Global Ethics


原発再稼働に頼る関電 持続可能な経営なのか by limitlesslife
May 25, 2017, 12:21 pm
Filed under: 関西電力(関電), 原発産業

 原子力規制委員会は福井県の関西電力大飯原発3、4号機の安全審査で、新規制基準に合格したことを示す審査書を正式決定した。

 関電の原発では、同県の高浜4号機が今月再稼働した。高浜3号機も来月再稼働する予定だ。

 地元同意が得られれば、年内にも原発4基が稼働する体制が整う。

 関電は最終的に、老朽原発3基を含め福井県内に所有する9基を再稼働させる方針だ。大手電力会社の中でも原発回帰の姿勢が際立つ。

 だが、事故に備えた自治体の住民避難計画は不十分なままだ。

 大飯原発と高浜原発は十数キロしか離れていない。自然災害などで過酷事故が同時発生すれば、対応は一層困難になる。原発集中立地の問題は規制委も今まで真剣に検討してこなかった。そうした状況にもかかわらず、関電が原発再稼働を相次いで進めることは、認めがたい。

 関電は、火力発電の燃料費削減により収支が改善し、電気料金を値下げできるという。短期的に見れば、確かにその通りだろう。しかし、原発に頼るばかりで持続可能な経営と言えるのか、大いに疑問がある。

 東日本大震災前、関電は発電量に占める原発比率が5割を占め、電力会社で最も高かった。震災後はその分、火力発電の燃料費がかさんだ。電気料金を2度値上げし、顧客離れを招いた。岩根茂樹社長は「最大の経営戦略は再稼働」と語る。

 だが、風力や太陽光発電のコストは低下し続けており、世界のエネルギー投資は再生可能エネルギーに集中するようになった。一方で先進国の原子力産業は斜陽化している。

 安倍政権も長期的には、原発依存度を引き下げる方針だ。そもそも、老朽原発の安全対策費が想定を上回るかもしれない。大事故を起こせば、会社の存続すら危うくなる。

 原発に左右されない経営体制の構築こそが、関電にとっても長期的な利益にならないか。大阪市と京都市は「経営体質の強化と安定化につながる」として、脱原発依存を関電の株主総会で提案してきた。

 大飯原発では今後、地元同意手続きが焦点となる。事故の影響を考えれば、同意の範囲を立地自治体に限らず、避難計画の策定が義務づけられた原発30キロ圏に拡大すべきだ。

Advertisements


経済界と福島事故 by limitlesslife
皆様

高浜4号機のトラブル続きは原子力規制委員会の信頼性を根底から崩したといえます。

川内原発の審査に関しても衝撃的な情報が本日寄せられましたのでお届けいたします。

原発の寿命を60年に延ばす暴挙も規制委員会のレベルを露呈するものといえます。
市民の直感の方が遥かに勝るといえます。
小泉元総理が日本には原発の安全に関して責任を負う体制がないことを嘆かれて
おりますが、このような現状を容認する国民は目覚める必要があります。マスコミの
責任は誠に重大です。
国家の危機を電力会社の経営危機として対応することは最早許されません。
放射能による地球環境加害国としての日本に対する国際社会の批判は高まる一方です。

今こそ福島事故の教訓である「経済重視から生命重視」に立ち戻るべきです。
安全に責任を負わない組織により認められた再稼働は全て運転停止とすることが緊急に求められます。
日本国家の将来に関わる重大な問題です。
皆様のご理解とご尽力をお願い申し上げます。

村田光平

(衝撃的な情報)

皆様

原子炉の寿命延長という暴挙について、ご報告します。原発の寿命が40年と決まって
いるのは、原子炉が、高温高圧にさらされるうえ、放射能被ばくがあるからです。放
射線にたたかれあの強靭な圧力容器を構成するニッケルクローム鋼がもろくなってし
まい、何らかの応力で炉が破壊するのです。これを「脆性破壊」といいます。ビルの
鉄筋コンクリートがくさって、倒壊するのと同じことです。
検査で、見つかればいいのですが、放射線が鋼の結晶構造を破壊しているので、目で
見えません。まして、古い原発は放射能レベルが高く、まともな検査作業は古い原発
ほど困難です。設計時、その寿命を40年と見込みましたが、もし見込み違いが出たら

大変なので、試験片を炉内におきます。そのもろさは、もろくなる温度で表しますが、

普通は極低温です。それがなんと玄海原発1号で摂氏98度というトンデモナイ試験片

が出てきま した。ほとんど再稼働の雰囲気の中、一人の学者が反対して事なきをえました。

添付の報告を見てください。高浜原発再稼働は、今後の審査過程で中止になってもらいた
い。
経営支援NPOクラブ プロジェクト推進担当
市岡 篤

Attachments area
Preview attachment 今後のプロジェクト推進担当の運営方針(99)原子力規制委員会川内原発審査OK~九電は無責任体制下で再稼働できるか?.pdf

今後のプロジェクト推進担当の運営方針(99)原子力規制委員会川内原発審査OK~九電は無責任体制下で再稼働できるか?.pdf
684 KB


原発メーカー訴訟第一回口頭弁論のご案内+ by limitlesslife
August 3, 2015, 5:27 am
Filed under: 原発産業, 原発訴訟・裁判

原 発メーカー訴訟第一回口頭弁論のご案内

 

皆 さん 「原発さよなら千葉」の永野 勇です。BCCで お送りしています。重複ご容赦下さい。

さて、私も原告として参加している「原発メーカー訴訟の第一回 口頭弁論」の期日が確定しました。

この「原発メーカー訴訟」というのは、原発の大事故を起こした福 島第一原発の原子炉を造ったメー
カーであるGE、 東芝、日立のメーカー責任を問う裁判です。(「原 子力損害賠償法」により電力会社
のみが賠償責任を負い、原発メーカーは賠償責任が免責されている)
原告数は3月時点で3,860名(国内:1404名、国外:2456名)で す。

この第一回口頭弁論が下記の内容で開かれます。

 

大変集まりにくい時間帯となっておりますが、大変重要な裁判です ので多くの方々が参加して下さいま
すようお願い申し上げます。

 

期日:8月28日(金) 10時~(傍聴整理券配布は9時~)
場所:東京地裁101号法廷

2 Attachments

 

 

Preview attachment 原発メーカー訴訟第一回口頭弁論チラシ表.jpg

原発メーカー訴訟第一回口頭弁論チラシ表.jpg

Preview attachment 原発メーカー訴訟第一回口頭弁論チラシ裏.jpg

原発メーカー訴訟第一回口頭弁論チラシ裏.jpg

 



原子力規制委員会のトップは原子力産業により追い出された by limitlesslife
April 21, 2015, 12:37 am
Filed under: Uncategorized, 原発産業, 原子力委員会

Top Nuclear Watchdog Forced Out by Industry

Gregory Jaczko, former chairman of the Nuclear Regulatory Commission. (photo: AP)
Gregory Jaczko, former chairman of the Nuclear Regulatory Commission. (photo: AP)

By Lewis Beale, The Daily Beast

19 April 15

   新ドキュメンタリー「インディアン・ポイント」(ニューヨーク市から35マイルにある原発)は産業が公衆に与える危険を詳しく示す

A new documentary shows the lengths the industry will go to put the public at risk

regory Jaczko was chairman of the U.S. Nuclear Regulatory Commission when Japan’s Fukushima power plant suffered a major meltdown in 2013. An advocate of tightening safety controls at America’s aging nuclear facilities after the Fukushima disaster, Jaczko soon discovered that despite his concerns, the influence of profit-hungry corporations over the NRC was affecting its ability to adequately police the industry—and putting the public in danger.

“When I served as chairman [of the NRC], there appeared to be commissioners who were more interested in industry conditions, that the NRC’s job was to protect the industry from the staff of the NRC,” Jaczko told The Daily Beast. “A lot of times, they said the staff was being too aggressive.”

Jaczko’s concerns, and his eventual ouster from the NRC, are part of a larger story told in Indian Point,a new documentary screening this week and next at the Tribeca Film Festival. Named after the electricity-generating nuclear reactor just 35 miles from New York City, the film is a cautionary tale about a technology once seen as an abundant and non-polluting energy source, but with downsides that could make oil spills and electrical brownouts seem as minor as a fender bender.

Nuclear technology entails “accident risks, security risks, and the long-term problem of what to do with toxic wastes,” says Philip Musegaas, a former attorney for the environmental organization riverkeeper.org, which has been concerned with the effect of Indian Point’s cooling systems on the Hudson River’s ecology. “All of these reactors are based on designs from the 1950s,” Musegaas, who appears in the film, told The Daily Beast. “It’s an old technology, expensive to maintain, and requires multiple safety systems. There are simpler, cheaper ways to generate power.”

The first nuclear power plant went online in Russia in 1954. Today there are an estimated 439 plants in 31 countries, 99 in the U.S. alone.

Nuclear provides nearly 20 percent of all power generated in this country, and more than 120 million Americans live within 50 miles of a nuclear power plant. Sometimes this proximity seems a little too close for comfort: the Limerick plant in Pennsylvania is only 21 miles from Philadelphia, and 6 percent of the U.S. population—about 19.3 million people—lives within 50 miles of the Indian Point facility.

“These plants are running smoothly for the most part,” says Ivy Meeropol, director ofIndian Point, “but there’s that what if, if something happens.”

Disasters like Three Mile Island, Chernobyl, and Fukushima have certainly made the public aware of nuclear’s volatility, but a 2013 poll found that 57 percent of the American public favors using nuclear power to generate electricity.

Yet Jaczko, whom the film alleges was ousted because of his views (his was the only dissenting vote on plans to build the first American nuclear plant in 30 years) is not alone in his concern about safety issues, and the industry’s reliance on old, outdated technology. Indian Point’s two reactors went online in 1975 and 1976, respectively, and, says Meeropol, “most of the plants in the U.S. are as old as Indian Point or older. Plants all over the country are having to replace major parts, they are just trying to fix things all the time. That’s a problem the entire industry has.”

Then there’s the issue of toxic waste. The fuel rods in these plants are highly radioactive, and can stay that way for 200,000 years. When they are spent, they need to be stored somewhere. The issue of what to do with this waste has never really been resolved, which means, says Musegaas, “Indian Point and other plants have become de facto toxic waste dumps for nuclear fuel.” According to the film, there is three times more toxic waste stored at Indian Point than there was in Fukushima.

Indian Point also delves into the environmental effect some of these plants have on our nation’s waterways. The fuel rods need to be constantly cooled, which means, in the case of a plant like Indian Point, 2.5 billion gallons of water are pulled from the Hudson every day, heated up when it passes through the plant, and dumped back in the river—a process that can kill millions of fish. “It’s mind-boggling how much life is going through the cooling system of this plant and getting toasted,” says Riverkeeper boat captain John Lipscomb in the film.

Given all these problems, it’s unsurprising thatopposition to the Indian Point plant has been ongoing for decades.

Every nuclear facility has been licensed to operate for 40 years, and has the right to apply for a 20-year license extension. New York Governor Andrew Cuomo has gone on record opposing re-licensing Indian Point, wants the plant closed, and has been joined in the fight by activist groups.

In 2010, the New York State Department of Environmental Conservation ruled the plant was in violation of the Clean Water Act, because “the power plant’s water-intake system kills nearly a billion aquatic organisms a year, including the shortnose sturgeon, an endangered species.”

Because of this, Indian Point has been denied a water quality certificate, essential to a license renewal. Yet the plant is still operating.

Not all nuclear plants have the same issues and engender the same opposition. But there is little doubt that there is no energy-related industry that has the kind of downside nuclear has. Combined with the current cost to build a nuclear power plant—somewhere in the $2 billion range—this could mean that fuel alternatives like natural gas, wind, and

solar

will soon phase out the nuclear industry.

“Short term, you will see plants continue to operate,” says Musegaas, “but there is enormous economic pressure on these plants. In the long term, I think nuclear power is dead. You don’t see many new plants being built There is also regulatory pressure, upgrades after Fukushima, that will cost some plants some money.”

 Adds Jaczko: “The best thing to do is to figure out how to close it down. The best solution is to negotiate a narrow period of operation, so you can transfer the electricity generation and do it in a responsible way. If you can’t get your neighbors in the community to accept the plant, something’s not working.”

 

limitless life

Gregory Jaczko, former chairman of the Nuclear Regulatory Commission. (photo: AP)
Gregory Jaczko, former chairman of the Nuclear Regulatory Commission. (photo: AP)

By Lewis Beale, The Daily Beast

19 April 15

A new documentary shows the lengths the industry will go to put the public at risk

regory Jaczko was chairman of the U.S. Nuclear Regulatory Commission when Japan’s Fukushima power plant suffered a major meltdown in 2013. An advocate of tightening safety controls at America’s aging nuclear facilities after the Fukushima disaster, Jaczko soon discovered that despite his concerns, the influence of profit-hungry corporations over the NRC was affecting its ability to adequately police the industry—and putting the public in danger.

“When I served as chairman [of the NRC], there appeared to be commissioners who were more interested in industry conditions, that the NRC’s job was to protect the industry from the staff of the NRC,” Jaczko told The Daily Beast. “A lot of times, they said the staff was…

View original post 926 more words



朝日放送キャスト JR脱線事故10年、東北で活躍する被害者と被災者の絆 by limitlesslife

 永岡です、朝日放送のキャストで、2週間後に10年を迎えるJR尼崎脱線事故の被害者が、東北の被災地で活躍している模様が報じられました。
渡辺淑子さん、当時同志社の学生で、事故を起こした電車に乗っておられて、しかし後部車両なので助かったのですが、その後、恐怖で、被害者の救出を出来ず、その場を離れられました。そして、これが大惨事と知り、ショックで、PTSD、うつになられて、薬なしではいられないまでに落ち込まれました。
その渡辺さん、東日本大震災のことを見て、これは何とかしないといけないと立ち上がり、東北の被災地へボランティアに行きました。宮城県石巻市、言うまでもなく津波被害の大きかった場所で、そこで出会った遠藤さん夫妻、3人のお子さんを津波で亡くされて、その遠藤さんに、渡辺さん、自分の被災体験を語り、立ち上がるように促しました。
遠藤さん夫妻は、避難所で、亡くなった子供たちの分まで生きるようにと励まされ、生きる希望を見ました。
また、渡辺さんは、仮設住宅の見守りもされて、妹と甥を亡くされた83歳のおばあさんにも、同じように接して、この方も、生きる希望を見出しました。
渡辺さんは、ボランティアから、地元の街づくりのところに就職され、東北のために働いておられます。
渡辺さんは、こういう経緯があり、JR脱線事故の式典にも出られなかったのが、2013年から出られるようになりました。もちろん、この25日も東北から出られます。
宝塚におられる渡辺さんの母親も、娘の健闘を讃えられました。
これを見ていた、スタジオの、芸能ジャーナリストの井上公造さんも、出てくる人たちが、みんな良い人だと評価されました。以上が、キャストの内容でした。

そして、97年の須磨・児童殺傷事件で、裁判の内容が今日発売の月刊文春に載りました。が、これに対して、事件の遺族も異議を唱えられ、これに関して、毎日放送テレビのVOICEで取り上げられて、スタジオで、MBS記者の三澤肇さん、今回公開した元裁判官は少年審判に被害者参加を行った先駆的な人であり、しかし、今回の事件は特殊な事例で、これを普遍的なものとして公開することへの異議を唱えられました。

また、関西テレビのワンダーでは、安倍政権の世耕官房副長官が、兵庫県高砂市(姫路と加古川の間)にある原発関係の企業から、一人150万円、5人の計750万円の献金を受けていることが報じられました。新聞では、毎日が取り上げています。
http://mainichi.jp/select/news/20150410k0000m040140000c.html
 これは、関西テレビのデスクの方が解説され、政治家への企業献金は禁じられ、しかし個人献金はいいと言うものの、世耕氏は安倍政権の原発政策を決める立場で、問題と語られました。
この毎日の記事で、日本大の岩井さんが指摘されるように、実質的な政治献金であり、政治資金規正法違反の可能性もあると指摘され、さらに世耕氏は民主党の細野氏の献金を追及した例もあり、安倍政権は政治とカネの問題で実質4人辞め、こんな政権に、日本を任せるわけにはいきません!
(なお、献金した会社は場所から、神戸製鋼の関連会社と思われます。神戸製鋼は高砂に工場を持ち、この会社の核関係の生産拠点です、そして、神戸製鋼はかって安倍総理がコネで入れてもらった会社(加古川製鉄所に一時勤務)、これはあまりに疑わしいです)



地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします、たんぽぽ舎です。【TMM:No2450】その2 by limitlesslife

 永岡です、たんぽぽ舎の今日二つ目の原発情報をお送りいたします。
<以下、転送>
たんぽぽ舎です。【TMM:No2450】
2015年4月2日(木)その2 地震と原発事故情報-4つの情報をお知らせします
転送歓迎
━━━━━━━
★1.お花見の時期:雨ニモマケズ、風ニモマケズ、桜花見ノ誘イニモマケズ、抗議行動
東電の情報隠しは許せない!放射能汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!
4/1第19回東電解体!東電本店合同抗議の報告・次回は5/13(水)です
渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)
★2.桜咲き、季節華やぐ春です。が、官邸前に春は遠い感じ、でも、希望はいろんな所に。
希望の一通を官邸前報告に代えてご紹介。
3月27日(金)第142回官邸前・国会前抗議行動報告
にしざきやよい(たんぽぽ舎ボランティア)
★3.新刊書籍の紹介 『いいがかり』
「原発「吉田調書」記事取り消し事件と朝日新聞の迷走」
これは誤報ではない。真実が明らかになると困るのは誰か?
これはジャーナリズム史上空前の事件である…鎌田慧
渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア、「スペースたんぽぽ」講座運営スタッフ)
★4.新聞より2つ
◆電力融通の司令塔 広域機関スタート 供給監視し送電指示      (4月2日茨城新聞より抜粋)
◆燃料取りだし3工法 冠水や気中、16年度選定 福島第1 廃炉プラン    (4月2日茨城新聞より抜粋)
━━━━━━━
※川内・高浜原発再稼働やめろ!永遠に原発ゼロに!再稼働反対!
4/3(金)首相官邸前・国会議事堂前抗議-第143回
日 時:4月3日(金)18:30~20:00
主 催:首都圏反原発連合(たんぽぽ舎も参加・構成団体)
当日の詳細は http://coalitionagainstnukes.jp/ を参照
━━━━━━━

┏┓
┗■1.お花見の時期:雨ニモマケズ、風ニモマケズ、桜花見ノ誘イニモマケズ、抗議行動
|  東電の情報隠しは許せない!放射能汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!
|  4/1第19回東電解体!東電本店合同抗議の報告・次回は5/13(水)です
└──── 渡辺秀之(たんぽぽ舎ボランティア)

○桜は満開だが、小雨が降り、冷たい風が吹く中、4月1日(水)、午後5時半から6時半まで、再稼働阻止全国ネット主催の「川内原発再稼働やめろ!」九州電力東京支社抗議行動(JR有楽町駅:有楽町電気ビル前)が行われた。
参加者は約80人。
○引き続き、午後6時50分から、東京電力本店前で「東電の情報隠しは許せない!放射能汚染水止めろ!柏崎刈羽原発再稼働するな!」のコールが鳴り響いた。
呼びかけは、「経産省前テントひろば」と「たんぽぽ舎」であり、119の賛同団体と共に、第19回東電本店合同抗議行動が行われた。参加者は約90人。
○小雨が降り、冷たい風が吹くという不順な天候のため、予定を繰り上げ、午後6時50分に開始となった。
冒頭、抗議参加者のカンパにより新調された「東電抗議用横断幕(黄色地と青色地の2枚)」のお披露目がなされた。
・「柏崎刈羽原発の再稼働反対 原発なくても電気は足りてる」   (青色地)
・「東電は原発事故の責任を認めよ!被害者賠償 汚染水流すな 作業員守れ」 (黄色地)
オープニングコールの後、黄色の鉢巻が似合う倉田さん、福島疎開裁判関係者、金曜抗議行動でおなじみの春橋さんから、東京電力の不誠実な対応への怒りの抗議アピールがあった。
続いて、日本音楽協議会による「音楽での抗議」が行われ、歌声が夜空に響いた。
更に、情勢報告として、木村結(東電株主代表訴訟:事務局長)さんから、東電福島第一原発事故の責任は東京電力にあるとの自覚の欠如、事故の原因解明に非協力的な情報隠ぺい・捏造体質、原発事故被害者への補償・賠償を値切るために多額の東電側弁護士費用を計上するなどを挙げて、国民感情とは離れた不誠実極まりない東京電力の体質に関する報告がなされた。
その後、福島疎開裁判、たんぽぽ舎、テントひろば、再稼働阻止全国ネット等から、アピール、関連イベント告知があった。
最後に、ドンパン節(柏崎刈羽バージョン)を全員で歌って、抗議行動を締めくくり、午後7時45分に終了。
また、カンパが27,419円寄せられました。ご支援、ありがとうございます。

☆次回の東電本店合同抗議は、2015年5月13日(水)午後7時~8時
注)5月は、第1水曜日(5/6)が振替休日のため、5月13日(第2水曜日)に変更します。
場所:東京電力本店前(東京都千代田区内幸町)
JR・地下鉄新橋駅徒歩5分、地下鉄三田線内幸町駅徒歩3分
東電本店前に、ぜひ多くの参加をお願いします。引き続き賛同団体を募集中!

┏┓
┗■2.桜咲き、季節華やぐ春です。が、官邸前に春は遠い感じ、でも、希望はいろんな所に。
|  希望の一通を官邸前報告に代えてご紹介。
|  3月27日(金)第142回官邸前・国会前抗議行動報告
└──── にしざきやよい(たんぽぽ舎ボランティア)

第142回、官邸前報告遅くなりましたf^_^;)
桜満開、今週は春となりましたが、先週の金曜3/27は、なんかまだ寒いんだか、あったかいんだかわからん感じで、連日の大規模集会の影響か、参加者も若干少なめ、救いは学生さんかな?と思われる人達が、チラホラいたこと。春休みだからかな?今週は人出はどうかな。花見のついでにゼヒご参加を!
で、今回は、またまた嬉しいお便り頂いたのでご紹介、読んで私も希望が湧きました。ご一読していただけたら嬉しいなぁ^_^
以下、「東京在住 たんぽぽ舎で学ばせてもらっている 鳥居光代」さんからです。

【大阪と東京の金曜日】
友人Oさんが毎週金曜日に大阪の反原発集会に通い始めたと言う。これは私にとってはビッグニュース。Oさんとは大学時代からの付き合いだが、大学時代もその後も政治の話をした記憶はない。
彼女は20代後半に東京から大阪に転居し、なかなか会えず年賀状のみの年も多かった。
そして3・11と東電福島第一原発事故。私は2012年6月に官邸前反原発集会を新聞で知り通うようになった。
初めのうちは官邸前から国会周辺まで人があふれるほどであったが、月日が経つにつれ、その人数は減少していった。何とかしないと、このままでは福島も原発も忘れられ、それをいいことに政府は再稼働するのではないか。私にできることは何?と自問した。
年賀状のやりとりをしている人の中から、脈がありそうな人十数人を選び、反原発のバッジとチラシを送ってみた。相手が原発についてどう思っているかわからず出す、この無鉄砲さは賭けであった。これがきっかけで年賀状が来なくなったり、嫌がられたりするかもしれないけど、それも覚悟の上。バッジの反応があったのは、1人だけだった。同年令の男性でデザインが良いので帽子に着けたとの事。それから2、3ヶ月後、Oさんから手紙が届いた。「送ってもらったバッジをバッグに着けていたが、いつの間にか無くなっていた。代わりが欲しいがどこで売っているか」との問い合わせだった。嬉しくてすぐに多めのバッジと手元にあった本を送り、毎週金曜日に国会前での抗議集会に通っていることも手紙に書いた。
しばらくしてOさんから「東京に行く用事があるので、金曜日夜、国会周辺を案内して欲しい」と申し出があった。これもビッグニュース。当日は新橋SL広場で待ち合わせし、国会前と官邸前へ。ライトアップされている議事堂を見て「原発が1基も動いてやへんのに、国会ライトアップできてるんや。原発なんか必要ありゃへんのに」との大阪弁が新鮮だ。彼女は大阪に帰ってからネットで調べ、関西電力本社前での毎週の金曜日抗議行動を知り、旦那さんと通い始めたと言う。しかし、行ってびっくり、数えるほどしか人がいないし、警官もいない。さらに、なぜか3ヵ所位に分かれて集まっている。理由はあるのだろうが、目で数えられる人数しかいなのだから、せめて1か所に集まればまだ迫力が違ってくるだろうと� !
�人は嘆いていた。その上、自分達はどこに属してよいか分からないので、毎回ぐるっと3か所を回り帰るのだと言う。
どんな形にせよ友人が毎金曜日に反原発集会に行っていると思うと嬉しくて元気が出る。東京と大阪が近く感じるときでもある。
今の私の希望は、第3金曜日に関西電力東京支店前で「関電よー  いいかげんにしときー  再稼働なんてあかんで」と彼女と一緒に叫ぶことである。
ちなみに、2月に東北地方は初めてというOさんを誘って被災地釜石へ行った。交通費だけでも6万円はかかっただろうに、現地の野菜から米まで買って宅配便で自宅に送っていた。東北復興を助けたいと思う意思がひしひしと伝わってきた。私の誇りに思う大切な友人は、たんぽぽ舎のメルマガ読者にもなった人である。

以上、鳥居さんのお便りでした。私もわたしなりに、出来る事考えていきます。
Oさん、鳥居さん、皆さん一緒に気張って行きましょう\(^o^)/

┏┓
┗■3.新刊書籍の紹介 『いいがかり』
|  「原発「吉田調書」記事取り消し事件と朝日新聞の迷走」
|  これは誤報ではない。真実が明らかになると困るのは誰か?
|  これはジャーナリズム史上空前の事件である…鎌田慧
└──── 渡辺マリ(たんぽぽ舎ボランティア、
「スペースたんぽぽ」講座運営スタッフ)

目次の紹介
プロローグ いったい何が起こったのか…編集委員会
○1章「吉田調書」記事取り消し事件を考える
・「吉田調書」記事取り消し事件の論理的解剖…花田達朗
・事故の解明に風穴を開けた「吉田調書」報道…田辺文也
・PRC見解-事実と推測の混同…海渡雄一
・調査報道の意義…魚住昭
・曲がり角としての2014年…金平茂紀
・報道は誤りではない…山田厚史
○2章わたしはこう思う
・いいがかり…森まゆみ
・わたしはこう思う…小出裕章/西山太吉/中山千夏/大谷昭宏/大田昌秀
他50名
○3章メディアの危機
・2014年はメディアコントロールの総仕上げだったのか…永田浩三
・白虹筆禍事件再考…別府三奈子
・ジャーナリズムの危機と劣化する社会…野中章弘
○4章ジャーナリズムの改善
・組織ジャーナリズムはどう変わるべきか…花田達朗
エピローグ これは言論弾圧だ…鎌田慧

編 者:『原発「吉田調書」記事取り消し事件と朝日新聞の迷走』編集委員会
発行所:七つ森書館  価格:2592円(税込み)
☆たんぽぽ舎でも取り扱っています。電話かメールでお問い合わせ下さい。
発送の場合は、書籍価格プラス送料300円(1冊)、前払いでお願い致します。

┏┓
┗■4.新聞より2つ
└────

◆電力融通の司令塔 広域機関スタート 供給監視し送電指示

強制力をもって全国規模での電力融通を指揮する新組織「電力広域的運営推進機関」(広域機関)が1日、発足した。民間が出資し、経済産業省が認可した団体で、電力不足が懸念されれば、余裕がある地域の電力会社に送電を指示し、停電を防ぐ司令塔の役割を担う。政府が進める電力システム改革の第1段階となる。新規参入事業者の増加を見据え、電力の安定供給の重責を担う。(中略)
広域機関は24時間体制で電力の使用量と発電量を広く監視し、電力が不足する地域を把握して余力がある電力会社に送電を指示する。従わない場合は制裁金を科す。
このほか、大手電力の地域間をまたぐ「連系線」の強化など、全国規模の送電網整備を進める。(後略) (4月2日茨城新聞より抜粋)

◆燃料取りだし3工法 冠水や気中、16年度選定 福島第1 廃炉プラン

東京電力福島第1原発の廃炉作業における中長期的な方針を示す「戦略プラン」の全容が1日、判明した。最難関となる溶融燃料(燃料デブリ)の取り出しで重点的に取り組む工法を、原子炉格納容器を水で満たす「冠水」など3つに絞り込み、検討すべき課題を挙げた。政府の原子力損害賠償・廃炉等支援機構が策定を進めており、近く正式に公表する。(後略) (4月2日茨城新聞より抜粋)

──────────
☆ひきつづき、たんぽぽ舎の活動・日刊メルマガ=「地震と原発事故情報」
へのカンパを受け付けていますので、よろしくお願い致します。
郵便振込 加入者名 たんぽぽ舎 口座番号 00180-1-403856

【編集部より】
メルマガ読者からの集会・デモ・講演会のお知らせ、その他投稿歓迎。
1.「集会・デモ・講演会等のお知らせ」に関しては、平等に掲載するため
日時、会場、タイトル及び内容、主催者、主催者の連絡先などを400文字
以内でお送り下さい。件名に「イベント案内掲載希望」と明記して下さい。
2.集会や行動の参加報告等に関しては600文字以内で、タイトル(見出し)及
び本文をお送り下さい。件名に「メルマガ掲載希望」と明記して下さい。
送付先は「 nonukes@tanpoposya.net 」です。
なお、お送り頂いた投稿は集会・デモ・講演会のお知らせを含めて紙面の
都合上すべてを掲載できない場合があります。
たんぽぽ舎の会員からの掲載希望を優先させていただく場合もあります。
予めご了承ください。
──────────
◆このメールマガジンのバックナンバーは、ホームページの「新着記事」を
ご参照下さい。
◆メールマガジンをお送りします
たんぽぽ舎では、「地震と原発事故情報」(メールマガジン)を
発信しています。
ご希望の方は、件名を「メルマガ受信希望」としてご自身のEメールアド
レスからご氏名とともにたんぽぽ舎あてにメールを送ってください。
違うアドレスから「このアドレスに送って」ということは間違いの元と
なりますのでやめて下さい。登録できしだい発信致します。
たんぽぽ舎のメールアドレス: nonukes@tanpoposya.net
◆携帯電話への送信は、容量が多いためか全文表示できない例があります。
──────────
たんぽぽ舎は、月曜~土曜13:00~20:00オープン、日曜・休日はお休みです。
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル5F
HP http://www.tanpoposya.net/  Eメール nonukes@tanpoposya.net

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



報道するラジオ(2015/3/27) 原発作業員の4年、上田崇順さんの報告(その2) by limitlesslife

永岡です、報道するラジオ、今週も毎日放送アナウンサーの水野晶子さんの司会、ジャーナリスト・元毎日新聞論説委員の平野幸夫さんの案内で放送されました。

マートン!エエぞ!ゴメスもエエぞ!…しかし、前半は心臓に悪く、私がトラが負けていて悲鳴をあげるたびにお袋が心配し、トラさん、もっと楽に勝ってください(野球に興味のない方誠に申し訳ありません(笑))

報道するラジオの前に、先週ラジオフォーラムで紹介されたココラジセレクション、国学院の農業の方の講演があり、原発事故で苦しむ福島と、戦争のことが語られました。その中で小出先生の名前も出て、原発に反対していた人も事故は起こるとして、そして何も対応できなかったというお話もありました。

また、福島の人は放射能汚染の被害者であり、風評被害で農産物が売れないのではなく、農民にとっては実害であり、それを風評被害として、政府などが責任逃れをしているというお話もありました。99年のJCO事故でも農産物は売れなくなり、補償は打ち切られたというのです。そして、田中正造さんのこともありました。

ニュースは上田崇順(うえだ・たかゆき)さんの担当で、JR脱線事故の控訴審、一審に続いての元社長に無罪です。不起訴から強制起訴されたものの、一審は無罪、指定弁護士は事故は防げたと主張しましたが、事故は予見できなかったとして控訴棄却です。指定弁護士は上告すべきか慎重に決めるというのです。

 

今週も、先週に引き続き、福島原発作業員の4年を、上田崇順さんの取材、報告によるものがありました。今回のテーマは作業員の方の賃金と、そして汚染水の問題です。上田さん、事故から4年、作業員の取材をされて、リスナーの感想が殺到し、作業員がこんなエグイ状況にあるのかということで、上田さん、引き続きの報告で、賃金(給与)と汚染水の問題です。

平野さん、現場に真実が宿るといい、作業員の証言は貴重と言われました。

その、上田さんのお話、リスナーより、先週の報告で、作業員の状況で胸がつまり、怒りにとらわれ、生身の人間に出来ないとあり、作業員の方の努力で我々は平常な生活を送れるのです。

先週は収束作業、死亡事故のことを報じ、作業員は1日7000人とかつての倍で、安全管理が出来ておらず、素人がやって事故もあるものです。

ここに来て初めてこういう作業をする人が多く、汚染水対策にたくさんの人が要り、汚染水で足のあわや切断、1ミリシーベルト/時間、一般の人の限度を1時間でアウト(泣)、5kgの鉛のベストを着て働く人もあるのです。足、股も覆うものです。

しかし、たくさん増えていて、しかし廃炉は進まず、汚染水対策で必死で、リスナーより、作業員は何十もの下請けでピンハネされているのかとあり、上田さん、作業員の賃金は、事故の後1年後は日当7000円、多重請負は20次!中間搾取率は93%=7%しかもらえない。

労働を把握するアンケート、何次請けか、日当はと東電が調べ、しかし4年たっても改善されていないのです。作業員も、賃金が安すぎる、ピンハネされ、18000~2万とか、満足できる水準ではなく、何次請けで賃金も異なり、これを解決する気もないのです。

危険手当、放射線が高く、日当とは別に支給され、東電は2万(マスク)、3万(ボンベなど)というものの、実際は1万である。日当も、どの会社、何次請けかで異なり、1日の手取りが1万違うと1ヶ月で20万違う。

そして、作業員の手当ては、7000→16000円と増えておらず、宿、食事なしのためで、作業員の給料は上がっていないのです。東電は1日7000人で、廃炉コストはかけているものの、人件費は把握していないというのです。

なぜ、こんな条件で働くのか、東京では1万も稼げず、ひどいと7000円の人もいる。日当は福島の最低、外国人を狙い働かせている。

待遇は、雇用契約にサインしても、金額は書いておらず!、いくらもらえるか不明で、はっきりした額は不明という人もあるのです。

中間搾取を知る作業員は、特別な現場なので、危険手当+2次で4万以上出ているのに、東電の人に聞いたら15500円で、危険手当にもならず、全面マスクなのに、2万以上出ていないのです。働くのは末端で、この人たちがいないと、次から次に入れ替えて、麻痺する。

つまり、クレーンなどを使える人が必要で、作業日当は4年たっても6割以上抜かれて、4割しか手元に残らず、これに文句を言うと、作業員の人は、それでクビにされ、来なくていいといわれる、元請に言ったら、ゼネコンのところへ行けと、強気なのです。そのうち考えられなくなり、改善はされない。

文句=追放される世界で、これまでと変わっていないのです。だから、考えられないほどの切実さなのです。

何次請けにより賃金は変わり、問題を作業員が語り、普通に考えたらおかしく、日当+危険手当なのに、単価6000円で原発には行かない、公共事業なら27000円はあり得ないが、危険手当をプラスされず、賃金と一緒にされ、国、東電が悪いというのです。

危険手当と日当は一緒に払われ、危険手当を考えると、普通の日当より安くなり、一緒にされて、安いのを隠されているのです。リスナーより、第6、7次下請けというが、作業員の収入確保のためには、中間搾取をどうするのかとあり、上田さん、多重請けはおかしいというものの、元請だと7000人集まらず、日本中でつてのある人に頼ると何次もあり、それでデタラメも起きて、作業員も自分が何次か分からず、安く働かされて、人を集めるのもピンハネで、多重請けは法律に引っかからず、新しい法律を作るしかないのです。

国会もこれは論じず、ルールを変えたら作業員が集まらなくなる可能性もあるのです(泣)。

 

後半のお話、リスナーより、汚染水の質問があり、それについて、海側が高く、理由は不明で、海の汚染は週に1回サンプリングして測ると高く、0.2~0.3被曝する、数十分でこの被曝、理由は、建屋が近いためで、海の水に汚染水が流れ出し、それで高くなるというのです。

かなり、汚染水が海に漏れて、漏れても表に出ず、発表も遅く、事後報告のためで、現場もアホかと思う、さかのぼり何ヶ月前にもれていたとなり、働く人、福島の人はみんな不安。

汚染水線量は高く、作業員には怖く、タンクに溜めるのだけではなく、作業員はみな、海に流れていると証言し、おかしい、敷地で何ミリ被曝というのに、最初から海に流していた、うるさくなったので、アリバイを作っているだけ、「敷地の水はもともと海に流している」、汚染水はタンクの中だけでなく、原発から飛散した放射能、雨が降れば地面に染みこみ、地下水になり汚染する!

原発敷地は今もすごい線量で、汚染水は海に漏れていると作業員は証言し、大雨で汚染水も出来て、管理できないのが原発事故であるのです。

さらに、山側では、廃棄物(車とか)があり、敷地から出せず、雨が降ると汚染が出て、穴を掘ると汚染水は出て、それがどこかに漏れる。これも、東電の幹部も、「口には出さないものの、もう、打つ手はない」と思っている。福島は地下水の塊。

遮水壁を作り、凍土壁と言っていたのに、テストで凍らず疑問も出て、作業員は、凍らないなら、コンクリと語り、東電は凍土壁がダメならどうするか、取材に答えないのです。

水野さん、汚染水の意識が変わり、タンクの中だけでなく、地下水、雨水も全部汚染水と言われて、上田さん、どれだけ汚染水が出たか分からず、安倍総理の言うアンダーコントロールではなく、アンコントローラブル(制御不能)と地元では言っている。

平野さん、規制委は雨水の法律なしと逃げて、現場は収拾不能、規制委も遮水壁は無理と見ていると指摘され、しかし、それでいて、5月から汚染水をアルプスでやると言っても、出来るわけはなく、アルプスは、地元の人も信用していないのです。

そして、国道6号線が通れるようになり、ゼネコンはプレハブを建てて、作業員を集め、これから楢葉町など借り上げて、広野にイオンも出来て、コンビニも出来て、繁盛する始末です。スーパーも出来るのです、作業員にはうれしいが、コンビニ弁当ではなくスーパーはうれしいもの。

原発から50kmの温泉に宿を持っていた作業員も、広野町にプレハブなどで、作業員の町になり、楢葉町は原発に近く、ここに住む声もあり、富岡町→大熊町、通勤に近いように原発に近づき、放射線の高いところに移動させられる。

さらに、広野町に高校を建てて有名人も呼び、ここまで大丈夫と国は言いたく、広野で3000人いて、高校など成り立つはずはない、ここは作業員の宿舎だらけ、線量も高く、0.23マイクロ、数字で言うと高く、現場では、15ミリ被曝したら、通勤でも被曝し、100日200日働くと、もっと浴びて、仕事の被曝+通勤の被曝を考慮せず安全と言うのはおかしい、広野に高校生が通うのはおかしい、穴だらけの車が出て、原発も8000ベクレルを越えないと高圧除染せず、8000以下は出せる、「7500の車が走り、国道6号の線量は下がらない」

高校は原発から23のも、0.2マイクロシーベルト/時間、限度に近く、そこに子供を通わせるのは問題。広野町は作業員の町、そこを往来し、安全か、ホットスポット、有事の避難もある。

中間貯蔵施設、福島をドーナッツ状に取り囲み、これについて作業員は、4km四方、1.1兆のものがかかり、除染に4兆円かかり、原発が安いはずはない、何年分の電気代かといい、さらに、復興とか、収束とか言うが、作業員は懸命にやっているのに、うそを隠したり、使い捨てにされるのはたまらない。

Jヴィレッジは返還し、オリンピックのためと言うのはおかしい、避難している人も、戻ろうか迷っているが、フレコンバッグの詰まれたところに帰れない、避難準備区域であり、帰りたくても帰れない、除染のお金も年寄りには出せず、廃屋になり、荒地になり、それで帰れ、復興はなく、「故郷」ではない、ともかく、放射能を減らすことに全力を挙げるべきで、帰るのを急がせるのではないと証言するのです。

上田さん、作業員は福島を自分の町として捉えて、収束作業の最前線の重さを感じるのです。以上、上田さんの報告でした。

 

その他のニュースも上田崇順さんの担当でした。

ドイツ旅客機の墜落、副操縦士が意図的に墜落させた可能性があり、捜査する模様で、人工衛星の動向から、何物かが高度を設定しなおしたと分かり、副操縦士は精神的な病気の可能性もあるのです。

沖縄、辺野古停止は適性と翁長知事は政府に意見し、作業停止を防衛局が拒否したものの、意見書で、大型ブロックには県の許可がいり、おかしいというのです。

B型肝炎、給付金対象外の人に和解が成立し、患者が国に賠償を求め、発症~20年の人も札幌地裁で給付金をもらえるようになりました。合意の対象者は全国に160人、弁護団は低い金額だが救済のために妥協したとしています。

宮崎地裁は一票の格差を違憲状態、しかし無効は退け、是正の期間を過ぎたとはいえないとしてのものです。最高裁が年内に統一判定をします。

御嶽山噴火から半年、不明者の捜索は、再開に向けていて、御嶽山の活動は小さくなったとしています。

 

月曜のネットワーク1・17の20年のイベント、4月4日にMBS茶屋町プラザでやるというものです。子ども防災講座もあります。

なお、この報道するラジオは、4月以降も続きます(ナイターの後にやります)。原発がこの世から消える日まで、フォローします。

リスナーの意見が殺到し、使い捨ての東電に憤慨、国もちゃんとしろとあり、平野さん、非人間的な労働環境を野放しにして、東電は汚染水のことも報告せず、4年たち、しかし今日の報告で、深刻さはひどくなった、政府の答弁は取り繕いで、再稼動のためしか政府は考えず、虚偽の現状認識は国際社会から批判され、ローの法王は、原発はバベルの塔で、人間が自分の首を絞めているというのは、国際的な考えであり、ひどい目になるのは現場の作業員とあり、リスナーより、この報告と、一般社会のギャップの指摘もありました。

 

これ、福島は収束するどころか、破滅に突き進んでおり、現場では弱い立場の人たちが、まさに21世紀の神風特攻隊にされています。この内容、例により私に無断でいくらでも拡散し、そして国際的にも広げてください、福島の地獄を放置したら、日本だけでなく、世界も破滅です!