Global Ethics


元最高裁の瀬木比呂志氏が暴露「裁判所はいまや権力の番人だ」 by limitlesslife
March 2, 2015, 11:47 pm
Filed under: 99.9999% 対 0.0001% (金字塔文明:墓場、・・・), アベノミス, テロリズム, マスゴミ(真実無し、良心無し、恥じも外聞も無し、倫理無し、共に飲み食い、金に屈し、力に屈し、大政翼賛、・・・), リンチ(黒人、・・・), レイプ(性的暴力・差別・無智・無恥・・・・), レッテル(貼り、敵視、罪着せ、・・・), CIA:Corruption In America (from comment), 献金(賄賂、買収、, 福島原発事故, 秘密保護法, 税金(金字塔資金), 籾井勝人, 選挙(制度、無効、票格差、・・・), 選挙(制度問題・改正、不正、・・・), 金(力、金融、資本、財閥、死の商人、・・・), 金字塔文明, 金権、, 自民党, 錯誤・束縛・差別・搾取・殺戮(金字塔の五禍), 集団的自衛(共謀・先制・挑発・共殺・共死・・・), 靖国神社(戦国神社?), 領土問題, 資本主義(金権主義、金次第、・・・), 農業・食料・環境, 辺野古, I am not Abe (アベノミスに組しない、I am Kenji, NHK(日本放送協会), nuclear disaster, TPP, 刑罰(死刑、厳罰、社会、権力、・・・), 原爆, 原発, 原発ムラ(利権マフィア), 地位協定, 大政翼賛(独裁、権利放棄、権力隷従、・・・), 太平洋戦争(第二次世界大戦、・・・), 安倍晋三, 小選挙区制度の問題, 差別(人種、民族、宗教、。。。), 強制(連行、労働、売春、・・・), 後藤健二(ジャーナリスト、イスラーム国人質、・・・), 従軍慰安婦, 憲法, 憲法九条(発案、淵源、目的、誓願、和、全体健全、・・・), 戦争(責任、賠償、禁止), 教科書問題, 日米安全保障条約〔憲法違反、治外法権、条約改正・廃止、・・・), 日韓, 日中, 暴力(無理が通れば道理が引っ込む), 格差(拡大・是正), 棄民(政策、政治、命より金、・・・), 歴史(歪曲、修正、無視、・・・), 沖縄, 人工金字塔文明か自然帝釈網文化, 人権

時の政権が最高裁と組んで言論弾圧

 安倍政権になってからというもの、メディアが政権に遠慮し「物言えぬ空気」が広がっているのは、あちこちで識者が指摘している通りだ。そこにはさまざまな理由が絡み合うのだが、そのひとつに見過ごせないものがある。時の政権が最高裁判所と組み、名誉毀損裁判における損害額を引き上げようとするなど、言論弾圧のような政治介入をしていたという事実である。驚愕の真相を著書「ニッポンの裁判」(講談社)でえぐり出した元最高裁勤務のエリート裁判官、明治大法科大学院教授の瀬木比呂志氏に聞く。


――瀬木さんは東大法学部在学中に司法試験に合格、1979年から長きにわたって裁判官として勤務された。つまり、司法の現場を知り尽くしています。私たちは、日本は三権分立ですから、司法は独立して行政の暴走をチェックする。そういうものだと思っていましたが、違うんですか?

裁判所は憲法の番人といわれますよね。だから、国家が変なことをすると、「そういうことをしちゃいけませんよ」と釘を刺す。それが憲法の番人の意味するところでしょうが、違います。今は権力の番人といってもいいんじゃないですか? 裁判官は独立しているというのは誤解で、上や多数派は、法衣を着た役人です。だから、支配と統治の根幹に関わる部分では、権力側の意向を忖度するんです。

時の政権が最高裁と組んで言論弾圧

――それを示した例は本当にたくさんあるんですね。木で鼻をくくったように門前払いされる行政訴訟とか国策捜査による冤罪事件とか。行政側がいつも勝つ。でも、まずは名誉毀損裁判です。最近は名誉毀損による損害額が高騰し、メディア側が丁寧な取材をしても大体、負けているんですね。その裏に政治介入があったと?

2001年くらいから状況が一変しているんです。それまでは損害賠償請求の認容額は100万円以下だったのに、一気に高額化し、また裁判所も被告(メディア側)に対して、非常に厳しくなり、その抗弁を容易に認めなくなりました。その背景にあった事実として、01年3月から5月にかけて、衆参の法務委員会等で自公の議員や大臣が「賠償額が低すぎる」「マスコミの名誉毀損で泣き寝入りしている人がいる」などと言い、最高裁民事局長が「そういう意見は承知しており、司法研修所で適切な算定も検討します」と回答しているんですね。

時の政権が最高裁と組んで言論弾圧

――それを示した例は本当にたくさんあるんですね。木で鼻をくくったように門前払いされる行政訴訟とか国策捜査による冤罪事件とか。行政側がいつも勝つ。でも、まずは名誉毀損裁判です。最近は名誉毀損による損害額が高騰し、メディア側が丁寧な取材をしても大体、負けているんですね。その裏に政治介入があったと?

2001年くらいから状況が一変しているんです。それまでは損害賠償請求の認容額は100万円以下だったのに、一気に高額化し、また裁判所も被告(メディア側)に対して、非常に厳しくなり、その抗弁を容易に認めなくなりました。その背景にあった事実として、01年3月から5月にかけて、衆参の法務委員会等で自公の議員や大臣が「賠償額が低すぎる」「マスコミの名誉毀損で泣き寝入りしている人がいる」などと言い、最高裁民事局長が「そういう意見は承知しており、司法研修所で適切な算定も検討します」と回答しているんですね。

――政治家がメディアを牽制するために「損害賠償の額を引き上げろ」と言って、最高裁が「はい、わかりました」と言うものなんですか?

わかりません。水面下のことですから。でも、何も注文がないのに、裁判所がこんなふうに急に動くことはありえないと思います。

――その損害賠償額の算定基準表にも驚かされました。被害者の職業によって、社会的地位がランク分けされていて、タレントが10、国会議員が8、その他が5と書いてある。

なぜ、一般の人がタレントの半分で、国会議員より低いのか。どう考えても異常ですが、理由を考えて思い当たった。タレントを高くしたのは、週刊誌を萎縮させるためでしょう。国会議員が8なのは、タレントの下に潜り込ませて目立たないようにするためだと思います。本来、国会議員は公人中の公人です。常に正当な批判にはさらされて当然なのに、おかしなことです。

 しかし、もっと問題なのは、これをきっかけにメディア側が立証すべき真実性、あるいは真実だと信じるに足る根拠、真実相当性ですね。このメディア側の抗弁が容易に認められなくなったんですよ。もちろん、学者や裁判官が議論して、下から判例を積み上げていくのはいい。しかし、こういうふうに上から統制すべきことじゃないでしょう。

――こういうことがボディーブローになって、今の安倍政権への遠慮、萎縮があるように感じます。

メディアは報道責任を果たせなくなったと思います。その理由は両方です。権力側の規制、メディアコントロールと、メディア側の自粛です。04年に市民運動家が自衛隊の官舎に反戦のビラをまいて、住居侵入で捕まった事件がありました。表現の自由に重きを置く欧米だったら、不当逮捕だということで、大騒ぎになったと思います。ところが、1審は無罪だったのに高裁、最高裁は「表現の自由も重要だが公共の福祉によって制限を受ける。従って、本件ポスティングは住居侵入罪」としてまともな憲法論議をほとんど行わずに決着させた。

 日本は本当に近代民主主義国家なのかと思いましたが、こうした大きな問題をマスコミもほとんど取り上げないんですね。だから、既成事実として積み上がっていってしまう。社会がどんどん窮屈になる。日本は大丈夫なんですかね。テレビを見ていると、やれ、中国が悪い、韓国がケシカランとやっていて、それが悪いとは言いませんが、自分の国の自由主義と民主主義の基盤が危なくなってきているのだから、そのことをまず報道すべきではないでしょうか?

――そもそも、権力と司法は、昔から癒着していたのでしょうか? それとも、森政権以降、露骨になってきたのでしょうか?

1960年代は最高裁も比較的リベラルな時代でした。それに危機感を抱いた自民党が、右翼的な考え方の持ち主である石田和外氏を5代目最高裁長官に据えて、いわゆる左翼系裁判官を一掃するブルーパージ人事をやった。戦後の裁判所の自由主義の潮流は、ここで事実上、息の根を止められ、以後、裁判所、裁判官全体に権力追随の事なかれ主義が蔓延するようになったと思います。まあ、それでも、そのあと4人くらいの長官は極端な支配統制はしなかった。でも、それから最高裁事務総局系の長官が出てくるようになり、2000年代以降に裁判所は、精神的「収容所群島」化してしまったと思いますね。

■勇気ある裁判官は5~10%

――名誉毀損裁判の件も一例でしょうが、裁判官の独立よりも上からの統制。逆らえなくなったという意味ですよね。そうした圧力に屈しないというか、まともな裁判官はいないんですか?

5%、多くて10%くらいかなあ。勇気があるのは。でも、そういう人は間違いなく出世しない、あるいは辞めていってしまう。

――行政訴訟の原告側の勝訴率が8・4%(2012年)ということにも驚かされます。

裁判所は実は「株式会社ジャスティス」なんです。軸になるのは最高裁事務総局で、ここが権力の意向を見る。裁判所は独立が確保された特別な場所ではありません。元判事補で今、学者になった人は在籍当時、最高裁秘書課等から論文の削除訂正を求められた経験をネットで書いていました。これは検閲で憲法21条に反する。他にも裁判員制度の広報活動で、契約書を交わさないまま事業を行わせていたことなど、たくさんある。裁判所が法を犯しているのですから信頼されるわけがないです。

――そんな司法と政治が結託すれば、何でもできてしまう。

以前の自民党は、それでも権力者としてのたしなみがありましたね。これだけはやっちゃいけないみたいな。それが今は、なくなっている。

――とりわけ安倍首相には、たしなみのなさを感じます。

自由主義、民主主義を掲げているわけですから、その根幹を崩すようなことだけは、どの世界の人もやめていただきたい。大きな権力を持っている人こそ、自制してほしいと思います。

▽せぎ・ひろし 1954年生まれ。東大法学部在学中に司法試験合格。東京地裁裁判官、最高裁調査官を経て、2012年明治大法科大学院専任教授。「絶望の裁判所」「ニッポンの裁判」(ともに講談社現代新書)が話題。

____________________________
コメント:「長いものには巻かれろ」・「物言えば唇寒し秋の風」の集団主義国日本に民主主義的個人が権力に対して権利を守らなければならない。「王様は裸」・「権力は悪」と指摘しなければ「嘘」・「力」(権力・金力・物力・武力・暴力・応力・・・)汚染世界・汚辱生活が支配する。


【アムネスティ・インターナショナル日本】会員誌を無料でお届け!特集は「えん罪」と「名誉殺人」 by limitlesslife

 永岡です、アムネスティの人権関係の情報をお送りいたします。
<以下、転送>
□■□ ━━━━━━━━━━━ 2015.02.19 通巻657号 ━━━━

アムネスティ・アップデート  http://www.amnesty.or.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京都渋谷区が、同性同士のカップルを「結婚に相当する関係」と
認め、証明書を発行する条例案を区議会に提出することを決めた、
というニュースを目にされた方も多いのでは。全国初の自治体によ
るこの制度が、年内に施行されることに期待が高まっています。
LGBTI(※)の人々の権利が充分に保障されているといえない日本の
現状ですが、自治体レベルで、少しずつ前向きな動きが出てきてい
ることは嬉しいことですね。
※レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー・
インターセックス

□■□ 目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[NEWS] 米国:9・11軍事審問が「CIAと法廷通訳者」の関連で中止に
[FOCUS] 会員誌「アムネスティ・ニュースレター」最新号が完成!
[ACTION] 暴かれたCIAの拷問 徹底追及にあなたの力を!
[STAFF] ボランティア募集
[EVENT] えん罪を考える集い(茨城)
[FACEBOOK] Good News!メキシコの拷問被害者、クラウディアさん
の起訴取り下げが決定!

□■□ アムネスティ発表ニュース ━━━━━━━━━━━━━

最新のアムネスティ発表ニュースをお届けします。

………………………………………………………………………………
米国:9・11軍事審問が「CIAと法廷通訳者」の関連で中止に
………………………………………………………………………………

2011年の9・11事件の「首謀者」5人に対する米国軍事法廷審問が突
然中止となった。その理由は…。これまでも際立っていたグアンタ
ナモの軍事委員会の不正体質が改めて露呈された。

◇こちらのニュースリリースの全文は下記サイトでご覧ください。
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0218_5136.html

▽ 中国:香港の移住家事労働者虐待に有罪判決
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0216_5132.html

▽ ウクライナ:戦闘地域の市民を守れ
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0213_5129.html

▽ ハンガリー:当局はNGOに対する前代未聞の弾圧をやめよ
http://www.amnesty.or.jp/news/2015/0213_5128.html

□■□ 今週のフォーカス ━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
会員誌「アムネスティ・ニュースレター」最新号が完成!
~ウェブサイトからの資料請求で、無料でお届けします~
………………………………………………………………………………

全16ページ、フルカラーで読みごたえたっぷりの、会員誌「アムネ
スティ・ ニュースレター」最新号をご紹介します。

今回の特集は、えん罪で死刑判決を受けた台湾のスー・チェン・ホ
さん。えん罪にいたった経緯や、自由を得るまでの苦悩、今の想い
などをお伝えします。

また、このえん罪事件を機に台湾の司法改革が大きく進んだこと、
翻って日本の状況はどうかなどが、弁護士であり人権活動家である
伊藤和子さんによる解説が続きます。

ミニ特集では、婚前交渉を理由に家族に殺されてしまう「名誉殺人」、
家計のため、あるいは労働力として幼くして結婚を強いられる「児
童婚」について考えます。

ウェブサイトから資料請求をしていただくと、初めての方に限り、
無料でニュースレターをお届けします!

▽資料を請求する
https://www.amnesty.or.jp/request/

□■□ ワン・クリック・アクション ━━━━━━━━━━━━

現在、アムネスティでは下記のウェブアクションを展開しています。
世界の国々の人権状況を改善するために、メールを送ってください。
ワン・クリックが集まれば救われる人たちがいます。

▽ 暴かれたCIAの拷問 徹底追及にあなたの力を!
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/usa_201501.html

▽ すべてのワン・クリック・アクションを見る
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/action/

□■□ ボランティア募集 ━━━━━━━━━━━━━━━━━

アムネスティ日本は、現在、販売事業のボランティアを募集してい
ます。ご応募をお待ちしています。

▽ ショップ サポートボランティア
http://www.amnesty.or.jp/about_us/recruit/shop_volunteer.html

□■□ イベント案内 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
2/21 えん罪を考える集い(茨城)
………………………………………………………………………………

えん罪被害者・関係者をお招きし、実状の捜査や取調べ方法や審議
中の刑事司法制度改革の問題を語っていただきます。

■ 日 時:2月21日(土)13:00~16:00
■ 会 場:茨城県JA会館(水戸駅北口から徒歩20分)
■ 参加費:1,000円

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0221_5069.html

………………………………………………………………………………
2/21 連続セミナー第2回 「子どもと性暴力―身近にある現実を知
ろう:男の子の性を育てる」(東京)
………………………………………………………………………………

性暴力を受けるのは女の子という思い込みが残る中、被害にあった
男の子は女の子以上に周りに相談しにくい状況にあります。男の子
と性暴力について、性教育の視点からお話いただきます。

■ 日 時:2月21日(土)14:00~16:00
■ 会 場:アムネスティ東京事務所
■ 参加費:一般:800円/学生:500円

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0221_4987.html

………………………………………………………………………………
3/7 ヘイトスピーチや「慰安婦」問題をきっかけに考える『世界の
人権状況~そして日本~』(大阪)
………………………………………………………………………………

女性や子どもを巻き込んだ争い、信じられないような兵器の使用。
日本でも排外主義が横行し、罵り、強くないと生き残られないのだ
というメッセージが多く聞かれます。メディアで知る世界の状況は
ひどいものです。私たちは今どうすればよいか、国連の事務局など
に長く勤務された白石さんと一緒に考えてみませんか?

■ 日 時:3月7日(土)14:00~16:30
■ 会 場:とよなか国際交流センター(阪急豊中駅下車すぐ)
■ 参加費:500円

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0307_5089.html

………………………………………………………………………………
3/7 上川陽子法務大臣の地元で、裁判員制度と冤罪と死刑について
考える集い(静岡)
………………………………………………………………………………

日本の死刑は法務大臣の命令によって執行されます。過去の法務大
臣の中には、信条や冤罪事件の可能性などから執行命令を出すこと
を控えた人も少なくありません。また、裁判員制度になって、一般
の市民が、死刑か無期か、それとも無罪か、といった重大な事件の
裁判に参加を迫られています。冤罪事件を省みながら、裁判員制度
と冤罪と死刑について、法務大臣の地元で共に考えます。

■ 日 時:3月7日(土)14:00~
■ 会 場:ふしみやビル(静岡市葵区呉服町2-3-1)
■ 参加費:300円

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0307_5131.html

………………………………………………………………………………
3/8 自由のために乾杯!交流会 (大阪)
………………………………………………………………………………

会員・非会員を問わず人が集まることで、人権擁護活動の活性化の
きっかけのひとつになれば幸いです。当日の飛び入り参加も可能で
すが、参加人数確認のため、なるべく前日までにご連絡ください。

■ 日 時:3月8日(日) 17:00~
■ 会 場:アムネスティ大阪事務所
■ 参加費:1,000円(アルコールを飲まれる方は1,500円)

▽ 詳細はこちら
https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2015/0308_5102.html

………………………………………………………………………………
2月以降の各種イベント・セミナー
………………………………………………………………………………

人権問題について学べるアムネスティ主催の入門セミナー、および
その他のイベントについては下記をご参照ください。

http://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/

□■□ Facebookスペシャルコンテンツ ━━━━━━━━━━━

………………………………………………………………………………
メキシコの拷問被害者、クラウディアさんの起訴取り下げが決定!
………………………………………………………………………………

当局からひどい拷問を受け、強要された嘘の自白をもとに、やって
もいない武器の不法所持罪で起訴されたクラウディアさん。アムネ
スティは世界的に署名活動を行い、2015年2月、裁判所は遂に彼女
の起訴取り下げを決定しました!

http://on.fb.me/1A7Nul2

□■□ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発 行:公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
連絡先:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-12-14
晴花ビル 7F
E-mail:info@amnesty.or.jp

■ アムネスティ日本のブログ
インターン&職員が毎週更新!事務所で起こる日々のできごとなど、
アムネスティ日本を身近に感じられる記事が満載です!
http://amnestyjapan.blogspot.jp/

■ 寄付にご協力ください
アムネスティは、人権侵害の被害者に寄り添うため、不偏不党の立
場をとっています。そのため政府からの助成は一切受けていません。
http://www.amnesty.or.jp/get-involved/donation/index.html

このメルマガは、メルマガボランティアチームが編集しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ □■□



朝日放送キャスト 二木啓考 ピーチのトラブル&警察不祥事を語る by limitlesslife

 永岡です、今日は関西のニュース、全部沖縄でのピーチのトラブルがトップで、その中から朝日放送キャストのものをまとめます。ジャーナリストの二木啓考さんがコメントされました。
問題の機体は海面まで75mですが、これは通天閣より低い!と言うと、ドエライことだとお分かりでしょう。
国交省は、重大インシデントとして対策を取り、アルゼンチン人の機長は報告せず、もちろん規定に反します。
LCCは航空業界の救世主で、関空はこれで持っているそうです(読売テレビのニュースでありました)。
キャスターの伊藤文隆さん、安くていいので良く使うと言われて、二木さん、ちゃんと報告しないといけないし、しかしピーチは機長がいないので止めて調査できないと指摘されました。
ちなみに、これについて、日刊ゲンダイの記事がありました。
http://gendai.net/articles/view/news/149853
この沖縄の問題は、那覇空港は、米軍機運用のために高度の制限があり、それも一因と思われます(神戸空港訴訟の際に、パイロットの方の法廷での証言があります)が、これ、飛行機は、万一の時に止めてもだめで、着陸するまで安心できない(自動車や電車は止まれば何とかなる)のです。

そして、今朝もお伝えしました、三重県警と滋賀県警の不祥事、まったく未解決の事件を、滋賀県警が解決して手柄にしたというのです、その裏に誤認検挙があり、三重県警も認めています。
これ、滋賀県警で覚せい剤の関係で逮捕し、しかし窃盗で取り調べたら、三重で起こっており、それを別の容疑者として検挙済み、しかし、DNA鑑定をしたら違いであり(ヲイヲイ…)、三重県警が誤認逮捕を認めたのですが、三重、滋賀ともに大変で(取り締まり強化月間)、全く関係ない事件をでっち上げて、それを解決したとしたわけです(ヲイヲイヲイ…)。
どちらも別件で起訴で、三重・滋賀は隣でこういうことをやり、二木さん、三重で捕まったほうは窃盗で被害届が出ているが、滋賀のほうは、被害者に謝らないといけないので、こうなったと言うのです。つまり、冤罪で、そして解決しないといけない事件が解決されていないのです。
二木さん、両者での貸し借りをやり、検挙数を競い、それで冤罪も起こり、北海道で、暴力団にやらせをさせたこともあると言われて、そして、他でもやっている可能性もあると言うのです。

韓国での大事故がありましたが、日本も決して他人事ではありません(現に、福知山脱線事故は図式的に韓国の事故と同じです)、と言うことです。以上、キャストの内容でした。



2月24日(月)午後10時からのBS日テレ「深層NEWS」に保坂のぶとが出演します by limitlesslife
「少年厳罰化の流れ」と「戦争する国家への傾斜」はリンクしています。
>少年犯罪の被害者団体は「成人に比べ、少年の量刑軽すぎる」
死刑制度維持を主張する人々も「被害者感情」を前面に出します。
けれどその「被害者感情」は本当に被害者の思いなのでしょうか?
福島で被曝した子ども達は、将来何らかの健康被害が出るかもしれない
福島は今でも危険なほど放射線量が高い
被曝してしまった子ども達、現にそこに住んでいる人々の、とりあえずの「感情」としては、聞きたくない、否定したい言葉です。
そういう「とりあえずの当事者の感情」を前面に出して、本当はある世論を作り出し、利用しようとする勢力-それも権力側の-が存在することは確かです。
*************************************
近藤 ゆり子*************************************

Sent: Friday, February 21, 2014 5:58 PM
Subject: ◇◇◇2月24日(月)午後10時からのBS日テレ「深層NEWS」に保坂のぶとが出演します◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◇2月24日(月)午後10時からのBS日テレ「深層NEWS」に保坂のぶとが出演します◇◇◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
来週、2月24日(月)午後10時からのBS日テレ深層NEWSに保坂のぶとが出演します。
ぜひご視聴ください。2014年2月24日(月)22:00~23:00

BS日テレ 深層NEWS
「有期刑の上限を20年に…凶悪犯罪の抑止効果は。少年法改正を大議論。」

後を絶たない少年の凶悪犯罪。少年犯罪の被害者団体は「成人に比べ、少年の量刑軽すぎる」と訴えてきた。厳罰化は少年の更生と再犯防止につながるのか…懸念の声も。

出演者:小西美穂(日本テレビ報道局)
玉井忠幸(読売新聞編集局次長兼編集委員)
ゲスト:山下貴司(自民党・司法制度調査会事務局長)
保坂展人(世田谷区長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

保坂のぶと事務所

=======================================================================
保坂のぶと事務所(保坂展人と元気印の会)
〒156-0043 世田谷区松原6-26-15 つるやビル201
Tel: 03-6379-2107  FAX 03-6379-2108
Email: hosakanobuto@tenor.ocn.ne.jp
保坂のぶとオフィシャルサイト: http://www.hosaka.gr.jp/
保坂のぶと事務所
ブログ『保坂展人のどこどこ日記』:http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/
保坂のぶとTwitter: http://twitter.com/hosakanobuto
=========================================================================