Global Ethics


日本政府の抗議の書簡とカナタチ氏のコメント和訳全文/記者会見動画 by limitlesslife
May 25, 2017, 3:10 am
Filed under: 共謀罪(法案、市民運動弾圧?), 国連

転送します。重複ご容赦下さい。
内田さんは「関連文書が集積されている」ことに注目していますが、私は、せっかく公開されているのでこの記者会見の動画を、皆さんが視聴すされると良い、とお勧めしたいです。
17/5/23の記者会見動画 OurPlanet-TVのサイト
****************************
近藤ゆり子 k-yuriko@octn.jp
****************************
From: ombuds
Subject: [no-himitsuhozenhou:11734] 日本政府の抗議の書簡とカナタチ氏のコメント和訳全文
秘密法と共謀罪に反対する愛知の会 各位

内田@名古屋市民オンブズマン です。

カナタチ国連特別報告者が共謀罪について日本政府を批判し、
日本政府が抗議したがその反論をしている件で、
日本政府の抗議の書簡までOurPlanet-TVのサイトに掲載されていました。
http://ourplanet-tv.org/?q=node/2129

上記サイトが一番まとまっています。

これまでの経緯
5月18日(木) 国連→日本政府
プライバシーに関する権利に関する国連特別報告者が安部首相宛に書簡を送付 全文
5月18日(木) 日本政府→国連
日本政府がジュネーブの国連人権高等弁務官事務所の抗議の書簡を提出 全文
5月19日(金) 国連特別報告者→日本政府
抗議を受けて、要望を提出
5月22日(月) 菅官房長官のコメント
菅官房長官が記者会見で、国連特別報告者の書簡について「不適切」「特別報告者は独立した個人の資格」「国連の立場を反映するものではない」と述べる。
5月22日(月) 国連特別報告者のコメント
特別報告者が日本政府の書簡と菅官房長官の記者会見に対しコメント 全文

—-
・ブログに書きました。 http://nohimityu.exblog.jp/26686445/

・facebookに書きました https://www.facebook.com/nohimityu/
Advertisements


ラジオ関西 ばんばひろふみラジオDEしょー(2017/5/24) 西谷文和 南スーダン・ナイロビ報告、国連は常任理事国制度を止めるべき! by limitlesslife

そして、ナイロビの報告、先々週は余裕、標高1800mで乾燥して、ナイロビで南スーダンのビザを1週間待ち、予防接種などを揃えて、ジャーナリストにはビザが出ず、就労支援で取り、南スーダンは本当の映像を撮られるのを拒否して、ビデオカメラは持ち込み不可、下手したら捕まったら1か月牢屋入り、南スーダンには秘密警察がいて、写真を撮ったら逮捕されるので、電話するふりをしてスマホで写真を撮り、もちろん撮影が目的で、南スーダンがスーダンから独立、黒人の闘いで勝ち取っても、キール大統領派とマシャル副大統領派で内戦、部族の間で虐殺、それを取られたくなくジャーナリスト入国禁止、何十万殺されて、自衛隊は基地にこもっており、5月末まで何もないように、であり、自衛隊の作った道路はきれいに整備されて、数km、後は舗装するだけだが、そこで戦闘で、舗装できず、しかし道は出来て現地の方は喜び、ところがナイル川にかかっている橋、淀川くらいの川の橋も戦闘が始まり自衛隊は完成させられていない。 永岡です、ラジオ関西の、ばんばひろふみラジオDEしょー、第4水曜日にジャーナリストの西谷文和さんが出られました。

世の中の様々な出来事を取り上げるばんばん侍、西谷さん前回はケニアのナイロビからの報告で、また西谷さんの新刊、テロとの戦いを疑え、朝日新聞の大阪版に載り、紛争地からの最新情報という本、ばんばさんも読まれて、現地に行かないとわからないと、南スーダン、トルコの実態、フランスのクーデターのことも載っており、皆さんも読んでください。

西谷さん、マシャル副大統領の町に行ったら消えていて、みなに逃げて、町は潰されて、大統領も南アフリカに逃げて、キール大統領派が着々と勝利を収めつつあり、しかし民間人も殺していて、西谷さんは写真を撮らなかったら人道支援として問題ないが、難民は副大統領派も大統領派を殺して、部族間の殺戮があり、田舎→ジュバに逃げて、ここだけ治安は比較的よく、ここは昨年7月の戦闘で7000人以上のキャンプ、食料も電気もきれいな水もなく、1日1回食べられるか、住民の半分は子供であり、栄養失調の子供たち、食糧は喜ばれても、死にかけている子供が多数、そんな子にハエがたかり、払いのける力なし、母親は母乳が出ず、粉ミルクも不足。

国連を通して、中で支援物資を抜いており、国連も治安が悪く、田舎だとヘリで食糧を落とす、下に降りたら危ないからであり、えげつない光景、国連も人道支援をしようとしても国連、赤十字は頑張っており、ここを日本は支援すべき。

部族同士の虐殺は、南スーダンが石油の宝庫、大統領派にはケニア、副大統領派にはエチオピアがついて、それぞれ石油のパイプラインの利権、ケニアを通すか、エチオピアを通すかの代理戦争、過去にもアメリカとソ連が後ろ盾で戦争→武器が残りまた戦争、南スーダンは昔、牛泥棒をこん棒で追い払えたのに、今は銃があり、銃を売っているのは欧米で、白身魚の利権も、魚と銃を交換して、そしてまた戦争になり、南スーダンも武器を止めないと戦争は止まらず、欧米の責任、アングラで武器は流れて、内戦で武器があり、ばんばさん、国連は何かといわれて、西谷さん「常任理事国制度を止めたらいい」、国連は180か国、みんなイコールの権利にしたら核兵器も止めようとなり、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の都合で国連は動けず、日本はアメリカべったり。

西谷さん、北朝鮮も本気で戦争しないし、トランプ大統領が北朝鮮にミサイルを撃ち込む→韓国が報復されるので、韓国のアメリカ人を避難させるはず、だがしてないから、本気でトランプ大統領は戦争せず、北朝鮮もそれをわかって、これは煽り合戦、煽られたらアカン、。テロリストが怖い→軍艦を持てではなく、人々が豊かに暮らせたら戦争はなくなる、北風と太陽であり、ばんばさんもそれが正論と言われて、それにみんな気付いてほしい、しかし西谷さん、メディアが北朝鮮が攻めてくると煽る、さらに共謀罪の強行採決時にNHKはテレビ中継なしで、中継すべき、共謀罪は賛否があるからちゃんと放映すべき、NHKは政権に忖度しており、みんな稀勢の里が見たいというのはおかしい。

今回、西谷さん南スーダンに入れて、2月にはビザが下りず、ジャーナリストに事実を報じられたくないためであり、しかし国民は飢えて人道支援はしてほしく、人道支援はビザが下りる、観光はダメ、地元民も夜中は町を歩けない、戒厳令みたい、銃が氾濫して、過激派よりならず者が怖い、店に一晩いないとならず、西谷さんの泊まったホテルも、夜は出られず、しかし緊張で下痢してしまったが、スマホでライヴ映像を撮り、これはいずれテレビで放映したく、今後、アフガンも行きたいと締めくくられました。以上、西谷さんのお話でした。

 



朝日放送おはようコール(2017/5/24) 木原善隆がイギリス・マンチェスターでの自爆テロと大阪のなにわ筋線を語る by limitlesslife
May 24, 2017, 6:45 am
Filed under: テロ, 共謀罪(法案、市民運動弾圧?), 国連

 

永岡です、朝日放送のおはようコールABCの朝イチ!news、水曜日のコメンテイターはABCコメンテイターの木原善隆さんでした。

 

今朝の新聞一面紹介、朝日は共謀罪衆院通過、毎日も同じ、産経と読売はテロ準備罪と表現、国民の多くが法案の中身を理解せず、読売はイギリスのテロも一面、コンサート会場を出たすぐのところでのテロ、ソフトターゲット、日経は中小企業の輸出を低コストで,です。

 

イギリス、マンチェスターでの自爆テロ、子どもを含む22名が死亡、ISISが犯行声明、コンサート終了後爆発音が響き、国際的なアーティストのアリアナ・グランデさん(ネクスト、マリアナキャリーと言われて、日本でも一番洋楽で売れたアーティスト)のコンサートの後のテロ、警察は男が爆弾を爆発させて、殺傷能力を高めるためにボルトやナットが散乱、警備の薄いソフトターゲット、爆発は海上のすぐ外、チケット売り場と駅の間、コンサート会場ではセキュリティチェックがあったものの、その外での犯行で、メイ首相は厳しく非難しており、大勢の方の集まるコンサート会場での爆発、実行犯(死亡)、関与した男の逮捕との情報もあり、手製の爆弾、簡単に作れるものであり、これについて木原さん、公共の場所でチェックなし、警備しにくいところであり、中に入らずに実行犯は出来て卑劣、若い人たちを狙い、早い段階で容疑者特定=以前からマークされていたのに事前に防げず、手製の爆弾で、材料も簡単に手に入る、非常に防ぎにくいテロであり、何か事前に察知すべきでも難しかったと言われました。

 

30年前から大阪で構想されてきたなにわ筋線、2031年の開業を目指してプロジェクトが動き出して、JR大阪駅の北側の再開発のところ、グランフロントの近く、北梅田駅~なにわ筋を通り4つの駅で難波につなぎ、これにより関空へのアクセスが改善され、関空はJRと南海の線路しかないが、これが出来たら十三~関空に直結、最速で34分にできるもので、阪急沿線にも十三とつなげるものであり、関空はアクセスが不便であったのが、劇的に改善されて、JRの過密ダイヤを改善されて、JRの環状線を使わず、しかし総事業費は3300億、国や大阪市、大阪府が1910億出して、残りは第3セクターであり、これについて木原さん、画期的に便利になり、今はJRだと迂回しているが、過密ダイヤ、しかしこんなに便利なのに長くかかり、関空の利用者の伸び悩みや、JRと南海の利害関係もあり、しかしその間大阪は無駄な地下鉄の路線を作ってしまい、そしてできるまで景気はどうかと言われました。

 

札幌市での宝石店での強盗未遂事件、容疑者確保の映像が紹介されて、駅構内は騒然として(しかし警官の言葉使いは何とも…)、カタコトの英語であり、木原さんお手柄ですごい映像が撮れたと言われました。

 

本日の気になる新聞記事、朝日1面の共謀罪の衆院通過、国外から懸念、毎日29面に、国連のプライバシー関係から日本政府に懸念の書簡が送られて、菅氏は不適切て゜抗議すると言うものの、国連の人権理事会からのものであり、これについて木原さん、菅氏の言うのは答えにならず、国会で野党の言い分と同じで、菅氏は抗議ではなく説明が必要と言われて、日経2面の記事、囲碁AIが最強の棋士を破り、将棋も囲碁も勝てないのか、木原さん、人間は想像力でAIに勝てないものをやるべきと言われました。以上、木原さんのお話でした。

 

 

 



国連で初めて by limitlesslife
April 11, 2016, 11:55 pm
Filed under: 国連

皆さま

現在、世界一重要とされる職種の募集が行われています。その候補者たちは、初めて私たち世界中の市民からの質問を受け付けることになりました。

その職種とは、国連事務総長。選出に向けた手続きはすでにスタートしています。同時多発的に発生する世界の危機を解決するため、独立した力強いリーダーシップを発揮できる事務総長が誕生するかもしれませんし、一部の富める大国のみに従う影の薄い事務総長になるかもしれません。これまで、事務総長選に影響力を持つのは、ごく一部の国のみで、任命手続きは非公開で行われてきました。一方、その影響を受ける私たち70億人の市民は、発言権ゼロでした。ところが、その状況が変わろうとしています。

Avaazをはじめとする各団体が働きかけたことで、世界中のどの国も候補者を指名できるようになりました。2日後には、選出手続きの一環として、これまでに名乗り出た候補者全員が、史上初となる公開討論に参加します。しかも、公開討論の主催者は、世界中の市民が関われるよう、候補者への質問アイデアを受け付けています。私たち皆に関係のある問題について、候補者たちが意見を述べるチャンスです。

クリックして、候補者たちが答えるべきだと思われる質問について、アンケートにご協力ください。回答には、3分ほどかかります。

アンケートに回答する

気候変動から紛争に至るまで、世界の最重要課題を解決するためのグローバル機関は、国連以外に存在しません。その影響力は、自国の権力に固執する国々によって弱体化させられてきましたが、人類の生存をかけた問題にさらされ、世界はかつてないほど国連を必要としています。今こそ、人類が団結して前に進めるよう、最高のリーダーを選ぶべきときです。

希望を込めて

ダニー、アリソン、イアン、リワン、アナ=ソフィア、リッケン、そしてAvaazチーム

関連情報

次期国連事務総長:候補者に向き合う(ガーディアン/英語)
https://membership.theguardian.com/event/the-next-un-secretary-general-meet-the-candidates-24257038455



Avaaz.org は、世界各国4200万の人々がキャンペーンを展開するネットワークです
。 このネットワークを通じて、世界中の人々の考えや価値観がグローバルな意志決定に反映されるよう取り組んでいます(「Avaaz」は様々な言語で、「声」や「歌」という意味です)。Avaazのメンバーは、世界中どの国にもいます。またAvaazのスタッフチームは、6大陸18カ国、17言語で活動を展開しています。Avaazがこれまでに成功させたキャンペーンはこちらから、またFacebookTwitterもご覧ください。
メールアドレス、表示言語、その他個人情報の設定を変更するには、こちらからご連絡ください。 メール配信の停止をご希望の場合はこちらをクリックしてください。

Avaazにご連絡いただく場合は、このメールに直接返信されるのではなく 、こちら www.avaaz.org/jp/contact からご連絡いただくか、お電話 (+1) 888-922-8229 (米国)にてご連絡ください。



「戦争の世紀」研究:現代史と国際政治の視点から/7 今「国際協調派」に学ぶ=論・井上寿一 by limitlesslife
October 29, 2015, 9:11 pm
Filed under: 国連

毎日新聞 2015年10月29日 東京夕刊

 第一次世界大戦が終結し、国際政治は旧外交から新外交へ転換します。従来の同盟・協商関係ではなく、多国間協調による国際連盟での会議外交が重要になります。その担い手は、外国語と国際連盟規約に通じた「国際協調派」と呼ばれる職業外交官たちでした。

パリ講和会議で外交の遅れが自覚され、外務省に「革新同志会」が結成されます。他方で国際協調派の人々は大戦の惨禍を経た欧州の大きな変化を肌で感じ取りました。大戦勃発時の駐フランス大使で国際連盟の初代日本代表となった石井菊次郎や常設国際司法裁判所(PCIJ)所長を務めた安達峰一郎らは、スイス・ジュネーブの国際連盟本部など欧州の外交拠点に専従しました。

中でもフランス語と国際法に秀でた安達は他に代えがたい人材ゆえ、外交の中心・欧州で日本の評価を高める仕事に没頭し、次第に本国から切り離されていきます。欧州と中国、国内でそつなくキャリアを重ねた吉田茂(のちの首相)などとは対照的でした。

新外交のもう一つの流れは民主化です。一部の国家権力者の秘密外交が大戦を引き起こしたのだから、戦後外交には民主的なコントロールが求められる。しかし、民主的外交が常に平和を志向するわけではありません。

とくに日本では、中国との関係が悪化すると強硬論ほど世論の支持を得やすく、蒋介石の北伐に対し、田中義一内閣による山東出兵の強硬姿勢が歓迎され、「幣原外交」と呼ばれた穏健な国際協調路線は軟弱だと批判されていきます。政友会と民政党による2大政党制も裏目に出ました。双方が軍縮条約の必要性を認めながら、他党の手柄にさせまいと攻撃し合い、軍部の台頭を招きます。

そもそも国際協調派の努力は、日中関係でもめた際にも、国際連盟で日本への支持を保っていれば切り抜けられる、との考えからでしたが、その努力は報われず、歴史はむしろ正反対の方向に動きます。民主的外交の主体である政党が行き過ぎを改めることなく、ほとんど非合理な強硬論に傾いていったからです。

安達がPCIJ所長に就任した1931年の9月、不運なことに満州事変が勃発し、日本は国際的孤立へと踏み出しました。安達は少数民族問題などで関係国間の利害調整に尽くし、国連中心主義の実績を重ねました。ところが今度は日欧の板挟みになったのです。

昨今、日米中の力関係から東アジアの外交が論じられますが、外交空間とはもっと広がりのあるものです。2国間の利害調整は、現在の国際連合においても現実政治の領域ですが、その上に各国の手を縛る国際規範の網が存在します。

日米関係のみで事足りた冷戦期が終わった今、第一次大戦以前の同盟・協商と秘密外交の時代に戻ったかのような視点から、21世紀の国際関係をみていてよいものでしょうか。国連安保理の常任理事国入りを掲げるならば、かつての日本が国際連盟の常任理事国として果たした役割を振り返り、国連中心主義とは何かを改めて考えてみるべきです。(談)(学習院大学長・日本政治外交史)



この体制を維持する限り、彼らは世界の王様でいられる、、、中国は国際法の頂点に君臨する「手練れ」 by limitlesslife
June 25, 2015, 10:00 pm
Filed under: 原発危機, 国連, 日中
国連は、強制力のある世界政府のような存在ではありません。でも、忘れてはいけない
ことがあります。国連とは、枢軸国を負かした中国(その時の「中国」は今の中国では
ありませんが)を含む五大戦勝国が、二度とそうした「侵略国家」が出現しないように
つくり上げた世界統治の体制です。「仲良しクラブ」でない彼らが、それでも「拒否権
」でお互いを牽制し合い、それに加えて「核」で牽制し合いながらも(キューバ危機で
一度ボタンが押されそうになりましたが)、世界の頂点に居続けているのです。

逆に言えば、この体制を維持する限り、彼らは世界の王様でいられるわけです。繰り返
しますが、その体制とは「侵略者」を出さない、許さないことを目的にしたものです。
だから、彼らは「侵略」しないのです。こう言うといっぱい異論が出そうですね。言い
直しましょう。彼らは、国連憲章で「自衛」として説明がつく「侵略」しかしないので
す。
、、、
一番、日本人が理解しなければならないのは、中国は国際法の頂点に君臨する「手練れ
」だということです。
だいたい、「中国の脅威が」というのなら、日本海側にずらりと並んだ原発施設のほう
がよほど脅威でしょう。

http://blogos.com/article/118607/

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace



「原発はリスクが未知数なため、世銀は投資の対象にしない」(世銀キム総裁発言) by limitlesslife

紅林進です。
私は世界銀行(世銀)やIMFという国際金融機関については、
非常に批判的に見ていますが、その世銀ですら、国連防災
世界会議で来日した世銀のキム総裁が、昨日3月13日(金)、
外国特派員協会での会見で、「原発はリスクが未知数なため、
世銀は投資の対象にしない。炭素税導入で、火力発電による
CO2排出量を抑えると同時に、地熱、水力などのクリーン
エネルギーへの投資を拡大するべきだと考えている。」と
述べたそうです。
本日3月14日(土)発売(紙面の日付は3月16日(月)になって
いるが)の『日刊ゲンダイ』(第2面)の「世界銀行総裁の反原発
発言 安倍首相はどう聞く?」と題する記事によると、キム総裁
は9日にもワシントン市内で原発の危険性に関し、懸念を表明。
福島原発事故について「フクシマの技術は最先端ではなかった。
新しい技術で本当に安全な原発ができるのか。核廃棄物の貯
蔵や処理を安全にできるのか。その証拠を示せなければ国民
の納得を得るのは難しい」と語ったとのことです。
世銀は1959年にイタリアの原発施設の4000万ドル貸し付けて
以来、原発向けの融資は控えているとのことです。
問題の多い世銀ですが、原発問題に関しては、まっとうなことを
言います。それに引き換え、あくまで原発を推進し、世界にその
原発を輸出しようとしている安倍政権は、世界的にも問題視され
てゆくことでしょう。
「投資対象にしない」 世界銀行が突きつけた原発への“絶縁状” 日刊ゲンダイ 2015314()