Global Ethics


関西テレビゆうがたLIVEワンダー 大阪ダブル選討論 by limitlesslife
November 3, 2015, 6:48 pm
Filed under: 大阪
 永岡です、関西テレビのゆうがたLIVEワンダーで、22日投票の大阪ダブル選に関して、候補の討論
会がありました。

市長選に吉村氏、柳本氏、中川氏、知事選に松井氏、栗原氏の5人がスタジオに出ました。

要点を見ると、大阪市政に関して、橋下市政に関しては、吉村氏は橋下氏がマニフェストを90%実行し
たといい、柳本氏は95%として、点数ではなく、点数はつけにくく、自民は反対していると思われるが
95%は賛成し、しかし市民のためにならないものは反対したといい、容認できないのはもちろん徒構想
で、大阪市の廃止は認められず、これは点数を付けられないというのです。

中川氏は65点としても、公務に専念しなかったといい、徒構想には反対というのです。

そして、今後やりたいことは、中川氏、先端医療、減税などを掲げ、柳本氏は大阪に留まらず、神戸、
京都とつながりやり、都市内分権もやるといい、吉村氏は府市一体の住民サービスと言います。

さらに、大阪市の敬老パス、72年に導入され、平松市長は有料化を断念、しかし橋下氏は年3000円+1回
50円で、これについて、吉村氏は、真に必要な老人のためにといい、柳本氏、橋下氏は敬老パスは無くさ
ないと言ってこれで公約違反、1回50円は他に例がなく、廃止すべきといい、中川氏は当面継続というの
です。

そして、吉村氏は、何と先週VOICEやキャストで出したのと同じものを出してきて、柳本氏、吉村
氏の出したものは嘘と(先週通り)指摘し、50円有料化で67万人利用者が減り、乗り控えで、74%→51%
に利用率が減り、財源は全体の歳入歳出を考えて出すといい、交通局は利益もあるといいます。

子育ては、吉村氏、現役世代に支援するとして、柳本氏は待機児童解消、中川氏は教育バウチャーとい
います。

続いて、知事選、松井氏は徒構想でといい、栗原氏、4年知事をやり、トップは方向を決めることで、徒
構想をどう見直すのか具体性なしとして、そして、徒構想、二重行政について、吉村・松井氏vs柳本・栗
原氏で、関西テレビの世論調査では二重行政解消がトップで、しかし柳本氏、これは大阪だけでなく、近
隣都市との関係もあり、二重行政というのは徒構想を引きずるといい、松井氏は橋下氏と一緒にひとつに
まとめたといい、吉村氏も二重行政云々(同じことを何度も聞いたぞ!)

栗原氏は、松井・橋下氏のやり方でいいか議会で議論されていないと指摘し、しかし松井氏、何かと言
うと二重行政が悪いと言い、自分たちは解消する、しかし栗原氏は対立から協調、大阪会議は知事、市長
が変われば進む、大阪会議はブレーキをかけられている、柳本氏、徒構想は住民投票で否決され、それを
蒸し返すことはおかしい、民主主義は多数決に至るまでに議論がいり、話し合いでしか解決しないという
のです。二重行政は無駄なら解消するが、松井氏が言うように府と市が同じものを持つこと自体を二重行
政というのはおかしいといい、

そして、大阪会議について、松井氏は柳本氏が関西テレビで言ったというと、柳本氏は関西テレビに出
ていないとして、そして、大阪会議について、松井氏が柳本氏に因縁をつけているとしか思えないもの
で、栗原氏、橋下氏は大阪会議に位置づけ、対案と提案しており、案ではなく、徒構想は否決され、徒構
想は特別区設置であり、目的で公文書に位置付けるのはおかしい、二重行政は徒構想でないと解消できな
いと言うのはおかしいというのです。

大阪会議は維新と非維新が同数、堺市は非維新が多く、しかし、柳本氏は維新、非維新と決めつけるか
ら進まず、自分たちは維新に全て反対しているのではないといい、吉村氏は、69万賛成したのを無視する
なというものです。

…で、例により、松井氏の言い分は、最後には自民と共産と堺市が反対したと言いだし、柳本氏は政策
議論をしようとして、出来なかったというのです。

さらに、公明党が自主投票になり、公明党は投稿は民意が示され、しかし今の23区が多いとして、柳本
氏、公明と意見交換し、24区を変えるのはすぐではなく、対話でやるといい、吉村氏、区割りを変えるこ
ともあるというのです。松井氏、設計図をまた出させてくれといいます。

視聴者の質問で、原発再稼働(大阪市は関電の筆頭株主)は、吉村氏は将来フェードアウト、柳本氏は
規制委の議論を見ると言うのです。

医療、福祉に関して、栗原氏、小児医療の充実、大阪での小児救急を一つにするとして、住吉の市民病
院も民間を誘致できず、潰せないとして、松井氏、民間の病院は来ているといい、晩婚化に対応するとい
うのです。

以上、関西テレビの内容でした。

MLホームページ: http://www.freeml.com/uniting-peace

———————————————————————-
Powered by freeml     —  http://www.freeml.com/
——————————————————[freeml byGMO]–

Attachments area
Advertisements