政令市が20あり、合併して政令市になったところもあり、全ての都市に同じことを当てはめられず、大阪都は、ローカルな話であり、いろいろな制度を構築できる自治法を整備できるようにとしているのです。違う人口のところに同じ制度を当てはめて、中核市も大事となるのです。

そうなると、時間がかかると、橋下氏が刺客を立てると言うものの、二重行政をなくすのは今の制度でも解消できる。東京都では二重行政があり、今の制度でもやれる、大阪市と大阪府は仲が悪く、今はそうでもない、行政はきっちり分けられない、協力できることは今からでも出来るのです。やれるのにやらなかった、やれることの仕分けができておらず、冷静に判断しないといけないのです。

橋下氏は大阪都が実現したら国際競争力が付くと言い、しかし林さんは否定的で、東京が元気なのは東京都だからではなく、中央集権国家で東京に行かないといけないから元気であるわけで、全て東京で規制しており、日本的なものである、足繁く通えばいい情報が来る、電話より東京へ行かないといけないシステムなのです。地方も東京に行かないといけないので元気なのです。

大阪都になっても、規制になればダメで、国が東京一極集中を止めないとダメなのです。関西広域連合も国のシステムを持ってくる(お金も含めて)のに、東京(と言うより官僚)がOKしないのです。

東京に地震が来たら大変で、バックアップを大阪にと言うものの、地震はどこでも起こる、バックアップは分権であり、どこかに被害があってもバックアップに分権だとなるのです。

大阪都構想は、地方分権とは異なり、大阪市と府の関係で、国から取ってくる話ではないのです。国から取ってこないといけないのに、それをしていないのです。

交付税の不交付組織を目指しており、消費税の地方配分を増やすなど手もあり、財政制度も変える、地域経済の活性化も必要で、活性化で地方分権をやらないと、地域分権の設計図を自分たちで建てたいのに、部品を国が作るのか地方がするのかで反発しており、何を論議しているのか、なのです。

大阪と名古屋の政策は違って当然であり、国、官僚からもっと奪ってこないといけないのです。

地方は今でもやれることはある、大阪都になると区議会が出来て、コストもかかる。大阪は260万人、駐輪場など、きめ細かい政策は市役所では無理、都市内分権も必要で、市役所は広域のことをやり、きめ細かい地域密着は区役所に権限を任せないといけないのです。

難しいのは、選挙で選ばれた人が、住民の総意を反映して出来るのか、ポピュリズムもある、次も選挙に勝ちたいとなり、分権でもポピュリズムになったらダメです。大阪が駄目になると関西もダメになる、大阪と周りの自治体は運命共同体、大阪の仕事がなくなると西宮も困る、しかし、行政は自治体単位で、それを変えるのが最大の問題なのです。

活性化をどうするのか、地域が活性化したら日本も良くなるので、林さんにもリスナーの声を届けたいのです。

地方のことについて、林さんのお話をお届けしました。